アイン グループ。 アインホールディングス 社員・パート求人サイト

業界売上トップ!【アインファーマシーズ】の評判を徹底検証!

アイン グループ

一人ひとりの社員の、 『自ら考える力』を養っていく。 アイングループでは、全国に1,000店舗以上の調剤薬局を展開しており、各店舗ごとに特性や雰囲気が少しずつ異なっています。 そのため、あえて業務マニュアルは最低限にとどめ、各店舗で働く薬剤師の多彩な現場力を信頼し、任せる方針を取っています。 こういった考えから2012年に始まったのが「考える薬局プロジェクト」。 待ち時間短縮などの患者さまサービスや調剤精度の向上など、各薬局が独自に判断して、タイムリーにサービスを創意工夫していくことを後押ししています。 現場から声を上げ、本部がそれを積極的にフォローすることで、現場の力は着実に強くなり、また、効率が上がることで薬剤師本来の業務にしっかりと取り組むことができるという土壌が整っています。 薬が多すぎて飲み間違ったり、飲み忘れてしまったり。 高齢の患者さまにとっては重大な問題です。 また、多くの種類を一度に服用すると副作用や相互作用のリスクが高まることもあります。 そこで、当店舗では、「毎日たくさんの薬を服用しなければならなくて困っている患者さまにどうアプローチするのか?」というテーマで考える薬局プロジェクトをスタートさせました。 患者さまが服用している薬を一つひとつ確認し、体調変化を確認しつつ相談しながら薬を減らす。 そして、患者さまにも自身の治療に興味をもっていただき、積極的に治療にかかわっていただく。 ポリファーマシーの解消を通して、地域から必要とされる薬局を目指す姿から「アインのチカラ賞」を受賞することができました。 現在も継続して取り組んでいます。 毎日多くの患者さまにご利用いただく敷地内薬局。 特に大学病院の敷地内薬局は使用する医薬品数が多く、限られたスペースで必要な薬を確実に取りそろえる必要があります。 特に、がん治療や緩和医療などの高度医療の現場では、確実に服用いただくことが重要。 そこで店舗では、患者さまの薬を確実にそろえられるように全員で話し合うことにしました。 特に参考にしたのはトヨタ自動車のジャストインタイムの考え方。 自動車を必要な分だけ製造し、適宜出荷していくという考え方は、限られたスペースでの在庫管理において非常に参考になりました。 実際、取り組みをはじめて、患者さまに確実に薬を渡すことができるようになりました。 また、全体の在庫が適正化されると、在庫管理の労力が今までよりも少なくて済むようになるというメリットもありました。 「少しでも早く、薬を渡してもらいたい」という患者さまの声。 私たちは待ち時間を1秒でも短縮するためにアイデアを出し合いました。 経験年数に関係なく、新入社員から経験豊富な社員まで、全員で改善策を意見交換。 特に新入社員は、新しい気づきを与えてくれることも多く、こちらが勉強させてもらうこともあります。 そうして出てきた改善策を試してわかったことは、改善の成果は回数を重ねるごとに現れてくるということ。 小さなことでも、まず行動に移して繰り返すことが大切だと学びました。 仕事がしやすい環境が整ってくると、スタッフ同士で改善の様子を褒め合う姿が見られるようにもなりました。 他のスタッフの改善に刺激を受けて、さらなる改善につながる姿は感慨深いものがあります。 課題を改善できたことはもちろん成果だと思いますが、薬局長として、スタッフみんなでこうして話し合える環境ができたことが本当の成果であり、この環境づくりをこれからも続けていきたいと思っています。 「考える薬局プロジェクト」を開始するにあたり、私はまず、患者さまが薬局をより快適に利用できるかを考えていこうとしました。 定期的な局内ミーティングを行い、対策を話し合うことにしましたが、最初は私からの発信型のミーティングとなっていました。 そこで全スタッフに関わりを持ってもらうため、事前に話し合うテーマを決め、考えてきてもらった上でミーティングをする流れに変更しました。 その結果、考える時間もでき、職種や年齢に関係なく、意見を出し合える活気のある話し合いに変わっていきました。 成果が出てきていることの喜びももちろんありましたが、それ以上に、店舗スタッフが自分の意見が形になる喜びを感じている姿が見れてうれしかったです。 今では、局内ミーティングの時だけでなく、普段からスタッフが主体性を持って行動し、意見を交換できる職場環境になってきていると感じています。

次の

医療事務(新卒) | 調剤薬局・ドラッグストア・医薬流通サービスのアイングループ

アイン グループ

アイン薬局を運営する株式会社アインファーマシーズ。 親会社となる株式会社アインホールディングスはアインファーマシーズを含め89社もの関連会社を傘下に持つ、薬局、ドラッグストア関連事業の最大手です。 調剤薬局業界第1位の売上を誇るナンバーワン企業です。 株式会社アインホールディングスは、北海道札幌市に本社を置き、 調剤薬局の経営フランチャイズ事業を行う「医薬事業」、医療に関する「コンサルティング業」、医師・薬剤師専門の「人材紹介業」、「ジェネリック医薬品の販売業」、「ドラッグストア経営」、「化粧品販売」等様々な事業を展開しています。 社名につく「Ain」には、ドイツ語で「1」を表す「Ein アイン 」と、「AからZまで」つまり、予防から医療までのトータルヘルスケアサービスを目指すという意味がこめられています。 今回はアイン薬局を運営するアインファーマシーズについて理解を深めるため、様々な角度からリサーチした結果をまとめました。 転職を検討している薬剤師にとっては必見です!• 正社員も派遣も強い!まずは登録すべき業界最大手• 病院・企業に強い!じっくり相談したいならココ• 日本調剤系をめざすなら派遣に強い転職サイト• アインファーマシーズってどんな会社? 株式会社アインファーマシーズは株式会社アインホールディングスの100%持ち株子会社にあたります。 アイングループの歴史を辿っていくと、もともとは受託臨床会社を前身に持つ会社であったことがわかります。 その後ドラッグストア事業を開始。 現在主軸となっている調剤薬局事業は 1993年の北海道旭川市の「第一薬局」開局を皮切りに、医薬分業の追い風を受けて飛躍的に売上を伸ばしてきました。 2018年度の ファーマシー事業の売上高は2450億円で業界第1位。 また、組織体制としては 独自の薬剤師研修制度、マニュアルおよび調剤システムの開発・実用化に成功し、 調剤過誤の防止や業務効率化を進めるとともに個々の薬剤師のレベルアップに取り組んでいます。 ainj. ainj. アインファーマシーズの事業内容 アインホールディングスの主軸事業は [ファーマシー事業]と、 [ドラッグストア事業]です。 [ファーマシー事業]• ジェネリック医薬品への取り組み ジェネリック医薬品専門卸の物流システムにより全国にジェネリック医薬品の供給を行える体制が整っています。 オリジナルブランド 「リップス&ヒップス」「ココデシカ」などの展開、元資生堂の赤字ブランドの 「AYURA(アユーラ)」を小会社化しブランド再建を進めるなど、利益率の高いオリジナルブランドの開発・販売促進にも力を入れています。 ドラッグストア事業のセグメント売上としてはアインホールディングス全体の約1割程度の規模感ではあるものの、時代に合った戦略で女性の心を掴み堅調に売上を伸ばしています。 ayura. アインファーマシーズの<教育・研修システム>について 社員第一主義(社員ファースト)の姿勢を貫くアイングループの教育システムは、 入社1年目の新入社員向けの[ベーシック教育]から始まり、 2年目以降の[スペシャリスト教育]、 [リーダーシップ教育]へと、 段階的にキャリアを進めていける仕組みが導入されています。 自身のキャリアアップのためだけではなく、 リーダー・マネージャーとして後進のキャリア形成のサポートができるよう 指導者向けの研修の受講が義務付けられる等、徹底した社員育成スキームが整っているのが特徴です。 [新入社員研修]• 学会への参加 研究成果を日本薬剤師会学術大会、日本薬局学会、日本医療薬学会、日本医薬品情報学会等で発表しています。 アインファーマシーズの<キャリアステップ> 大手ならではの豊富なキャリアパスが用意されています。 医療従事者として現場で患者様、お客様と触れ合いたいという方は調剤薬局やその他店舗勤務からキャリアを積み上げていく方法が。 バックオフィスから施設や店舗開発を行ったり、経営企画・人事部門等の管理業務に携わってキャリアを形成していく方法があります。 アインファーマシーズの<年収・給与> アイングループで働く薬剤師の年収についてみてみましょう。 借上社宅制度(初期費用全額、毎月の家賃の80%を会社が負担)• 契約保養所• アユーラ化粧品社員割引• スポーツジム優待• 育児短時間勤務制度• インフルエンザ予防接種補助(本人・家族)• 復職制度• 従業員持株会• 各種祝金/見舞金(結婚、出産、負傷疫病、香典、災害)• 永年勤続表彰• 実際にアイン薬局では多くの女性薬剤師、ママ薬剤師が勤務しており、産休・育休の取得や、育児短時間勤務で仕事を続けるのが一般的になっているようです。 制度として 「復職制度」が導入されており、 「復職適用申請書」で退職5年以内であれば復職が可能になるため、復職のしやすい環境が整っているといえます。 しかし、一部では妊娠・出産をきっかけに退職をせざるをえない状況になる薬剤師がいたり、残業・休日出勤等の問題が解消されない店舗が存在するのも事実。 これを受けてアイングループでは2016年4月~2019年4月の3か年計画で「女性の活躍推進に関する行動計画」への取り組みを行っています。 まずは具体的な内容を見てみましょう。 [女性の活躍推進に関する行動計画]• 離職率改善 結婚・育児などを理由にした退職についての実態調査を実施し制度改善に向けた問題抽出を実施 現時点(2018年2月時点)で改善計画が完了しているわけではないものの、調剤薬局業界全体であげられている問題に自ら焦点を当て、具体的な問題点と改善計画を公言し進めている点については、調剤薬局業界をリードしようという姿勢が感じられます。 女性比率の高い薬剤師にとって、ライフステージが変わっても働きやすい環境であることは職場選びの大きな基準になるため、こういった企業努力は安心感を持てますね。 アインファーマシーズの<クチコミ情報> では第3者の評価はどうなのでしょうか。 アインファーマシーズに関するクチコミを見てみましょう。 薬局長クラスになると格段にアップするようですが、一般の勤務薬剤師は・・・。 しかし、教育や研修の体制はしっかりしています。 資格取得のサポートもありますし、 福利厚生も充実しているため、 女性にとっても働きやすい環境です。 また、 調剤過誤を防ぐための対策や設備投資もしっかりしています。 総合的にみると ブラック要素も少なく良い会社だと思います。 アインファーマシーズについてまとめ いかがでしたでしょうか。 アインファーマシーズについて様々な角度から調査を行った結果を簡単にまとめます。

次の

「アインファーマシーズ」ってどう?業界No.1企業の評判や年収を徹底リサーチ| 転職HAKASE

アイン グループ

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年5月) 株式会社アインファーマシーズ Ain Pharmaciez Inc. )は、に本社を置き、やなどのを運営する企業。 調剤薬局業界第一位。 本項では、持株会社化以前の株式会社アインファーマシーズ(現商号 株式会社)および持株会社化に際し新設された事業会社である株式会社アインファーマシーズについて記す。 沿革 [ ] (昭和44年)• 8月2日 - 受託を行う 株式会社第一臨床検査センターとして設立。 (昭和63年)• 3月 - 株式会社旭川第一臨床検査センターを (平成元年)• 5月 - 株式会社オータニを吸収合併 (平成6年)• 3月 - を (平成9年)• 6月 - へ部門を (平成10年)• 10月 - 株式会社第一臨床検査センター札幌ラボラトリー臨床検査部門をへ営業譲渡• 11月 - を、株式会社第一臨床検査センターから 株式会社アインファーマシーズ(初代)に変更 (平成11年)• 2月 - 株式会社と資本業務提携• 3月 - 提携契約に基づき、丸紅株式会社に対してを実施• 10月 - 再びを実施 (平成14年)• 6月 - ナイスドラッグ株式会社(現・株式会社アイン東海)と業務提携• 11月 - 今川薬品株式会社を吸収合併 (平成16年)• 5月 - 株式取得により、ナイスドラッグ株式会社を化• 12月 - 丸紅株式会社からの株式取得により、の株式会社アインメディカルシステムズを子会社化。 (平成17年)• (平成18年)• 4月 - 卸業をする株式会社ホールセールスターズを完全子会社として設立。 4月28日 - 旧経営者らからの株式取得により、株式会社ダムファールマ()・メディカルハートランド株式会社(川西町)を完全子会社化。 (平成19年)• 1月31日 - 旧経営者らからの株式取得により、株式会社ダイチク()を完全子会社化。 4月 - 子会社の株式会社ダムファールマとメディカルハートランド株式会社を合併させて、株式会社メディカルハートランドに商号変更。 6月15日 - 旧経営者からの株式取得により、株式会社あさひ調剤()を子会社化。 10月5日 - 株式会社CFSコーポレーションと、によって共同「株式会社CFSアインホールディングス」(仮称)を設立し、経営統合することで基本合意。 11月 - エムワイ株式会社等からの株式取得により、サンウッド株式会社()を子会社化。 (平成20年)• 1月22日 - 株式会社CFSコーポレーションので、同社筆頭株主のイオン株式会社などが42. 6月1日 - により、子会社の株式会社アインメディカルシステムズを完全子会社化。 - 株式会社と資本・業務提携。 (平成21年)• 4月2日 - 二部上場。 5月18日 - 上場廃止。 8月 - 子会社の株式会社アインメディカルシステムズ(存続会社)が、同じく子会社の株式会社リジョイスを吸収合併。 10月1日 - 子会社の株式会社アイン東海(存続会社)が、同じく子会社の株式会社リジョイス薬局を吸収合併し、同時に株式会社アインメディオに商号を変更。 (平成22年)• 4月1日 - 子会社の株式会社アインメディオ(存続会社)が、同じく子会社のサンウッド株式会社を吸収合併。 4月2日 - 東京証券取引所一部銘柄に指定される。 5月24日 - に上場。 (平成23年)• 4月1日 - 子会社の株式会社メディカルハートランドを吸収合併。 (平成24年)• 4月1日 - 子会社の株式会社アインメディオのドラッグストア事業を会社分割により継承。 8月1日 - 子会社の株式会社アインメディカルシステムズを吸収合併。 時期不詳 - 岩手県内における調剤薬局の店舗で、店長が急性心臓死。 15年には荷重な時間外労働での労災認定。 (平成25年)• 11月11日 -本社ビルをより、白石区東札幌に移転。 (平成26年)• 10月1日 - 子会社の株式会社メディクスおよび有限会社パルアクティブを吸収合併。 (平成27年)• 2月27日 - 株式会社メディオ薬局()を完全子会社化。 6月24日 - アイン分割準備株式会社(現・株式会社アインファーマシーズ)を設立。 9月 - 株式会社からの株式取得により、株式会社(東京都)を完全子会社化。 9月12日 - 札幌・大通に総合ビューティー複合ビル「Le trois(ル・トロワ)」をオープン。 11月1日 - 体制に移行。 グループの経営管理以外の事業をアイン分割準備株式会社に吸収分割。 株式会社アインファーマシーズ(初代)は 株式会社に商号変更。 アイン分割準備株式会社は 株式会社アインファーマシーズ(2代)に商号変更。 (平成29年)• 7月24日 - 新聞報道により、に対する取り組みを実施していると一般公表。 社員の行動指針に差別しないことなどを明記。 (平成30年)• 4月 - リテール事業の営業利益が完全黒字化達成。 運営店舗 [ ]• 調剤薬局• 処方箋調剤 アイン薬局• 処方箋調剤 今川薬局• ドラッグストア• アインズ(ainz)• 専門店• トルペ(tulpe)• その他• 「Le trois()」 - 総合ビューティー複合ビル• 「LIPS and HIPS Style Store(リップスアンドヒップススタイルストア)」 他社との統合・提携 [ ] (平成20年)4月に、(現)とを設立しする予定であったが、CFSコーポレーションの筆頭株主である株式会社の反対により、(平成20年)のCFSコーポレーションので議案が否決され、経営統合は白紙となった。 (平成20年)に、と資本・業務提携し、出店、販売、商品開発で提携することになった。 脚注 [ ] []• THE 社説一覧 2017年4月23日. 2018年5月15日閲覧。 株式会社アインファーマシーズ 2014年8月19日. 2014年8月20日時点のよりアーカイブ。 2020年3月27日閲覧。 株式会社アインファーマシーズ 2015年1月20日. 2015年11月4日閲覧。 [ ]• 株式会社アインファーマシーズ 2015年6月30日. 2016年3月4日時点のよりアーカイブ。 2020年3月27日閲覧。 流通ニュース 株式会社ロジスティクス・パートナー. 2015年7月24日. の2015年7月26日時点におけるアーカイブ。 2020年3月27日閲覧。 株式会社アインファーマシーズ 2015年6月24日. 2015年11月4日閲覧。 [ ]• どうしん電子版 北海道新聞社. 2017年7月24日. の2017年7月31日時点におけるアーカイブ。 2020年3月27日閲覧。 北海道リアルエコノミー 株式会社リアルエコノミー社. 2018年6月6日. 2020年3月27日閲覧。 外部リンク [ ]• (富士薬品子会社モリキに吸収)• ・(ツルハに吸収)• (富士薬品子会社の後、東北セイムスに統合)• (富士薬品の子会社になった後、関東セイムス(ジャストドラッグの旧ライズ店舗はモリキに移譲)に統合、屋号は継続)• (富士薬品に事業譲渡)• (bigドラッグを経営していたがセイジョーに吸収合併)• (セイジョーに事業譲渡)• (住商ドラッグストアーズと経営統合)• (破産)• (ツルハにドラッグ事業譲渡した後破産)• (住商ドラッグストアーズに事業統合)• (アイロムロハスに店舗譲渡)• (店舗をリバースに譲渡)• ・(ドラッグマックスに吸収、現マツモトキヨシ甲信越販売)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (ウエルシア関東に経営統合)• (ウエルシア関東に吸収)• (ウエルシア関東に吸収)• (富士薬品、後にモリキに事業統合)• (ツルハに店舗譲渡)• ・・(合併して。 屋号は存続)• (東海セイムスに経営統合、屋号は継続)• (松ノ木薬品と合併)• ・・(ライフォートに吸収)• (共栄ファーマシーズに店舗譲渡)• (セガミメディクスに吸収合併)• (西日本セイムスに経営統合、屋号は継続)• (レデイ薬局と合併。 屋号は存続)• (破産)• (破産)• (スギ薬局に吸収)• (キリン堂に吸収)• 寺島薬局(ドラッグストア事業をウエルシア関東に事業譲渡、介護事業に特化してとなる)• ・・・(セガミメディクスに吸収、現ココカラファインヘルスケア、各社の屋号は存続)• (ツルハに吸収)• (ドラッグストア事業をモリスリテールに分社化した後、マツモトキヨシHDの子会社を経てマツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ココカラファインヘルスケアに吸収、屋号は存続)• (破産)• (富士薬品に吸収、屋号は存続)• (カワチ薬局に吸収、屋号は存続)• ・(ウエルシア薬局に吸収)• (富士薬品に吸収)• (マツモトキヨシ東日本販売に吸収)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収)• (マツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (マツモトキヨシに吸収)• (マツモトキヨシへ会社分割により承継、法人はマツモトキヨシファーマシーズに吸収)• (ツルハに吸収)• (ツルハに事業譲渡した後清算)• (ツルハに吸収)• (東北セイムスに吸収)• (九州セイムスに吸収、屋号は存続)• (スマイルドラッグに吸収)• (クリエイトエス・ディーに吸収• (親会社に事業譲渡の上ザグザグのフランチャイズ化)• (マツモトキヨシに吸収)• サンメディックに吸収• (ドラッグストア事業をサクラドラッグとして分社化しツルハに譲渡)• (モリキに吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に事業譲渡)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (富士薬品に吸収) この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の