法事 の のし袋。 神道の不祝儀袋の書き方や式年祭の服装など神式の法事マナーについて

[弔事]法要・法事用の表書きと水引・のしの選び方について|熨斗つくーる

法事 の のし袋

法事・法要 作成日:2019年12月25日 更新日:2020年01月24日 四十九日法要ののし袋のマナーは?書き方も紹介します• 仏教では故人が亡くなってから7日ごとに法要が執り行われ、 四十九日法要をもって忌明けとなるとされています。 四十九日法要は、遺族が集い合って故人が極楽浄土に召されるよう祈るための儀式です。 この四十九日法要に参列するにあたり、参列者は香典を入れるのし袋やお供え物にかけるのし紙を用意する必要がありますが、どのようなものを選べば良いのか、またどんなマナーがあるのか実はよく理解していないという人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は 四十九日法要で用いるのし袋やマナー、選び方、書き方を詳しくご紹介していきます。 【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 四十九日法要の香典で用意するのし袋のマナー お祝い事用の贈り物を購入し、お店の方に「のしを付けてほしい」とお願いすると、贈る相手や目的に沿ったのしを選んでつけてくれます。 自分にのしに関する知識がなくても不便がないため、のしがどういうものなのかを理解して使用している人は意外に少ないのではないでしょうか。 のしと聞くと「水引」と「のし」のデザインが描かれた「のし紙」を思い浮かべますが、実は のしとは冠婚葬祭の贈り物に添えるのし紙の中央右上に描かれた飾りのことを指します。 ここでは、四十九日法要の香典で用意するのし袋と水引を選ぶポイントを見ていきましょう。 のし袋を選ぶポイント のし紙の場合も、 弔事用を選ぶようにしましょう。 また、のしのデザインとして 蓮の花が描かれているものは仏式専用となることも頭に入れておきましょう。 キリスト教式の法要では十字架が印字されたキリスト教式ののし袋を用いるか、白無地の封筒を使用して問題ありません。 水引を選ぶポイント 水引の色は、香典の金額によって変わるものです。 四十九日法要でののし紙のかけ方 のし紙のかけ方には2種類の方法があります。 一つは 「外のし」と呼ばれる贈答品のラッピングの外側にのし紙をかける方法で、お供え物や引き出物に用いるのが一般的です。 もう一つは 「内のし」と呼ばれる方法で、贈答品の箱に直接のし紙をかけ、その上からラッピングを施します。 を 直接渡す場合には 外のし、 郵送で香典返しをする場合には配送過程でのし紙が破れたり汚れたりすることを避けるため 内のしを用いるのがおすすめです。 のしで使う墨の色 墨で問題ありません。 薄墨には「突然の訃報に悲しみの涙を流し、墨がにじんでいる」という意味があるため、や葬式では薄墨が使用されます。 一方、四十九日は忌明けを迎えることに加え、日取りがすでに決まっているものであることから濃墨を用いるのが一般的です。 ただし、地域によっては薄墨を使用することもあります。 濃墨で問題ないと思っていたら、その地域では薄墨が一般的で慣習にそぐわなかったというような事態に陥らないよう、 できる限りの範囲で事前に確認しておくと良いでしょう。 のしの表書きの書き方 四十九日法要に使用するのしの表書きは、宗派によって書き方が異なります。 四十九日は仏教の法要であるためやにはありません。 その代わり、仏教以外のこれらの宗派にも四十九日法要に相当する儀式があり、その際にのしを持参します。 四十九日法要に相当する儀式としては、神道では「五十日祭」、キリスト教では「追悼ミサ」がこれにあたります。 ここでは、宗派や宗教によって異なるのしの表書きの書き方を見ていきましょう。 仏式の表書き 臨済宗や曹洞宗、日蓮宗、真言宗などの一般的な宗派では、四十九日法要ののしの表書きは 「御仏前」「御佛前」を使用します。 浄土真宗の場合でも同様に「御仏前」「御佛前」を用いるのが通例です。 ただし、浄土真宗ではこれらの表書きは四十九日前でも使用されるため、あらかじめ覚えておくと良いでしょう。 また、 「御香料」「御供物料」「御花料」「御香典」などの表書きは、宗派を問わず使用できます。 神式の表書き 四十九日は仏教の法要であるため、神式にはありません。 ただし、 四十九日法要に相当する五十日祭という忌明けの儀式があり、その際に香典を持参します。 神式の五十日祭に用いるのしの表書きは、 「御霊前」や 「御玉串料」、「御神前料」「御神撰料」「御供物料」などを使用するのが適切です。 神式では、故人の魂は現世に残してきた家と遺族を守る守護神になるとされています。 そして、故人が守護神として自宅の神棚に祭られるのが、この五十日祭です。 キリスト教式の表書き キリスト教においても、神式と同様に四十九日法要というものはありません。 ただし、四十九日に該当する追悼儀式として 故人の没後一か月目に執り行われる追悼ミサがあり、その際に香典を持参します。 追悼ミサに持参するのしの表書きには、 「御花料」「お花料」「御供物料」などを用いるようにしましょう。 のしの名前の書き方 のしの表書きは宗派や宗教によって書き方が異なりますが、一方、名前に関しては宗派や宗教による書き方に違いはありません。 ただし、個人で現金を包む場合と夫婦や職場の同僚、友人同士などの連名で包む場合とでは名前の書き方が異なります。 ここでは、 香典を包む人数によって変わる名前の書き方について見ていきましょう。 個人名の書き方 香典を個人で包む場合、のしを上下に分断する形で描かれた 水引の下段中央に自分の氏名を記入します。 その際、誰からの香典なのかがご遺族にはっきりと伝わるよう、 名字だけでなくフルネームで書くようにしましょう。 また、職場の上司などの代理で香典を出す場合には、上司の氏名を記入したうえでその 左横に「代」の文字を書き添えます。 夫婦の書き方 夫婦で香典を包む場合には、 夫の氏名のみをのしの下段に記入するのが一般的です。 ただし、夫婦ともに故人と親しい間柄にあった場合などには、のしの下段中央に記入した夫の氏名の左横に妻の名前のみを書き添えるとよいでしょう。 2、3人の連名の書き方 職場の同僚や上司と部下、学生時代の友人同士など連名で香典を包む場合には、 2人と3人で名前の書き方が異なります。 連名者が2人の場合には、1人の氏名をのしの下段中央に記入し、その左横にもう1人の氏名を記入しましょう。 名前の大きさが均等になるよう、バランスを見て記入することも大切です。 同僚や友人同士など連名者双方の関係性や立場が対等な場合では、 五十音で早い方から順に中央に記入するようにしてください。 一方、上司と部下など立場が異なる人同士の連名で香典を出す場合には、 目上の人の氏名がのしの下段中央になるよう記入しましょう。 連名者が3人の場合には、のしの下段中央に1人の氏名を記入し、その両側に残りの2人の名前を書き添えます。 その際、連名者が部下と上司の関係性であれば目上の人が右側に来るよう記入し、同僚や友人の場合には右側から五十音順になるように並べて記名しましょう。 4人以上の連名の書き方 連名者の名前を個々に記名するのは、3人までです。 次に、中袋に連名者の全員の名前と連絡先、香典に包んだ金額などを書いた紙を同封しておくと良いでしょう。 まとめ 四十九日法要は、 故人の成仏を願い来世がより素晴らしい生であることを祈るとても重要な儀式です。 四十九日法要を取り仕切る施主側はもとより、参列者側もお供え物や香典、お返しを用意する際のマナーをしっかりと押さえておきましょう。 四十九日法要を行う際には、ぜひ小さなお葬式をご利用ください。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

神道(神式)の法事法要に参加する上での注意点|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

法事 の のし袋

水引の起源は飛鳥時代にまでさかのぼります。 その当時は日本から隋に遣唐使が盛んに送られていた時代でした。 隋への貢物には献上品であることを示す紅と白に染めた麻の紐がかけられていました。 その紅と白の麻の紐が、贈り物や特別な時に使うのしとして現在では形を変えて使われているといわれています。 また別のエピソードもあります。 室町時代、日本は明という今の中国と貿易をしていました。 明からの輸入品には赤と白の紐がかけられていましたがそれは本来、明の人たちが輸入品とその他の品物を見分ける目印だったそうです。 この紅白の麻ひもは当時高級な染料を使用していたため、日本人たちはこの紅白の紐は贈答品に対しての文化だと勘違いしたようです。 それ以降日本では赤と白に染め分けた紐を贈答品に用いて現在でも特別な時にのし袋や不祝儀袋に使用するようになりました。 水引が黄色になったいわれは冠婚葬祭の格式と染色技術に関係がある 黄色の水引の発祥は京都といわれていますが、当時の京都では皇室への献上品は専用の水引があり、高級な赤の染料で染めていましたが、見た目が濃い松葉色(濃い緑色)で黒白の水引と見間違えやすいものでした。 そこでお葬式で見分けがつきやすいように黄色の水引も使用するようになったといわれています。 もともと仏教では黄色は極楽浄土をあらわす神聖な色だともいわれています。 また神道でも黄泉の国はなくなった人の行く場所だとされていますが、その黄泉の国をあらわす色が黄色だともされています。 黄色は古来から特別な意味があるようです。 黄色の水引に合わせて新盆、初盆参りのマナーについても併せて見ておきましょう。 どんな服装をすればいいのか迷うことも多いお盆ですが、下の記事を読めばもう心配いりません! 黄色の水引を使う場面の2番目は、僧侶へのお車代やお供え料として使う場合です。 僧侶へのお車代は僧侶の交通費です。 お供え料というのは法事に来た人たちが、施主にお供え物のお金として渡すことです。 その際にお金は封筒などではなく、関西地方では香典袋に黄のしを使います。 法事では仏壇にお供えする品物を持ちよりますが、お供え物に具体的なルールはありません。 個人が好きだったお菓子や日持ちのする食べ物などが一般的です。 地域や家庭によっては仏壇へのお供え物は食べ物ではなく、お金をお供えするというところもあります。 その際に使うのし袋や不祝儀袋・香典袋に黄のしを使います。 のしの結び方には種類がありますが結婚式などの水引には蝶結び、または花結びなどといわれる結び方を使います。 この結び方は何度でも結びなおすことができるので、何度あっても嬉しい出来事に使います。 逆にお葬式などの弔事は何度もあってほしくないということから結びきりを使います。 結びきりは一度結ぶと再びほどくことが困難で、何度も簡単に結びなおすことができません。 一度で終わる、繰り返さないように、という意味があります。 弔事は何度もあってほしくないので、一度で終わるという願いが込められています。 のし袋や不祝儀袋、香典袋の表は書く言葉が決まっていますので、忘れないように記入するようにしましょう。 その際ボールペンなどではなく筆を使って書きます。 手軽な筆ペンを利用すると良いでしょう。 表書きは水引の上、中央に記入するようにします。 「ご霊前」は宗教を問わずほとんどの宗教に使うことができますが、浄土真宗では「ご仏前」にします。 その他には「御香儀」「御香料」「御供」なども使うことができます。 神道では「御玉串料」、キリスト教では「御花料」などと書いても良いでしょう。 弔事は本来悲しいもので、一般的には黒と白で弔事を表します。 この黒と白を使うとあまりに悲しみが強いので、それを和らげるために法事での水引には黄色と白の黄のしを使うようになったということです。 昔から黒は弔事で最高位の色になります。 その一歩手前の色が黄色なので悲しみの心を鎮めるために使うようになったともいわれています。 人を思いやる優しさが、黄色を水引の色に選ばせたということでしょうか。 日本人の人を思いやる優しさが溢れている気がしますね。 マナーについてもっと詳しく知りたい方は次の記事もチェックしてみてください。 お見舞金の袋の正しいマナーについて書かれています。 包み方や渡すときのポイントも抑えてありますので、これを読んでおけば万全です。

次の

ご贈答マナー【神式:式年祭・例年祭 (忌明け祭後の行事)】

法事 の のし袋

お供えの「のし紙」の基本を知る まずは、「のし紙」がどんなものか、そしてお供え物にかける「のし紙」が何のためのものかを理解しましょう。 「のし紙」とは? 「のし紙」とは、かけ紙に「のし」「水引」「表書き」を印刷した紙のことで、贈答品を包むときに使われます。 ただし、かけ紙の右上に印刷される「のし」(画像参照)はお祝い事にしか使用しないため、お葬式や法事のお供えの品物には「のし」の印刷がないかけ紙が使われます。 このように「のし」の印刷がなく、弔事用の水引や表書きだけが印刷された画像右側のようなかけ紙のことを 「弔事用のし紙」と呼びます。 お供え物の「のし紙」はあなたの故人への敬意を表すもの のし紙は、贈り主から相手に対し礼を尽くす姿勢を表すものとして、贈答品の包装に使われます。 お供え物に弔事用のし紙をかけるのは、あなたからの故人への敬意と遺族へのいたわりの気持ちを表すためです。 お供え物の「のし紙」の選び方&かけ方のマナー お供え物の「のし紙」が何のためのものか理解したら、次はお供え物にかけるのし紙の基本マナーを見ていきましょう。 用途別に水引の色や表書きの書き方、知っておきたいかけ方のポイントまで紹介します。 水引と表書き 通夜・葬儀や法事のお供え物には、画像のような「結び切り」という結び方の水引が印刷された弔事用のし紙をかけます。 「結び切り」は一度結ぶとほどけない結び方で、弔事や結婚など、一度きりで繰り返したくない出来事に対しての贈答品に使われます。 水引の色と表書きは、お供えのシーンによって以下のように使い分けます。 《地域による風習の違いに注意!》 通夜・葬儀では全国的に黒白の水引が使われますが、法事用のお供え物の水引の色は地域によって差があります。 例えば、関西では一般的に四十九日法要から黄白の水引を使用することが多いですが、関東では一周忌までは黒白を使い、黄白は三周忌以降でないと使ってはいけないとされています。 のし紙の水引や表書きのことがわからなくて困ったら、お供えを渡す相手が住む地域の風習に詳しい人や、葬儀社に相談してから手配しましょう。 お供え物には「内のし」?「外のし」? のし紙のかけ方には、「内のし」と「外のし」の2種類があります。 内のし ・包装紙の中、箱に直接のし紙をかける包み方 ・式典に出席せず、お供えのみ送る場合はこのかけ方をすることが多い 外のし ・包装紙の外側にのし紙をかける包み方 ・式典に出席しお供えを直接手渡しする場合はこのかけ方をすることが多い のし紙のかけ方に厳密な決まりはなく、どちらのかけ方もマナー違反にはなりません。 ただ、たくさんのお供え物が並ぶ通夜・葬儀式や法事では、ひと目で誰からの物かわかるように「外のし」が使われやすい傾向があります。 お店の人にどちらのかけ方にするか聞かれて迷ったら、参考にしてくださいね。 ルールに注意!お供えの選び方 お供え物の用途別に、どんなのし紙を用意すればいいのかイメージはできましたか? 包み方のマナーをマスターしたところで、最後に用途別の相場目安から喜ばれるお供え物の条件まで、お供え物の選び方のポイントを紹介します。 用途別のお供え物の一般的な相場目安 通夜・葬儀のお供え物なら5千円~1万円、法事のお供え物なら3千円~1万円を目安に考えましょう。 喜ばれるお供え物の条件3つ 消えものを選ぶ お供え物は食べ物や飲み物をはじめ、線香やろうそくなどの消えもの(消費されてなくなるもの)がよいとされます。 分けやすく、日持ちのするものを選ぶ 食べ物や飲み物なら個包装で、常温で日持ちのするものが便利です。 焼き菓子やせんべい、羊かんや小さい容量のジュースなどが、お供えしたあとにみんなでお下がりとして分けやすいので喜ばれます。 故人が好きだったものを選ぶ 故人が好きだったお酒やお菓子、果物などをお供えとして持って行くのも遺族に喜ばれます。 また、花なら故人の好きだった色や種類の花を入れたフラワーアレンジメントがおすすめです。 《通夜・葬儀では葬儀社を通して注文するのもアリ!》 通夜や葬儀式のためのお供え物は、担当の葬儀社が注文を受け付けている場合があります。 この場合は葬儀社に供物を注文すれば、式に間に合うように手配してくれます。 《ここに注意!》 以下の3つはお供え物としてはふさわしくありませんので、避けるようにしてください。 ・肉や魚など殺生につながるもの ・バラなど棘のある花 ・濃色で派手な色の花 「物」ではなく「現金」をお供えすることも お供えとして現金、または物と現金の両方を持って行く場合もあります。 現金をお供えとして包む場合のマナーも確認しておきましょう。 表書きと水引の色 現金を入れる不祝儀袋も、お供え物ののし紙と同じで「結び切り」の水引が入ったものを選び、目的に応じて水引の色と表書きを変えます。 《ここに注意!》 お供え物と現金を両方用意する場合、表書きが重ならないようにします。 下記は会食がない場合の一般的な目安です。 通夜・葬儀(香典) 法事(供物料) 親戚 1万円~3万円 3千円~1万円 友人・知人 1万円~2万円 5千円~1万円 法事のお供えには白い胡蝶蘭を 法事のお供えには、故人を偲ぶ気持ちを表す白い胡蝶蘭がおすすめです。 「アロンアロン」は、知的ハンティキャップを持つ方が丹精こめて栽培している胡蝶蘭を販売しています。 お供えに胡蝶蘭をお考えなら、をご検討ください。 いかがでしたか? のし紙の選び方、かけ方ひとつ変えるだけで、あなたからのお悔やみの気持ちがより強く伝わるお供えになります。 せっかくですから、のし紙のマナーをきちんと守って、あなたの心が伝わるようお供え物を贈ってくださいね。 配送について 全国配送無料でお届け致します。 東京23区、川崎市(川崎区のみ)、横浜市一部(鶴見区、港北区、都筑区、青葉区、神奈川区、保土ヶ谷区、旭区、中区、西区、南区、港南区)、名古屋市内、大阪市内、福岡市内は、 午前中注文受付で翌日の配送も可能です(化粧蘭を除く)。 本州・四国へのお届けは、ご注文日から2日後着が最短となります。 北海道・九州へのお届けの場合は、ご注文日から3日後着が最短となります。 ご希望商品が在庫切れの場合は、手配可能な最短日をご案内致します。 返品・交換について お客様のご都合による返品、交換はいたしかねます。 ただし、当店の 手違い、不良は直ちにご対応させて頂きます。 お電話によるお問い合わせは 03-6823-5937 (受付時間 平日 9:00~17:00、土曜 9:00~16:00 日祝 休業) お支払い方法 下記クレジットカードがご利用頂けます。 銀行振込(前払い) ご注文確認のため振込入金先を記載したメールをお送りいたしますので、お振込みをお願いいたします。 お振込みはお届け希望日の3営業日前( 土日祝日を除く) までにお願いいたします。 ご入金が確認できましたら、商品の準備・発送をさせていただきます。 西武信用金庫 渋谷東支店 普通2008107 エヌピーオーホウジンアロンアロン コンビニ決済 ご入金確認後の発送となります。 各種コンビニでお支払いが可能です。 ご入金はお届け希望日の3営業日前( 土日祝日を除く) までにお願いいたします。 請求書払い(法人様限定) 商品のお届け後、請求書をお送り致します。 指定の期日までに お振り込み下さい。

次の