ピボット グラフ 複数。 ピボットグラフで複合グラフを作成する:エクセル2013基本講座

Excelで項目ごとに集計し綺麗なグラフを作るならピボットテーブルが便利

ピボット グラフ 複数

会社でExcelの集計表を作成することって、頻繁にありますよね。 売上集計表だったり、商品の受注発注件数表だったりと、なにかとExcelでデータをまとめると思います。 そんな中、【支社別の売上集計】や【商品別の件数順位表】など作成したデータの中で抽出した内容を報告を求める上司も多いのではないでしょうか。 そんな時、瞬時に求められた内容を集計し、さらに見やすいグラフも追加もできたら、きっと上司も大喜び間違えなしですよね。 今回はそんな際に便利な「Excelで項目ごとにサッと集計し、綺麗なグラフを作るならピボットテーブル」を紹介します。 ピボットテーブルとは? まず、「ピボットテーブル」とは?という方も多いのではないでしょうか。 ピボットテーブルはExcel上のとても便利な機能ですが、「聞いたことはあるけど、触ったことがない」という方も少なくないはずです。 多くの集計表は関数を使ってそれぞれの合計値や件数をまとめたりしていますよね。 そんな時にピボットテーブルは活躍するんです。 主にピボットテーブルは【あらかじめ作成されているデータを用いて、任意の形式で集計をすることが可能なテーブルを作成する】機能になります。 具体的に、任意の形式とは「複数項目を選択して集計」することができます。 Excelで項目ごとにサッと集計し、綺麗なグラフを作るならピボットテーブル いざ、ピボットテーブルを使用するにも、上記で説明したとおり、まずは土台となるデータ表が必要となります。 今回は以下のデータ表「日別商品売上表」を例として使用します。 まず例のデータの内容としては、名前の通り1ヶ月間における日別の商品売上を羅列したものになります。 このデータを用いてピボットテーブルを実際に作成してみます。 ピボットテーブルの作成方法• あらかじめ作成されているデータ上のセルを選択• 「挿入」タブより「ピボットテーブル」を選択• 別シートへ、ピボットテーブルが作成 ピボットテーブルを作成すると、「ピボットテーブルフィールド」というウインドが表示されます。 これはフィールドセクションにある、該当するデータ項目(フィールド)を「フィルター」「行」「列」「値」というレイアウトセクションへ追加するためのウインドになります。 実際にフィールドをレイアウトセクションへ追加してみましょう。 フィールドをレイアウトセクションへ追加する方法• フィールドリストから「商品名」というフィールドを選択• レイアウトセクションにある「行」へドラッグ• 同様に「売上 千 」というフィールドを選択し「値」へドラッグ すると、このような集計表を作成できます。 行ラベルには「商品名」、値ラベルには「売上 千 」が反映されました。 こちらは、【商品別売上集計】というデータを作成することができました。 作成したデータを基にグラフを作成してみましょう。 グラフを作成する方法• 作成したデータを範囲選択• 「挿入」タブより「グラフの種類」を選択 今回は【商品別売上集計】のため、「縦棒グラフ」にて作成してみました。 このようにピボットテーブルを用いて作成したデータを使えば、簡単に綺麗なグラフを作成することもできます。 各レイアウトセクションへ追加するフィールドを変えることで様々な集計データを作成することができます。 例えば、「行」へ「日付」、「値」へ「売上 千 」のフィールドを追加すれば、【日別売上集計】というデータを作成できます。 そういったデータの場合は「折れ線グラフ」にてグラフを作成することにより【月間の売上推移】としても見ることが可能になります。 次の章では ピボットテーブルで使える「スライサー」について説明します。 ピボットテーブルで使える「スライサー」 ピボットテーブルを作成した上で、とても便利な機能があります。 それは「スライサー」という機能です。 こちらはExcel2010より追加された機能ですが【ピボットテーブルのデータをフィルタリング】することができます。 実際に先程の例を用いて使用してみますね。 既に作成されているピボットテーブルを選択• 「分析」タブより「スライサーの挿入」を選択• スライサーの挿入メニューより「項目」を選択 すると、今回項目にて選択した「商品名」のスライサーが挿入されました。 作成した項目を指定するとその項目でフィルタリングされ、データを抽出することができます。 項目ごとに集計を簡単に抽出できるので、すごく便利ですよね。 ピボットテーブルはとても便利 いかがでしょうか。 今回はピボットテーブルを用いた簡単なグラフの作成から、スライサーという便利な機能を紹介しました。 データの量が多ければ多いほど、このピボットテーブルの便利さを感じられるのではないでしょうか。 是非、ピボットテーブルを活用して簡単かつ綺麗なグラフを作成してみてくださいね。

次の

Excelで項目ごとに集計し綺麗なグラフを作るならピボットテーブルが便利

ピボット グラフ 複数

ピボットテーブルの 集計結果を抜き出して表示する 「ピボットテーブル」を使えば、 複合集計や クロス集計を行って 「表」を作成することができます この ピボットテーブルで作成した「集計表」は、 分析作業であれば 簡単に集計条件を変えることができるのでとても便利な方法です。 しかし、この集計表を 「説明資料」として使う場合は 集計結果が読み取りにくいという欠点があります。 そんな場合は ピボットテーブルで作成した集計表から、 結果を抜き出して表示することで 情報が伝わりやすくなります。 今回は ピボットテーブルから、 集計結果を抽出して、 集計結果を分かりやすく表示する「表」を作成する方法を説明します。 ピボッテーブルで複数の条件で抽出した結果を特定のセルに表示する ピボットテーブルでいろいろな条件で作成した 「結果」を 別の場所(集計表)に表示して分かりやすくします。 用意した 「支社名」、「商品名」、「年」のボックスに 「条件」を入力すれば、 集計結果が 「 金額 」欄に表示されます。 この方法を使えば、最後の方で紹介している 「リスト入力」を使うことで 「データベース」的な使い方をすることができます。 を リスト形式の「データ」を集計して表示する方法は複数あります• 通常の表から 「SUMIFS関数」で集計• ピボットテーブルから 「GETPIBOTDATA関数」で集計• テーブル化した上で 「フィルター機能」を使って集計• ピボットテーブルで 「スライサー」と 「タイムライン」を使う それぞれの 集計方法には 一長一短があり、状況によって使い分けることで効率よく資料を作成することができます。 1.SUMIFS関数で 「複合集計」する 複数の条件で集計するには SUMIFS関数が有効です。 SUMIFS関数を使った数式で、集計表を作成すれば 別の場所に表示させることができます。 しかし SUMIFS関数を使って集計する方法では 「複合集計」は簡単にできますが、 「クロス集計」は数式が複雑になり大変です。 で紹介したとおり、 複数の条件を設定して「抽出」する方法には色々ありますがあります。 1000行以上ある大きな表の 集計 Excel2007から新しく加わった、 SUM IFS関数は従来の SUM IF関数では ネスト()の手法を使わなければできなかった 「複数条件」の設定を簡単にできるようになりました。 「SUM IFS関数」は、 リストから直接集計することができます SUMIFS関数を使えば リスト形式の表から直接、複数の条件で集計することができます。 SUMIFS関数の弱点は、 一つの系列で複数の条件を設定するのは 簡単ですが、 二つの系列に合致したものを抽出する クロス集計は数式がとても複雑になってしまいます。 「支社名」と「商品名」の複合条件に、 「年」という条件を加えて クロス集計にする SUMIFS関数でクロス集計をするためには、 クロス集計の基準にしたいフィールド(項目)をあらかじめ作成 しておけば簡単に集計することができます。 「日付」のデータから、 「YEAR関数」を使って 「年」を抜き出す 数式を使って 「日付」のデータから、 「年」のフィールド(項目)を作成します。 で「日付」から「年」を抜き出す フラッシュフィルの操作方法• フィルハンドルを ダブルクリック• データが下方向にコピーされ、画面の最下行の 「オートフィルオプション」ボタンをクリック• 出てきたボックスで 「フラッシュフィル」を選択 フラッシュフィルで 「年」が抜き出されました は、条件さえ整えば関数を使うより簡単に作業をすることができます。 SUMIFS関数を使って 「支社名」「商品名」「年」の条件で、データを集計する 「日付」のフィールドから 「年」を抜き出すことによって、 SUMIF S関数でも 「クロス集計」ができます。 合計対象範囲に 「金額」の フィールド(範囲)を指定します• 条件範囲1に 「支社名」 の フィールド(範囲)を指定します• 条件1に 「支社名」のデータを入力する セルを指定します• 条件範囲2に 「商品名」の フィールド(範囲)を指定します• 条件2に 「商品名」のデータを入力する セルを指定します• 条件範囲3に 「年」の フィールド(範囲)を指定します• 「注文書」をピボットテーブル化します• 「表」のどこか1カ所を選択します• 「挿入」タブを選択• 「ピボットテーブル」をクリックします• ピボットテーブルの作成ボックスで 「OK」をクリックします フィールドを 各ボックスに配置します• 「支社名」を 「行」のボックスにドラッグします• 「商品名」を 「行」のボックスにドラッグします• データフィールドに、 「金額」を ダブルクォーテーション で囲んで 文字化して入力 「 "金額" 」• ピボットテーブルの 先頭のセルを選択して、 ピボットテーブルを指定します• フィールド1に、 「支社名」のセルを指定します• アイテム1に、 「支社名の条件」を入力するセルを指定します• フィールド2に、 「商品名」のセルを指定します• アイテム2に、 「商品名の条件」を入力するセルを指定します• フィールド3に、 「年」のセルを指定します• 「データ」タブを選択• 「重複の削除」をクリック• 「列」が正しく選択されていることを確認• 「OK」をクリック 重複していた「支社名」が削除され、「 リスト入力」用のデータができました 「商品名」、「年」も同様に、 リスト入力用のデータを作成します 設定が簡単になるように、 リスト入力用のデータ範囲に 「名前」を付けます• 「支社名」のデータ部分を範囲選択します• リスト入力を設定する セルを選択します• 「データ」タブを選択• 「データの入力規則」をクリック• 入力値の種類で、プルダウンリストから 「リスト」を選択• 元の値のボックスで 「F3キー」を押して、 「名前の貼り付けボックス」を表示させる• 名前の貼り付けボックスで、名前を付けた範囲 「支社名一覧」を選択 同様に 「商品名」、「年」にリスト入力を設定 ピボットテーブルに 「検索機能」が付きました このように ピボットテーブルに GETPIBOTDATA関数を組み合わせれば 検索機能を付けることができます。 この方法を使えば、たとえば請求一覧表などから簡単に 集計を行うことができます。 3.「フィルター機能」を使って、複数条件で集計する リスト形式の「データ」をテーブル化し、 フィルター機能を使うことで簡単に集計することができます。 「表」を• 「表」のどこか1カ所を選択します• 「挿入」タブを選択• 「テーブル」をクリックします• 「先頭行をテーブルの見出しとして・・・」にチェックを入れる• 「OK」をクリック 表が テーブル化されました 「 フィルター機能」を使って、 複数条件で集計します 支社名に「 島根支社」でフィルターをかけます• テキストフィルターで 「すべて選択」のチェックを外す• テキストフィルターで 「島根支社」にチェックを入れる 商品名に 「無糖コーヒー」でフィルターをかけます 年に 「2016」でフィルターをかけます 「 島根支社」「 無糖コーヒー」「 2016年」でフィルターがかかりました テーールから 「集計行」を追加します• 表の どこか1カ所を選択します• 「テーール」を選択• 「デザイン」タブを選択• 「集計行」にチェックを入れます• 集計行が追加されました テーブル化された表の 「フィルター機能」で特定の条件で集計されました このように 「表をテーブル化」して、 フィルターをかけることによっても 複数の条件から集計することができます。 フィルター機能を使って集計する方法は条件の変更に 若干手間がかかるのが難点です。 しかし、それまでの 下準備が簡単なので気軽に集計することができます。 そして、「テーブル」にはいろいろな スタイルが用意されているので、 資料としてプリントアウトする必要があるときには 視覚的に訴えることができる資料を作成する有効な方法です。 4.ピボットテーブルから「 スライサー」「 タイムライン」の機能を使って集計する ピボットテーブルにも 「スライサー」、「タイムライン」という便利な機能があり、この機能を使うことによって複数条件で集計することができます。 この方法の便利な点は、 条件をリアルタイムで変更することができる特徴を利用して、 プロジェクター等を使ってプレゼンする際などに有効な方法です。 「スライサー」を作成する• ピボットテーブル内の どこか1カ所を選択する• 「ピボットテーール」が表示されているのを確認• 「分析」タブを選択する• 「スライサーの挿入」をクリック• スライサーの挿入で 「支社名」と 「商品名」にチェックを入れる 「タイムライン」を作成• ピボットテーブル内の どこか1カ所 を選択する• 「ピボットテーール」が表示されているのを確認• 「分析」タブを選択する• 「タイムラインの挿入」をクリック• スライサーの挿入で 「日付」にチェックを入れる 「 スライサー」と「 タイムライン」を使って集計をします タイムラインの設定をします 支社名 「島根支社」、商品名 「無糖コーヒー」、年 「2016」で集計します このように ピボットテーブルの 「スライサー」と 「タイムライン」を使えば、 クリックするだけで即座に集計内容を変更できます。 プロジェクターで リアルアイムでプレゼンする際などに、とても有効な機能です。 スライサーや タイムラインを使えば、「報告会」で何種類も資料を用意して 「資料Bの中ほどを見てください、資料Eの最後の項目を見てください」のように説明する必要がありません。 以上のように にはさまざまな集計方法があります。 ピボッテーブルを使えば比較的簡単に様々な状況に対応することができますが、簡単な条件での集計であれば テーブル化する方法が手軽にできます。 「紙媒体の資料を作成」する、 「プロジェクターを使ってプレゼンする」等、状況によって使い分けることで、資料作成の効率化をしてください。 k-ohmori9616.

次の

ピボットグラフのつくり方(2軸の折れ線グラフ)

ピボット グラフ 複数

ピボットグラフで複合グラフを作成する:エクセル2013基本講座• ピボットグラフで複合グラフを作成する スポンサードリンク• ピボットグラフの作成手順としては、データリストをもとにピボットテーブルとピボットグラフを作成する方法と、作成したピボットテーブルをもとにピボットグラフを作成する方法があります。 このページではピボットテーブルを作成した後に、ピボットグラフを作成する方法について書いてみます。 ピボットテーブルの作成方法は下記を参照してください。 このページで使用したピボットテーブルについて• データリストは下図のようなサイトへの訪問者数データです。 作成したピボットテーブルは下図のようなものです。 日付フィールドは「年」と「月」でグループ化しています。 グループ化は をご覧ください。 レポートのレイアウトは「表形式で表示」としています。 操作方法は をご覧ください。 行に「年」と「日付」が配置されています。 値には集計方法を「合計」とした「ページビュー」「訪問数」の各フィールドを配置しています。 ピボットグラフの作成手順• ピボットテーブル内のセルを選択します。 ピボットテーブルツールの[分析]タブを選択します。 [ツール]グループの[ピボットグラフ]を実行します。 [組み合わせ]を選択し、[ユーザー設定の組み合わせ]を選択しました。 ページビューを「マーカー付き折れ線」、訪問数を「集合縦棒」にし、第2軸にチェックを入れています。 [OK]ボタンをクリックします。 ピボットテーブルと同じシートに複合グラフが作成されました。 作成した複合グラフを修正します。 この操作は通常のグラフ操作と同様です。 グラフを選択します。 ピボットグラフツールの[分析]タブを選択します。 グラフ要素ボタンをクリックして、凡例を「上」に配置しました。 縦棒をダブルクリックしてデータ系列の書式設定を表示します。 折れ線のマーカーを選択して、書式設定で「マーカーのオプション」で「組み込み」サイズ「6」に設定しました。 書式設定の「線」を選択して、幅を「1pt」にしました。 ピボットグラフ ツールの[デザイン]タブを選択しました。 グラフスタイルで[スタイル3]を選択しました。 下図のような複合グラフになりました。 スポンサードリンク |||ピボットグラフで複合グラフを作成する.

次の