パナソニック インターンシップ。 【パナソニックインターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

【パナソニックインターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

パナソニック インターンシップ

internship 夏に開催されるインターンの面接に行ってきました. 控室には学生が集められて呼ばれるのを待ってました. 面接前まで自由に学生が話せる時間があり,少しだけ同じ時間帯の学生と談笑しました.私は他大学の学生と研究のことや就活のことなど少し聞けたので楽しかったです. そして自分の番が呼ばれ,部屋に入ると面接官一人がいすに座って待っていました. 私は自分より前の人に何を聞かれたのか聞いていたのである程度考えて入りましたが,やはり緊張しました. 面接の対策としては,自分の研究を深く理解し伝えるということです.これはどこの会社も同じかと思うんですけど… やはり自分の研究については聞かれました. あとは終始和やかな雰囲気で,話しやすかったです. P. S 服装はスーツで来ている学生はほとんどいませんでした. キレイめな格好な人が多かったと思います. 私も散々迷った挙句,きれいめな服装で行きました. ASより お知らせ ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。 大和冷機工業 営業事務の主なお仕事は営業が契約してきた製品を注文することです。 他にも、修理や部品のお見積り、納品書・請求書 の作成、お客様の電話対応等の事務作業があります。 出勤時間はだいたい8時から、終わりは18時までです。 夏の時期と月末月初は忙しくなるため... ぴょんきちより 西松屋チェーン 取引先でお世話になった企業です。 こども・ベビー用品を取り扱うメーカー兼小売企業で、こども服領域では国内トップシェアです。 事業のメインは小売りとして様々なメーカー製品を販売していますが、数年前からプライベートブランド商品の開発に注力。 激安バギーやストレッチパンツなど、数多くのヒット商品を生み出していま... まみみかんより 岩崎電気 電機メーカーのカテゴリに属していることが多いですが、主製品は照明機器なのでいわゆる大手電機メーカーとはちょっと立場が異なる企業です。 道路の街灯やスタジアムの大型照明とそのポールなど、いわゆる公共事業系の照明機器が主製品になり、事例としては東京タワーが最も有名です。 民間向けでは看板や駐車場向けが主製品... すずより パナホーム パナソニック電器との協業によるエコ住宅、優れた環境性能や省エネ技術という強みをより活かすことのできる、住宅エコポイント制度の創設。 パナホーム パナソニックグループの傘下にあるため、建物から家電設備等までトータルで提案可能な商品展開力。 またグループ企業の製品でトータルコーディネイトすることにより、建物から家電設備まで包括的なアフターサービスを提供できる点。 NHK(日本放送協会) NHKが有する放送に関する技術力は世界有数とされる。 パナソニックなど民間メーカーからの出向者も参加している放送技術研究所を持ち、 国がNHKに開発を命じた技術開発も手がける。

次の

Panasonic AI有給インターンシップ(Visiting researcher)

パナソニック インターンシップ

就活生の皆さんを対象にイメージについて調査をおこなったところ、「会社のブランドがありそう」との評価が最も高く得られました。 2008年の社名変更以降、パナソニックブランドも定着してきていることや、現在でも積極的なCMなどの広告を打っていることからそのイメージが最も高い評価を得たのでしょう。 そんなパナソニックの志望動機はどのようなコツを掴むといいのでしょうか。 受かる志望動機の書き方には、まずは徹底的な企業研究が不可欠です。 そうした研究によって家電メーカーの中で、パナソニックの特徴や独自性を知ることができるからです。 志望動機の書き方の悪い例は、どこの家電メーカーにも共通するような特徴を書いてしまうことです。 そうすると採用担当者から「それだったらうちじゃなくてもいいんじゃないの」と思われてしまいます。 だからこそ企業研究は、志望動機の書き方に重要になります。 志望動機にパナソニック独自の取り組みや強い分野について盛り込む 志望動機を仕上げる時には、パナソニックしかやっていない取り組みや、パナソニックが強い分野について魅力を感じている、ということをしっかりと伝える書き方をしましょう。 続く部分では、受かる志望動機の書き方の回答例を紹介していますので、ぜひ参考にされてください。 自己分析の浅さは、人事に見透かされる 就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。 自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。 そこで活用したいのが、自己分析ツールのです。 My analyticsを使えば、 36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。 My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。 パナソニックの理念のひとつである公明正大という精神に則って、コンプライアンスの取り組みがなされている企業風土が、法務職能を志望している私にとって大変魅力的であると感じました。 また、フランクな雰囲気の社内で優秀な社員の方々ひとり一人が新しいアイデアを出し合って新たなものづくりに取り組んでいる環境は、刺激を受けられるとともに自己成長を実現できる場であるとも考えました。 そのような環境の中で、精一杯働いていきたいと考えております。 サービスや商品に愛が持てなければ、仕事にやりがいを見出すことが難しくなるだろうと考えているからです。 その点で、わたしは幼い時からパナソニック製品に囲まれて育ってきており、パナソニック製品の良さを、身を持て実感してきたという自負があります。 今後、地球環境に配慮した製品を世界に向けて発信していくなかで、途上国や新興国に住む人に対してパナソニックの良さを紹介するのは、パナソニック製品で育ってきた自分ができる役割のひとつではないかと考えました。 それで、偽りのない製品への愛を持つことができる会社に入社したいと思いパナソニックを志望しました。 そして、海外に旅行で行って家電量販店による時に、それは日本だけでなく世界の家電市場においても認められているところだと感じます。 そのような質の高い製品を生み出し続けることができているのは、日々ユーザーの要望に応えていこうとしている企業の姿勢が社員全体に行きわたっているからだと感じています。 そのような雰囲気の中で仕事をすることができるのは、わたしにとって大変魅力的であり、それが志望する動機になりました。 パナソニックは「綱領」「信条」「私たちの遵奉すべき精神」の三点を事業の目的、活動の基本的な考え方として定義しています。 その精神に則って真摯に仕事に取り組んでいるにも関わらず、普段はフランクな雰囲気の社員の方々のもつ雰囲気のギャップが大変魅力的であると感じました。 またこの環境下なら自分の求めている以上に刺激を受け、成長にも繋がる場になるのではないかともいます。 そうした理由で貴社で働きたいと思います。 パナソニックの志望動機は強みなどを企業研究で掘り下げ書き方は例を参考にする いかがでしたか?パナソニックへの志望動機の書き方と回答例をご紹介しました。 志望動機の書き方で重要なのは、パナソニックの特徴や独自性をピックアップしつつ、その中で自分がどのように会社に貢献できるかを伝える書き方です。 そして、多くの回答例からは、自己分析も必要だということが分かりました。 しっかりとした企業研究と自己分析をした上で、志望動機を書くときに、受かる書き方の型を身に付けることができるでしょう。 今回ご紹介した書き方と、例を参考に志望動機を書いてみましょう。

次の

インターンシップ情報

パナソニック インターンシップ

この開発の途中では、多くの人に力を貸していただきました。 モーターの分析・解析をお願いした「モーター開発センター」の技術者。 ファンの原型を設計した先輩エンジニア。 モーター損失を低減する運転の商品化を実現してくれた制御技術者。 いくつもの試作を作ってくれたファンメーカーの技術の方、営業の方。 数々のアドバイス、意見をくれた上司や先輩、同僚たち。 もちろん私自身もものすごく勉強しましたが、周囲の人たちの力添えがなければきっと現状を突破することはできなかったと思います。 今回のプロジェクトを通じて学んだ一番大きなもの。 それは、まず自分が問題意識を持って主体的に行動して課題の発見に努めるとともに、「周囲のエキスパートの知恵や経験を結集してゴールを目指す」ことの大切さだったと思っています。 入社して5年。 「衆知を集める」という創業精神に触れ、あらためてその大切さを認識できたように思います。 (から一部引用) 上記はパナソニックの研究開発部門の方の働き方です。 理系の研究開発への就職活動というと推薦状を書いてもらって終わりというイメージを持っている人も少なくないようですが、実際には研究開発でも求められる能力を面接を通してみられているように感じます。 これまでの経験や研究内容・専門知識・スキルなどを、希望テーマでどのように活かしたいかを含めてお書きください。 (300字以内) 一つ目の設問 国際法ゼミに所属し、発展途上国の貧困問題の解決策について研究している。 世界中で10億人もの人々が極度の貧困状態にあることに衝撃を受け、彼らのためにできることを探すために学ぶことを決めた。 研究する上で、まずは現地の実状と行われている支援をより深く理解する必要があると考えたので約50の国際協力関連のイベントに参加した。 そして、得た情報を検証するためにボランティアで孤児院にベトナムに1ヶ月間、交換留学で南アフリカの大学に1年間滞在して現地調査を行った。 現地では、人々の価値観を理解し、同じ目線に立つために底辺の暮らしの中に入り込んでいくことを心がけていた。 その経験から、貧しい家庭の親は十分な教育を受けていないという共通点を見つけ出し、貧困の大きな原因が教育にあることを突き止めることができた。 参考: 二つ目の設問.

次の