フランケン シュタイン 和訳。 フランケンシュタインとは (フランケンシュタインとは) [単語記事]

フランケンシュタインの怪物

フランケン シュタイン 和訳

週刊電子ゲームレビュー「ミスターフランケン」(バンダイ/ソーラーパワーダブルパネル) ミスターフランケン Mr. FRANKEN LCD ソーラーパワー ダブルパネル/バンダイ Written by T鈴木 フンガーフンガー ドラキュラ、狼男と共に、世界3大モンスターに数えられる怪物、 フランケン・シュタイン。 原作は1918年にイギリスで発表された怪奇小説で、その後も映画、漫画、ゲームなど、様々なメディアで派生作品が登場する、もはや知らない人などいない、超有名モンスターとなっています。 (ちなみに「フランケン・シュタイン」とは 怪物を作り上げた博士の名前で、我々が「フランケン」と呼んでいるあの怪物は本来は名無しなのです) 日本では言うまでもなく 「怪物くん」(藤子不二雄著)でその存在を知ったチビッ子たちが圧倒的多数と思われますが、他にも「フランケンシュタイン対地底怪獣バラゴン」「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」(東宝)、またアニメ「恐怖伝説 怪奇!フランケンシュタイン」、パロディ映画「ヤング・フランケン」などで、初めてその名前を目にした方も多いかもしれませんね。 もちろんゲーム界においてもフランケン・シュタインは多数登場しており、以前紹介したを始め、「悪魔城ドラキュラ」「ヴァンパイア」など、怪奇ゲームには欠かせない存在となっています。 そんなフランケンが、バンダイLCDソーラーパワーシリーズとして電子ゲーム化されました。 通常ではほぼ敵キャラとして悪役設定されることが多いフランケンですが、珍しくも その名を主役に冠したゲームとなっています。 パターン1 フランケンを修理しろ 研究室で起こる様々なトラブル! 「LCDソーラーパワーダブルパネルシリーズ」の概要についてはの項に譲るとして、本作でも異なるパターンのゲームが2種類収録されています。 パターン1は博士を操作し、ミスターフランケンを修理するゲーム。 寝ているフランケンの周りで 「電気ショート」「献血(血液の不足)」「パワーリングの外れ」「腕が抜け落ちる」など様々なトラブルが発生するので、博士を素早く動かし、アタックキーで対処しましょう(献血とかはともかく、腕がポロポロ落ちるのは問題があるような気が…笑)。 博士がフランケンを1段階修理することに10点加算。 規定得点(500点)に達すると悪人が現れ、 博士をさらっていくぞ(ちなみに原作小説では、怪物のあまりの醜さぶりに、博士が勝手に逃げだしたのだが笑)。 そしてフランケンが「ンガッー!」と起き上がって博士の後を追い、パターン2に移行します。 坂の上から悪人が丸太を転がしてきますので、フランケンを操作し、パンチで丸太を破壊しつつ、2階にいる博士の元までたどり着きましょう(1階と2階の間にいるときだけはパンチを繰り出せない。 注意!)。 途中に架かっている橋は点滅して消えてしまうので、いつまでもその場にいると危険です。 また、ヘリの落してくる爆弾にも注意だ。 ディフェンス型ゲームだったパターン1とは打って変わって、今度は オフェンス型のゲームとなるわけですね。 消える橋には注意! 2回博士の元にたどり着け やっとの思いで博士の元にたどり着いても、 悪人は博士をさらってまた逃げていきます。 再びスタート地点に戻り、再度博士の元にたどり着くと、パターン2クリアとなります(その後再びパターン1に戻る)。 しかしパターン1とは打って変わって難しい! 理由はハッキリしていて、とにかく フランケンのパンチ後の硬直時間が長いので、「テンポよく丸太を壊しながら前に進む」ということができません。 なので同じ場所に留まってひたすらパンチを振いつつ、 「丸太が途切れたのを見計らって一気に前へ…」というのが基本戦術となります。 これはちょっとストレスですね…。 できれば「ドンキーコング」のように、障害物を避けつつどんどん進む…という展開にした方がゲームとしては爽快感があるように思えるのですが、少し残念なところです。 ちなみに得点は、丸太を破壊すると20点。 博士の元にたどり着くと1回目が50点、2回目が200点となっているぞ。 電ゲーもストーリーの時代へ というわけで、性格の異なった2つのゲームが収録されていて、なかなかお得感のあるゲームとなっています。 特にパターン1はキャラクターも大きく描かれており、画面構成も他に類を見ない特異さで、とにかく 見た目のインパクトとしては充分過ぎですよね(特にフランケンの腕が抜け落ちたり、窓から悪人が現れる様はシュールだ笑)。 パターン2は前述した通りちょっと残念な出来なのですが、一転して主役やゲーム性を変え、何よりパターン1と合わせて ストーリー性を持たせたところが大きく評価できるでしょう。 今まで取って付けたようなストーリーが殆どだった電子ゲームに置いて、これはなかなか画期的なことだと思います。 2つの異なるゲーム。 連動したストーリー。 この「ミスターフランケン」、 「ダブルパネル」の長所を最大限活用した快作と言えるのではないでしょうか。 ちなみにこのダブルパネルシリーズ(「秘境アマゾン」)、どれも入手困難…というほどではないのですが、この「フランケン」が一番手に入りにくいような気がするので(たぶん)、シリーズコンプを目指すなら、優先的に手に入れた方がいいかもしれません。 「ミスターフランケン」のパッケージ.

次の

フランケンシュタインとは (フランケンシュタインとは) [単語記事]

フランケン シュタイン 和訳

この回は、フランケンシュタインを取り上げている。 くわしくは、こちらをご覧いただければと思う。 () ここからは、私が観ながら、まとめた文章を自分の備忘録もかねてここに残しておこうと思う。 (よくTVをメモりながら観たりするので、今後はこんな感じでのっけていけたらと・・) フランケンシュタインの真実 フランケンシュタインと聞いてまずイメージするのがこれだろう。 しかしながら、これはフランケンシュタインではない。 フランケンシュタインは怪物を作った科学者、ヴィクターの名字なのである。 イギリスの辞書(オックスフォード英語辞典)には、こう書かれている。 一般には、創り手に恐怖を与え、ついには破滅させる怪物を指す典型的な名称として隠喩的に誤用されている。 フランケンシュタインの意外な事実として以下の4つのものがあげられる。 怪物の名前ではない• 怪物は読書家(ゲーテの本を読んだりしている)• 本当は美しい文学• 美と醜のコントラスト 作者は、メアリー・シェリー夫人という女性。 この人も波乱に満ちた人生だ。 16歳で駆け落ちし、周りでは不幸なことが多く起こる。 長女が生後12日で死に、次女も1歳赤痢で死亡。 長男3歳マラリアで死ぬ。 それから義理の妹が自殺し、夫のパーシー・シェリーの元奥さんも自殺。 死と正が入り混じりまさしく混沌という言葉がふさわしいだろう。 虐げられる怪物 この小説の語り手は、ウォルトン(北極大陸探検中、姉への手紙にて)という冒険家。 旅の途中で、フランケンシュタインを作ったヴィクターに話を聞いたものをもとにはじまる。 ヴィクターは名家の生まれで、何不自由なく育った。 ドイツの大学に進学し、生命の根源とは何かという研究に没頭し、死体を集めて人間を作りたいという野望が生まれる。 そこで、死体を継ぎ接ぎしてついに怪物が完成する。 しかしながら、ヴィクターはこの怪物を虐げ追い出してしまう。 行きつく町々で、迫害された怪物は、人気のないみすぼらしい小屋に住んだ。 その近くにドラセーという一家が住んでいた。 怪物は、彼らの生活を盗み見し、そこで愛の存在を知る。 様々な読書体験を通じて、どうして人間は仲間を殺すのか。 法律などなぜ必要なのか疑問に感じた。 そして、人間が起こす流血の数々を知り憎悪という感情が芽生えた。 ドラセー一家と親しくなりたいという感情が芽生えた。 だが、いままで、迫害されたことを考えると不安だった。 そこで、盲目の老人だけがいるときに会いに行った。 老人に告白する。 友達に嫌われそうだと。 ここで、「私は目が見えず、あなたの顔はわからないが、あなたの言葉には、何か誠実だと思わせるものがある。 あなたは誰なのですか?」と問われ、怪物は、名前がなかったために、答えられなかった。 名前がないことは存在していないのと一緒。 怪物が見られる存在である限り受けいれられないことを意味する。 ヴィクターの兄弟、ウィリアムと出会うが拒絶され、醜いと偏見を持たれて絶望し殺す。 こういったことから、「人間=自分を作ったヴィクター」を憎むようになる。 つまり、怪物が凶悪化したことには理由があるのだ。 ここに親子の共通点を見出すことが出来るが、徹底的に阻害されるという点でフランケンシュタインのほうが辛い。 怪物がついにヴィクターと対面する。 そこで、理解してくれる女の怪物を作って欲しいと懇願する。 しかし、完成間近の女の怪物をみてあまりの恐ろしさから、ヴィクターは衝動的に壊してしまう。 怪物は大いに失望する。 そして、復讐心が巨大化する。 ヴィクターは、怪物と対照的な人物だが、もしかしたら、自分の中に潜む内面には怪物が潜んでいるのかもしれない。 端役にも焦点を当てて描かれている。 ヴィクターはウォルトンの性格が自分と似ていると感じ、教訓になればということで身の上を話し出したようだ。 サブタイトルは、~あるいは現代のプロメテウス~。 プロメテウスとは、「オリュンポスから天井の火を盗んで、地上にもたらした英雄であると同時にゼウスに背いた反逆者」 それは、ヴィクターが危険な科学者ということを意味し、科学者の心理とモラルを説いているともいえる。 また、主人公が科学者であるという点が他のゴシック小説と一線を画し。 世界で最初のSFとして「フランケンシュタイン」を捉えてもいい。 () 復讐心 復讐心が膨れ上がった怪物は、こんな台詞を言う。 「覚えておけよ。 おまえの婚礼の夜に、会いにいくからな」 そして、次々とヴィクターの周りの人を殺す。 なぜ周りの人を殺すのか?これは、怪物が産みの親ヴィクターに対して、自分自身の孤独を分かって欲しいということではないだろうか。 やがて、ヴィクターは死ぬ。 そして、怪物はヴィクターの前でこう言った。 「もう太陽や星を見ることも、そよ風が頬に触れるのを感じることもない。 光も心も感覚も、消えてしまうのだ。 だが、そうなることを、おれは幸せだと思わなければならない。 (中略)いまは死ぬことだけが、おれの慰めなのだ。 」 自分を作ってくれた人がいなくなることは絆がなくなったのと同じこと。 だから怪物は悲しんだ。 この物語では、ときに人間でない怪物のほうが人間らしくみえる。 怪物はヴィクターの影の部分の表出。 ユング、いわく 影・・・無意識の暗い部分。 ペルソナ・・・社会に対して演じている仮面 また、時代背景から考えると ・フランス革命が起った、1790年代に物語上では怪物も産まれている。 ・初版は1818年に発売。 ナポレオン失脚が、1815年。 何かの恐怖の暗示。 ・この時代に忘れてはならないのは産業革命。 労働者階級の急増。 支配者階級にとっては脅威。 なにか分からない恐怖は、怪物的存在を示唆。 不安な時代の隠喩、象徴である。 その他に、怪物は女性という考え方もある。 ・女性(イブ)は男性のあばら骨から作られた。 怪物もヴィクター(男)により死体から作られた。 メアリー・シェリーは当初、作品を匿名で発表(女性が出版など許されなかった時代だから)。 本自体が怪物。 この本を醜いわが子とシェリー自身も言ってる。 また、この作品を書くにあたって、ミルトンの「失楽園」を2度読んでいた。 神によって作られた、創造主と被造物。 つまり、親と子の関係。 虐待やネグレクトの関係。 親の立場では扱いきれない怪物を恐れたヴィクター。 怪物が、一番欲しかったのが親(ヴィクター)の愛情。 それが叶わないと子どもは、歪んでしまう。 番組は、最後改めて、怪物が目の見えない盲目の老人に言われた言葉で終わる。 「私は目が見えず、あなたの顔はわからないが、あなたの言葉には、何か誠実だと思わせるものがある。 あなたは誰なのですか?」 この、あなたは誰?と問われて、自分はなんて答えるか考えてみたが、果たして、「私は私である」と自信を持っていうことが出来るだろうか。 映画におけるフランケンシュタイン 番組では取り扱われなかった「フランケンシュタイン」の映画。 フランケンシュタインの映画は、数多くあるが、その中でも私がすきなのが、1931年に制作された映画。 とりわけ、以下に張り付けてあるシーンは、酔っぱらっているときに観ると思わず泣いてしまう。 怪物の系譜 最後に、受け継がれる怪物の系譜を書いておきたい。 (番組内で、話題になったもの) ・ブレードランナー(映画) ・鉄腕アトム(アニメ) (個人的に考えたもの) ・タクシードライバー(映画) ・エレファントマン(映画) ・シザーハンズ(映画) ・エヴァンゲリオンのシンジ君(アニメ) というか、社会(親など)から疎外された人はみな一様にしてフランケンシュタインが作り出した怪物と共通する要素があるだろう。 最近話題になっている人工知能も、フランケンシュタインを考察することで非常に興味深く捉えることが出来る。 その辺は、人工知能を扱った映画を参考に、おいおい考えてみよう。 おわり まくら(はじめに)~伝説の編集者、松岡正剛~ 千夜千冊というサイトをよく閲覧する。 ここには、伝 馬肉を食べたいという欲望 今年に入ってすぐの深夜2時すぎに馬肉を食べるというお知らせが入り、参加し まえおき マフィアに憧れを持たない男はいない。 少なくとも僕の周りには。 ぼくもつい最近まで開 まくら(はじめに) ぼくは、よく正体を欺く。 合コンのときはとくにそうである。 たいてい誘ってくれ はじめに 前回の記事「紀伊國屋のビブリオバトルに出てみた、その1。 「ワイセツって何ですか?」( はじめに(まくら) 今回載せるのは、だいぶ前に書いたもの。 以前も違うブログに載せたことはあるが、改 「嫌われる勇気」を読んで感じたことを以下に書いてみた。 (とはいうものの、過去に違うブログで書いたもの.

次の

フランケンシュタインの怪物!原作のあらすじとイメージとのギャップ

フランケン シュタイン 和訳

フランケン(Franken)は、フランクフルトの東に位置する丘陵地帯で、ブドウ畑はジグザグに流れるマイン川とその支流の沿岸斜面にある。 西をシュペサート山地、東をシュタイガーヴァルト(森)に囲まれている。 大西洋から遠いため、寒暖の差の激しい大陸性気候。 ライン西部のモーゼルやライン河沿いの地域とは一線を画す。 土壌は、中生代、三畳紀、ジュラ紀、白亜紀などの石灰岩層がベースである。 この気象と土壌の違いで、ワインの特徴も大きくライン西部とは異なる。 特にモーゼルなどの湿った酸味に対し、乾燥した酸味を感じさせる。 品種にしても西部の主要品種は、リースリングだが、フランケンではむしろシルヴァーナの方が適していて、その堂々たる性格を顕著に表わす。 ドイツワインは、一般に女性に例えられるのに対し、フランケンワインだけは常に男性的とされている。 香りは弱いが、コクが強く、引き締まった辛口の土味が特徴で、シルヴァーナの上物はフランスのシャブリの上物に十分対抗しうる。 ブドウ畑は、現在約6,000haに及んでいるが、多くは小農達の零細農園である。 従って、農業協同組合が力強い指導力を発揮しているが、旧貴族と修道院に基づく慈善協会によるワイン造りが,今日まで本命を保っている。 うねうねと曲がりくねるマイン川とその支流の流れが、四角形や三角形を作って流れているので、 ビライヒも三角四角の形を名乗っている。 この地域は3つのベライヒからなる。 ・Steigerwald 〈 シュタイガーヴァルト 〉 ・Maindreieck 〈 マインドライエック- 三角地区〉 ・Mainviereck 〈 マインフィアエック-四角地区 〉 中流の Maindreieck 〈 マインドライエック- 三角地区〉には名だたる銘醸地があり、畑は分厚い貝殻石灰岩土壌の上にある。 その中心の町・ヴュルツブルクは、有名なブドウ畑「 Steinーシュタイン」の故郷。 古くからフランケンワインの総称として「 シュタインワイン」と呼ばれて来たことは、ここからきている。 酒豪・ゲーテは、このワインを好んで飲んだ。 1806年にイエナ市から妻あてに書いた手紙は有名である。 「いつもの気に入りのワインがなくなると、私はとても不機嫌になる。 他のワインでは口に合わないのだ。 どうかもう少しヴュルツブルガーを送っておくれ」と。 ヴュルツブルグのレジデンツ宮殿の真下は、ホーフケラーライ醸造所のケラー(地下蔵)になっており、ドイツでもっとも美しいケラー(地下蔵)の一つと言われている。 マイン川を挟んでその対岸には、有名な畑(シュロスベルグとインネレ・ライステ)に囲まれた要塞・マリーエンベルグが眺められる。 ヴュルツブルグは中世の香り高い町々を巡る 「ロマンチック街道」の北の出発点でもある。 *フランケンに属するもう一つの、 Bayerischer Bodensee 〈 バイエリッシャー・ボーデンゼー 〉と言うベライヒがある。 飛び地の小地区で、ボーデン湖の北岸東部にある。 (Baden参照) 栽培主品種• Muller-Thurgau 30%• Silvenar 21%• Bacchus 12% 著名村:畑• Burgstadt:Centgrafenberg• Homburg:Kallmuth• Klingenberg: SchloBberg• Escherndorf:Lump• Randersacker:Pfulben,Sonnenstuhl、Marsberg• Wurzburg:Stein,Stein-Harfe, Innere Leiste• Castell:Schlossberg, Reitstieg• Iphofen:Julius-Echter-Berg, Kronsberg• Frickenhausen:Kapellenberg• Sommerhausen:Steinbach• Stetten: Stein• Volkach:Karthauser•

次の