おれ の まんが。 おれたちボンボン団

おれは直角

おれ の まんが

猫の動画や写真って見ているだけで癒されますよね! 今月のトピックスではNHK Eテレで放送されている 「おれ、ねこ」、「あたし、ねこ」をご紹介したいと思います。 Eテレ0655は、NHK教育で朝6:55から5分間だけ放送される、 1日のはじまりをつくるというコンセプトの番組です。 ここで流れる「おれ、ねこ」がなんとも言えない良さがあるので、 まずはどうぞご覧ください!! ただし、これ、中毒症状が出るので注意が必要です!! 1日中頭の中を 「おれ、ねこ。 」 「おれ、ねこ。 」 「ここ、おれのうち。 」 「ここ、おれのうち。 「ねこのうた」は、視聴者からのねこの投稿写真をねこ目線の歌にのせておくる、『0655』の看板コーナー。 オスねこの「おれ、ねこ」をGOING UNDER GROUNDボーカルの松本素生、メスねこの「あたし、ねこ」を加藤千晶が歌います。 Pingback:Eテレの「おれ、ねこ」「わが輩は、犬」にハマるひと続出中! - にゃんこ情報局• Pingback:Eテレの「おれ、ねこ」「わが輩は、犬」にハマるひと続出中! - 癒やしの動物サイト• Pingback:Eテレの「おれ、ねこ」「わが輩は、犬」にハマるひと続出中! 猫まとめVIP!~猫2chまとめまとめました~• Pingback:• Pingback:Eテレの「おれ、ねこ」「わが輩は、犬」にハマるひと続出中! - アメショー大好きブログ• Pingback:Eテレの「おれ、ねこ」「わが輩は、犬」にハマるひと続出中! - Pets News• Pingback:Eテレの「おれ、ねこ」「わが輩は、犬」にハマるひと続出中! - ポメラニアン!発信局• Pingback:Eテレの「おれ、ねこ」「わが輩は、犬」にハマるひと続出中! - ペットの話題まとめ Comments are closed.

次の

おれたちボンボン団

おれ の まんが

おれのサーキットのあらすじ紹介 これは一巻のあらすじです。 泣き虫の翔太は、 いつもいじめられていた。 そんなある日、翔太は、ポケバイの 大会を偶然に見ることになる。 最初は、たかがポケバイじゃないかと バカにしていたが、その実際の走りを見て、 その迫力に感動する。 偶然にも、そこにいたノッポの男性に、 ポケバイに乗ってみないか、と勧められる。 ここで、翔太は女の子と 対決することになる。 翔太は、素人とは思えない発想を 披露することになる。 そして、氷室との出会い。 ライバルが次から次へと現れ、 そして翔太は、どんどん、 ポケバイの世界にハマっていく。 おれのサーキットのネタバレと今後の展開は? これは一巻のネタバレです。 翔太は、いつもいじめられていた。 ある日、翔太は、 ポケバイの大会を偶然に見る。 最初は、バカにしていたが、 その走りを見て迫力に感動する。 偶然、そこにいたノッポの男性に、 ポケバイを勧められる。 ここで、翔太は女の子との対決をする。 翔太は、素人とは思えない発想を披露する。 勝負は、どうなるのか。 そして、翔太は軽いケガをする。 ノッポの男性が、 翔太の自宅に行って謝るが、 翔太のお母さんに、 きつくしかられる。 しかし、ノッポのお兄さんは小さなメモを、 翔太の妹に渡して、翔太らを自宅に呼ぶ。 次の日、翔太は、 ノッポさんの自宅の駐車場で、 ポケバイの練習を始める。 ノッポさんは、 コースの走り方などを教える。 すると、そこに一人の少年が現れる。 彼は、日本人ロードレーサー 氷室剛の息子なのだ。 氷室は、少年に戦いを挑む。 氷室は、反則ギリギリの戦法で 翔太を追い込む。 翔太は、ここで どんな技を披露するのか。 勝負の行方はいかに。 そして翔太は、ポケバイの世界に どんどんハマっていく。 サイト内で【 おれのサーキット】を検索! おれのサーキットの読んでみた感想・評価 このマンガは、とにかく熱く、 そして少年漫画らしくない、 シリアスさを含んでいます。 翔太の執念がクセになるというか、 情熱がこちらに伝わってきて、 とても楽しい物語だと思います。 そして、意外なアイデアを出すところも、 裏技的な感じで、 非常に面白いです。 実力をどんどんつけていく 翔太から目が離せません。 ちょいちょい出てくる、 お母さんの存在も魅力的です。 自分の息子を思いやる気持ち、 親としての複雑な心境が、 うまく表現されています。 この、お母さんの心境の変化も、 このマンガの魅力の、 ひとつだと思います。 そして、ノッポさんの存在。 この人もとてもいいキャラです。 さらに、ライバルの存在。 生意気なキャラの雷門加奈。 彼女も、このマンガに華を出すことに 貢献しています。 実力も、かなりあるので 非常に楽しませてくれます。 そして不敵なキャラの氷室。 彼の実力は、 どれほどのものなのでしょうか。 今後どのような展開になっていくのか。 そこのところが目が離せません。 おれのサーキットはこんな方におすすめな作品!必見 このマンガは、 男性向きのマンガだと思います。 たぶん、女性には受けません。 それと、バイクが好きな人が読むと、 ちょっと拍子抜けしてしまう、 ところがあると思います。 当たり前すぎる事が書いてあるのですが、 それでみんなが、「おおー!」 と驚くシーンがたくさんあるのです。 バイクに詳しい人が読むと、 かなり違和感を感じると思います。 でも、たぶん拍子抜けはするかも しれませんが、他にハマる要素が、 たくさんあるので、 けっこう楽しめると思います。 それと当時、このマンガが コミックボンボンに連載されていた頃に、 見ていなかった人は、 ぜひ見て欲しいと思います。 あの頃に、こんな熱いマンガが あったのかと驚くことでしょう。 少年マンガですが、 これは私の中でも思い出深いマンガです。 どれくらい売れたのかはわかりませんが、 とにかく、 たくさんの人に読んでもらいたいです。 そして、翔太の熱い戦いを じっくり堪能してください。 そして、読み終わったら、 必ずポケバイに乗りたくなります。 とにかくお勧めです。

次の

おれたちボンボン団

おれ の まんが

おれのサーキットのあらすじ紹介 これは一巻のあらすじです。 泣き虫の翔太は、 いつもいじめられていた。 そんなある日、翔太は、ポケバイの 大会を偶然に見ることになる。 最初は、たかがポケバイじゃないかと バカにしていたが、その実際の走りを見て、 その迫力に感動する。 偶然にも、そこにいたノッポの男性に、 ポケバイに乗ってみないか、と勧められる。 ここで、翔太は女の子と 対決することになる。 翔太は、素人とは思えない発想を 披露することになる。 そして、氷室との出会い。 ライバルが次から次へと現れ、 そして翔太は、どんどん、 ポケバイの世界にハマっていく。 おれのサーキットのネタバレと今後の展開は? これは一巻のネタバレです。 翔太は、いつもいじめられていた。 ある日、翔太は、 ポケバイの大会を偶然に見る。 最初は、バカにしていたが、 その走りを見て迫力に感動する。 偶然、そこにいたノッポの男性に、 ポケバイを勧められる。 ここで、翔太は女の子との対決をする。 翔太は、素人とは思えない発想を披露する。 勝負は、どうなるのか。 そして、翔太は軽いケガをする。 ノッポの男性が、 翔太の自宅に行って謝るが、 翔太のお母さんに、 きつくしかられる。 しかし、ノッポのお兄さんは小さなメモを、 翔太の妹に渡して、翔太らを自宅に呼ぶ。 次の日、翔太は、 ノッポさんの自宅の駐車場で、 ポケバイの練習を始める。 ノッポさんは、 コースの走り方などを教える。 すると、そこに一人の少年が現れる。 彼は、日本人ロードレーサー 氷室剛の息子なのだ。 氷室は、少年に戦いを挑む。 氷室は、反則ギリギリの戦法で 翔太を追い込む。 翔太は、ここで どんな技を披露するのか。 勝負の行方はいかに。 そして翔太は、ポケバイの世界に どんどんハマっていく。 サイト内で【 おれのサーキット】を検索! おれのサーキットの読んでみた感想・評価 このマンガは、とにかく熱く、 そして少年漫画らしくない、 シリアスさを含んでいます。 翔太の執念がクセになるというか、 情熱がこちらに伝わってきて、 とても楽しい物語だと思います。 そして、意外なアイデアを出すところも、 裏技的な感じで、 非常に面白いです。 実力をどんどんつけていく 翔太から目が離せません。 ちょいちょい出てくる、 お母さんの存在も魅力的です。 自分の息子を思いやる気持ち、 親としての複雑な心境が、 うまく表現されています。 この、お母さんの心境の変化も、 このマンガの魅力の、 ひとつだと思います。 そして、ノッポさんの存在。 この人もとてもいいキャラです。 さらに、ライバルの存在。 生意気なキャラの雷門加奈。 彼女も、このマンガに華を出すことに 貢献しています。 実力も、かなりあるので 非常に楽しませてくれます。 そして不敵なキャラの氷室。 彼の実力は、 どれほどのものなのでしょうか。 今後どのような展開になっていくのか。 そこのところが目が離せません。 おれのサーキットはこんな方におすすめな作品!必見 このマンガは、 男性向きのマンガだと思います。 たぶん、女性には受けません。 それと、バイクが好きな人が読むと、 ちょっと拍子抜けしてしまう、 ところがあると思います。 当たり前すぎる事が書いてあるのですが、 それでみんなが、「おおー!」 と驚くシーンがたくさんあるのです。 バイクに詳しい人が読むと、 かなり違和感を感じると思います。 でも、たぶん拍子抜けはするかも しれませんが、他にハマる要素が、 たくさんあるので、 けっこう楽しめると思います。 それと当時、このマンガが コミックボンボンに連載されていた頃に、 見ていなかった人は、 ぜひ見て欲しいと思います。 あの頃に、こんな熱いマンガが あったのかと驚くことでしょう。 少年マンガですが、 これは私の中でも思い出深いマンガです。 どれくらい売れたのかはわかりませんが、 とにかく、 たくさんの人に読んでもらいたいです。 そして、翔太の熱い戦いを じっくり堪能してください。 そして、読み終わったら、 必ずポケバイに乗りたくなります。 とにかくお勧めです。

次の