塾生 マイ ページ。 塾生マイページ

三田キャンパス 文学部:慶應義塾大学塾生サイト

塾生 マイ ページ

高1から河合塾に通って良かった 東京大学 文科二類 現役合格 お父様:岡田 龍介さん/お子様:岡田 拓磨さん(県立湘南高校出身) 【拓磨さん】 早くから入塾したことが、同級生より進んでいるという自信につながり、良いスタートが切れました。 苦手科目があると受験時に苦労するので、早期から塾で苦手を克服し、東大を意識した勉強を計画的に実行できたのが良かったと思います。 高1・2年時に勉強を後回しにしていた同級生は受験勉強が大変そうでした。 高1から地道に3年間しっかりと対策をしてきたことで現役合格をつかめたと実感しています。 【お父様】 部活や学校行事などにも一生懸命取り組み、充実した学校生活を送りつつも、高1から部活と塾をしっかりと両立させると決め、3年間よく頑張ったと思います。 落ち込むこともなく、がまん強く勉強を継続できたのは、河合塾という信頼できる場があったからだと感謝しています。 センター試験後の三者面談に感謝 名古屋大学 医学部 医学科 現役合格 お父様:井上 夏夫さん/お子様:井上 陽太さん(私立東海高校出身) 【お父様】 実はセンター試験後の第一志望の合格予想判定が良くなかったのです。 この時点で息子はあきらめかけていて、他大学の医学部への変更を考えていました。 しかし、センター試験後の三者面談で河合塾から「今までの成績から判断すると、二次試験に強い傾向がある。 二次試験で逆転を狙えるからチャレンジするべき」と背中を押してもらえたのです。 このアドバイスで第一志望に向けて頑張ろうと前向きになってくれました。 あの面談がなければ、志望大学を変えていたかもしれません。 河合塾には大変感謝しています。 【陽太さん】 センター試験の結果が思わしくなかったときは、落ち込んで悩みました。 少しでも合格の可能性が高い大学に変えようかと考えてしまいましたが、今思うと逃げの気持ちが表れていたのかもしれません。 三者面談後に親子で話をして、翌日に第一志望へ挑戦する決断をしました。

次の

学習フォローシステム・サポート体制|駿台・浜学園とは|12才の春~第一志望は、ゆずれない。駿台・浜学園

塾生 マイ ページ

高1から河合塾に通って良かった 東京大学 文科二類 現役合格 お父様:岡田 龍介さん/お子様:岡田 拓磨さん(県立湘南高校出身) 【拓磨さん】 早くから入塾したことが、同級生より進んでいるという自信につながり、良いスタートが切れました。 苦手科目があると受験時に苦労するので、早期から塾で苦手を克服し、東大を意識した勉強を計画的に実行できたのが良かったと思います。 高1・2年時に勉強を後回しにしていた同級生は受験勉強が大変そうでした。 高1から地道に3年間しっかりと対策をしてきたことで現役合格をつかめたと実感しています。 【お父様】 部活や学校行事などにも一生懸命取り組み、充実した学校生活を送りつつも、高1から部活と塾をしっかりと両立させると決め、3年間よく頑張ったと思います。 落ち込むこともなく、がまん強く勉強を継続できたのは、河合塾という信頼できる場があったからだと感謝しています。 センター試験後の三者面談に感謝 名古屋大学 医学部 医学科 現役合格 お父様:井上 夏夫さん/お子様:井上 陽太さん(私立東海高校出身) 【お父様】 実はセンター試験後の第一志望の合格予想判定が良くなかったのです。 この時点で息子はあきらめかけていて、他大学の医学部への変更を考えていました。 しかし、センター試験後の三者面談で河合塾から「今までの成績から判断すると、二次試験に強い傾向がある。 二次試験で逆転を狙えるからチャレンジするべき」と背中を押してもらえたのです。 このアドバイスで第一志望に向けて頑張ろうと前向きになってくれました。 あの面談がなければ、志望大学を変えていたかもしれません。 河合塾には大変感謝しています。 【陽太さん】 センター試験の結果が思わしくなかったときは、落ち込んで悩みました。 少しでも合格の可能性が高い大学に変えようかと考えてしまいましたが、今思うと逃げの気持ちが表れていたのかもしれません。 三者面談後に親子で話をして、翌日に第一志望へ挑戦する決断をしました。

次の

塾生マイページ

塾生 マイ ページ

高1から河合塾に通って良かった 東京大学 文科二類 現役合格 お父様:岡田 龍介さん/お子様:岡田 拓磨さん(県立湘南高校出身) 【拓磨さん】 早くから入塾したことが、同級生より進んでいるという自信につながり、良いスタートが切れました。 苦手科目があると受験時に苦労するので、早期から塾で苦手を克服し、東大を意識した勉強を計画的に実行できたのが良かったと思います。 高1・2年時に勉強を後回しにしていた同級生は受験勉強が大変そうでした。 高1から地道に3年間しっかりと対策をしてきたことで現役合格をつかめたと実感しています。 【お父様】 部活や学校行事などにも一生懸命取り組み、充実した学校生活を送りつつも、高1から部活と塾をしっかりと両立させると決め、3年間よく頑張ったと思います。 落ち込むこともなく、がまん強く勉強を継続できたのは、河合塾という信頼できる場があったからだと感謝しています。 センター試験後の三者面談に感謝 名古屋大学 医学部 医学科 現役合格 お父様:井上 夏夫さん/お子様:井上 陽太さん(私立東海高校出身) 【お父様】 実はセンター試験後の第一志望の合格予想判定が良くなかったのです。 この時点で息子はあきらめかけていて、他大学の医学部への変更を考えていました。 しかし、センター試験後の三者面談で河合塾から「今までの成績から判断すると、二次試験に強い傾向がある。 二次試験で逆転を狙えるからチャレンジするべき」と背中を押してもらえたのです。 このアドバイスで第一志望に向けて頑張ろうと前向きになってくれました。 あの面談がなければ、志望大学を変えていたかもしれません。 河合塾には大変感謝しています。 【陽太さん】 センター試験の結果が思わしくなかったときは、落ち込んで悩みました。 少しでも合格の可能性が高い大学に変えようかと考えてしまいましたが、今思うと逃げの気持ちが表れていたのかもしれません。 三者面談後に親子で話をして、翌日に第一志望へ挑戦する決断をしました。

次の