浜名 湖 競艇 特徴。 【旅打ち競艇@浜名湖】カジノホテルを思わせるきれいさと、広い水面が魅力の競艇場!

【ボートレース】浜名湖競艇場徹底攻略!特徴や予想の仕方を詳細解説!

浜名 湖 競艇 特徴

桐生競艇場(群馬県みどり市) 桐生競艇場はピットから小回りブイまでの距離が長いことから、 ピット離れが悪いとコース取りが不利になるといった特徴があります。 また、冬~春にかけて赤城おろしと呼ばれるクセのある風が吹くため、この季節は桐生競艇場をホームプールにしている選手が有利と言われています。 こういった走り難さからインコースの勝率は低く、 センターの勢の強さが目立つといった特徴があります。 また、1コースの勝率が下から数えた方が早いというほど低く、舟券の組み立てが難しいでしょう。 バックストレッチ側での斜行が禁止されていることから勝負が付きにくいといった特徴もあり、時にはゴールまで勝負がわからないこともあるんです。 差しが少なくマクリが多い競艇場で、全足ターンからの逃げかマクリか・・・といったレース展開が多いです。 また、レースでは風の影響が大きく、インコースとアウトコースの優位性がハッキリすることもあります。 また、レースはすべてナイター競走のため、ナイター経験者が有利といった特徴もあり。 また、海水を利用した競走水面ではあるものの、水門のおかげで干満差の影響が少ないという特徴があります。 1コースの優位性が低く軸にするのは難しいですが、高配当狙いに向いた競艇場と言えます。 また、1日の間に追い風と向かい風が変わる特徴もあり、舟券の予想は難しめの競艇場です。 また、住之江競艇場では唯一、ライナー調整という特殊な調整が行われているんですよ。 また、全国の競艇場の中で唯一、センターポールに対して1マークと2マークが一直線といったコースになっています。 1マーク進入部分のコースの狭さがインコースに対して不利に見えますが、勝率を見ると大した影響はないようです。 となると1コースの勝率が低いと思うかもしれませんが、水質が海水で向かい風が常にアウトコースに有利に働くわけではないため、軸としても安心できるレベルですよ。 基本的に1コースを軸に舟券を組み立てていけますが、海水を利用していることから干満差の影響によってはセンターから考えるのもアリです。 また、時間帯で風向きが変わるため、干満差を合わせてスタート勘が掴みずらいと言われています。 特に1コースの勝率は高く、2コースの連対率の高さから荒れる事が少ない傾向にあります。 また、風の影響によりスタートが難しくなるといった特徴があるため、風速などのチェックが必要です。 インコースに有利な追い風も、 風速が強すぎると逆にマイナスの影響を受けてしまいます。 また、サンライズレースを開催しており、1コース艇に階級の高い選手が置かれるのも高い勝率に影響していると考えられますね。 1コースだけの勝率を見るとインが弱い印象を受けますが、その分2コースや3コースの勝率が高いため、スロー勢全体の勝率が高いといった特徴があります。 インコースの優位性の変化は風の影響が考えられるため、追い風か向かい風かで判断するといいでしょう。 また、風の影響や独特のうねりといったクセがあることから、大村競艇場をホームプールとする選手が有利と考えられます。 数値に惑わされず選手や階級といった部分にも注目して、他のイン艇の情報も取り入れるようにしましょう。 勝率が高くても1コースに新人選手、2コースにベテラン選手といった構成になると結果が変わってくる可能性がありますよ。

次の

ボートレース浜名湖の特徴やイベントやアクセス方法など詳細まとめ

浜名 湖 競艇 特徴

ボートレース浜名湖公式サイトより引用 1マークのバック側がかなり広いので、どのコースからも握って攻められるということもあり、 イン勝率は全国平均を下回っています。 とは言え、イン勝率50%以上、3連対率は80%以上あるので軽視はできません。 広大な水面なので、豪快な「まくり」やそれに乗じた「差し」「まくり差し」など、さまざまなレース展開が見られます。 その中でも、大きく全国平均を上回っているのが 「まくり差し」 そしてコース別に見ると、3コースと5コースの勝率が全国平均を大きく上回っているので、3コースと5コースのまくり差しには要注意です。 2マーク側もとても広いので 進入は変わりやすく、2マークで握っての「抜き」も見られます。 また、浜名湖はまわりに障害物がなく、風の影響を受けやすい水面。 「向かい風」と「追い風」では、決まり手にも差があらわれます。 一般的には、 向かい風のときは「まくり」が増えて「差し」が減り、 追い風のときは「まくり」が減って「差し」が増える、という傾向に。 向かい風のときは、2コースと4コースの「まくり」、 追い風のときは2コースの「差し」に要注意で、 「まくり差し」は風向きに関係なく決まるので、常に警戒が必要です。 と、データとしてはそうなんですが……先日、さんの動画を観ていたら、石野貴之選手がこんなことをおっしゃっていました。 2階から1階を見下ろすと、デパートかホテルのようなつくりときれいさで、ほんとに競艇場じゃないみたい。 採光もよく、適度な高級感と明るさで、これなら家族連れも来やすいのかもしれないですね。 「フラワーレストラン」 ここではうな丼が1000円で食べられて、土用の丑の日は半額の500円になるらしいです。 通常メニューはこちら。 日替わりランチは620円と、お手頃価格なのがうれしいですね。 店内はきれいで、けっこう混んでました。 天丼(620円) エビ2匹と、ナス、カボチャ、というラインナップ。 エビが2匹もいるのは嬉しいんですけど、やっぱ中身のわりに衣がデカいのはご愛嬌、ってとこでしょうかね 笑 まぁでもカラッと揚がっていておいしかったです。 お得感のあるランチでした。 個人的には、このあとに紹介するレストラン「ピット・イン」よりこっちの方がちゃんとしてておいしいと思います。 「ピット・イン」はちょっとジャンクな感じ?.

次の

ボートレース浜名湖競艇場攻略!特徴や傾向まとめ

浜名 湖 競艇 特徴

浜名湖競艇場の特徴 実際に、浜名湖競艇場は他の競艇場と比べてどのような特徴があるのかといった点に注目していきたいと思います。 舟券予想において、競艇場の特徴をしっかりと知っておくということは大切なことで特徴をしっかりと捉えることができれば 舟券の的中にも大きく役立ちます。 全国でも屈指の水面の広さ 浜名湖競艇場といえば、全国でも屈指の広さを誇る競艇場としても有名であり、ボートレーサー達からも 「乗りやすい水面」と言われているほどです。 それでは実際にどれくらい広い競艇場なのかを下記の水面図を見て確認してみましょう。 水面図 出典: 上記の水面図を見てもわかるとおり、1マーク側のバックストレッチが126mといった広さがあるため外枠の選手も全開で握っていくことができます。 ちなみに、日本一狭い水面といわれている戸田競艇場の1マーク側のバックストレッチは70. 5mしかなく浜名湖競艇場と比べると、50m以上もの差があります。 この50mの差というものは選手達にとってはとても大きな数字であり、安心してアクセルを握っていけるといった証拠にもなりますね。 そのため、レース展開も定石通りのインコースの逃げはもちろん、インコースが握りすぎた際の差し、センターからのまくりはもちろん、アウトのまくり、まくり差しも決まるといった 決まり手も豊富なため舟券予想が難しい水面とも言われています。 ピットから2マークまでの距離が長い 舟券予想において、展示情報というものはとても重要な情報でありますが、 特に注意して見ておきたいものとして『進入隊形』があげられるでしょう。 浜名湖競艇場はピットから2コースまでの距離が長いため、ピット離れが少しでも遅れてしまうと、 外枠の選手はどんどんインに入ってくる傾向があります。 もちろん、選手によっては外枠を得意としている選手や、インにこだわらない選手などは枠なり進入になることも多いですがこのようなポイントは浜名湖の特徴としてしっかりと覚えておきたい点であります。 インコースが圧倒的有利と言われているボートレースにおいて進入隊形はとても重要であるため、 他の競艇場と比べて進入が変わる可能性があるといった点だけでも覚えておくことで舟券予想にも役立つでしょう 大きな風の影響 浜名湖競艇場は、広大な水面といった特徴のほかにも風の影響を受けやすい競艇場としても有名です。 基本的に、ボートレースという競技では 追い風が吹いているとインコースが有利になり、向かい風が吹いているとアウトコースが有利になるといったセオリーがあります。 風速によっても影響具合も変わりますが、風の影響を受けやすいということはレース展開が大きく変わることがあるといった読み方ができます。 浜名湖競艇場は乗りやすい水面と言われることが多いですが、 乗りやすい水面=インコースが逃げやすいといった意味にはならず、強い向かい風が吹いている場合は 圧倒的にアウトコースが有利になり、まくりやまくり差しといった決まり手が多く決まり高配当決着になることも多いのです。 そのため、浜名湖での舟券予想は難しいとも言われている理由の一つでもあるでしょう。 浜名湖艇場のレース成績から傾向を読み解く それでは、浜名湖競艇場においてのレース成績からどういった傾向が見れるかについて読み解いていきます。 後述に記載されているコース別成績データを見ても浜名湖競艇場はインコース勝率は全国の競艇場と比べて高くはありません。 理由としては前述にも記載した二つの要素があるからです。 広大な水面のためアウトコースもアクセルを握れる• 風の影響を受けやすいため、レース展開が荒れる この2つの理由があるため、堅いといわれていたレースであってもアウトコースからまくられ高配当になることや、インコースに実績の浅い選手が入っていた場合でも逃げてしまうことがあるといった結果に繋がるのです。 コース別成績データ コース 出走数 勝率 1着率 2連帯率 3連帯率 1コース 2337 7. 72 51. 50 14. 30 12. 05 12. 29 6. 19 2. 浜名湖競艇場で勝つためのコツ 以上のような特徴が浜名湖競艇場にありますが、実際に舟券を的中させるためにはどういったことに注目をしていけばいいかというポイントをまとめてみましょう。 センター、アウトコースからのまくり一撃も多く見られる• 進入隊形には要注意• 風の情報も忘れずチェック 基本的にはインコース信頼といった予想で大丈夫だが、風の状況によってはセンター、アウトコースからも十分に上位着を残せるので要注意です。 水面の広さから進入隊形が大きく変わることも想定できるためその点も注意が必要です。

次の