下久保 ダム 緊急 放流。 特例操作

利根川水系の埼玉・下久保ダムでも緊急放流か

下久保 ダム 緊急 放流

特例操作(とくれいそうさ)は、を行うにおいて、想定された計画洪水量を超えるが発生し、このままではダム水位がサーチャージ水位(洪水時にダムが洪水調節をして貯留する際の最高水位)を越えると予想されるときに行われるダム操作である。 「 緊急放流」と報じられることもある。 元々は、各ダムの操作規則において操作の対象となる条件が通常「ただし、、水象その他の状況により特に必要と認める場合」として規定されているため、 ただし書き操作(ただしがきそうさ)と呼ばれていたが、(平成23年)に国の通達により呼称が変更されており、従来のただし書き操作( 異常洪水時防災操作・ 特別防災操作)に加え、河川環境の維持のための放流(いわゆる「」)を併せて「特例操作」と称することとなった。 また、・等と合わせて「 防災操作」(ぼうさいそうさ)と総称される。 操作の手順 [ ] 特例操作(異常洪水時防災操作)に至る手順の一例を示す。 関係機関(や、ダム下流で渡河する路線を有するなど)および住民に、特例操作を行う可能性があることを予告する。 ダム管理事務所から管理者(であれば(実際には土木・防災部門を所管する部局の長))に対し、特例操作を行ってよいかどうかの伺いを行い、管理者の承認を得る。 関係機関および住民に、ダム水位が特例操作開始水位(洪水調節容量の8割程度に相当する水位)に到達した際には特例操作を開始する旨の通知を行う。 特例操作に移行する。 放流量を洪水調節時の放流量から、流入量を上回らない量まで次第に増加させ(ダム水位はサーチャージ水位近くまで上昇する)、以後は流入量と同量の放流量を保つ。 (特例操作開始水位まで到達しなければ、特例操作に移行しない場合もある)• (特例操作終了) 問題点など [ ] 的には、ダムが存在せず、洪水がそのまま堰き止められずに下流に流れていく状態に持って行く。 つまり、洪水が100流れ込んでいるときに、ダム放流の量を100にする操作である。 この操作において放流する量は流入量を上回らないようにすることになっているので、この操作は、ダムの放流によって下流の洪水を増幅させるものではない(により「ダムの建設により洪水が増幅される」との主張がなされることがあるが、上記どおりの運用がなされる限りこれは誤解であるといえる)が、ダムが洪水調節をすることを前提に河川整備されている場合には、ダムが無い状態での洪水を受けたことになるので、堤防が切れたり浸水したりする可能性が高くなる。 さらに、それまで洪水調節により流入量より少ない量での放流を続けていた状態から流入量と同量の放流量まで増加させる必要があることから、特例操作開始前後で放流量が急増する。 このことから、特例操作を行うことが住民等に正しく告知されなければ事故の危険性も高くなる。 しかし、それでもダムが無い時と異なり、洪水の来襲の予測を立てられ、来襲までの時間が稼げるので、その間に河川管理者は下流住民に対して迅速な誘導、逆流による氾濫を防ぐためにを閉じるなどの仕事をすることができる。 なお、特例操作(異常洪水時防災操作)を行うような大洪水は、多くのダムでは100年から200年に一度程度だといわれている。 逆に言えば、頻繁に(数年おきに)特例操作が行われる状態であれば、ダムの計画貯水量の設定が適切ではない可能性が高く、治水計画の抜本的な見直しを迫られることになる。 ゲートレスダムにおける非常用洪水吐からの越流 [ ] 放流ゲートを持たずによる洪水調節を行うにおいては、放流操作というものが存在しないため、特例操作も発生しない。 しかし、想定された計画洪水量を超える洪水が発生し、ダム水位がサーチャージ水位を越えたときは、非常用洪水吐(ダム堤体のほぼ全体)からの越流が始まり、越流量はそれまでの量から流入量と同量まで急激に増加するため、下流住民に対してはゲートダムの特例操作と同様の危険が発生することになる。 そのため、関係機関および住民には、非常用洪水吐からの越流の可能性の予告や通知を、特例操作の場合と同様に行う。 特例操作の実例 [ ] (水系、)で緊急放流を実施した。 やで氾濫した。 (2018年) (肱川水系、)と(同)は満水に近づき、7月7日午前6時20分に異常洪水時防災操作を行った。 放流直前にとは避難指示を出し、サイレン等による警告も行われたが、西予市野村地区では肱川が氾濫、約650戸が浸水し5人が死亡した。 この件について、国土交通省は情報伝達に課題があったことを認め改善する方針を示した。 ダムに対する過信を指摘する報道もある。 なお、日吉ダムでも異常洪水時防災操作を実施している。 止水板を付けたり川底を掘ったりして流量を増やしたおかげか無事だった。 (台風19号、2019年) 台風の接近と通過に伴い関東地方北部や東北地方・甲信越地方にかけての広い範囲で記録的な豪雨となり、以下のダムで異常洪水時防災操作を実施した。 (太田川水系太田川、)• (新田川水系水無川、福島県)• (鮫川水系、福島県)• (水系竜神川、)• (水系、)• (相模川水系、)• (水系、) また、 、 、 、 、 、 、 でも異常洪水時防災操作の予告が行われたが、実際の操作には至らなかった。 (2019年) で緊急放流を実施した。 また、やで緊急放流の予告があったが、行わなかった。 脚注 [ ] []• - 平成23年4月1日付国河流第4号 河川環境課流水管理室長発通知• PDF プレスリリース , 水資源機構・国土交通省, 2013年10月17日 , 2019年10月13日閲覧。 朝日新聞DIGITAL• 朝日新聞DIGITAL• 「緊急放流=逃げろ! ルポによれば警報発令から放流実施までわずか1時間半だったという• 2018年7月6日. 2019年10月13日閲覧。 2019年10月12日閲覧。 産経新聞. 2019年10月13日. 2019年10月13日閲覧。 下野新聞. 2019年10月13日. 2019年10月13日閲覧。 日本経済新聞. 2019年10月13日. 2019年10月13日閲覧。 南相馬市ホームページ 2019年10月13日. 2019年10月12日閲覧。 プレスリリース , 国土交通省, 2019年10月12日 , 2019年10月13日閲覧。 プレスリリース , 国土交通省, 2019年10月12日 , 2019年10月13日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2020年3月5日閲覧。 日テレNEWS24. 2020年3月5日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の

緊急放流とは?ダムが限界に来た時の特例操作について

下久保 ダム 緊急 放流

ダムの緊急放流なぜやるの? ダムの緊急放流は、大雨でダムの水位が限界となった場合に行う操作で、流入量とほぼ同じ量の水を下流に流すことです。 (くれぐれも、ダムの水を全て流すというような乱暴な操作ではありません!) ダム管理事務所では、台風により大雨が降ることが予測された場合にどのくらいの水量が流入するかを想定してギリギリの水位まで放流していますが、想定を上回った場合には実施しなければなりません。 ダムは普段、川を堰き止めていますが、大雨の場合には水量が多くなるため全て堰き止めることが出来ません。 そのため、下流河川の様子を見守りつつ、河川が氾濫しない程度ならそのまま放流し、大雨で河川の水位が急激に上昇して氾濫しそうな場合にダムが水を一時的に堰き止め、少しずつ時間をかけて安全を確認しつつ流しています。 ですが、今回のように、ダムの水位が上がり過ぎて決壊の危険性が生じた場合は、緊急放流という形で水を下流に流すことになります。 実際に緊急放流した場合は下流河川が急激に増水して氾濫する可能性が高いので、周辺にいる人々は氾濫前に影響の及ばない場所まで避難しないといけません。 逃げ遅れて氾濫に巻き込まれた場合、非常に強い水圧のかかった濁流に襲われてしまうので、そこから逃れることは不可能なのです。 ただ、ダムについてよく知らないと、「緊急放流」という言葉のイメージから「貯まった水を全部流すのか!?」と恐怖を感じるかもしれません。 ですが、緊急放流は「元々上流から流れてきた水量をそのまま下流に流す」ということで、ダムが無かったら、既に下流に流れていたはずの水なのですよね。 もし、緊急放流によって下流が洪水になったとしたら、ダムが無かった場合はとっくに洪水になっているはずです。 つまり、ダムは氾濫を遅らせるための「時間稼ぎ」に過ぎないのです。 では、「下流が洪水になったら大変だから、そのまま緊急放流をするのはやめよう」となった場合はどのような事態になるのでしょうか。 次に、緊急放流しなかった場合に起こり得ることをお話しします。 スポンサーリンク ダムの緊急放流しなかったらどうなるの? ダムの緊急放流をしないまま大雨が降り続いて最高水位を超えてしまうと、緊急放流した場合よりも更に大変な事態に陥ってしまいます。 ダムの種類によって異なりますが、コンクリート造の場合はそう簡単に決壊しないものの、ダムが満杯になるとダムの上から直接下へ水が流れるようになります(越流)。 そうなると、ダムに浮いている大量の木等が流れ落ちて下流へ運ばれてしまうし、ダムの上に設置されているゲート操作のための機器が水没してしまい制御不能となるし、ダム構造が部分的に破壊される可能性が高く大変危険なのです。 一方、土や岩によるダムは水による浸食に耐えられずに決壊の恐れがあります。 満水位からてっぺんまでの高さはコンクリート造に比べると沢山確保されているとはいえ、自然の力は侮れないのでダムが溢れる前に早めの対処をしないと危険です。 ダムが決壊したらどうなるの? 万が一ダムが決壊すると、溜まっていた水が一気に下流に流出してしまい、緊急放流の水量や勢いでは済みません。 また、それ以外にダムの建材破片やダム底に溜まっている物も全て流出してしまい、下流の地域に甚大な被害が及んでしまうのです。 ちなみに、ダム決壊は過去に世界各地で発生しています。 昔の事例では、アーチ式ダムで作られたフランスのマルパッセダム(1954年に造られた水道灌漑用水用ダム)が有名です。 1959年12月2日の大雨により決壊し、下流の2つの村(マルパッセ、ボゾン)が飲みこまれてしまい、死者421人という大惨事になりました。 その時の流水は高さ40m、時速70kmに達したとされています。 また、最近では、2018年7月23日におけるラオスのセーピアン・セーナムノイダム(メコン川支流セコン川)の決壊があります。 ここは大型水力発電の建設中であり、決壊の大きな原因は欠陥工事だったと言われていますが、その集中豪雨による被害は甚大で、ダムの決壊で死者行方不明者が100名以上、家を失った人が数千人ともいわれています。 スポンサーリンク ダム放流は事前に出来なかったの? 「緊急放流するなら、あらかじめ放流しておけば良かったのに」という声が沢山出ているのですが、実際には城山ダムについては予備放流を行っていました。 (また、ダムでは洪水時だけでなく、日々、ダムや周辺の河川の水位等を時間毎に継続観測して、流入量と流出量のバランスが保てるようにしながら放流しています。 ダムによって数値は異なりますが、いくつか定められている水位があります。 城山ダムの場合は、 洪水期最高水位(サーチャージ水位)・・・標高125. ですが、その後の台風到来であっという間に水位が上昇したため、午後9時半に緊急放流となったのです。 今回の緊急放流と予備放流については、神奈川県知事による以下の動画が分かりやすいです。 さいごに 緊急放流は入った水量と同じだけ放流するということであり、ダムの水全てを放流することではありません。 緊急放流は悪だというイメージがありがちですが、そうではなく、下流が氾濫するのをダムが頑張って耐えて時間稼ぎしてくれていただけのことで、ダムが無ければ既に川が氾濫して大変な事態になっていたはずです。 ですから、もし緊急放流が行われる、ということがお住まいの地域で発表されたら、「本当にやるのか分からない」と思わず、速やかに避難することが大切です。 ちなみに、今回全国的なニュースでは緊急放流について1時間前に突然告知されたようなイメージでしたが、神奈川県では、城山ダムが緊急放流になった場合に影響の出る可能性のある下流域の複数の自治体の役場や警察には昼間のうちに避難するよう通達が流れていて、その時から大勢の市民が避難していました。 今後も、今回のような緊急放流が行われるダムがあるかもしれませんが、その際には影響のある地域に住んでいる場合は自治体の避難勧告などをきちんと聞き、速やかに行動することが重要でしょう。

次の

【ダム放流なぜ】理由は?城山ダム下久保ダム緊急放流は遅い!?

下久保 ダム 緊急 放流

下久保ダム 所在地 左岸: 右岸:矢納 位置 : 河川 ダム湖 神流湖 () ダム型式 堤高 129. 0 堤頂長 605. 0 m 堤体積 1,345,000 流域面積 322. 9 湛水面積 327. が管理するで、堤高129. の水がめである の一つであり、規模としては(利根川)に次ぐ大規模なダムである。 また、烏川流域のダム群の中では最も規模が大きい。 ダム湖は河川名を採って「 神流湖」(かんなこ)と命名され、(平成17年)に当時のの推薦によってが選定する「」に選ばれている。 地理 [ ] 神流川は群馬県内における利根川の主要な支流であるの右支川である。 群馬県・埼玉県・境にあるを水源とし、の現場であるの付近を流れ、を過ぎて北へ流れ、楢原で東に向きを変える。 その後はに並行して東へ流れ、藤岡市に入ると群馬・埼玉両県の境界線となり下久保ダム・を通過後再度北へ流路を変える。 藤岡市を通過し・神流川橋を越えると直ちに烏川に合流し、間も無く利根川に注ぐ。 流路延長約87. 4、流域面積約407の河川であり、長さだけでいえば烏川よりも長い。 ダムは神流川の中流部、藤岡市と神川町の境に建設された。 名称は建設された場所に由来する。 なお、ダム完成当時の所在自治体はと児玉郡であったが、によっておのおの藤岡市と神川町になっている。 また人造湖である神流湖の一部は、にも掛かっている。 沿革 [ ] (昭和22年)が襲来し大打撃を蒙った利根川流域。 根本的な対策が求められるようになったは(昭和24年)に利根川を始め全国主要10水系を対象に「河川改訂改修計画」を策定した。 利根川については「 利根川改訂改修計画」を策定、これに沿って関東地方建設局(現・関東)は利根川水系に九基の多目的ダムを建設して利根川の総合的な治水を図ろうとした。 烏川は・藤岡市など群馬県西部(西毛と呼ばれる)を網羅する利根川水系の主要なであり、流域面積は群馬県内の利根川水系では屈指であったため利根川の治水対策に与える影響は大きく、河川整備は必須であった。 建設省は烏川流域で流域面積の広い神流川に着目、当時の多野郡鬼石町坂原(現・藤岡市)に「 坂原ダム」を建設して治水を行おうとした。 高さ120. 0m、が約2,200万トンという規模のものであった。 だが「坂原ダム」は調査を行っただけに終わり、その後より良いダム地点の検索を行った。 「坂原ダム」中止後はより上流の多野郡(現・多野郡)神ヶ原地点に「 神ヶ原ダム」を建設する計画も浮上したが、これも断念された。 曲折の後に現在のダム地点と下流500m地点の二箇所が最終候補として選定されたが、下流案は地質的な問題があり最終的に現在の下久保地点がダム地点として決定された。 こうしてとして(昭和34年)より事業が着手されたが、この間にを始めとする首都圏の人口急増に伴い水需要がひっ迫。 このため系統的な水資源開発が求められて(昭和37年)に「」が制定。 「 利根川水系水資源開発基本計画」(フルプラン)が策定され、以後(現・)による総合的な水資源開発が推進された。 これを受け建設省は事業展開していた矢木沢ダムとこの下久保ダムを公団に事業移管し(昭和40年)より本体工事を開始、(昭和43年)に完成した。 ダム建設に伴って群馬県(鬼石町・)と埼玉県(神泉村・)の二県四町村にまたがる321戸・364世帯が水没対象となった。 このためダム建設に対する反対運動は激しく、補償交渉は長期化した。 最終的にインフラ整備や地場産業発展育成などといった補償内容が呈示されて交渉は妥結した。 首都圏発展の尊い犠牲となった364世帯の住民への報恩のため、現在ダム傍には「望郷之碑」が建立されている。 この碑にはダム建設に伴って故郷からの移転を余儀無くされた住民全ての氏名が彫られており、苦渋の決断を行った住民の労苦を偲ばせる。 なお、「望郷之碑」の毛筆体をしたのは、当時の・である。 目的 [ ] 神水ダム 所在地 左岸:群馬県藤岡市 右岸:埼玉県児玉郡神川町矢納 位置 河川 利根川水系神流川 ダム湖 神水湖 ダム型式 重力式 コンクリートダム 堤高 20. 5 堤頂長 128. 0 m 堤体積 19,000 流域面積 337. 8 湛水面積 8. 洪水調節は他の利根川水系ダム群と連携した形で行われ、治水基準点である八斗島地点における(過去最大の洪水流量。 利根川の場合はカスリーン台風時の洪水が基準となる)毎秒17,000トンを毎秒14,000トン(毎秒3,000トンのカット)に低減させる。 ダム地点においては毎秒2,000トンの計画高水流量を毎秒500トン(毎秒1,500トンのカット)に大幅に低減させる役割を持つ。 完成以来、天端部分にある非常用洪水吐き・ラジアルゲートは一度も開かれることが無かったが、2005年5月、点検を行うため30年目にして初めてラジアルゲートを開いて放流を行った。 この時は地元住民や観光客の他、全国から多くの「ダム好き」が集まり豪快な放流を堪能したという。 かんがいについては神流川と利根川中下流域の約12,000に対して毎秒10トンをに補給する。 上水道については東京都と埼玉県に対しそれぞれ日量108万トンと日量13万トンを供給し工業用水道については埼玉県に日量155,520トンを供給する。 これらの水はより・を経て・に送られる。 水力発電についてはの 下久保発電所(認可出力:15,000)に加え、先述の河川維持放流を効率的に利用するための小規模水力発電として 下久保第二発電所(認可出力:270キロワット)が設けられている。 直下流に高さ20. 5メートルの重力式コンクリートダム・ 神水ダム(しんすいダム)が群馬県によって(昭和42年)に建設されているが、これは発電所放流後の不安定な流量を一旦貯水することで安定化させ、定量を放流することで急激な増水や減水を防止する 逆調整池の役割を持つ。 さらにこの逆調整放流も利用して鬼石発電所による発電も行う。 ダムは上流側に向かっての「」字型に折れ曲がっているが、これは貯水容量を確保するには現在の高さにしなければならなかったが、通常の設計では技術的な問題があったことによる。 このため埼玉県側に高さ73. 0メートルの補助ダムを設け、結果的に「L」字型の特徴的なダムとなった。 補助ダムの岩盤は透水性が高かったため水を遮断する措置が必要となり、上部を、下部をで舗装した遮水壁で水を遮っている。 に似た工法である。 完成後貯水池深層部からの取水によるが起きたため、対策として貯水池表面の日光で温まった水を取水する「表面取水設備」を(昭和52年)に設置している。 三波石峡の復活 [ ] 三波石。 独特の斑紋がある緑色の石。 であり無許可の採取は禁止されている。 不特定利水については当初の目的には入っていなかったが、(平成13年)より実施された「 下久保ダム水環境改善事業」に伴うが目的として追加された。 これはダム完成後、長年に亘り無水区間であった直下流にある国のに指定された・ (さんばせききょう)の清流復活が最大の目的である。 の語源にもなった三波石峡は美しいと荒々しい流れが織り成す清流であった。 美しい岩は「 三波石峡四十八岩」と呼ばれ岩毎に名称も付けられ、洪水の際に土砂で磨かれることでその美しさを永続させ、高価なとして地元の特産品にもなっていた。 ところが下久保ダム完成に伴い併設された下久保発電所により取水された水が峡谷を越えて下流に放流されるようになった。 このためダムから発電所放流口までの約4km区間、すなわち三波石峡の大半で流水が途絶し、以後30年以上の間無水区間となった。 これにより は黒ずんで輝きを無くし、河原は雑草が繁茂して三波石峡は荒廃。 名産品である三波石の品質低下にもつながることから峡谷の清流復活は地元の長年に亘る悲願であった。 (平成9年)の改正により、河川環境の維持が治水・利水に並ぶ法の最大目的に規定されたことから国土交通省や水資源機構は全国のダムにおいて河川維持放流設備を設置して河川環境の向上を図った。 下久保ダムでは河川維持放流を行って三波石峡の清流を復活させる「下久保ダム水環境改善事業」に乗り出した。 これはダム直下に下久保第二発電所を設けて管理用発電を行いながら維持放流を行い、流水を復活させると同時に土砂を下流に積んで洪水時に流下させるというものである。 三波石は洪水による土砂で磨かれ、美しい緑色を保つことから地元では「洪水は三波石の」とも呼ばれており、かつての河川環境に近づけることを最大の目標とした。 こうした対策と、地元住民と共同で環境整備を行ったことによって三波石峡に清流が復活、徐々にではあるがかつての光景を取り戻そうとしている。 現在では親水公園を設置し三波石峡に身近に触れる環境整備も行っている。 なお、三波石は国のに指定されているので、石の大小にかかわらず許可無く採取することはに基づき禁止されており、違反すると処罰される。 ダム再開発事業 [ ] 下久保ダムの完成により神流川の治水は効果的に図られ、ダム完成以降神流川の大きな水害は発生していない。 2005年には最上流部の多野郡にが (堤高120. 0m・重力式)を完成させている。 これは全面稼働すれば日本最大となる・の下部調整池として建設され、上部調整池であると共に分水嶺をまたいで認可出力2,820,000キロワットの電力を発生させる。 また、支流の塩沢川には小規模生活貯水池として 塩沢ダム(堤高38. 0m・重力式)が(平成6年)に完成している。 一方神流川が合流する烏川であるが、(昭和40年)に当時の(現・高崎市榛名湖町)本庄地先に建設省による「本庄ダム(湯殿山ダム)計画」が浮上し実施計画調査が行われたが中止、その後として(昭和59年)より当時の群馬郡(現・高崎市倉渕町)に倉渕ダムが着工されたが、見直しによって(平成15年)より事業凍結している。 ・流域では道平川ダム(道平川)や霧積ダム(霧積川)が建設され、がを再開発してダム化している。 現在は碓氷川支流九十九川の小左支川・増田川に増田川ダムが計画中であるが、「不要な公共事業で税金の無駄遣い」としてやが反対している。 下久保ダムについては、に伴い全国的に極端なや長期間のの被害が毎年多発している現状で、首都を抱える利根川水系の治水および利水を図る目的で。 2005年より「 利根川上流」を国土交通省関東が計画している。 これは利根川水系のダム群を効率的に管理するため利根川水系8ダムに加え()を加えた総合的なダム再開発を行うものである。 新規のダム計画や烏川遊水地計画など様々提案されたが、最終的に(利根川)・(片品川)とこの下久保ダムが再開発対象となった。 下久保ダムについては神流湖の満水位を低下させて洪水調節容量を確保するの変更を軸にした再開発を計画している。 既に神流湖は観光やにおいて重要な役割を持っていることもあり、沿岸市町村と国土交通省との間で現在対策を折衝している。 神流湖 [ ] 神流湖 ダム湖である 神流湖は群馬県南部にあるとしては最大のものである。 湖岸は春になるとが咲き誇り、花見の名所となっている。 また、などの魚類も多く棲息することから、埼玉県側の周辺などのスポットに多くの客が訪れる。 や、といった観光名所や名勝も比較的近い。 ダムへは・から経由でに入り、鬼石・上野方面へ進み下久保トンネルを過ぎてから直ぐに左折する。 より国道462号を藤岡方面へ直進しても可能。 ダム直下へは鬼石中心街を通過後三波石峡へ入る道路(案内標識あり)があるので、左折し直進する。 三波石峡の景観を過ぎると、眼前に巨大な堤体がそびえ立つ。 公共交通機関では・か・下車後、の路線バスで「万場」または「上野村」方面行きに乗車する。 下久保ダムが登場する作品 [ ] 漫画 [ ]• () 特撮 [ ]• 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - ・・・・・・• 参考文献 [ ]• 建設省関東地方建設局・利根川百年史編纂委員会編 「利根川百年史」:• 建設省河川局監修・全国河川総合開発促進期成同盟会編 「日本の多目的ダム」1963年版:山海堂• 建設省河川局監修・全国河川総合開発促進期成同盟会編 「日本の多目的ダム 直轄編」1980年版:山海堂• 財団法人 「ダム便覧 2006」: 外部リンク [ ] - - -.

次の