ハンムラビ法典。 ハンムラビ法典とは

ハンムラビ法典|目には目を歯に歯を,世界史

ハンムラビ法典

古バビロニア王国 は、を淘汰し、セム系遊牧民のアムル人によって作られた。 前18世紀、第6代王ハンムラビ王の時にメソポタミア全土の統一を果たし、道路・運河を整えて中央集権体制を確立、警察制度や郵便制度、バビロニア語を共通語とした。 ハンムラビ法典 ハンムラビ法典は、前18世紀頃、バビロン第1王朝第6代の王ハンムラビによって設定された。 これまであったシュメール法を元にハンムラビ法典を制定した。 多くの都市の広場に条文を刻んだ石柱が建てられ、メソポタミア世界に共通の秩序を確立した。 ハンムラビ法典はその目的を、「全土に正義をいきわたらせるため、悪事を撲滅するため、強者が弱者をしいたげないため」と述べている。 「目には目を、歯には歯を」 「目には目を、歯には歯を」とは、ハンムラビ法典の同害復讐法の原則を表す言葉である。 しかし、貴族・平民・奴隷の身分差によって刑罰にも差が設けられていた。 商法 ハンムラビの時代には安定した政治から商業が発達し、都市の大商人から元手を借りて広域で商業を行なう「代理人」も出現した。 ハンムラビ法典は、「代理人が利益を上げなかった時には大商人に借りた銀の2倍を返す、盗賊に商品を奪われた時には責任を負わなくてよい。 代理人が商人に元手を借りているのをごまかした時には、元手の3倍を支払い、大商人が代理人から利益の分配を受けているのにごまかそうとした時には受け取り分の6倍を罰金として支払う」などの規定をもうけている。 貸し付け 貧民は神殿に行って食料や種などを借りることが出来たが、当時の貸し付け利子は大麦は33%、銀は20%という高利だった。 ハンムラビ法典の発見 1901年にフランスの探検隊がペルシアの古都スサで、高さ2. 25メートルの黒い玄武岩の円柱に楔型文字で刻まれた、前文と2822条の条文からなるハンムラビ法典を発掘した。 前文は、神々の代表エンリルがバビロンの守護神マルドゥクを全メソポタミアの王とし、その忠実な召し使いであるハンムラビをして、正義をかかげさせたとしている。 ハンムラビ法典 序文 敬虔なる君主で、神を畏れる朕ハンムラビをして国の中に正義を輝かせるために、悪者と奸者とを殲滅させるために、シャマシュ神のように黒い頭どもに向かって立ち昇り国土を照らすために、アヌ神とエンリル神とは朕の名をこう呼び給うた。 これは人びとの幸せを満たすためである。 ハンムラビ法典 本文 第196条 もし人がアウィルムの子の目を潰したときは彼の目を潰す。 第197条 もし人の骨を折ったときは彼の骨を折る。 第198条 もしムシュケヌムの目を潰したりあるいはムシュケヌムの骨を折ったりしたときは銀1マヌを支払う。 第199条 もし人の奴隷の目を潰したりあるいは人の奴隷の骨を折ったりしたときはその価の半額を支払う。

次の

ハンムラビ法典とは

ハンムラビ法典

スポンサーリンク ハンムラビ法典における身分階級の違いに基づく賠償のあり方の違い まずはじめに、 ハンムラビ法典における 同害報復の規定にかかわる条文の記述について列挙していくと、以下のようになります。 「もし人が他の人の目を潰したならば、その人の目も潰されなければならない。 」(ハンムラビ法典、196条) 「もし人が他の人の骨を折ったならば、その人の骨も折られなければならない。 」(ハンムラビ法典、197条) 「もし人が他の人の歯を折ったならば、その人の歯も折られなければならない。 」(ハンムラビ法典、200条) つまり、 人間が 他の人の体の一部分を傷つけた場合には、その人は自分自身の体のうちで 同等の価値を持つ同じ部分を差し出すことによってその 償いをなさなければならないということです。 そして、一般的には、 ハンムラビ法典における上記のような条文のことを指して、「 目には目を、歯には歯を」といった言葉で示される 同害報復の概念が語られていると考えられることになるのです。 しかし、 ハンムラビ法典における条文の規定の中には、上記のような自分自身の体の同じ部分で償うという賠償のあり方の他に、以下のようなタイプの賠償のあり方も記されています。 「もし人が他の人の奴隷の目を潰したか骨を折ったならば、その人はその奴隷の半分の価値を持つものを対価として支払わなければならない。 」(ハンムラビ法典、199条) 「もし奴隷が人の頬を打ったならば、その奴隷の耳は切り取られなければならない。 」(ハンムラビ法典、205条) つまり、 人間が他の人の体の一部分を傷つけてしまった場合でも、傷つけた相手が 奴隷といった自分よりも身分や地位が低い人物であったとするならば、 その人物の身体を傷つけた対価として、自分の身体の同じ部分をもって償う必要はなく、単に その人物の経済的価値に相当するだけの金額を支払うことによって十分な償いがなされたとみなされるということであり、 その反対に、身分や地位が低い人物の方が身分の高い高貴な人物に対してはむかった場合には、 たった一回パシッとほほをたたいただけでも、その 対価として自分の耳を切り落されることになると規定されているということです。 このように、ハンムラビ法典においては、 同じ人間であっても、王の庇護下にある バビロニアの市民と 奴隷との間では 賠償のあり方に大きな違いがあると考えられることになるのです。 そして、 上記のようなハンムラビ法典における条文の規定のあり方にそのまま従うと、捉え方によっては、 たとえ 同じ内容の罪を犯した場合でも、加害者が 貴族やお金持ちなどの 上流階級の人物であった場合は、ある程度の金額の お金を支払いさえすればそれですべてが解決してしまうのに対して、 加害者が地位もお金もない社会的階層の低い人物であった場合には、自分の体に直接損傷を与えられる 体刑や懲役刑などによって 肉体的な苦痛を伴う刑罰を与えられるというように、 それは、極めて 身分差別的な要素の強い賠償制度のあり方を示しているとも解釈しうることになるのです。 ・・・ スポンサーリンク 以上のように、 ハンムラビ法典における同害報復の規定は、決して すべての人間に対して平等に適応される原理というわけではなく、 それは、むしろ、バビロニアの市民と奴隷といった 身分制度に基づいて適応されるそれぞれの 階級間における適切な損害賠償のあり方を規定した法典であったと考えられることになります。 それに対して、詳しくは次回改めて考えていくように、 旧約聖書の中でも、特に 「レビ記」などの記述においては、現代の 一般的な同害報復の意味に一致するところが多い規定が述べられていると考えられることになるのですが、 こちらの方は、キリスト教的な価値観に基づくより 宗教的な意味合いの強い倫理規定にもなっているので、 こちらの方はこちらの方で、今度は、人間同士の加害行為における償いのあり方だけではなく、 人間と神の間の償いのあり方へも問題が広がっていくことになります。 ・・・ 次回記事: 前回記事: 関連記事: 「 」のカテゴリーへ 「 」のカテゴリーへ カテゴリー• 844• 641• 118• 184• 550• 152• 204• 333• 278• 593• 338• 153• 143• 310• 240• 125•

次の

「目には目を」は「やられたらやり返せ!」と復讐を煽る言葉ではなかった!ハンムラビ王の賢さに仰天

ハンムラビ法典

ハンムラビ法典 少し前の話だが、「やられたらやり返す、倍返しだ!」の決めゼリフで有名なドラマが流行ったのを覚えている人も多いだろう。 日頃から仕事などでストレスを受けることも多い現代人だからこそ、あのドラマの決めゼリフが心に染みて大流行したに違いない。 とはいえ、現代においては「目には目を、歯には歯を」という生き方は野蛮であり、なかなか難しいといえる。 やはり、「目には目を、歯には歯を」というのは、昔だから成り立つものだったのだろう。 …と思っていたが、「目には目を、歯には歯を」の由来を調べてみたところ、この言葉は単なる復讐法ではなく、現代の法制度にも通じるものだとわかった。 今回の雑学では、イメージだけが先行している「目には目を、歯には歯を」という言葉について解説していきたい。 【ルール雑学】ハンムラビ法典「目には目を、歯には歯を」は過剰な報復を防いでいた 「目には目を、歯には歯を」は、復讐を認める法律ではなかった! 【雑学解説】「目には目を、歯には歯を」はハンムラビ法典から そもそも、「目には目を、歯には歯を」という言葉はどこから来ているのであろうか? この言葉が記載されているのは、紀元前1700年代のバビロニアで制定されたハンムラビ法典。 このハンムラビ法典の196・197条に「目には目を、歯には歯を」の言葉があるとされており、「人を傷つけた場合には、同程度の罰を与えなければならない」という趣旨の法律である。 逆に言えば、「目を傷つけられたり歯を折られたりしても、命を奪うほどの報復をしてはいけない」という意味であり、過剰な復讐を避けて報復合戦の拡大を防ぐものとされているのだ。 近年では、その趣旨から「目には目を、歯には歯を」という条文は、現代の刑法における原則である「犯罪に対する刑罰は、予め法律で制限を定めなければいけない」という「罪刑法定主義」に通じるものであるとの評価を受けている。 かつては、復讐を認める野蛮な法律であると言われていた「目には目を、歯には歯を」であるが、実は洗練された法律だったのはビックリだ。 キリンビール大学によると、であり、「ビールは、時に通貨と同等の役割を果たし、俸給外の手当としてビールが支払われることもあった」らしい。 さらに、「ビールを水で薄めて販売したら、水に叩き込まれる溺死刑」・「尼僧がビアホールを経営したら火あぶりの刑」・「ビールの代金を穀物以外で受け取ってはならない」などの法律もあったとのことで、当時のビールに対する並々ならぬ執着が伝わってくる。 ハンムラビ王は、メソポタミアを統一した偉大な王として知られており、ハンムラビ法典の制定も、その偉大な業績の1つとされている。 そのハンムラビ王だが、ハンムラビ法典だけでなく、伝説的な建造物を作ったという説がある。 その伝説的な遺産とは「バベルの塔」。 バベルの塔といえば「コンピューターに守られて、3つのしもべがいる」…ではなく、旧約聖書に出てくる巨大な塔のことだ。 あまりにも高く作ったために神の怒りを買い、破壊されてしまったというバベルの塔。 旧約聖書によると、これを建造したのは「バビロンの王ニムロデ」と記載されているが、このニムロデがハンムラビ王ではないか? と主張する学者がいるらしい。 その学者は、ハンムラビとは「偉大なるハム」という意味であり、ニムロデは「ノアの箱舟」で有名なノアの三男・ハムの孫であたることがその理由である、と主張しているとのこと。 本当かどうかわからない話ではあるが、ハンムラビ王がいかに偉大な王であったかがわかる逸話といえるだろう。

次の