進撃の巨人ネタバレ 121。 【ネタバレ】進撃の巨人 121話『未来の記憶』 あらすじと感想

【ネタバレ】進撃の巨人 122話『二千年前の君から』 あらすじと感想

進撃の巨人ネタバレ 121

進撃の巨人の特性 エレン 9 歳の頃の記憶 エレンとジークはグリシャの記憶を見ていますが、エレンが自分のように父親に洗脳なんてされていなかったとジークは気付きます。 しかし、エレンが父親に洗脳されていないのならば、何故父親の望み通りエレンが戦い続けているのか?エレンは始祖の力を使って何をしたいのか、ジークは尋ねます。 ジークにあんたが望んだ哀れな弟や、あんたの心の傷を分かち合う都合のいい弟はおらず、ジークの事を父親の望んだエルディアの復権を否定し続けることでしか自分自身を肯定できない、死んだ父親に捕らわれたままの哀れな男だとエレンは言います。 そしてジークは、始祖の巨人の力は自分の手の中にありいつでも安楽死計画は遂行できるが、エレンを決して見捨てない、クサヴァーさんが自分にそうしてくれたように、とあくまでエレンを救いたいと言います。 グリシャは「人類は滅んでなどいない」というメッセージを残しましたが、ジークは大層な遺言だと表現します。 エレンに地下室の鍵を渡した後、グリシャは外出しますが既にこの時から思いつめた表情をしています。 しかし、フリーダは罪から逃れていけないと、グリシャの懇願を拒否します。 その場面を見てジークは、あのお姉ちゃんとは気が合いそうだと言い、エレンにかつてこの記憶を見た時、父親に深く失望したと言っていたがそれも嘘だったのかと、確認しようとします。 しかし、何故かエレンは非常に険しい表情をしています。 我々がただ何も知らずに、世界の怒りを受け入れれば、死ぬのは我々エルディア人だけで済み、壁の外の人類の命を奪う事は防げると、フリーダは主張しますがエレンはさらに険しい表情になります。 そして気のせいか、グリシャが本来その場にいないはずのエレンの方を見ているように見えます。 その特性、能力の為、いままでの「進撃の巨人」の継承者は何者にも従わなかったと言います。 そして、グリシャは未来の継承者の記憶通り、ここで始祖を食らい王家の血を絶やすとフリーダに言います。 巨人化しようとするグリシャ、そして家族を逃がそうとするフリーダですが、グリシャは結局メスで自分の手を傷つけません。 始祖を奪わず、一家を虐殺もしないグリシャにジークは驚き、エレンはそんな父親を見下ろしています。 他のレイス家一家も、グリシャを生きて返すわけには行かない、私たちの楽園が壊される、と口々に叫びグリシャを早く殺すように言います。 さらに続けて復権派の仲間に、ダイナに、クルーガーに、報いるために進み続けるんだとグリシャの耳元で囁きます。 エレンに促され決心したグリシャは、自らメスで手の甲を貫き巨人化します。 そして、巨人化するための注射器を奪い、礼拝堂から出て巨人化を解除し元に戻ります。 グリシャは全ての未来の記憶を見ていなかったようで、壁が壊されることを…、壊される日を…、カルラの安否を…、なぜ見せてくれなかったんだと呟きます。 そして、ジークに呟くように、そこにいるんだろ?この先…、お前の望みは叶わない…、叶うのは… エレンの望みだとグリシャは言います。 そしてグリシャはジークが見えたようで、ジークに向かって大きくなったなと言い、私はひどい父親だった、お前にずっと… 辛い思いをさせたとグリシャは謝罪します。 ジークが父さんと呟きますが、グリシャはエレンを止めてくれと言います。 ジークはグリシャが、「進撃の巨人」の能力で都合のいい記憶だけ見せられ、過去に影響を与えることも可能なはずと推測します。 そしてグリシャはもっと先の未来を見たから、自分では始祖の力を使えないと知っていても、その力を奪いエレンに託したと考えます。 グリシャがエレンを止めてくれと、お前に従った事を後悔した、とジークは言います。 動き出した始祖ユミルを止めようと、自分の手首に繋がっている鎖から強引に手を抜きます。 しかし、ジークは一度動き出した始祖ユミルを止めることなど、この世の何者もできないと断言します。 今までエレンやクルーガーが、知らない未来を話していて謎でしたが、その辺りの謎が判明しました。 しかし全ての記憶をみれるわけでは無く、エレンもこの場で始祖の力を使えない事を知らなかったようです。 このままジークの安楽死計画は実行されてしまうのか、エレンが見た景色や、グリシャが言うあんな恐ろしいことになる未来とは何か、などいよいよクライマックスも近そうです。 次回、始祖ユミルが何者なのか、マリア、ローゼ、シーナの由来などが明らかになります。

次の

【ネタバレ】進撃の巨人 122話『二千年前の君から』 あらすじと感想

進撃の巨人ネタバレ 121

進撃の巨人ネタバレ最新話122話:二千年前の君から それでは早速、進撃の巨人122話を見てみましょう! ジークがユミルに対して「エルディア人の生殖能力をなくせ!」と指示し、エルディア人安楽死計画を実行。 これに驚いたエレンは、自分の手をちぎってまで鎖を外しユミルを追いかけますが… 122話では、どうなったのでしょうか? >> 進撃の巨人122話のタイトルは「二千年前の君から」。 これは、 進撃の巨人第一話の「二千年後の君へ」への答えとなる話なのでしょうか。 >> >> 進撃の巨人ネタバレ122話:始祖ユミルの過去 場面は、始祖ユミルがまだ人間だった頃。 時は遡って2,000年前。 争いの絶えない時代。 その時代に、ユミルは普通の人間として生活していた。 争いが絶えない世界であっても、ユミルは他の人に対する優しさを絶やさない少女だった。 しかしある日、王(恐らくフリッツ家の王)が人々を一箇所に集めた。 どうやら家畜となる豚が逃げたらしい。 王は豚を逃した犯人を探している。 そして人々は一斉に、犯人がユミルであると指差した。 戸惑うユミル。 恐らくユミルは犯人ではないのだろうが、優しいユミルの性格を逆手にとり、人々はユミルを犯人に仕立て上げている様子。 ユミルは反論しても無駄だと思ったのか、その場でうなだれる。 犯人に仕立て上げられたユミルは森の中に解き放たれ、犬や人々から終われ、矢を放たれている。 命からがら逃げていたユミルは、大きな木にある洞窟のような穴を見つける。 フラフラとその洞窟の中に入るユミル。 すると、その洞窟中は大きな落とし穴のような地下水への入口があった。 誤ってその地下水に落ちてしまうユミル。 もう水から上がる体力も残っておらず、死は目前かと思われた。 しかし、その地下水の中には背骨のようなものがあった。 そしてその背骨が息絶えようとしているユミルにくっ付いた。 >> 進撃の巨人ネタバレ122話:巨人化の能力を得て王の奴隷として存在するユミル その背骨がユミルに触れた瞬間。 ユミルは巨人化した。 そう、背骨のようなものは巨人化のタネのようなものだった。 今まで進撃の巨人の物語上は、始祖ユミルが悪魔と契約したということになっています。 この背骨のようなものが巨人化のタネのようなものであったのなら、悪魔と契約したというのは、もしかしたら違うということになりそうですよね。 >> 強力な巨人化の能力を得たユミル。 そのユミルは王に殺されることは免れ、王の奴隷として存在することになった。 王の子孫を残し続ける存在の奴隷として。 そして巨人化の力は、フリッツの王家を強大化する。 巨人化の力で、マーレ国の兵士たちをどんどん倒していった。 そうやってマーレ国を攻撃する間にも、ユミルは王の子供を産み続ける。 そしてユミルは、王の子供を3人授かった。 進撃の巨人ネタバレ122話:ユミルを食べるマリア、ローゼ、シーナ そんなある日、王に対して兵士の1人が反乱を起こす。 王に向かって槍を投げる兵士。 しかし間一髪、ユミルが盾となりその槍を受けたのだった。 ユミルに助けられたはずの王。 しかし王は、ユミルに対して冷酷な言葉を投げかける。 何をしている、立て。 お前は槍では死なないだろう。 立って働け。 それがお前がこの世界に生まれた意味だ。 我らの奴隷、ユミル。 なんという残酷な王なのでしょう。 命を賭して自ら槍に立ち向かったユミルに対して、この仕打ち。。 悲しい時代です。。 そしてユミルは立ち上がれなかったのか、王はユミルの体をズタズタに切り刻んだ。 そしてそのユミルの体を、3人の子供達に食べさせた。 ユミルの体を食べれば、ユミルの力がこの子供達に継承されると信じて。 この 3人の子供の名前はなんと「マリア」「ローゼ」「シーナ」でした。 そう、パラディ島にある壁の名前と一致しますね! なんと、 ウォール・マリア、ウォール・ローゼ、ウォール・シーナという壁の名前は、ユミルの子供の名前から名付けられたものだったのです。 >> そして、この巨人化能力を持つ脊髄液を口にし、巨人化能力を得るというのは、ここから始まったのでした。 そして巨人化の能力は、未来永劫残すことができる、と。 >>始祖ユミルを食らうシーンはアニメ2期のエンディングの伏線回収! そしてユミルは、現実世界から死んだ。 するといつの間にか、ユミルは座標に来ていた。 そしてフリッツ王家の奴隷として、座標で2000年もの間働き続けていたのだった。 進撃の巨人ネタバレ122話:奴隷から解放されるユミル エレンが「未来永劫、巨人化能力を残す」という言葉に反応し、叫んだ。 俺はこの世界を終わらせる!そのために力を貸してくれ、ユミル! そして、 「君は奴隷じゃない、ただの人間なんだよ」と。 それを聞いたジークが焦りながら駆けつける。 ジークは自分が王の末裔であることを主張し、エルディア人の生殖能力を奪うように懇願する。 しかしそんなジークの言葉をよそに、エレンは続ける。 何をするか自分で選ぶんだ、ユミル! 永遠にここにいるのか、それとも終わらせるのか。 自分で選んでいいんだ、と。 そしてエレンは優しい表情で言った。 君は2000年前から、ずっと誰かを待ち続けていたんだね その言葉に涙するユミル。 ユミルは、ずっと奴隷であるしかないと諦めていたのかもしれない。 しかし、初めてユミルの気持ちをわかってくれる人に出会えたのだった。 進撃の巨人ネタバレ122話:ユミルの選択 そして場面は、ガビがエレンの首を撃った場面に。 ジークがエレンの頭をキャッチしている。 すると、壁が一斉に壊れ始めた。 そして、壁の中から無数の巨人が現れたのだった。 ーーー次回、123話に続く 進撃の巨人ネタバレ122話:感想 始祖ユミルの過去がわかった回でしたね! それにしても、第一話の「2000年後の君へ」というのは、始祖ユミルがエレンに言った言葉なのでしょうか。 少し考察する必要がありますね! >> そして、始祖ユミルを食らうマリア・ローゼ・シーナの3人。 これはアニメ2期のエンディング映像の伏線回収でした。 >>始祖ユミルを食らうシーンはアニメ2期のエンディングの伏線回収! アニメ2期って2017年4月から始まっているので、もう2年前にはこのシーンを考えていたということですね。。 すごいな。。 そして始祖ユミルは、2000年もの間、ずっとフリッツ王家の奴隷だったのです。 奴隷であることの惨めさをわかってあげることで、ユミルを奴隷から解放したエレン。 エレンの目的は、この世界を終わらせることでした。 >> そしてユミルが選択したのも、この世界の終焉でした。 >> ユミルの選択によって、壁から無数の巨人が現れましたね。 これからどうなっていくのでしょうか。 >> ちなみに今回も話題だけ触れておきましょう。 リヴァイ兵長が死んだかどうかっていつわかるのでしょうか・・・。 ちゃんと回収しますよね、諫山先生!? >> >> >> >>.

次の

進撃の巨人 第121話『未来の記憶』あらすじと未解明の謎・伏線・考察【ネタバレ注意】

進撃の巨人ネタバレ 121

代わりに受取ってくれとボールを投げますが、受け取れずにエレンは拾い上げます。 どうやら、長い病院暮らしで鈍ってしまい、落としたようです。 撃たれたエレンが見た世界 巨人たちはジークの手駒として、マーレ兵を襲っています。 ブラウス一家は建物内に避難して、互いを支えながら身を潜めています。 その横では、銃を構えニコロが周囲を警戒しています。 ファルコ巨人は、蒸気を発して倒れていますね。 エレンを追って、手を差し伸ばしている鎧の巨人のその後ろでは、立体機動でジャンとコニーか駈けています。 ガビはエレンを対巨人ライフルで撃った反動で後ろに吹っ飛び、倒れ込んでいます。 ジークは撃たれて吹っ飛んだエレンの頭を左手でキャッチしています。 このエレンとジークの接触によって、二人が持っている記憶がフラッシュバックして蘇ります。 エレンは一本の巨大な樹のようなものの前に立っていました。 すべての『道』が交わる座標らしいです。 おそらくこれまで始祖を継承した王家は、始祖の力を行使する際にはみんなここに来たのかもしれません。 背後には鎖に繋がれたジークの姿 エレンの問いかけに応えます お前が回復し目を覚ますまで、何年もここに座っていたような気がするとジーク。 何年も経ったのか? しかし、ここでの世界のすべては一瞬の出来事らしいです。 お前の首はガビに吹っ飛ばされたものの、エレンが完全に事切れる前にジークと接触を果たしたらしいです。 エレンとジークは始祖の力を手に入れた… 始祖ユミルが登場。 ジークは、何より始祖は一度この土で俺の下半身を修復して俺を生き返らせたといいます。 始祖はここで巨人を作っているらしく、巨人の力を欲する度に果てしない時間を費やしているとのことです。 自由になるジーク エレンはジークに繋がれた鎖に気が付きます。 ジークはこれは俺の自由を妨げるものと言います。 自由を妨げるものつまりは『不戦の契り』を意味しており、ここで自由に動けるのはエレンだけだ、お前だけが始祖ユミルに命じることができるといいます。 そしてジークは、始祖にすべてのエルディア人を今後永久に子供を作れない体にしろと!命じるように言います。 さらには『地鳴らし』で連合軍を潰すのはその後でいいとも言います。 エレンはふざけた計画は到底受け入れられないと突っぱね、ここに来るためにジークに話を合わせていただけだと答えます。 エルディア人がいる限りは、この地獄は終わらないとジークは言います。 エレンは、この世に生まれたからという理由で、断ります。 ジークは、エレンが目を覚ますまでの長い時間で多くを学んだようで、始祖は何でも作れると。 そう言うと、ジークは繋がれていた土の鎖を砕き、立ち上がります。 エレンが驚きの表情を浮かべています! 幼少期にタイムスリップ! ジークは、気の遠くなる時間を始祖と共に過ごすことで『不戦の契り』を無効化していくことができるようになったようです。 ついには、始祖の力はジークが手にしたようです。 エレンはいつの間にか鎖に繋がれています。 ジークが互いの頭部を接触させると、電流のようなものが走り、エレンが生まれた幼少期の過去の記憶へとトリップします。 グリシャは赤ん坊のエレンを抱きかかえていて、その傍にはカルラの姿もありますね。 エレンは、これは父さんの記憶なのかもと勘付きます。 仲間や『以前』の家族を地獄に突き落として生きながらえているにしては、いかにも幸せそうだとジーク。 ジークは続けて、「お前がわかるまで見せてやる。 グリシャ・イェーガーがいかにして息子を洗脳して、民族主義を植えつけたのかを!」と言います。 スポンサーリンク 進撃の巨人ネタバレ最新121話「始祖がポイントになる?」 120話を読んでクルーガーの言っていた言葉は、まさにこの事だったのだと感じました。 グリシャはハッキリとジークを認識していたようだし、そう考えるとこれまで違和感を感じていた場面も妙に合点がいきます。 この時ミカサが見たのは、時の旅人となったエレン達だったんだろうなぁ。 — 巴里の恋人 アース調査兵団兵士 I26JReutgBAsTuT ガビがエレンを撃った流れで、生きるの?死ぬの?どうなっちゃうの!という状態には変わりないですよね。 これからの展開は、ストーリーが大きく動いていく事が予想できます! 始祖の力は無効化? ジークが言うように、このまま始祖の力が使えなくなってしまうのでしょうか? それとも、違った展開が見えてくるのか気になる所ではありますよね。 個人的には、ここでエレンが死んだ!!という展開にはならないんじゃないかと思っています。 どう話が繋がるのかは楽しみではあるんです! とはいえ、ジークがせっかく復活したにもかかわらず、夢かなわずでかなり見せ場が少ない気がします・・・ また、ライナーがポルコに近づいた時に記憶が流れた場面と同様に、エレンとジークとの間にも記憶が流れていました。 これによって、エレンが何を感じ取るのか? また、リヴァイは雷槍の爆破に巻き込まれており、ハンジに抱えられて川に飛び込んでどこかに姿を隠しているみたいです。 もしかすると、川に飛び込んでどうにかしようとした感じから、リヴァイは重傷を負っているかもしれません。 その後のリヴァイだってどうなっているの?って所も気になりますよね 始祖の伝承者は? エレンの命が尽きる直前にジークがエレンの頭に触れたことによって、始祖の道が繋がりました。 それをきっかけとして、過去・未来すべての始祖の継承者の記憶が繋がりましたね。 さらにジークの願いである、エルディア人を全滅させるという願いについては、共感していないようです。 なので、エレンが現実世界に戻った時にはミカサやアルミン達、調査兵団サイドに戻る展開になるでしょうね。 これからの展開でカギになるのは、恐らくエレンは始祖の継承者であるのに対し、ジークはそうでないというポイントでしょう。 エレンはカルライーター(ジークの母 ダイナが巨人化した巨人)に触れた時や、ヒストリアに触れた時など、これまでにもグリシャから引き継いだ始祖の記憶を度々取り戻していましたからね。 また、エレンはジークに接触した段階ですでにグリシャの記憶を共有していると思われます。 二人のグリシャの記憶を辿る旅については、エレンの誘導によって導かれるでしょう。 エレンがジークに伝えたい方向性に進んでいくような展開になっていくのではないかなと考えます。 スポンサーリンク 「進撃の巨人 ネタバレ 最新 確定」まとめ 今月の進撃の巨人読んでから3巻12話のエレン巨人がミカサを殴るラストシーンに人影が2つあるって聞いて確かめたらマジだった… — もつれら mtmtSF ここまで、2019年9月9日発売の別冊少年マガジン掲載漫画『進撃の巨人』最新121話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか? エレンとジークの記憶の旅がどうなるのかによって今後の展開が決まっていきそうです。 しかしながら、エルディア人を絶滅させるという考え方においては2人で意見が割れているので、仲間になることは無さそうな気がしますね。

次の