仮面 ライダー まとめ。 仮面ライダー情報解禁002

カテゴリ一覧

仮面 ライダー まとめ

仮面ライダーに変身するヒロイン一覧 引用元: まずは、仮面ライダーに変身するヒロインたちを紹介していきます。 劇場版で変身するヒロイン、敵役として変身するヒロインなど様々な理由で変身していますね。 個人的に印象に残っているのは、「仮面ライダーアギト」に登場した岡村可奈。 恐怖しながら変身していく姿はちょっと怖かったです。 沢木雪菜(仮面ライダーアギト) 引用元: 仮面ライダーアギトに変身します。 超能力を持ち、学者の実験でアギトとしての力に覚醒します。 劇中一瞬ではありますが、アギトの姿になっていました。 劇中では、人類最初のアギトと言われています。 岡村可奈(仮面ライダーアギト) 引用元: 引用元: 「仮面ライダーアギト」の終盤に出てくる登場人物・岡村可奈。 自分の意志と反してアギトに変身していくことに恐怖を感じていました。 白いマントが印象的です。 影山冴子(仮面ライダー555) 引用元: 引用元: オルフェノクの幹部である影山冴子。 劇中で、仮面ライダーカイザへと変身します。 オルフェノク状態でも十分強いのに、さらに変身なんて欲張りですよね。 木村沙耶(仮面ライダー555) 引用元: 引用元: 園田真理、草加雅人と同じ元流星塾生。 温厚な性格の美人キャラでした。 ヒロインの真理にも負けず劣らずの美人でしたね。 劇中ではデルタギアを装着してデルタへと変身しています。 最終的にはオルフェノクに殺害されてしまう悲劇のヒロインです。 阿部里奈(仮面ライダー555) 引用元: 引用元: 彼女も元流星塾生の一人。 一度だけカイザギアでカイザへと変身します。 ストーリー後半では、サブヒロイン的な扱いでした。 三輪夏美(仮面ライダー剣) 引用元: 引用元: 「劇場版 仮面ライダー剣 MISSING ACE」で変身した女性ライダー。 仮面ライダーアルクへと変身します。 ちなみに、「仮面ライダーディケイド」にも登場しています。 シュキ(仮面ライダー響鬼) 引用元: 引用元: 「仮面ライダー響鬼」に登場するシュキ。 ハープ型の音撃を扱う朱鬼へと変身します。 ザンキの師匠ですね。 かなりの強さを持つ鬼で、肉親を殺された恨みで魔化魍を追いまわします。 見た目は30代ですが、呪術によって若さを維持しています。 実際には、トドロキの祖母よりも高齢だそうです。 天美あきら(仮面ライダー響鬼) 引用元: 引用元: 「仮面ライダー響鬼」のヒロインの一人・天美あきら。 ヒビキに弟子入りして鬼の修行をする女子高生です。 劇中一度だけ鬼に変身しています。 ですが、力不足で一撃で変身解除に追い込まれてしまいます。 麻生ゆり(仮面ライダーキバ) 引用元: 引用元: 「仮面ライダーキバ」の過去篇に登場するヒロイン。 母親をファンガイアに殺害されたことがきっかけで、ファンガイアを憎むようになります。 その宿敵を倒すために仮面ライダーイクサへと変身します。 麻生恵(仮面ライダーキバ) 引用元: 引用元: 「仮面ライダーキバ」現代篇のヒロインの一人・麻生恵。 仮面ライダーイクサへと変身します。 上で紹介した麻生ゆりは、母親です。 母の意志を継いでファンガイアハンターとなりました。 母娘が二人とも仮面ライダーというは、おそらく空前絶後。 光夏海(仮面ライダーディケイド) 引用元: 引用元: 「仮面ライダーディケイド」のヒロイン・光夏海。 変身するヒロイン史上で最も数多くのフォームに変身したヒロインだと思います。 「MOVIE大戦」では、仮面ライダーキバーラへと変身してディケイドと戦闘。 そして、電王の世界ではウラタロス・キンタロス・リュウタロスの三人のイマジンに憑依されて仮面ライダー電王に変身しました。 ロッドフォーム、アックスフォーム、ガンフォームに変身しています。 アキラ(仮面ライダーディケイド) 引用元: 引用元: 「仮面ライダーディケイド」に登場した女性ライダー・アキラ。 響鬼の世界で登場しますが、響鬼本編のあきらとは別人のようです(演じる女優さんは同じ)。 変身する仮面ライダー天鬼の外見は、ほぼ威吹鬼と同じですね。 鳴海亜樹子(仮面ライダーW) 引用元: 引用元: 「仮面ライダーW」のヒロイン・鳴海亜樹子。 一度だけですが、仮面ライダーW(なにわの美少女仮面)に変身したことがあります。 ただし、夢の中での変身なので実際に変身したワケではありません。 里中エリカ(仮面ライダーオーズ) 引用元: 引用元: 「仮面ライダーオーズ」に登場するヒロインの一人・里中エリカ。 仮面ライダーバースへと変身します。 鴻上ファウンデーション会長の秘書として勤務していました。 キャリアウーマンの女性ライダーですね。 どんな状況でも定時に退社する仕事のデキる女です。 美咲撫子(仮面ライダーフォーゼ) 引用元: 引用元: 「劇場版 仮面ライダーフォーゼ MOVIE大戦MEGAMAX」に登場するヒロインの一人。 仮面ライダーなでしこに変身します。 スーツのモチーフはセーラー服だそうです。 稲森真由(仮面ライダーウィザード) 引用元: 引用元: 「仮面ライダーウィザード」のヒロインの一人。 女子高生でありながら、仮面ライダーメイジへと変身します。 スーツはミニスカっぽいデザインになっています。 アクションには向いてなさそうですが、結構強いです。 スポンサーリンク 大門凛子(仮面ライダーウィザード) 引用元: 引用元: 「仮面ライダーウィザード」のヒロインの一人。 本編で変身シーンはありませんが、「劇場版 仮面ライダーウィザードinマジックランド」で仮面ライダーメイジに変身します。 彼女の職業は刑事です。 コヨミ(仮面ライダーウィザード) 引用元: 引用元: 「仮面ライダーウィザード」のヒロイン・コヨミ。 こちらも本編ではなく劇場版「ウィザード天下分け目の戦国MOVIE大合戦」で変身します。 変身後の姿は白い魔法使い。 湊耀子(仮面ライダー鎧武) 引用元: 引用元: 「仮面ライダー鎧武」の女性ライダー。 仮面ライダーマリカに変身します。 ストーリー後半では、サブヒロイン扱いでした。 頭の形を見てもらえれば分かりますが、桃がモチーフの仮面ライダーです。 かわいい見た目とは裏腹に、かなりの強敵です。 一般女性(仮面ライダー鎧武) 引用元: 「仮面ライダー鎧武」の登場人物の一人。 シリーズのラスボス的な存在です。 テレビシリーズでは倒されていますが、劇場版で復活を遂げます。 無関係の少女に取りついて変身していました。 名もなき少女が仮面ライダーへと変身する珍しいパターンです。 仮面ライダーイドゥンへと変身します。 詩島霧子(仮面ライダードライブ) 引用元: 引用元: 「仮面ライダードライブ」のヒロイン・詩島霧子。 「仮面ライダードライブ シークレット・ミッション type TOKUJO」でドライブに変身しています。 タンクトップで変身する姿は、何かのフィットネスをしているようにも見えますね。 アリア(仮面ライダーゴースト) 引用元: 引用元: 「仮面ライダーゴースト」に登場する女性。 仮面ライダーダークネクロムピンクへと変身します。 アランとアデルのお姉さんです。 ジェイ(仮面ライダー) 引用元: 引用元: 「仮面ライダーゴースト」の劇場版「仮面ライダーゴースト100の眼魂とゴースト運命の瞬間」の登場人物。 ダークネクロムイエローへと変身します。 ポッピーピポパポ(仮面ライダーエグゼイド) 引用元: 引用元: 「仮面ライダーエグゼイド」のヒロイン・ポッピーピポパポ。 仮面ライダーポッピーへと変身します。 全く仮面ライダー感がないですが、仕草はかわいいですね。 なんだかSDガンダムを思い出すのは私だけでしょうか。 ケイス(仮面ライダードラゴンナイト) 引用元: 仮面ライダー龍騎のアメリカリメイク版「仮面ライダードラゴンナイト」。 ケイスが仮面ライダーセイレーンに変身します。 見た目は仮面ライダーファムと同じですね。 マヤ・ヤング(仮面ライダードラゴンナイト) 引用元: こちらも「仮面ライダードラゴンナイト」から。 マヤ・ヤングが二代目セイレーンへと変身します。 蔡蕾蕾(閃電騎士V3) 引用元: 台湾との合作シリーズ「閃電騎士V3」に登場する蔡蕾蕾。 劇中では飾閃電騎士四號に変身します。 女性版のライダーマンという感じでしょうか。 台湾語で「仮面ライダー」は「閃電騎士」と書くみたいですね。 スポンサーリンク 仮面ライダー以外に変身するヒロインたち 引用元: 仮面ライダーシリーズに登場するヒロインの中には、仮面ライダーではない存在に変身するヒロインもいます。 電波人間タックルみたいな、サポートキャラが多いですね。 戦闘力は仮面ライダーほどないけど、色々な面で活躍する頼りになる存在です。 岬ユリ子(仮面ライダーストロンガー) 引用元: 引用元: 引用元: 「仮面ライダーストロンガー」のヒロイン・岬ユリ子。 電波人間タックルへと変身します。 仮面ライダーに分類するかしないかで度々議論の起こる存在ですね。 「劇場版 仮面ライダーディケイド MOVIE大戦2010」で登場した岬ユリ子は、広瀬アリスさんが演じていました。 高鳥蓮華(仮面ライダーカブト) 引用元: 引用元: 「仮面ライダーカブト」のヒロインの一人・高鳥蓮華。 ブライトルーパーに変身します。 西馬ニコ(仮面ライダーエグゼイド) 引用元: 引用元: 「仮面ライダーエグゼイド」の登場人物・西馬ニコ。 ランドプレイヤーニコに変身します。 平成初の女性仮面ライダーは誰? 度々議論されるテーマですよね。 「仮面ライダー龍騎」の劇場版に登場した仮面ライダーファムが初ではないかという声が多いですが、個人的には「仮面ライダーアギト」に登場し、アギトに変身した沢木雪菜が最初ではないかと思っています。

次の

[仮面ライダービルド]個人的に好きなシーンまとめ②

仮面 ライダー まとめ

カテゴリ一覧はこちら• 430• 150• 127• 100• 171• 145• 110• 159• 143• 120• 149• 340• 1,514• 1,886• 988• 397• 113• 641• 145• 198• 118• 362• 114•

次の

仮面ライダー 変身するヒロインまとめ【画像あり】

仮面 ライダー まとめ

平成仮面ライダーのあらすじ・主演俳優を放送順で紹介! 前半 計20作品ある平成仮面ライダー作品ですが、区切りとしては 仮面ライダークウガ~仮面ライダーディケイドまでの前半部、 仮面ライダーW~仮面ライダージオウまでの後半部に分かれます。 ここではわかりやすく上記の前半部と後半部に2分割し、それぞれの作品の紹介と主演俳優についてお伝えしていきたいと思います。 各紹介項目にはよりくわしくあらすじや作品の特徴を書いたページの紹介もしているので、ぜひご覧ください! 仮面ライダークウガ 主演:オダギリジョー 平成仮面ライダー第1作目として放送された 仮面ライダークウガ。 人間と怪人:グロンギの戦いを描いたリアル志向の番組となっています。 仮面ライダー作品というよりはドキュメント作品に近いような演出をする場面もあり、今なお作品を評価する人も多いのが特徴ですね。 主演の オダギリジョーさんが有名になったきっかけの作品でもあり、その後は数々のドラマや映画に出演しています。 「あかつき号事件」を軸に、別々の理由で仮面ライダーとなった3人が怪人:アンノウンと戦う姿が描かれました。 主演の 賀集利樹さんも作品終了後有名となったほか、仮面ライダーG3を演じた 要潤さんも活躍の場を広げています。 鏡の世界:ミラーワールドのモンスターと契約し、カードを使いながらその能力を活かし戦っていくという画期的なアイデアはその後の仮面ライダー玩具に革命をもたらしています。 主演の 須賀貴匡さんの他にも特徴的なキャラクターを演じた俳優が多く、実際の俳優名ではなく役名で呼ぶ人も多いくらいです。 3本のベルトを巡った攻防は、 敵も仮面ライダーに変身するという意外な展開を見せることもあり、視聴者を離さない工夫となっています。 当時普及が進んできた携帯電話を使った変身や、やや昼ドラ感のあるストーリーの虜になった方も多かったことでしょう。 主演の 半田健人さんは最近、仮面ライダーの映画や作品に555の主人公: 乾巧役としてゲスト出演することが増えてきており、ファンの中でも一目置かれている方ですね。 トランプをモチーフとし、仮面ライダー龍騎のようにカードの能力で強化しながら戦うコンセプトとなっています。 俳優陣で言えば 椿隆之さんはその後の仮面ライダー作品にも同役名で登場したり、仮面ライダーギャレン役の 天野浩成さんも仮面ライダーフォーゼに敵役として出演するなど、何かと仮面ライダーに関わりのある人もいる作品となりました。 主人公のヒビキと出会った少年:明日夢の成長を表現しており、やや大人向けの作品となったことでしょう。 主演の 細川茂樹さんは 史上最年長のおっさんライダーとして当時話題になりました。 主人公がバイクに途中まで乗らないという展開にも注目したいところです。 各ライダーがマスクドフォームとライダーフォームの2通りのフォームを持っており、 クロックアップという高速移動によってスピーディーな戦いを演出しています。 昆虫をモチーフにした作品で、デザイン性も気に入る人が多かったことで有名ですね。 主演の 水嶋ヒロさんはその後連続ドラマに出演し人気を博したほか、執筆活動でも成功するというマルチな才能を見せています。 イマジンという怪人とともに時間移動をしながら戦うというストーリー性や、怪人の声の役を有名声優に一任したことで、アニメ好きや声優好きのファンも獲得し、仮面ライダー作品の中で一番の人気を誇るまでに至りました。 主演の 佐藤健さんも放送中から人気を集め、数々の連続ドラマや映画に主演し、今なおその人気は衰えていません。 父と子の言動がどのような影響をもったのかという流れが表現されており、目まぐるしく変わる時間軸の中でもしっかりとストーリーの表現ができていました。 主演の 瀬戸康史さんは放送終了後も連続ドラマや映画に出演し、童顔男子俳優として人気を集めています。 また、 武田航平さんは仮面ライダービルドにも出演し、キバでの役と重ね合わせられたほか、劇中の活躍でファンを喜ばせました。 それまでに放送されたクウガ~キバの世界を旅するというコンセプトで、過去作ライダーの再登場が特徴でした。 最終回の続きが映画を観ないとわからないという終わり方になっており、当時問題となっています。 主演の 井上正大さんは、ファンの間で最新作である仮面ライダージオウにゲスト出演するのかどうか注目されている存在ですね。 ここからは 後半部 W~ジオウ について、同様に紹介をしていきたいと思います。 仮面ライダーW 主演:桐山漣・菅田将暉 「2人で1人の仮面ライダー」というコンセプトのもと、仮面ライダーに2人で変身するという新しい取り組みを見せた作品となっています。 風都の平和を守る私立探偵と怪人:ドーパントとの戦いを描き、主演の2人のコンビネーションを見せてくれました。 主演した 菅田将暉さんはその後、数多くのドラマや映画、CMなどに主演し、音楽活動にも活動の場を広げるなどその勢いが衰えることなく突き進んでいます。 主人公の火野映司と怪人:アンクの関係にスポットライトを当て、作品終了後も仮面ライダー作品に登場した際にはその絆の深さを見せてくれました。 特徴的な決めセリフやスケールの大きいストーリー展開に注目したいところですね。 主演の 福士蒼汰さんや、仮面ライダーメテオ役の 吉澤亮さんは作品終了後に数々の連続ドラマや映画に出演し、イケメン俳優としての人気街道を着実に歩んでいます。 人間の絶望から生まれる怪人:ファントムを倒す指輪の魔法使いと、不思議な少女の関係を描いた作品となりました。 主演の 白石隼也さんは数々のドラマや映画に出演するイケメン俳優として、今なお第一線で活躍する姿を見せてくれています。 ビートライダーズと呼ばれるストリートダンサーの縄張り争いから次第に世界を揺るがす大事件へと発展するという、見逃せないストーリー展開となりました。 主演の 佐野岳さんはその高い身体能力を活かしバラエティー番組にも出演するほか、ドラマのゲストにも出演するといった活躍を見せています。 警察官である主人公が人工生命体:ロイミュードから人類を守るために戦う姿は、スピード感あふれる演出も重なって圧巻の一言です。 竹内涼真さんの出世作でもあり、その後のドラマ出演などの活躍は目覚ましいものがありました。 人間界の支配を目論む眼魔と戦うため、歴史上の偉人の力を借りながら仲間とともに立ち向かうというストーリーとなっています。 西銘駿さんは当時 史上最年少の主役にして、初演技・初主演という大抜擢を受け、1年間の撮影を通して演技力を磨き上げていきました。 バグスターウイルスに感染しゲーム病を発症した患者への治療や、自我を持つウイルスとの戦いを複数の個性的なキャラクターとともに演出しました。 主演に抜擢された 飯島寛騎さんは前作のゴーストに続き、初演技&初主演という快挙を成し遂げています。 日本が三分割された世界で怪人:スマッシュと戦う仮面ライダーたちのストーリーが描かれていました。 主役の 犬飼貴丈さんはその演技力の高さを見せ、放送中もファンから賞賛されたほか、他のライダー役を演じた俳優も一様に人気を集めています。 過去作すべてのライダーをモチーフにしたストーリーが1年間描かれることとなっています。 主演の 奥田壮さんは初演技&初主演ということで、これから先の活躍が期待されますね。 思い出になった作品やテレビで今活躍しているあの俳優のブレイク作品など、私たちを虜にしてくれますね。

次の