長田 ザク。 EXVSMBON いいすぽ! 長田ザク2戦 見れれば良い人向け [ニコニコあっぷる]

アトラス覚醒技の謎 なぜ間違った情報が広がったのか?【EXVS2】【MBON】2019/09/14更新

長田 ザク

ザク( Zaku)とは、以下の意味がある。 『』及びその関連作品に登場する架の、()。 本項で記述する。 掘る、刺す、切る等の音を表す。 の名物 概要 が初めて量産・実用化に成功した。 機であると並び有名な であり、さまざまなやが存在する。 でも・・されたのみならず様々な形で商品化が果たされており、ザクについてをまとめた書籍「ザク大辞典」や、近年ではザクをにされた「」という食べ物も作られた。 一般的にザクというと( )をすことが多い。 その的な造形については、ザクのを手掛けたも当時は特に何も考えていなかったらしいが・・・ 「富野さんからは「は付けてくれ」というオーダーがあっただけで、あとは好きにやってよかったんですよ。 そして、が降りてきてあっという間にできちゃった。 (中略) 当時は、どうせ1話に出てくるだけのヤラレだと思っていたので、それがまで使ってもらえるとは予想もしていなかった。 もそうなんだけど、まさか年以上も支持されるとは思っていなかったですよね。 」 出典:『の「三く!! が行く!」 ~探訪記~』 編「」 ザクとグフの違い 大まかに分けると なのがザク、 なのが。 ちなみに作品以外にいザクがある。 作品でランル専用といういザクが存在する。 としても発売。 ザクは肩の片方にが付いてるが、は両肩にが付いている・・・など。 さらに細かく分ける必要があるが、ものすごく長くなるので割合い。 一年戦争中 A(B) として初めて採用、実戦配備が行われたザク。 しかし要を満たせなかったため、すぐに後継機のが開発され多くは後方部隊に配置換えとなった。 -P06 試作 A 先行 C 初期 初期において活躍した機体。 その任務は搭載ザクでの艦隊とニーを破壊することだった。 条約締結により、は使用されなくなった。 F おそらく最も有名なザク。 、下問わない運用性を有し、やその後を通し長く広く戦った。 生産機数は0機とも。 また、その汎用性から各種機体のともなった。 F 機散布の為のザク。 長期の行動に対応し推進剤の増量、機散布用への換装といったが行われている。 S 用 (専用ザク) 用に姿勢制御スーの増加と推強化、軽量化により機動性の向上を図った機体。 通常のと較し高性ではあるがピーで扱いづらい機体となった。 機はFなためこちらも場所を問わず運用可。 の機体として有名。 スー推は1. 3倍だが、が乗ると3倍になるらしい。 これはザクは周りのザクがを落としてるだけ、の操縦に迷いがなく、リの漂う中でもなので実質のザクの3倍に見えるらしい等、諸説がある。 ははは立たない色をしているものだが、の機体はド手なである。 が乗るから立ってもなのか(のにどう映るのかはさておき、実は暗所ではのはよりもに対してになる)。 (マ専用ザク) にはしく頭部に4門のmmを装備。 S配備前に用として多少配備された、言わばFザクとSザクの中間とも言える機体。 マ専用のものが有名。 F 専用 両肩に4本のアーマー、専用の大を装備している。 コクも巨体のドズルの為に広く作られている。 、ザク、後期ザク、後期生産ザクなどといまいち名前が定まっていない。 に登場したFザクの後期生産。 に装甲強化とによるコック統一が図られている。 後も残党や軍によって使用されていた。 に基づき全面修されたザク。 良に良を重ね、整備性は新兵でもある程度ができるなど格段に向上し、推はほぼと同等となっている。 ことが搭乗、の右腕部と頭部を破壊するも・・・。 J 陸戦 F、あるいはCから専用の姿勢制御スーやBなどの装備を排除するなどして地上戦に特化させた機体。 そのため地上戦においては原機よりも機動性などが高いが、当然では姿勢制御がほぼとなり"溺れる"。 陸戦 () に登場した機体。 Jを良したで、ある程度の戦すら可。 関節などに防処理が施され、冷却、装甲、推進の強化が行われた機体。 またザクも砂に強くするため構造に余裕を持たせたが配備されている。 ・グウッドが搭乗。 なお、に登場する 何故か発音が違うディザートザクは本機をにしたものである。 G 陸戦の性向上。 地上での高機動を得るために脚部にスーの追加等がされている。 修はホ走行が可であり、のちの開発の一助となる。 地上での、撃墜に特化した機体で、右肩にmmを装備、頭部にも撃用がついている。 ・デンが搭乗。 ザク の簡易とでも言うべき機体で、陸戦のをmm等と一体化したのに換装した機体。 L 装備 () 用の先駆け。 上の大半を占めるやといったでのに対応させるべく開発された機体。 ザクに対しを施すなどのが行われている。 しかし技術不足などの問題により実戦に不向きで、にでの作業に使用された。 それでもより性は上の模様で、が本機を装しと名称変更の上で増産、運用した。 P マニピュョン装着ザク に精密作業を行わせるためにを組み合わせ開発した機体。 生産数は3~4機ほどで全機に投入された。 特徴的な4本のアームの付いたパックはヴェス等の関節機構の元祖的を備えている。 E 強行偵察 偵察行動に特化。 両肩や部にもを備えており、の代わりにガンを装備。 ザクフリッパー 顔が。 Eの発展機で、に6基の可動式を装備。 これがフリッパー(ひれ)と呼ばれる理由。 P S以上の機動性を持つ機体として06Fをに開発された試作機。 他のザクと違い頭部の後ろにを装備している。 -1 をに、での機動をさせた機体。 ただし構造の複雑化による整備の難しさとの上がりを招いたため生産機数は少ない。 などが専用で使用した。 -1A 推進剤をリッジ式にすることで補給の手間を減らすなどの良を施した機体。 ただし整備性の悪さはほぼそのまま。 などが使用した。 正式名称は リユース・P・装備。 Rの操縦系を変更した機体。 -2P 後期の。 稼働をしてジェネレーター出の向上を図ったが難航したため、を諦め本機は後期に装される。 高出のジェネレーターを積んだで胸部が前後に大化しており排熱用のダクトもつけられた。 -2 -1とは脚部の以外差異がいように見えるが、中身は全くの別物。 と次期機の座を争った。 などが使用した。 この機体は専用のものもあわせて4機しか製造されていない(うち初号機は試作機からの装機)。 (-2) R-2の開発が間に合わなかった時のための実弾装備という設定。 -3 の運用を可としたの最終。 D-4 開発の遅れているに代わるとして用に試作された。 を用へ修するための収集用機体である。 名称の似ているとは別の機体。 にてが搭乗していたためナ・ザクなどと呼ばれることも。 -1 の基となった機体。 ザクをにとと同じ腕部を装備した試験機。 頭部がザクな以外もはやザクとは別の機体である。 ちなみに稼働時間がすさまじく短く試験には困難が生じた模様。 また、も非常に高い。 -01(-2) -1の脚部を高機動スーに換えたもの。 高機動時における兵装の試験のために開発されたが、Z-1以上に稼働時間が短かったためが思うように取れず、結果的にのが流用された。 ようはだ、 スーの形状から足ザクなどと呼ばれることも。 W 一般 をに行動に必要な装備をし、純に作業に特化させた機体。 もとはでの作例で発表された機体。 長らく商品化されなかったが、初期のを小化した『コレクション』の第1弾で遂に立体化された。 V 損傷したザクの上半身とマゼラを失ったマゼラをさせた機体。 現地で修された機体なので、同じは2つとない。 に登場した機体は胴体がで部分前面にブルドーザーが付けられており、アームものアームに近いとなっている。 -11 ペ計画によりザクを再設計した機体。 コーングが施されているほか、の運用が可で機動性もすさまじい物とされる。 もはや別の機体となったためか、の番号は持たない。 一年戦争後 ザク。 R- ザク がを良・修した機体。 として開発されたのでこれまでの部よりも深い場所での活動が可。 R-1M(FW) ザク・ナー がを良・修した機体。 ンにも多くされ、運用された。 とは別モノとなっているのだが混同されていることも…。 の技術を得たが開発した機体。 アクが開発したザクの正当な後継機。 OF ザク が使用したの機体。 見たこそはだが、その中身は当時 年代 の最新技術が組み込まれており、その性はをも上回る。 その他流用機体 ジャブロー強襲用MA。 部にザクの頭部を流用している。 部にザクの頭部と上半身を流用している。 -C のボディにガトルの推進装置などを組み込んだ。 頭部を破損したに応急処置で、を漂流していたザクの頭部を取り付けた機体。 つけただけで頭部が干渉するのでに変できない。 アナザーバリエーション で登場。 どう見てもザクです。 - で登場。 軍の次世代。 により、複数の装備を使い分けられる。 作中にはガナー・・スラッシュの3装備が確認されている。 - の上位交換で専用機。 が両肩に装備されている以外は外見上の違いはない。 ザク に登場する。 中のをットし、や祈祷師まで駆り出して開発された結果、ザクの倍の強さを誇り、そのあまりの強さからアクの深くに封印されていた…という設定。 ザクアグ に登場する。 をに実弾装備でまとめられたィングがされている。 -A ザク に登場する、年に社が終結周年を記念して開発した機体という設定。 脚部と腕部は大幅に簡略化されMAのようなをしている。 関連動画 関連商品 ガンプラ 書籍 関連コミュニティ 関連項目•

次の

よみがえれ!ガンダム名言・名セリフ集!

長田 ザク

発端 先日、長田ザクさんがこんな事をツイートしていました。 カッコいいよね。 もちろん実際に乗って覚醒技発動後画面を眺めていれば普通に多段ヒットするので間違いであることは一発でわかります。 ・・・が、それにしては長田ザクさんの言う通り噂が妙に広まっていたのも確かです。 そこで今日は、アトラス解禁当時何があったのかを追っていこうと思います。 マキオン時代の新機体はプレイ回数等の条件をクリアしたプレイヤーに優先して解禁される仕様でした。 この頃に戻らないかなあ 一部のプレイヤー(つってもカジュアル層以外は普通にみんな対象だと思うけど)だけがアトラスをプレイできる中、 自分が認識する限り一番最初に覚醒技の連打対応について言及していたのは 先行稼働日の朝8時、アトラスについてのレポートを最速で纏めていたはりーさんでした。 このツイートも武装の詳細を確認したいプレイヤーにとって大変ありがたく、僕も検証の際には大いに参考にさせていただいたのを覚えています。 キャンセルルートとか専用派生とか結構見落とすんすよね とにかくダメージ付きで「連打対応」と書かれた上記ツイートは高い信憑性を持って拡散されました。 拡散 そっからは色んな所で覚醒技に関する記述が見受けられます• Wiki 不特定多数の人間が更新できるものなのでしょうがないんですがWikiにも普通に書かれていました。 現在Wikiの編集履歴を確認できる限り追ってみた所、 2018年4月8日に連打対応である旨が加筆され、その後 2018年9月23日に検証したが確認できない追記がなされています。 5ヶ月間のりっぱなし。 ていうか一ヶ月後にはもうEXVS2稼働なんで稼働末期の間ずっと誤情報が乗っていたことになります。 そらみんな信じるわな• したらば したらば掲示板も確認してみたところ先行解禁の翌日にはWiki上で編集合戦が発生していたログが確認できます。 ただ、この後この話題は稼働終了まで一切出てこなかったのであんまり話題性はなかったっぽい。 早すぎ。 連打対応の旨が書かれていますね。 映像では普通に多段ヒットしたものが使われています。 その後、1日遅れてこちらの解説動画が上がります。 こっちはダメージまでバッコリ書いてある。 丁寧に連打ありと連打なしの動画を撮ってくれているのはいいんですが、どちらも正常にヒットしており同じ絵面になってます。 なので数字ははりーさんレポートを参考にしたっぽいですね 多分編集に時間かけたんだろうな・・・ ごく一部分だけの紹介ですがこういった要素が重なって、アトラスの覚醒技は連打に対応しているという誤情報が定着していった模様です。 アヒャッポゥは対応してないって知ってたのになんで訂正しなかったのかって? だって有名コテがそう言ってるんだもん、条件が違うだけでなんかあるのかもって思うじゃん。 また今度検証してみようと思ってたらいつの間にか定着してた。 デマが広がりやすく正しい情報が広がりにくい原因を身を以て体験したよね。 しかしそれだけでこんなに普及するだろうか?というかそもそもはりーさんが間違えたのは何故なんだろう? はりーさんに話を伺ってみた所、棒立ちの相手に対して覚醒技を振っただけで実際に240ダメージが出たというお話を聞けました。 おかしい、そんなはずは。 そう思っていた所、実はアトラスの覚醒技には あるバグが存在することがわかったのです。 覚醒技最終段のヒット数が減少するバグ 具体的な原因は不明ですが、唐竹割りの一番最後の部分だけがヒットしてしまいダメージが240に低下するというはた迷惑なバグが存在していたのです。 しかもわりと普通に起きるので実際に見た人は「連打が足りなかったのかな?」となるわけだ。 なるほどなあ ツイッターでもちょいちょいバグが発生している映像を確認することができます。 ともかく、このバグの存在があった為に間違った情報に信憑性をもたせてしまっていたようなのです。 実際に1ヒットしかしてないのを見ちゃったらね。 そりゃね。 恥ずかしながらアヒャッポゥはこのバグの事を知りませんでした。 顎と鼻を尖らせながら「 情弱・・・!試せばすぐわかる事・・・!それを怠る姿勢が・・・!」みたいな事言ってイキってた記憶があります。 まとめ• アトラスの覚醒技にはヒット数が減ってしまうバグがあった。 解禁初日に武装を確認していたはりーさんはそのバグに遭遇し、連打対応だと認識、投稿• 多くの情報発信者がその情報を信じ、誤情報の二次生産を行ってしまった。 色々なところに連打対応と書いてあるし、割と発生頻度の高いバグなので多くの人が連打対応で間違いないと思ってしまった。 まとめるとこんな所でしょうか。 実戦で連打をしないっていう選択をわざわざする必要がないし、発生してもそこまで実害のないバグなので本腰入れて調べる人がいなかったのもあるかもしれないね アトラス、確か解禁当初はレールガンがバルカン一発で消されるからクソ、っていうデマ被害も受けてたよね。 世論に嫌われてるんですかねコイツ? 今回の教訓 もちろんですが誰が悪いとかそういう話ではない。 その時も思いましたが誤情報が広まるのにはその影になにかしらの後押しする要因があるみたいです。 弱実弾なのでビームに当たれば消えるけど、でも確かにゲロビと撃ち合いして勝つこともある。 これはどちらも本当の事でした。 アトラスの件もここまで拡散されたのには「ヒット数が減る不具合」の存在が大きかったように思います。 間違った事を言った人を糾弾するのは簡単ですが、その背景に何があったのか、色々な要因が積み重なった結果の勘違いだった、ってのは往々にしてよくある事なんじゃないでしょうか ツイッターとかだとたった140文字のデマツイートに対して親の仇の如く叩く人、結構いるじゃないですか。 正義感に燃えるのは結構なんですがどうしてそうなったのか、ってのをもう一歩踏み込んで考えてみる習慣をつけていきたいよね。 いつ自分も同じようにミスをするかわかったもんじゃないし、悪意を持って情報を絞ってくる人間の思い通りに動いてしまう可能性もある。 今回は誤情報によって損をする人がいなかったのでそういう話にはならないけど、似たような事はいつでも起こりうると思ってます。 一部分だけ見て早合点しない、ってのは情報を出す側も受け取る側もどちらにも言える話ですよね よし、いいこと言った。 未来へ それじゃあ今日はこのへんで。 余談ですがこのバグ、EXVS2にもあったらしく、2019年7月にようやく修正されたようです。 どんだけ放置してたんだ まぁ他にも最終段前のレールガンが外れるとか色々不都合あったみたいだしねこの覚醒技。 見た目はいいんだけど色々難儀だよなあ そしてEXVS2にてすでに修正済み、マキオンももうすぐ稼働終了なのでもうお目にかかることはないと思いきや、実はまだ再現することができます。 もしやと思って試してみたら再現できちまった — アヒャッポゥ Nosuke0213 そう、 ガンダムバーサス 未だ現役で絶賛バグり中です。 いやあ検証の機会を残してくれるとはありがたいことです(棒) 発生条件は「 一部の機体に対して正面から覚醒技を当てる」っぽい。 ガバガバかよ 多分もうアプデないだろうしずっとこのままなんだろうなぁ・・・w 長田ザクさんの方でも動画まとめ上がりましたので追記しときます。 有名コテに名前呼んでもらえるの嬉しいもんですねぇ EXVS2の他の記事はこちらからどうぞ nosuke0213.

次の

アトラス覚醒技の謎 なぜ間違った情報が広がったのか?【EXVS2】【MBON】2019/09/14更新

長田 ザク

発端 先日、長田ザクさんがこんな事をツイートしていました。 カッコいいよね。 もちろん実際に乗って覚醒技発動後画面を眺めていれば普通に多段ヒットするので間違いであることは一発でわかります。 ・・・が、それにしては長田ザクさんの言う通り噂が妙に広まっていたのも確かです。 そこで今日は、アトラス解禁当時何があったのかを追っていこうと思います。 マキオン時代の新機体はプレイ回数等の条件をクリアしたプレイヤーに優先して解禁される仕様でした。 この頃に戻らないかなあ 一部のプレイヤー(つってもカジュアル層以外は普通にみんな対象だと思うけど)だけがアトラスをプレイできる中、 自分が認識する限り一番最初に覚醒技の連打対応について言及していたのは 先行稼働日の朝8時、アトラスについてのレポートを最速で纏めていたはりーさんでした。 このツイートも武装の詳細を確認したいプレイヤーにとって大変ありがたく、僕も検証の際には大いに参考にさせていただいたのを覚えています。 キャンセルルートとか専用派生とか結構見落とすんすよね とにかくダメージ付きで「連打対応」と書かれた上記ツイートは高い信憑性を持って拡散されました。 拡散 そっからは色んな所で覚醒技に関する記述が見受けられます• Wiki 不特定多数の人間が更新できるものなのでしょうがないんですがWikiにも普通に書かれていました。 現在Wikiの編集履歴を確認できる限り追ってみた所、 2018年4月8日に連打対応である旨が加筆され、その後 2018年9月23日に検証したが確認できない追記がなされています。 5ヶ月間のりっぱなし。 ていうか一ヶ月後にはもうEXVS2稼働なんで稼働末期の間ずっと誤情報が乗っていたことになります。 そらみんな信じるわな• したらば したらば掲示板も確認してみたところ先行解禁の翌日にはWiki上で編集合戦が発生していたログが確認できます。 ただ、この後この話題は稼働終了まで一切出てこなかったのであんまり話題性はなかったっぽい。 早すぎ。 連打対応の旨が書かれていますね。 映像では普通に多段ヒットしたものが使われています。 その後、1日遅れてこちらの解説動画が上がります。 こっちはダメージまでバッコリ書いてある。 丁寧に連打ありと連打なしの動画を撮ってくれているのはいいんですが、どちらも正常にヒットしており同じ絵面になってます。 なので数字ははりーさんレポートを参考にしたっぽいですね 多分編集に時間かけたんだろうな・・・ ごく一部分だけの紹介ですがこういった要素が重なって、アトラスの覚醒技は連打に対応しているという誤情報が定着していった模様です。 アヒャッポゥは対応してないって知ってたのになんで訂正しなかったのかって? だって有名コテがそう言ってるんだもん、条件が違うだけでなんかあるのかもって思うじゃん。 また今度検証してみようと思ってたらいつの間にか定着してた。 デマが広がりやすく正しい情報が広がりにくい原因を身を以て体験したよね。 しかしそれだけでこんなに普及するだろうか?というかそもそもはりーさんが間違えたのは何故なんだろう? はりーさんに話を伺ってみた所、棒立ちの相手に対して覚醒技を振っただけで実際に240ダメージが出たというお話を聞けました。 おかしい、そんなはずは。 そう思っていた所、実はアトラスの覚醒技には あるバグが存在することがわかったのです。 覚醒技最終段のヒット数が減少するバグ 具体的な原因は不明ですが、唐竹割りの一番最後の部分だけがヒットしてしまいダメージが240に低下するというはた迷惑なバグが存在していたのです。 しかもわりと普通に起きるので実際に見た人は「連打が足りなかったのかな?」となるわけだ。 なるほどなあ ツイッターでもちょいちょいバグが発生している映像を確認することができます。 ともかく、このバグの存在があった為に間違った情報に信憑性をもたせてしまっていたようなのです。 実際に1ヒットしかしてないのを見ちゃったらね。 そりゃね。 恥ずかしながらアヒャッポゥはこのバグの事を知りませんでした。 顎と鼻を尖らせながら「 情弱・・・!試せばすぐわかる事・・・!それを怠る姿勢が・・・!」みたいな事言ってイキってた記憶があります。 まとめ• アトラスの覚醒技にはヒット数が減ってしまうバグがあった。 解禁初日に武装を確認していたはりーさんはそのバグに遭遇し、連打対応だと認識、投稿• 多くの情報発信者がその情報を信じ、誤情報の二次生産を行ってしまった。 色々なところに連打対応と書いてあるし、割と発生頻度の高いバグなので多くの人が連打対応で間違いないと思ってしまった。 まとめるとこんな所でしょうか。 実戦で連打をしないっていう選択をわざわざする必要がないし、発生してもそこまで実害のないバグなので本腰入れて調べる人がいなかったのもあるかもしれないね アトラス、確か解禁当初はレールガンがバルカン一発で消されるからクソ、っていうデマ被害も受けてたよね。 世論に嫌われてるんですかねコイツ? 今回の教訓 もちろんですが誰が悪いとかそういう話ではない。 その時も思いましたが誤情報が広まるのにはその影になにかしらの後押しする要因があるみたいです。 弱実弾なのでビームに当たれば消えるけど、でも確かにゲロビと撃ち合いして勝つこともある。 これはどちらも本当の事でした。 アトラスの件もここまで拡散されたのには「ヒット数が減る不具合」の存在が大きかったように思います。 間違った事を言った人を糾弾するのは簡単ですが、その背景に何があったのか、色々な要因が積み重なった結果の勘違いだった、ってのは往々にしてよくある事なんじゃないでしょうか ツイッターとかだとたった140文字のデマツイートに対して親の仇の如く叩く人、結構いるじゃないですか。 正義感に燃えるのは結構なんですがどうしてそうなったのか、ってのをもう一歩踏み込んで考えてみる習慣をつけていきたいよね。 いつ自分も同じようにミスをするかわかったもんじゃないし、悪意を持って情報を絞ってくる人間の思い通りに動いてしまう可能性もある。 今回は誤情報によって損をする人がいなかったのでそういう話にはならないけど、似たような事はいつでも起こりうると思ってます。 一部分だけ見て早合点しない、ってのは情報を出す側も受け取る側もどちらにも言える話ですよね よし、いいこと言った。 未来へ それじゃあ今日はこのへんで。 余談ですがこのバグ、EXVS2にもあったらしく、2019年7月にようやく修正されたようです。 どんだけ放置してたんだ まぁ他にも最終段前のレールガンが外れるとか色々不都合あったみたいだしねこの覚醒技。 見た目はいいんだけど色々難儀だよなあ そしてEXVS2にてすでに修正済み、マキオンももうすぐ稼働終了なのでもうお目にかかることはないと思いきや、実はまだ再現することができます。 もしやと思って試してみたら再現できちまった — アヒャッポゥ Nosuke0213 そう、 ガンダムバーサス 未だ現役で絶賛バグり中です。 いやあ検証の機会を残してくれるとはありがたいことです(棒) 発生条件は「 一部の機体に対して正面から覚醒技を当てる」っぽい。 ガバガバかよ 多分もうアプデないだろうしずっとこのままなんだろうなぁ・・・w 長田ザクさんの方でも動画まとめ上がりましたので追記しときます。 有名コテに名前呼んでもらえるの嬉しいもんですねぇ EXVS2の他の記事はこちらからどうぞ nosuke0213.

次の