終末のワルキューレ 沖田。 終末のワルキューレ (しゅうまつのわるきゅーれ)とは【ピクシブ百科事典】

【終末のワルキューレ】最新話30話ネタバレや感想!ちるらんの沖田総司

終末のワルキューレ 沖田

誕生から700万年が経過しても進歩の兆しがない人類は、万物の創造主である神々が1000年に1度集結して開かれる「人類存亡会議」にて、終末を与えられようとしていた。 戦乙女(ワルキューレ)の長姉ブリュンヒルデは決議に待ったをかけ、超特別条項神VS人類最終闘争(ラグナロク)により人類の行く末を決めてはどうかと提案する。 当初はその申し出を相手にしなかった神々だったが、ブリュンヒルデの挑発にプライドを傷つけられたことでラグナロクの開催が決定。 かくして、天界が誇る最強神たちと、秘術「神器錬成」によって神器と化した戦乙女たちと共に戦う最強の人類「神殺しの13人」(エインヘリャル)による、 13番勝負の幕が上がる。 終末のワルキューレの感想・口コミ【ネタバレちょいあり】 終末のワルキューレは、男なら絶対に好きになる漫画です。 漫画のキャラとして登場したり、ゲームのキャラに登場したりする有名な人物・神々がバトルをするという設定。 その時点で面白い。 実際に読むと、自分の知っている人物が神と戦い、しかも神器もあるとか、バトル漫画として面白い要素が詰まっています。 個人的にはシモ・ヘイヘが気になる! だってあの伝説のスナイパーが登場するとか、最高でしょ。 遠距離攻撃のスナイパーライフルで神とどう戦うのか。 サバゲーやゲームのCOD(コール)をやってる人も楽しめるはず。 人類代表の13人:偉人、武人、傑人、怪人!.

次の

『終末のワルキューレ』登場人物、あらすじ紹介!神達の戦いの勝敗は【無料】

終末のワルキューレ 沖田

始皇帝• レオニダス王• 二コラ・テスラ• 佐々木小次郎• ジャック・ザ・リッパー• アダム• 雷電為右衛門• 沖田総司• グレゴリー・ラスプーチン• ミシェル・ノストラダムス• 呂布奉先• シモ・ヘイへ• 坂田金時 個人的には人類の出場者は初見が多いです。 日本に所縁がある人物も何人かいます。 まぁまずこの二人を知らない人は、あまりいないでしょう。 にしても神々も人類も 錚々たる顔ぶれです。 ゼウスを少し知るために Wikipedia を見たのですが、おもしろいですね。 全人類の父 アダム アダムかぁ・・・正直人類代表の候補として予想できなかったな。 Wikipedia などを活用するとより一層楽しめます。 『海の魚を 空の鳥を』 『地に動く全ての生き物を支配せよ』 かつて そう神に 祝福され 誕生した この漢が・・・ 『終末のワルキューレ』2巻より引用 2巻の見どころ 雷神トール VS 呂布 決着 生涯最高の一撃を放った両者。 果たして勝利したのはどちらか・・・ 始祖対決 開幕 第2回戦でいきなり 始祖対決です。 はたして始祖同士の闘いはどうなるのでしょうか。 神 VS 人類の最終闘争出場者も決定して、ますますおもしろくなってきました。 気になった方は、電子書籍で 無料試し読み!電子書籍だと 本より安いので、これを機会に、他のマンガとは一味違う『終末のワルキューレ』を スマホで読んでみませんか? 家族3人(妻・娘)と楽しく生きていくために、とあるメーカーの へっぽこプログラマーとして 奮闘中! 検索: 検索 人気記事 TOP 10• オウルです。 オウルです。 オウルです。 オウルです。 ついに登場した翼の血族の血主 アルテマティア。 オウルです。 オウルです。 書店で、この漫画を手に取り、裏表紙を見ると・・・... オウルです。 翼の血族の血主 アルテマティアとの死闘の後、クリムゾンの秘術『地... オウルです。 2巻も期待以上のおもしろさでした。 物語が進むにつ... オウルです。 翼の血族の血主 アルテマティアの反則技が発動。 オウルです。 今回は、ASP. NET Core アプリケーションで使用するセッ... 最近の投稿• 2020年7月13日• 2020年7月12日• 2020年5月13日• 2020年5月10日• 2020年5月5日 カテゴリー• アーカイブ•

次の

漫画「終末のワルキューレ」のあらすじ(ネタバレ)!人類vs神の争い!アダムの勝敗は…

終末のワルキューレ 沖田

あと、この場にヴェルンドは無いように思えるんですよね。 流石に試合終了後もフリストがヴェルンドのままってのはなかろうもん… もしそうだとしたらスルーズよりも前にフリストが小次郎に堕とされていたって事なの? 小次郎は爺なのに? 一緒に戦って神を倒したらコロッといかれてしもうたんか!? 小次郎が今やそんなモテモテ爺だとしたら許せませんね… まぁ良い… そんな近藤さんの心情が現れていそうなコマはラストのヒキにございました。 実際に闘いが始まったら近藤さんが危ない気がしちゃって仕方がありませんのよね。 ちるらん読んでたらまた違ったイメージを持っていたかも。 うーむ、展開的に場外乱闘はさらに登場した 第三者によって阻止されるのではなかろうか? これから出場する選手もおりますしなぁ… なんとなく 沖田Vs釈迦の対戦カードが組まれちゃいそうにも思えますね。 縁ある者同士を戦わせる名采配(嫌がらせ)とかしてきそう。 もしくはこの出来事が原因で釈迦が登録抹消されてもう一回ゼウス様登場なんて事もあったりして。 いやはや、次回のお話がどちらから始まっても文句なしにございますね。 どっちも面白いし。 ロキについてググってみたでござる。 どうにも言動に芯が入っておらずキャラの読めないロキさんのベーシックな部分をおさらいしておきたいと思います。 北欧神話に登場する 悪戯好きの神 その名は「閉ざす者」「 終わらせる者」の意を持つ 神々の敵である ヨトゥンの血を引く 変身術を得意とする 時に女性にも変身する 他者を変身させる事も可 邪悪な気質で 気が変わりやすい 狡猾さでは誰にも引けを取らない よく 嘘をつく 以上、wiki参照にございます。 こうしてみると絶対何か企んでいそう。 神々に対していっちょやらかしたろ!って事で今回の騒動にも絡んでそうですよね。 でも気が変わりやすいってのが厄介ですね。 試合観戦中、神が傷つけられるのを見た時は嬉しくなっちゃうんだけど… 試合後には人間が神を殺すなんて…いかんでしょ! 本気でこんな風に考えてるとすれば言動が読めないのも無理はないのかも知れません。 ロキさんの言動を真面目に受け止めると痛い目にあうかも? 最後まで読んで頂き有難うございました! こうして面白作品に想いを馳せておる時は実に楽しい時間が過ごせますよね。 これは、予想外過ぎる展開でしたね。 まさかの対戦カードにゼウスも大喜びだと思うけど、さすがに場外乱闘はマズイので止めに入ると思います。 ただ、新撰組に近藤、沖田に並び有名な副長の土方がいないのが気になります。 なにかあったのでしょうか? また、釈迦が裏切っていたとすると1巻目のラストにヒルデさんのスマホに参戦者表を送信したのが彼だと仮定できます。 その一方で、ゼウス(神)側にも同じく情報を流している存在が気がかりです。 神の特権で情報を得られたのか、それとも釈迦が裏切っていたように、人類側にも裏切り者がいて神側に情報を流していた。 一番怪しいのは、世間では予言が外れたと騒がれているノストラダムス。 終末予言を実現するために、神に荷担している。 第4回戦までは前哨戦だとして、ある意味、第5回戦から物語が本格的に動くのかもしれません。 ラグナロクを巡るヒルデの目的など。 小次郎も再登場したので、これまで戦いに参加し勝ち残ったトールやジャック・ザ・リッパーにも何かしらの活躍の場が用意されている思うと、私たちもドキドキしてきます。 長文失礼しました。

次の