えい ぷ。 学習塾の英進館

福岡を中心に西日本全域で健康診断を実施 福岡労働衛生研究所

えい ぷ

日本独自のの付属品の1つ。 冠の縁を2分して額のほうを磯 いそ ,後方を海 うみ といい,海に挿し入れて垂らす細長い布を纓と称した。 元来は令制のの結び余りから変化したもので,がのような薄い地であったので,平安時代 9世紀 にをはいて形を固定し,院政頃 10世紀 より冠と纓が分離するようになった。 形も初めはであったのがとなり,天皇の纓は高く直立する りゅうえい であるが,文官は すいえい といって纓を垂れ下げ,は けんえい といって巻くのが普通であり,その巻き方も衣紋のによって異なる。 また六位以下の武官がや をする際には,が便利なように纓筋だけの鯨鬚黒塗りのものを輪にして挿し,これを ほそえい と称した。 ,石清水祭,春日祭などに奉する衛士,馬副 うまぞえ はこれを用いる。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 古代以来、貴族階級が公服に用いた冠 かんむり の付属物で、冠の後方に垂らす部分。 飛鳥 あすか 時代後期に中国より導入されたイラン式の漆紗冠 しっしゃかん は、髪を頭上に束ねた髻 もとどり を、巾子 こじ という筒に入れ、その上から袋状に仕立てた絹や布をかぶり、髻の根元を共裂 ともぎれ の紐 ひも で結んで締め、結び余りを後ろに垂らした。 この垂らした部分を纓とよび、その形より燕尾 えんび ともいった。 平安時代に冠が大きく固くつくられるようになると、纓も幅広く長いものとなって、後ろにただ綴 と じ付けて垂らした。 鎌倉時代になると形式化して、纓の元を冠に取り付けた纓壺 えいつぼ に上から差し込んで、しなって垂れ下がる形となった。 凶事または非常の際には、纓を巻いて白木の柏夾 かしわばさみ によって留めた。 武官の用いるものは、内に巻いて巻纓 けんえい とよび、黒く塗った夾木 はさみぎ で留めた。 六位以下の武官は、纓の輪郭である纓筋 えいすじ だけを折り曲げて纓壺に差し込み、細纓 さいえい といった。 これに対して普通に垂らしたものを垂纓 すいえい とよぶこととなった。 [高田倭男] …これらの冠は大会,饗客(きようきやく),斎時などに用い,別に黒の絹でつくられた鐙冠(つぼこうぶり)という,当時の壺状鐙の形をなしたものがあった。 その後,冠の裂地には二,三の変改があったが,天武天皇のときに新たに漆紗冠(しつしやかん)と圭冠(けいかん)とが制定され,前者は唐制にのっとったもので,冠の前後に四つの纓(えい)がついており,前纓は平時は上にあげて髻の前で結び,後纓は垂らすか,あるいは髻の上を結んだひもにはさんだ。 これが後世の冠の祖となったもので,当時の形態を知るものに法隆寺伝来聖徳太子の像がある。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の

専門学校・大学進学情報【エイビ進学ナビ】

えい ぷ

日本独自のの付属品の1つ。 冠の縁を2分して額のほうを磯 いそ ,後方を海 うみ といい,海に挿し入れて垂らす細長い布を纓と称した。 元来は令制のの結び余りから変化したもので,がのような薄い地であったので,平安時代 9世紀 にをはいて形を固定し,院政頃 10世紀 より冠と纓が分離するようになった。 形も初めはであったのがとなり,天皇の纓は高く直立する りゅうえい であるが,文官は すいえい といって纓を垂れ下げ,は けんえい といって巻くのが普通であり,その巻き方も衣紋のによって異なる。 また六位以下の武官がや をする際には,が便利なように纓筋だけの鯨鬚黒塗りのものを輪にして挿し,これを ほそえい と称した。 ,石清水祭,春日祭などに奉する衛士,馬副 うまぞえ はこれを用いる。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 古代以来、貴族階級が公服に用いた冠 かんむり の付属物で、冠の後方に垂らす部分。 飛鳥 あすか 時代後期に中国より導入されたイラン式の漆紗冠 しっしゃかん は、髪を頭上に束ねた髻 もとどり を、巾子 こじ という筒に入れ、その上から袋状に仕立てた絹や布をかぶり、髻の根元を共裂 ともぎれ の紐 ひも で結んで締め、結び余りを後ろに垂らした。 この垂らした部分を纓とよび、その形より燕尾 えんび ともいった。 平安時代に冠が大きく固くつくられるようになると、纓も幅広く長いものとなって、後ろにただ綴 と じ付けて垂らした。 鎌倉時代になると形式化して、纓の元を冠に取り付けた纓壺 えいつぼ に上から差し込んで、しなって垂れ下がる形となった。 凶事または非常の際には、纓を巻いて白木の柏夾 かしわばさみ によって留めた。 武官の用いるものは、内に巻いて巻纓 けんえい とよび、黒く塗った夾木 はさみぎ で留めた。 六位以下の武官は、纓の輪郭である纓筋 えいすじ だけを折り曲げて纓壺に差し込み、細纓 さいえい といった。 これに対して普通に垂らしたものを垂纓 すいえい とよぶこととなった。 [高田倭男] …これらの冠は大会,饗客(きようきやく),斎時などに用い,別に黒の絹でつくられた鐙冠(つぼこうぶり)という,当時の壺状鐙の形をなしたものがあった。 その後,冠の裂地には二,三の変改があったが,天武天皇のときに新たに漆紗冠(しつしやかん)と圭冠(けいかん)とが制定され,前者は唐制にのっとったもので,冠の前後に四つの纓(えい)がついており,前纓は平時は上にあげて髻の前で結び,後纓は垂らすか,あるいは髻の上を結んだひもにはさんだ。 これが後世の冠の祖となったもので,当時の形態を知るものに法隆寺伝来聖徳太子の像がある。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の

eimeku official website

えい ぷ

特徴 [ ] 多くのエイは、ごく平らな体をしていて長く伸びた鞭状の尾を持つ。 そのため、同じのサメ類とは全く異なった見かけをしている。 しかし、一部には厚みのある体幹部が細長いものもあり、そのようなものではサメに似たようにも見える。 のようにサメという名を持つものもある。 はっきりとした区別点は、サメでは頭部後方側面に開く鰓裂が、エイでは腹面に開くことである。 両眼の後ろに水の取り込み口が開く。 一般的なエイは頭部から胴部と胸びれが一体になって全体が扁平になり、大きく水平に広がった胸びれの縁の薄い部分を波打たせて遊泳する。 肛門はその後端に開き、腹びれ、尻びれはその近くにまとまる。 それ以降の尾部は急に細くなり、後端は細長くなって終わり、尾びれはないものも多い。 背びれが退化するものも多く、などではこれがに変化している。 多くのエイで体の外周付近は体盤(たいばん)にあたり、エイの大きさを表す用語として、縦の長さ(吻端から胸鰭の末端までの長さ)は「体盤長(たいばんちょう)」、横幅(両胸鰭間の最大幅)は「体盤幅(たいばんふく)」で表される。 では体は厚みがあって細長い。 などはエイらしい姿ではあるが、尾びれははっきりとしている。 多くはおとなしく、砂底の貝などを食べる。 底性の種は砂に潜ることができるものも多い。 人との関係 [ ] 食用 [ ] サメと同様にを体液の調整に用いているため、その組織にはが蓄積されており、鮮度が下がるとこれがしてを生じる。 そのため、一般の魚と同じようなには向かないともされる。 しかし、地域によっては非常に好まれ、ののようにさせることによりアンモニア臭を強調した加工食品も存在する。 アンモニアを生じていないエイの肉は淡白な味わいで、肝はが多く、こくがある。 また、のヒレを乾物にしたものは「」と呼ばれ、酒の肴とされる。 また、フランス料理でもエイは珍重される。 日本においても伝統的な食材であり、煮もの、刺身、汁物、あえ物、焼き物、煎り物などとして食される。 ただし、その調理法は地方によって異なる傾向にあり、全く食さない地方もある。 一部地域では、「エエ正月を迎える」などの意で、エイが大晦日や正月、祭りなどの特別な日に好んで食される。 やでは、ヒレの軟骨部分の干したものを「かすべ」(秋田) や「からかい」(山形) と呼び、甘辛く長時間煮付けたものを郷土料理として振舞われる地域もある。 魚類としては腐りにくい特性を持つことから、山間部においても食すことが可能な魚であった。 カスベの煮付け。 北海道の民家にて。 ではほとんどが下処理済みで生の状態で販売され、通称「カスベ」とも呼ばれる が、「カスベはエイのひれ」という事を知らない人も多くいる。 種類は水カスベ・真カスベ。 同様に、ヒレの軟骨部分を長時間煮て甘辛く煮付けたものを「カスベの煮付け」と呼び、一般的に食す。 また、やは特に好まれる。 では北海道と同様、生の状態で販売されるが、の「カスベ」以外にの「カスペ」でも呼ばれることもある。 一部の店では、スープのだし汁用にとして使用する店舗もある。 珍しいところでは、エイの棘を矢につける鏃にしたものがやの遺跡から見つかっている。 淡水産のものはと呼ばれ、として観賞される。 その姿から、海産種はにおいて人気者である。 害 [ ] 他方、などいくつかの種では背びれが毒針に変化しており、刺さると非常に激しく痛むので、扱いに注意を要する。 には、で環境保全主義者のが、で撮影中にアカエイに胸を刺されて死亡した。 背びれが毒針に変化した種を捕獲する際は、まず毒針のある尾をタモの中に巻きつけて固定してから引き揚げると良いとされる。 また、シビレエイは強力な電気を発するため、これも扱いには注意が必要である。 近年、の大発生により、などでをはじめとする貝類の漁業被害が深刻な問題となっている。 分類 [ ] アカエイ Nelson 2006 の分類によれば、エイ類は、、、の4つの目に分類される。 以前のNelson 1994 の分類ではエイ類はエイ目にまとめられ、これら4つは下位分類で亜目とされていたが、現在ではサメ類の9つの目とエイ類の4つの目が並列される傾向にある。 現生エイ類は全てエイ亜区 Batoidea に含まれる。 板鰓亜綱における、化石種も含めた分類の全体的な概観を以下に示す。 Infraclass(下綱) Cladoselachimorpha (化石種)• Infraclass(下綱) Xenacanthimorpha (化石種)• Infraclass(下綱) Euselachii• Division(区) Hybodonta (化石種)• Division(区) Neoselachii• エイ亜区• シビレエイ目• ノコギリエイ目• ガンギエイ目• トビエイ目 次に下位分類を示す。 - 2科11属。 - 1科1属。 - 4科32属。 - のみ• - Rhynchobatis djiddensis 等1属4種• - Rhinobatos schlegelii 等• - Dipturus kwangtungensis 等• - 10科27属。 - 8科。 ・・・・等。 系統 [ ] 以下のような系統樹が得られている。 以外の目はとならない。 お宝読本 タカラの山ガタ. 2017年7月23日閲覧。 青森市中央卸売市場 青森魚類株式会社 2012年5月17日. 2019年2月10日閲覧。 一般社団法人漁業情報サービスセンター. 産地水産物流通調査. 2015年11月19日閲覧。 にある縄文時代の、同県にある古墳時代の八幡地区。 松井章「狩猟と家畜」、『列島の古代史ひとものこと』第2巻169頁。 多賀城市史編纂委員会『多賀城市史』1(原始・古代・中世)200頁。 Naylor, G. ; Caira, J. ; Jensen, K. ; Rosana, K. ; Straube, N. ; Lakner, C. 2012. In Carrier, J. ; Musick, J. ; Heithaus, M. , eds. The Biology of Sharks and Their Relatives second ed. CRC Press. 31—57. 参考文献 [ ]• 松井章「狩猟と家畜」、上原真人・白石太一郎・吉川真司・吉村武彦(編集委員)『列島の古代史 ひとものこと』第2巻(暮らしと生業)、岩波書店、2005年。 多賀城市史編纂委員会『多賀城市史』1(原始・古代・中世)、多賀城市、1997年。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の