ご教示いただきありがとうございます。 「いただきありがとうございます」の使い方・例文|敬語/メール

助言のお礼|#話術.com

ご教示いただきありがとうございます

「ご指導いただき」の例文としては、会社内で上司に対して「いつもご指導いただきありがとうございます」と使用することがあります。 どのような人に対しても使用できる「ご指導いただき」ですが、自分と同じような立場の人や、部下などに対しては使用しないでしょう。 また、「ご指導いただき」の前後の文章も色々と工夫することであなたの気持ちをこめることができるのでより良い文章となります。 普段から何とおりかの「ご指導いただき」の使い方をもっていると良いでしょう。 ご指導いただきます 社会人として「ご指導いただきます」も使用する機会もかなりあります。 例えば、取引先の会社の担当者に何らかの指導をしてもらう予定になっているときに、「では、15日にご指導いただきます」と言ったりします。 何かを予定していて敬語として「ご指導いただきます」と使用しますが違和感のある人もいますが、一般的に使用される文章でしょう。 また、「ご指導いただきます」は、何回も使用するのではなくて大切なところで使えると良いでしょう。 ご指導いただきたい では、「ご指導いただきたい」の例文とは、どのようなものでしょう。 これも会社内において他のセクションとのやり取りのなかで「先日お話した内容について、ご指導いただきたいです」などと使用します。 この文章も敬語表現であるので相手に対して失礼になることはないでしょう。 社内でも上手にコミュニケーションをとりたいときに、使用すると効果的でしょう。 また、「ご指導いただきたい」は上司や目上の人でも使用できるので重宝します。 ご指導いただきますよう 「ご指導いただきますよう」の例文は、ある研修を予定していて社外から研修のスタッフが来てもらって指導してもらうときに、「予定している1日に研修内容についてご指導いただきますよう、よろしくお願いいたします」と使用します。 「ご指導いただきますよう」を使用するときは、前後の文章をしっかりとした内容で記載することがポイントとなります。 ご指導いただきました 「ご指導いただきました」の例文は、メールでの社外とのやり取りの中で、ある講習で指導してもらったかどうかを明確に言うときに、「私は、先日の講習会でご指導いただきました」などと使用します。 社外に対してなので「ご指導いただきました」の敬語表現は正しいでしょう。 特にメールを受けた側も違和感のない文章になります。 また、メールの中で「ご指導いただきました」と似た表現の言葉は、あまり使用しない方が全体の文章として読みやすいでしょう。 してはいけない「ご指導いただき」の使い方 では、してはいけない「ご指導いただき」の使い方とは、どのようなものでしょう。 会社内において同じ立場の人に対して「ご指導いただき」を使用するのは良くないでしょう。 理由としては、基本的に「ご指導いただき」は敬語になるので同じ立場の人に対して使用すれば、表現が違うと思われます。 自分が同僚から「ご指導いただき」と言われれば、とてもかたい表現に感じることでしょう。 同僚などに対しては親近感のある表現で伝えるのが一般的でしょう。 「ご指導いただき」の使い方 「ご指導いただき」は、さまざまな場面で使用できます。 例えば、普通に話しをしているときでも使えるのと、ビジネスで重要な文章を作成するときも使用できます。 使うときはいくつかの注意点を守って使用すると聞き手側も理解しやすくなります。 例えば、自分の感謝の気持ちを相手に伝えるために「ご指導いただき」を使用するのであれば、その理由も一緒に話すとより相手に伝わる内容となります。 逆に急に「ご指導いただきありがとうございます」と言われても理解できるケースもあるので注意しましょう。 メール メールでの「ご指導いただき」の使い方は、文章の中でどのあたりに使用するかがポイントとなります。 「ご指導いただき」は、一つの使い方として最初の挨拶の文章のなかで使用すると効果的です。 メールを受けた側は、この人に指導して良かったと思ってくれるでしょう。 また、メールの最後に締めくくりとして「ご指導いただきありがとうございました」と記載しても印象が良いでしょう。 また、何度も不用意に「ご指導いただき」を使用するとあまり印象がよくないです。 メールでの「ご指導いただき」の印象 メールで「ご指導いただき」といった内容の文章をもらうと、とても好印象でしょう。 人によっては、時間がなかったりして「ご指導いただきありがとうございます」の一言を文章に入れ忘れることもあります。 「ご指導いただき」の一言であなたの感謝の気持ちなども一緒に相手に伝えることができるのでできるかぎり使用した方が良いでしょう。 また、メールで「今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします」と一緒に使用しても良いです。 年賀状 年賀状の「ご指導いただき」の使い方としては、「去年は、色々とご指導いただき誠にありがとうございました」などとなります。 このような使い方であれば、無難な使用方法と言えます。 この年賀状を受け取った方は、「丁寧な言葉をありがとう」といった気持ちになってくれるでしょう。 年賀状で「ご指導いただき」を使用するには年初めからかたい表現ではないかと思う人もいますが、実際に敬語で自分の気持ちをしっかりと伝えることができます。 年賀状の「ご指導いただき」のポイント 年賀状の「ご指導いただき」の使用のポイントとしては、はじめに年賀状としての挨拶があると良いでしょう。 最初から「ご指導いただき」を使用すると何の文章なのわかりづらくなってしまうでしょう。 挨拶の後に平素からお世話になっている気持ちを伝えるために「いつもご指導いただきありがとうございます」と一言記載すると印象が良いでしょう。 また、「ご指導いただき」の後には、「本年もよろしくお願いいたします」と記載するときれいな文章と言えます。 「ご指導いただき」の類語 「ご指導いただき」の類語はいくつかありますが、その一つとして「ご教示いただき」があります。 この言葉は「ご指導いただき」と同じようなケースで使用します。 使用頻度としては、「ご指導いただき」の方が多いでしょう。 「ご教示いただき」は「ご指導いただき」ではなくて他の表現で自分の感謝の気持ちなどを相手に伝えるときに使用します。 例文としては、「先日はお忙しところ、ご教示いただきまことにありがとうございます」となります。 間違えやすい「ご指導いただき」の使い方 間違えやすい「ご指導いただき」の使い方とは、どのようなものでしょう。 例文としては、「ご指導いただきました」などの使用方法は適切ではないでしょう。 あくまでも敬語として使用しているので使いわけができるようにした方が良いでしょう。 この場合は「ご指導していただきました」の方が一般的に使用する言いまわしとなります。 自分で「ご指導いただき」を使用していて、おかしな表現になった時は途中でもよいので、訂正するのが良いでしょう。

次の

「誠にありがとうございます」は正しい敬語?お礼の敬語表現と例文集

ご教示いただきありがとうございます

「ご教授」の意味 「ご教授」の意味は「教え授かる」 「ご教授(ごきょうじゅ)」とは「教え授(さず)かる」という意味があり、主に学問や技芸を長期間教わる場面で使われます。 接頭語の「御(ご)」がついた丁寧な言葉であるため、上司や取引先の担当者など目上の人へ使えます。 「ご教授ください」は教えを求める表現 「ご教授」を使った言い回しのひとつが「ご教授ください」です。 目上の相手に、学問や技芸を教わるシーンで「ご教授ください」が使えます。 「ご教授ください」という言葉単体で使うこともできますが、多くの場合が「お願いします」と合わせて使います。 「ご教授ください」だけでも意味は通じるのですが、あくまで教えてもらう立場であることを忘れずに丁寧なお願いを心掛けることが大切です。 例えば「ご教授くださいますようお願い致します」や「ご教授くださいますよう、よろしくお願い申し上げます」など、丁寧な言い回しをしましょう。 「ご教授」の目上への使い方(メールの場合) 「ご教授」はメールで使える 「ご教授」は話し言葉の他にも、メールなどの書き言葉として使用できます。 ただ、メールや文書では相手の表情や声色が分からないため、話し言葉よりも丁寧である必要があります。 「ご教授」を願うシーンでは「ご教授ください」だけでなく、上記で説明したように「ご教授くださいますよう、よろしくお願い申し上げます」などと、丁寧な言い回し方をする方いいでしょう。 「ご教授」は使い方によって失礼に 「ご教授」はメールなどの書き言葉でも使用できることを説明しました。 注意が必要なのは、教えてもらう内容が学問や技芸など専門的な分野であるため、「メールなどの文面で教わることはできない」ということです。 専門的な内容をメールで簡単に「教えて」というのは相手に失礼ですし、そもそも1度の返信で教われるような内容量ではありません。 仕事をする上で確認したいことや不明な点を聞くのであれば類語の「ご教示」を使いましょう。 メールの場合は、教えてもらったことへの感謝を伝える場面で「ご教授」が使われます。 今後ともよろしくお願い致します」という文面だと、メールで教えを求めているのではなく、教えてもらったことへ感謝を表していることになり失礼にはなりません。 「ご教授」の使い方(お礼を伝える場合) ご教授いただきありがとうございます 「ご教授」をうけたことへのお礼の言葉として「ご教授いただきありがとうございます」が使えます。 引き続きよろしくお願い致します」となります。 「ありがとうございます」は、ビジネスシーンでは比較的くだけた表現であるため、相手や状況に応じて使いましょう。 ご教授いただき感謝いたします お礼の言葉の1つが「ご教授いただき感謝いたします」です。 「感謝いたします」は「ありがとうございます」よりもかしこまった表現と言えます。 「感謝申し上げます」や「お礼申し上げます」に言い換えることもできるため、相手によって使い分けてください。 「ご教授」と類語「ご教示」の違い 「ご教示」の意味は「教え示す」 「ご教授」の類語となる「ご教示」は、「教え示す」という意味の言葉です。 接頭語の「御(ご)」がついた丁寧な言葉であり、目上の相手へ使えます。 「ご教授」と同じく相手に教えを乞う場面で使われる言葉ですが、教わる内容で使い分ける必要があります。 「ご教授」と「ご教示」の違いは教わる内容 「ご教授」が学問や技芸など、専門的なものを教わる場面で使われるのに対し、「ご教示」は方法や情報を教わる場面で使われます。 また、「ご教授」は長期間に渡り教わりますが、「ご教示」はその場で答えが返ってくる場合が多く、継続的な教わり方はしません。 例えば取引先の担当者へ、打ち合わせの日程を決めるために空いている日を確認するとします。 上記の場合、空いている日にちを教えてもらうのであって専門的なものを継続して教えてもらうわけではないため、「ご教示ください」が使われます。 「ご教示」の使い方「ご教授くださいますよう」 「ご教示」を使った言い回しのひとつが「ご教示くださいますよう」です。 後に続く言葉としては「お願い致します」や「お願い申し上げます」などがあり、相手に教えを乞うシーンで使われます。 「ご教授」のその他の類語と同音異義語 「ご指南」や「ご指導」も「ご教授」の類語 「ご指南」や「ご指導」も「ご教授」の類語となります。 「教え示す」や「教え導くこと」を意味する「ご指南」と、「目的に向かって、教え導くこと」を意味する「ご指導」は類語ではあるものの、「ご教授」と同じ場面で使えるというわけではないため状況に応じて使い分けてください。 「ご教授」の同音異義語「ご享受」 「ご教授」と同じ読み方をする「ご享受(きょうじゅ)」という言葉ですが、意味は全く違うため注意が必要です。 「享受」とは、「与えられたものを受け入れ、楽しむこと」を意味する言葉で、相手から教わるという意味は含まれていません。 同じ読みでも意味が全く違うため、メールなどの書き言葉として使う場合は、変換を間違えないようにしてください。 まとめ 「ご教授」とは学問など専門的な知識を継続して教わることを意味します。 ビジネスシーンで日程や情報を教わる場合は類語の「ご教示」を使いましょう。 目上の人へ使える丁寧な言葉ではありますが、メールでの使い方によっては失礼となる場合もあるため使い方に注意してください。

次の

「教えてくださり」? 「教えていただき」?

ご教示いただきありがとうございます

冒頭でも述べたように、社会人は敬語や丁寧な言葉遣いでのやり取りが、必須だと言われています。 そのため、「ご丁寧にありがとうございます」というフレーズについても、敬語や丁寧な言葉遣いへの言い換えをする必要があると言えるでしょう。 そこで続いては、「ご丁寧にありがとうございます」の敬語への言い換えについて、考察していきます。 結論から言うと、「ご丁寧にありがとうございます」という表現も、十分丁寧な言い回しだと言えそうです。 しかし、より丁寧に表現したい場合は、「ご丁寧に」と「ありがとうございます」の間に、何に対してのお礼の言葉なのか、相手にしてもらったことなどを入れることをおすすめします。 その際に、「ご連絡をいただきまして」や「お電話をいただきまして」といった言葉を敬語で付け加えることで、「ご丁寧にありがとうございます」を敬語で使用することができると考えられそうです。 続いては、目上の人に対して「ご丁寧にありがとうございます」を使用する場合の、使い方について考察していきます。 目上の人に対して、「ご丁寧にありがとうございます」という言いまわしを使う場合も、上記でご紹介したような、敬語表現や丁寧な言い回しを心掛けることをおすすめします。 一例としては、「大変ご丁寧なご指摘、ありがとうございます」「ご丁寧なアドバイスをいただき、ありがとうございます」といった言い回しが考えられそうです。 「ご丁寧にありがとうございます」の類語.

次の