西武 新宿 線 踏切 事故。 【運転見合わせ】西武新宿線 井荻駅〜上井草駅間で踏切事故、電車遅延・・・現地の状況がtwitterで拡散される

西武鉄道Webサイト

西武 新宿 線 踏切 事故

西武新宿線の踏切事故の影響ですけどね。 — じーさん zicom7 踏切事故って言っても車が入り込んで事故って警察がレッカー呼んでるとかなんとかだからまじでへたくそは運転すんな — のむらさん ver. そんなにひどい事故じゃないみたいでよかった。 でもまぁ通勤の時間帯に大変そうだけど。 — りぷりさん 5umix 西武新宿線が踏切支障(自動車と接触?)とかで止まっている。 やばい — 二虎 fishing🎣🏍 niko252529 西武新宿線は踏切で車が立ち往生とか。 連休明けの朝イチでひどいな。 関係ない沿線住民だが気の毒だ。 現場状況により、再開見込は大幅に前後する場合があります。 — 大宇宙ブラックアスホール第三惑星妖怪悪夢MU帝国皇帝娘ゼットンさん maVkxMA3kX55qcp 西武新宿線は早めに高架化か地下を通さないから事故が起こるって事を未だに理解していないんだな。 それって復旧に時間かかりそうな雰囲気だね。

次の

西武新宿線 人身事故に関する今・現在・リアルタイム情報|ナウティス

西武 新宿 線 踏切 事故

スポンサードリンク 西武新宿線 西武新宿線の踏切問題は非常に根深いものがあります。 とにかく新宿線は高架化が進まない…。 特に渡りづらい踏切と、攻略ルートを紹介します。 新宿線のこの踏切が特にダメ! 踏切として最悪なのは「上石神井駅」です。 しかも微妙に幅広いので、渡るのにやや時間がかかります。 上石神井駅は急行待ちで電車が停車することもあるせいか、踏切が閉まっている時間が長い気がします。 その上、北口の狭い道路をバスがすれ違うために、道路がカオスになりがち。 南口は一方通行になっているために多少緩和されているものの…。 下図のようなクロスする一方通行になっているため、南口は南口でカオスです。 お隣 「上井草駅」手前の千川通りの踏切もなかなか厳しいものがありますね…。 道路の形状が複雑なので、結局混雑しています。 踏切が開いても譲り合いの精神によってなかなか進まないというか。 新宿線の踏切回避ルート 新宿線の踏切を避ける代表的な道路はやはり環八と環七。 環八はあの辺だと青梅街道と交わる荻窪周辺で混雑ますが、井荻トンネルや新青梅街道・早稲田通りを駆使することでそこそこ混雑回避できるかと思います。 わりと快適なのは、 東伏見稲荷神社のある伏見通り。 比較的新しい道で幅も広いので非常に優秀ですね。 北上すれば池袋線もくぐれるので南北に行くときは押さえておきたい道路のひとつ。 もう少し西の方だと、 「西武柳沢駅」と「田無駅」の間で青梅街道を使ってくぐるパターンですね。 西武池袋線 ようやく「石神井公園駅」が完全高架になりましたね。 長年住民を苦しめた、富士街道の踏切がなくなりました。 これによって、 「池袋駅」から「大泉学園駅」まではほぼ平和です。 その一方で、副都心線からの乗り入れ本数が増えたせいか、踏切が閉まっている時間も増えたような気が…。 池袋線のこの踏切が特にダメ! 池袋線の 最大の難所は「所沢駅」の踏切です。 西武百貨店所沢店の横の踏切ですね。 池袋線と新宿線が乗り入れる所沢駅は、ツボにハマるとホントに開かないです。 幅も結構あるので、 開いて渡ってる途中で再びカンカン鳴り出すことも当たり前。 大泉学園駅から所沢駅までの間の駅近くの踏切もほぼダメですね。 例えば、 ひばりヶ丘駅の西の踏切は北口付近の道が狭くてかなり渡りにくいです。 再開発をしているようなので、完成するまではなるべく通りたくない場所のひとつですね。 池袋線の踏切回避ルート 所沢駅付近で池袋線を渡るときは 所沢陸橋がベスト。 また、所沢駅〜大泉学園間の駅近くの踏切はなるべく避けたいところ。 秋津駅と清瀬駅の間の志木街道や清瀬駅東の新小金井街道の立体交差で渡るのが良いかなと思います。 新宿線のところで書いた 伏見通りは保谷駅付近を通っているので、そこも選択肢としては大いにアリですね。 西武線の踏切攻略まとめ 車を運転していると、どうしても踏切はストレスになってしまいます。 快適に渡るためにできるだけ、 踏切を回避して西武線を渡ることをおすすめします。 もちろん、必ず交通ルールは守りましょう!.

次の

西武新宿線 再開/復旧に関する今・現在・リアルタイム情報|ナウティス

西武 新宿 線 踏切 事故

区内の西武新宿線沿線には、13箇所の踏切が存在し、交通渋滞の発生や踏切事故の危険性、地域分断による生活の不便や沿線地域のまちづくりの遅れなど、様々な問題が生じています。 また、外環の2など交差している5路線の都市計画道路は、区内の南北交通の円滑化に資するとともに、環境、防災の観点からも重要です。 東京都は、平成26年に、西武新宿線と交差する外環の2について、鉄道の立体化を見据え、道路を平面として計画幅員を縮小するとともに、上石神井駅に駅前広場を設置する都市計画の変更を行いました。 平成28年3月には、井荻駅から東伏見駅付近について、連続立体交差事業の「新規に着工を準備する区間」に位置づけ、事業化に向けた検討を進めています。 鉄道立体化の実現にあたっては、周辺の道路や駅前広場の整備など、沿線のまちづくりを一体的、総合的に進めることが重要です。 区内の上井草駅、上石神井駅、武蔵関駅の沿線3駅周辺地区については、まちづくりの方向性を示した「まちづくり構想」を策定しており、地域の皆様とまちづくりの検討などを進めています。 主に東京都が事業主体となり「道路整備」の一環として事業が進められています。 〈事業の効果〉 (1) 数多くの踏切が同時に除却され、踏切遮断による交通渋滞および踏切事故が解消できます。 (2) 鉄道により分断されていた市街地の一体化を図ることができ、本事業に併せてまちづくりを実施することで都市の再生、活性化に強いインパクトを与えます。 (3) 新たに生み出される高架下等の空間を周辺の土地利用計画にあわせて、自転車駐車場や公園等の多目的な形で利用できます。 (4) 鉄道輸送の安全性の向上、踏切経費の節減、輸送力の増強等に寄与します。 平成27年1月の初めての要請活動に続き、今回は2回目となります。 対応した安藤副知事からは、「地元の皆様の思いを感じている。 鉄道立体化に向けた検討を更に進めていく。 まちづくりをより一層進めていただきたい。 また、外環の2の上石神井駅周辺については、測量やまちづくり手法を活用した道路整備の方策の検討などを進めていく。 」といった内容の挨拶をいただきました。 今回、地域の方々の力を結集し、西武新宿線の立体化への熱意を改めて示し、早期事業化につなげていくため、「西武新宿線立体化促進大会」を開催しました。 大会には、沿線住民や区議会議員が参加したほか、地元選出の衆議院議員、都議会議員、東京都、西武鉄道株式会社、隣接沿線区市を来賓に迎え、総勢250人を超える方々が集まり、盛大に行われました。 大会では、決議文が読み上げられ、鉄道立体化の早期事業化に向けて、事業主体となる東京都に要請活動を行うなど、区民、区議会、区が一体となって取り組んでいくことが確認されました。 今回の要請活動は、平成28年3月に新規に着工を準備する区間に位置付けられてから初めての要請であり、早期事業化に向けて検討を加速するために行ったものです。 対応した西倉建設局長からは、「この区間は、駅周辺のまちづくりの熟度が高まっていることを踏まえ、社会資本総合整備計画に位置付け、連続立体交差化の検討に取り組んでいる。 外環の2の上石神井駅付近については、まちづくり手法の活用を検討するとともに、平成30年度の事業認可取得に向けて取り組んでいる。 都としても、区が進めているまちづくりに対し、必要な支援を行っていきたい。 」といった内容の挨拶をいただきました。

次の