血便 原因。 病院に行くべき血便(鮮血便)|原因となる病気、何科にかかるか?

血便が出た!大腸がん?それとも痔?~基本的な血便の見極め方

血便 原因

・多量の赤い便がでている ・黒い便が出ている ・激しい腹痛がある ・意識がもうろうとする など 血便・下血の原因 血便や下血の原因は、消化管の何らかの異常です。 主に以下の病気が挙げられます。 痔 血便の原因で多いのは、痔です。 排便時に痛みを伴い、血が出ます。 胃・十二指腸の病気 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどがあると患部から出血し、胃液などの作用で血液が酸化し、黒い便として排出されることがあります。 大腸・直腸の病気 直腸ポリープ、直腸がん、大腸ポリープ、大腸がん、潰瘍性大腸炎、虚血性大腸炎、出血性大腸炎、大腸憩室出血などが、血便の原因として疑われます。 いずれにしても血便・下血という症状だけでは、病気を特定できません。 病院で内視鏡検査などを行い、原因を調べる必要があります。 検査で血便・下血の原因となっている病気の診断が出来れば、その病気に対する治療を行います。 例えば、胃潰瘍であれば胃酸を抑える薬の内服などを行います。 血便・下血の予防 血便・下血の原因となる病気によっては、予防できる場合があります。 血便の原因で多く見られる痔の場合は、排便時にいきみすぎないようにするだけでも症状を抑えられます。 また、動物性脂肪の摂取を抑えて食物繊維を摂ることは、大腸がんや直腸がん、ポリープの発生を抑制できることがわかっています。 出血性大腸炎は、食事の衛生管理をすれば防げます。 下血の原因で多い胃潰瘍、十二指腸潰瘍はピロリ菌の除菌で再発を予防出来ます。 血便・下血に気づいたら、痔だと決めつけずに早めに受診したり、内視鏡検査を受けたりして、病気を早期発見できるようにしましょう。 今井 さいこ 私は「心の健康を保つためには、『I love you』より『I love me』を大切にしましょう」とクライエント様に発信し続けています。 自分を大切にできない人は周りも大切にすることはできない、と考えているからです。 悩みを抱える方がこのことに気づけば、自分自身で問題を解決していく力を持っています。 変えられない環境に振り回されるのではなく、どんな環境にいても「あなた」でいられる軸を一緒に見つけるお手伝いをいたします。 また、悩みを抱える多くの方が「眠れない」悩みも抱えていることに気づき、睡眠指導者の資格を取得しました。 睡眠習慣についてのお悩みもお伺いいたします。 「こんな悩み、相談してもいいのかな」と思わず、どんな悩みでもご相談ください。 妊活、不妊治療、産前産後うつ、夫婦間コミュニケーション、親子間コミュニケーション、対人コミュニケーション、依存症、... 斉藤 恵一 企業や商品・製品には様々なブランドがありように、これからの時代は個人にもブランドが求められる時代です。 あなたにとって、自分ならではの強みや価値は何ですか?「パーソナルブランド」を築くことを通じて、より活き活きと自分らしく、輝くことができると考えています。 誰もが持つ「可能性」を最大限に引き出すための 「知識」、「技術」、「マインド」を磨き、セルフマネジメントすることで誰もが「なりたい自分」を手に入れ、夢の実現を引き寄せることができるのです。 世間のモノサシに依存するのではなく、自分のモノサシを持ち、セルフイメージを上げて自分の可能性を信じ行動することこそが夢を叶えるために大切なことです。 メンタルトレーニング、コミュニケーションスキル、パーソナルマネジメント、人材育成、対人関係.

次の

血便について

血便 原因

健康診断で「便潜血陽性」と言われたら、誰しも心中穏やかには過ごせません。 「ひょっとして、大腸がんかしら?」と動転する前に、少し基本的な知識と考え方について知っておきましょう 健康診断で「便潜血陽性」と診断され、検査結果通知書に「速やかに、精密検査を受けて下さい」と記載されていた場合、痔だろうと自己判断して軽く考えてしまう方も、大腸がんではないかととても不安になる方もいるかと思います。 「便潜血って、あの綿棒みたいな器具で採取した検便の検査結果のこと?」「見た目では、便に血が混じっているような感じは無かったぞ」「ひょっとして、大腸がんかも……」「どうせ痔が原因だろう」 今回は、安易な自己判断や過度な不安を取り除いていただくため、便潜血陽性になる原因と考えられる病気、大腸内視鏡検査などの精密検査の意義について解説します。 「便潜血陽性」結果が示すこと・痔で陽性になりうるのも事実 まずは、「便潜血結の検査結果が陽性だった」ということが示す事実を理解することが、第一歩です そもそも、便潜血とは何なのでしょうか? 基本的には、読んで字のごとく、便に血が潜んでいる状態です。 検査法としては、近年、ヒトの血液に含まれるヘモグロビンという物質を免疫学的にチェックする方法が用いられることが一般的です。 よって、この「便潜血陽性」という結果が示している事実は、「採取した便の検体の中に、ヒトの血液が混じっている可能性が非常に高い」ということで、これ以上でもこれ以下でもありません。 通常、口から入った食べ物が、胃、十二指腸、小腸、大腸・S状結腸・直腸を経て、肛門から便として排泄される課程で便に血が混じることはありません。 現在の便潜血の検査では、主に、大腸以後の消化管で出血しているのかどうかをみることを目的としています。 大腸ポリープの場合、ポリープ表面の組織がもろく、便が通り過ぎるときに擦過されるだけでも出血しやすいので、便潜血が陽性になります。 しかし、消化管での出血というのであれば、極端な話、痔でも便潜血陽性になるのでしょうか? 答えは、「Yes」です。 実は、その他にも色々な病気で便潜血は陽性になります。 「便潜血陽性」の原因・考えられる病気……潰瘍性大腸炎や大腸がんも 便潜血が陽性になる病気は、大腸ポリープや痔以外にも色々とあります。 その代表が、潰瘍性大腸炎やクローン病、大腸憩室炎などです 便潜血が陽性になる疾患は様々です。 比較的若い方にも多いのが「」と呼ばれるものです。 これらは、明らかな血便として出ることも多いのですが、便潜血陽性で発見される例も少なくありません。 また、大腸の壁に小さい袋のような「憩室」(けいしつ)というものができ、そこが炎症を起こすことで出血する「」のケースもあります。 ただし、先述の通り「」からの出血によって便潜血陽性が見つかる例があることも心に留めておいておくことが必要です。 特に、大腸ポリープは小さいうちはほとんどが良性ですが、直径が2cmを超えると一部ががん化し始めるという報告もあります。 「」の早期発見のためにもとても大切なので、発見した場合には放置せず、きちんとした検査と治療を行っていくことが大切です。 血便が原因となる病気に関しては、消化器専門医が解説する「」もあわせてご覧下さい。 また、血便は便の色によって原因が異なるため、ある程度消化管出血部位を予測することが可能です。 詳しくは、「」をご参照下さい。 注腸造影検査や大腸内視鏡検査による再検査・精密検査 「便潜血陽性」の結果が出たからといって、あわてることはありません。 事実と憶測をしっかりと切り分けて、進んでいくことが最も重要です 以上のように理解していくと、健康診断での「便潜血陽性」は、決して慌てる必要はないことがおわかりいただけると思います。 特に健康診断で行われる便潜血検査では、「定性法」と呼ばれ、血が混じっているのかどうかを、まずは確認するための少し簡易な検査法であることが多いです。 そこで、「定量法」と呼ばれる便にどれぐらいの量の血が混じっているのか、ということもわかる精密な検査法で再検査してみる必要があります。 これは、同じように検便の検査でできますので、体に負担もなく行うことができます。 また、この再検査の際には、痔の既往歴がある方や、少し痔の傾向がある方については、外用薬の使用によって痔の治療を先行した上で、再度、便潜血の検査を行うことをおすすめしています。 「定量法」による便潜血の検査で、出血が有ることがしっかりと確認された症例については、良性疾患・悪性疾患のどちらも念頭に置きながら、バリウム検査と呼ばれる「注腸造影検査」や、いわゆる大腸カメラである「大腸内視鏡検査」による精密検査を計画していきます。 便潜血陽性で再検査・精密検査の場合、受診すべき診療科 最後に、便潜血陽性で再検査と言われても、何科を受診したらよいのかわからないという方も多いようですが、便潜血検査自体は、内科、消化器科、消化器内科、消化器外科などで幅広く扱われていますし、大腸内視鏡検査も同じく、内科、消化器内科、消化器科、専門の内視鏡科など、さまざまな診療科で扱われています。 病院によって担当している診療科が異なり、診療所でも検査ができるところとできないところがありますので、まずは問い合わせてみましょう。 最も避けるべきは、「便に血が混じっていると言われているけど、もともと痔があるから、心配ない」と自己判断して、大腸の小さなポリープを見逃してしまうことです。 小さなポリープの一部ががん化している時には、お腹を開けずに大腸内視鏡のみで完全に切除することも十分に可能になっています。 健康診断の検査結果すべてに言えることですが、事実と憶測をしっかり切り分けて、あまり心配しすぎることなく粛々と検査を進めていくことが何よりも大切です。 便潜血陽性の検査については、「 」で詳しく解説していますので、気になる方はあわせてご覧ください。

次の

血便・下血の症状・原因・対処法 Doctors Me(ドクターズミー)

血便 原因

そんな経験はないだろうか。 血便が出ると「何か病気が潜んでいるのかも? 」と不安になるのも無理はない。 一方で下痢になったり血便が出たりしても、特に何とも思わずやり過ごしてしまう人もいるかもしれないが、それは危険。 下痢や血便には、実は重大な病気が潜んでいる可能性もあるからだ。 なんて経験はないだろうか 下痢が起こる原因は まず、下痢は何が原因で起こるのかを明らかにしておこう。 感染性の下痢 最も多いのが、食中毒菌に感染することで下痢が起こるケース。 簡単に言えば食あたりで、風邪による下痢も感染性の下痢に分類される。 風邪ウイルスが呼吸器に感染すれば咳や鼻水などの症状が出るが、消化管に感染すると下痢や腹部の症状が起きる。 例えばB型インフルエンザは、呼吸器症状よりも下痢や嘔吐などの消化器症状を発症しやすいと言われている。 強い伝染性を持って、集団発生するようなノロウィルスや腸管出血性大腸菌、コレラなどの感染症は別にして、単発的に不適切な食品の保存で食中毒を起こす下痢は、ビブリオやサルモネラ菌、ウェルシュ菌感染などが主な原因である。 ストレス性の下痢 仕事や人間関係などでストレスがたまることで、ストレス性の下痢が起きることがある。 食事性の下痢 フランス料理や焼き肉など、脂っこい食事が原因で下痢になるケースもある。 膵臓の脂肪分解能力や腸管からの吸収がもともと弱い人や、高齢になって弱くなった人などは特に食事性の下痢が起こりやすいとされている。 下痢と一緒に嘔吐や胃痛の症状が出る 感染性の下痢の場合、腸管に感染している菌を洗い流すために下痢によって生体を防衛する。 この際、腸管がいつも以上に激しく運動しているため、その激しい運動に伴い胃痛や嘔吐などの症状も出現する。 つまり、下痢と一緒に嘔吐や胃痛・腹痛が発生した場合は、感染性の下痢の随伴症状と考えてもいいだろう。 下痢と一緒に嘔吐など発生した場合は、感染性の下痢が疑われる 下痢に伴う血便で疑われる疾患 続いて、血便が出る原因を探っていこう。 感染 ビブリオやサルモネラ菌などに感染して感染性の下痢が起こった場合、腸管が激しく動くことで粘膜の損傷や炎症が起こり、それに伴い血便が出る可能性がある。 大腸がん・大腸ポリープ 大腸がんや大腸ポリープによって腸管の粘膜に腫瘍ができると、腫瘍からの持続的な出血や便が通過する際に腫瘍から出血を伴い、血便になるケースがある。 大腸がんや大腸ポリープによる血便はあまり下痢を伴わないことが多い。 痔 痔も血便を招く原因の一つ。 便に血が混ざっていれば血便、便の表面に血液が付着していれば痔に伴った血便と判断しよう。 排便時に肛門付近が痛いときは肛門に傷がついている場合が多い。 一方で痔核などは自覚症状に乏しく、痔核から出血に伴う血便で気づく患者も少なくないという。 黒い血便は胃潰瘍や十二指腸潰瘍、特に胃がんなどが潜んでいる可能性があるので要注意。 食中毒や食あたりによって黒い便が出ることはないため、もしも出たらこれらの病を疑ってみてもいいかもしれない。 頻回の下痢と腹痛、血便、そして便に粘液や膿が混ざるという独特の症状を示す。 この潰瘍性大腸炎やクローン病は国の難病にも指定されている。 潰瘍性大腸炎は元来欧米人に多く見られていたが、近年は日本人の発症率が急激に増えている。 穀類を中心とした従来の日本人の食生活が、近年は肉食を中心とした欧米型食生活へと変化していることが増加の理由と指摘されている。 いざ発症した場合、日本人の方が重症化しやすいとも言われており、大腸がんにつながるケースもあるので注意したい。 特に胃潰瘍や十二指腸潰瘍で大出血があり、下血とともに大量吐血を伴って生命の危機に至る危険性もある。 子どもの血便への対応は? 成人同様、子どもでも感染性の下痢によって血便を伴うことがある。 O157感染症が代表例で、感染性疾患を伴う場合は急速に症状が重症化するケースが多い。 また、便秘しやすい子どもが肛門裂傷を起こして血便になることもある。 もしも血便を認めたら、医療機関へ行く前に体温を測り、医師が状況を把握できるよう、便をビニール袋に入れて持参すると状況が判断しやすい。 また、子どもの場合は脱水が進行しやすいため、下痢が起きたらきちんと水分を補給させるように。 この際、水だけだと電解質バランスを崩してしまい、かえって脱水を助長してしまうので、スポーツドリンクや麦茶のようにナトリウムやカリウムが含まれている飲料がお勧めだ。 下痢の予防・治療法を学ぶ 日常的に便通を整える食物繊維や腸内環境を整えるヨーグルト、乳製品、キムチなどの発酵食品を積極的に摂取すると下痢の予防につながる。 ストレス性の下痢の場合、ストレスをためずに発散することが第一。 心のストレスは消化器に直結するので、趣味や息抜きの時間を作り心をリラックスさせよう。 食事性の下痢は、普段の食事から注意したい。 過脂肪食を避け、必要に応じて消化促進薬などを服用することも考えるといいだろう。 下痢予防につながる食事とは 下痢が起こったときの治療法は 治療をするとなったら、医療機関を受診しての原因解明が第一となる。 大きな病気や伝染病でない場合は、基本的には自宅で治療することになる。 一般的には絶食して消化器を休ませ、下痢による腸内の洗浄効果を期待して便を出しきるようにしよう。 この際、脱水症状に陥らないようにしっかり水分補給して、症状が落ち着いてきたら消化のよいものから食べ始める。 しばらくは消化器に負担の少ない食生活を心がけるようにしよう。 また、頻回の下痢は排便時の肛門への機械的刺激、腸液の曝露などで肛門周囲の皮膚がかぶれて痔や肛門周囲炎を誘発する可能性もある。 こまめに洗浄するなどして肛門周辺を清潔に保ち、皮膚炎の薬を塗布することも重要となる。 受診をするとなったら、大人は消化器内科や消化器外科など消化器を標榜しているクリニックを、子どもは小児科を受診するのが最も安心。 特に大量の出血を伴う血便は大きな病気が潜む可能性がより高くなるので、すぐに受診するようにしよう。 予めご了承ください。 関連記事•

次の