いっこ つや。 YRつやっ娘EX 大根

【閉店】九ツ家 (ここのつや)

いっこ つや

用途別 用紙選びナビ デジカメ写真のプリントならコレ!圧倒的な安さで大量印刷をサポート。 A4チラシやDMハガキにも。 あらかじめリングファイル用の穴が開けられている用紙ですので、印刷してリングにセットするだけで製本完了。 アルバムをカンタンにお作りいただけます。 あらかじめリングファイル用の穴が開けられている用紙ですので、印刷してリングにセットするだけで製本完了。 アルバムをカンタンにお作りいただけます。 光沢・マットなど、また、厚みも各種取り揃えました。 郵便番号枠は印刷されておりません。 両面とも白地です。 ペーパークラフトにピッタリな厚みのマット用紙を取り揃えました。 DMやチラシをお作りいただくのにぴったりな用紙を取り揃えました。 名刺サイズ(55mm x 91mm)にカット済みの用紙です。 A4サイズでミシン入りのタイプではありませんのでご注意ください。 インクジェット用紙 アルバム・カタログなどに。 両面ともピカピカで写真がキレイに印刷できるので、厚みを抑えることが出来ます。 デジカメ写真のプリントならコレ!圧倒的な安さで大量印刷をサポート。 A4チラシやDMハガキにも。 ツヤのない紙でありながら、写真をキレイに印刷できる高級マット。 紙のコシも強く特厚口は官製ハガキよりも厚い希少なインクジェット紙。 大判インクジェットプリンター用のロール紙 ピカピカとつやのあるロール紙。 24,36,42インチ。 落ち着いたマット調のロール紙の中厚口。 36,42,44インチ。 落ち着いたマット調のロール紙の薄口。 36,42,44インチ。 レーザープリンター用紙 レーザープリンター用の光沢紙ですが、ツヤは新聞折り込みチラシ程度です。 落ち着いた表面のレーザープリンター用紙。 イラストなどの印刷には適していますが、写真印刷にはあまり向いていません。 製本キット アルバム用紙(穴あけ済み)を印刷後リングにセットするだけでカンタンにアルバム製本完成。 アクリル透明表紙(オモテ・ウラ二枚)とリングをセットにしました。 5冊分です。 印刷サービス ご自分で印刷するのが難しい、あるいは時間がない、という方のために、印刷データ(WordやPDFなど)をお送りいただいて、当店が代わりに印刷してお届けするサービスです。 ご注文金額1万円より。 私が店長です 写真用紙を中心に、インクジェット・レーザー両方のプリンター用紙を豊富に取り揃えております。 製紙メーカーから直接仕入れたオリジナルブランドですので、純正紙よりもお求めやすくご提供できるのが自慢です。 平日昼12:00までのご注文は当日発送いたします。 お急ぎの場合でもダイジョウブ。 プリンター用紙についてご不明なことがありましたら、なんなりとお問い合わせください。 それぞれのページヘジャンプします。 用途別にインクジェットプリンター用紙をお選び頂けます。 デジカメ写真をプリンターで印刷するや、、・フォトブック・写真集などをお作りいただけるA4サイズ用紙。 当店で根強い人気の厚口のも多数取り揃えました。 郵便番号枠を印刷していただくPDFファイルを3種類ご用意しました。 通常用・年賀用・喪中用 をクリックすると、別画面で表示されますので、保存してお使いください。 用途に合わせてお選びください。 フォトブック・パンフレット・DMなどに最適です。 写真印刷用の最高級印画紙ベースです。 写真印刷用の印画紙ベース紙です。 として色彩の再現性や保存性で紙ベースより優れています。 写真印刷に最適な表面ピカピカの通常タイプの。 大量印刷を手軽にしていただけるようコストを大幅に抑えました。 インクジェットプリンター用両面マット用紙です。 写真が美しく印刷できる落ち着きのあるマット調。 【光 沢 紙】インクジェット用 【マ ッ ト 紙】インクジェット用 用紙の表面仕上げ別にプリンター用紙をお選び頂けます。 でもまずは、プリンター選びから。 お使いのプリンターが、インクジェットタイプかレーザータイプかお確かめください。 家庭用のほとんどがインクジェットプリンター(インクを用いる)。 法人ではレーザープリンターも多く使われています(トナーを用いる)。 表面仕上げは、光沢(両面・片面)、半光沢、マット と3種類ございます。 写真印刷には通常光沢タイプを多く用いますが、当店のマット紙(インクジェット用)はマットでありながらきわめて写真印字品質が高く、たくさんのプロの方々にもお使いいただいております。 【主に法人用プリンター】 レーザープリンター専用の両面光沢用紙です。 マンションのチラシなどに使われているコート紙に近いツヤです。 (インクジェットプリンター用の、いわゆるピカピカの写真用紙とは異なります。 ご注意ください。 ) レーザープリンターとインクジェットプリンターのどちらでも印刷していただける両面半光沢用紙です。 イラストと文字などの印刷に適しています。

次の

月間催事スケジュール|黒崎店|井筒屋 IZUTSUYA

いっこ つや

名刺には、地元の角田山の麓や休耕田などで摘んだ野草を中心に、およそ15種類の押し花を使っています。 名刺の書式は縦型、横型も自由で、書体もたくさんあります。 名刺にはフィルム加工をしてありますので、水にも強く、こすっても押し花がはがれることはありません。 フィルム加工してある名刺表面は、フィルムのつやなどで目立つことはありません。 印刷のされていない裏面には油性のボールペンなどで書き込むことができます。 押し花名刺の作業について 晴れた日にはワゴン車に乗って10人くらいで毎日、午前中に花摘みに出かけています。 夏の暑い時や、冬に近い寒いときは辛く感じる事ありますが、毎日がんばって作業に取り組んでいます。 摘んできた花を、午後からは押し花にする作業をしています。 集めた小さな野の花は、自然の色を保つため、その日に押し花にして乾燥させます。 野草の中には摘むと瞬く間にしおれる花もありますので、採集現場ですぐに押し花にする時もあります。 押し花名刺は平成12年8月から販売しており、ご好評をいただいております。 とても細かな作業なので、ピンセット使いながら行っています。

次の

月間催事スケジュール|黒崎店|井筒屋 IZUTSUYA

いっこ つや

甘っこ 甘っこは、丸種株式会社が改良して作った、ミニトマトの品種です。 ころころとしていて甘いミニトマト、 甘っこの特徴と栽培のコツをご紹介します。 粒の形には多少の差がありますが、大きさはよく揃うのが特徴です。 つやのあるこっくりとした赤色をしていて、食欲をそそります。 食べてみると、肉質がとてもしっかりとしていて、濃厚な旨みがあります。 糖度も8度~10度と高く、適度な酸味も加わり、甘酸っぱくて食べ飽きません。 糖度が高く酸味もあるため、フルーツのような食味でおいしいです。 ミニトマトが少し苦手な方でも、 フルーツのようにそのまま気軽に食べられる品種です。 肉質が硬く、熟しても裂果しにくい性質があるため、 茎につけた状態で完熟まで栽培できます。 樹上で熟したミニトマトは、早い段階で収穫して追熟したものに比べて、 甘みや旨み、栄養がたっぷりと詰まっています。 育てやすい品種でもあるので、家庭菜園で育てる際は、 完熟まで待ってから収穫してみてください。 草勢が強いと、どうしても異常茎の発生が多くなりがちですが、 甘っこはめがね茎などの異常茎の発生が少ないです。 草勢の強さは、着果数に出やすいのが甘っこの特徴です。 1段で20個~40個の実を収穫できるというのです。 花房はシングルとダブルが混在しやすいタイプで、 低段ではシングルが多くなります。 株が充実してくる中段以降にダブルが発生しやすくなり、 ダブル花房になっても着果率が落ちにくく、 実の肥大性も良いので、結果として多収穫になります。 株を充実させスタミナを維持することで、 栽培後半までしっかりと実をつけ、長期間の収穫が可能になります。 甘っこは広い作型で栽培が可能ですが、 その中でも特に、5月~6月に播種を行うハウスの抑制栽培などでは、 栽培初期の草勢を抑え気味にするのがポイントです。 草勢が強く出過ぎると、茎が太くなりやすいですが、 これを細めの茎になるように調整し裂果を防ぎます。 こうすることで、栽培初期の株間を確保し、 光をまんべんなく当てることができます。 栽培初期に採光を確保できれば、しっかりとした株を作ることができるため、 栽培後半に向けてスタミナを維持することができます。 このように草勢が強く出過ぎる作型の場合、 若苗を定植すると栽培初期に草勢が強くなる傾向があるため、 第一花房の開花時期を狙って定植を行います。 ・赤とオレンジを混ぜたような濃い赤色をしていて、つやがあります。 ・球形~ややたまご型になり、よく揃います。 ・糖度は8度~10度まで上がり、適度な酸味でフルーティーな味わいをしています。 ・収穫後もガクが萎れにくく、見栄えが落ちにくいので、店持ちが良い品種です。 ・果肉は硬めでよく締まっており、裂果が少ないです。 ・1段につく実は20個~40個と多いです。 ・花房はシングルとダブルが混在するタイプで、 低段はシングルが多く、中段以降ではダブルが多くなる傾向があります。 ・草勢は強めですが異常茎の発生は少なめです。 ・ハウス無加温栽培、雨除け栽培、ハウス抑制栽培、 ハウス促成栽培など、広い作型で栽培が可能です。 ・育苗中は、やや高めの温度で管理することで、株を早い段階で充実させ、 第一花房の花数を増やすことができます。 ・草勢が強く出過ぎないよう、茎を細めに管理するのがポイントです。 ・特に5月~6月に播種を行う作型では、栽培初期の草勢を抑え、 栽培後半に向けて株を作ってスタミナ維持を目指します。 ・若苗の定植は株の暴走を招くので避けるようにし、 第一花房が開花する頃に定植します。 ・追肥は一般のミニトマトよりも少し早めに開始します。 ・1段目の肥大期に株の草勢などの様子を見ながら追肥を行います。 ・2回目の追肥は3段目が開花する頃です。 ・3回目以降は、中段が開花した頃から、 様子を見ながら定期的に追肥を行うようにします。 ・追肥が多いと、草勢が強くなって茎が太くなり、裂果などの原因になるので、 茎を細めに維持するように調整しつつ追肥を行います。

次の