尿 検査 タンパク。 尿蛋白の『疑陽性』とはなんですか?

尿検査での尿蛋白測定

尿 検査 タンパク

健康診断の尿蛋白検査で『疑陽性』と記載されたことはありませんか?文字通り解釈すると、『陽性の疑いあり』。 『陽性の疑い』ということは、陽性なのでしょうか?それとも陰性なのでしょうか? そしてなぜ、尿蛋白検査で『疑陽性』という判断になってしまうのでしょうか? <尿蛋白検査の疑陽性ってなんですか?> そもそも尿蛋白とは、腎臓の異常や糖尿病などの疾患などによって、尿中からタンパク質が検出されることを言います。 病気が原因の疾患は陽性と判断されることが多いですが、 疑陽性は病気が原因ではなく、過労や激しい運動をした後、風邪による発熱などの一時的な要因で、尿蛋白が検出されるケースも疑陽性と言われます。 子供や若者には『起立性尿蛋白』と呼ばれる、経っている時や腰を曲げたりする時にタンパク尿が出ることも疑陽性とされています。 また、妊娠中は胎児への栄養分をより多く運ぶ為、血液量が増加することで腎臓に負担が掛かり、尿蛋白が出ることも疑陽性とされているようです。 このように、疑陽性とは、陽性反応が出ても病気ではない場合や、陰性ではないが陽性とも言い難い、判断が難しい場合も疑陽性が使われるようです。 この場合の疑陽性は、陽性と言うほど尿蛋白が検出されている訳ではないものの、陰性とも言い難い数値の場合に『疑陽性』が使われます。 また、尿蛋白検査での定性検査は、試験紙を使用する簡略検査で、一定以上の割合で蛋白が含まれると薬品反応によって変色します。 しかし、この状態では尿蛋白の量や、なんらかの原因による誤変色の可能性も捨てきれない為、陽性ではなく『疑陽性』と判断することがあるようです。 <尿蛋白の疑陽性の落とし穴とは?> とはいえ、 疑陽性が全て、病気が原因ではないとも言いきれず、腎臓の疾患が原因で尿蛋白が出ている可能性もあります。 確かに体の一時的な要因で、尿蛋白が出て疑陽性と診断されることもありますが、病気の前兆である場合は、早期発見・早期治療が不可欠となります。 尿蛋白が疑陽性と判断されたとしても、なるべく早く病院で再検査を受診するようにしましょう。

次の

高一男です。尿検査でタンパクが検出されて再検査となりました。よく「尿検査...

尿 検査 タンパク

体位性タンパク尿は、脊柱の前彎などによりが圧迫され腎うっ血が惹起されて生じる、病的でない健常者に見られるタンパク尿。 運動性タンパク尿は運動によって病的でない健常者に見られるタンパク尿。 病的タンパク尿はなんらかの病気によって見られるタンパク尿。 原因 [ ] 腎前性、腎性、腎後性に分けて考えられる。 分子量10000以下のタンパクは毛細管壁を通過するが尿細管で再吸収される。 しかし、このような低分子量タンパクが過剰に産生され、尿細管の再吸収能力を超えるとタンパク尿が生じる(オーバーフロー)。 腎臓のは血液を濾過する際に、血中のタンパク質を尿へ排泄しないようにフィルターとして働いている。 しかしこの機能が破綻することにより、尿中へタンパクを多く排泄するようになる。 基底膜の小孔のサイズと糖タンパクの膜の陰性荷電により高分子量タンパクは糸球体毛細管壁を通過しにくくなっているが、糸球体腎炎などではその構造と機能が変化して糸球体を高分子量タンパクが通過しやすくなり、糸球体性タンパク尿を生じる。 主体の高分子量タンパクが大部分を占める。 低分子量タンパクは糸球体を容易に通過するが近位尿細管で再吸収される。 しかし尿細管が障害されると低分子量タンパクが再吸収されず、尿細管性タンパク尿を生じる。 (・・ のいずれかの、、などで尿にタンパクが混入するもの。 一時的なタンパク尿 [ ]• うっ血性• 感情的ストレス• 起立性タンパク尿• 持続性タンパク尿 [ ]• 腎前性タンパク尿• 血色素尿症• multiple myeloma• 腎性タンパク尿• (、、、感染後など)• ループス腎炎、、などの• Chronic kidney disease; CKD• 腎後性タンパク尿• による出血• 脚注 [ ] []• American Family Physician 71 6 : 1153—62. 2005. 2010-07-29 at the. Author: Ronald J Kallen. Coauthor: Watson C Arnold. Updated: Apr 21, 2008• Mod. Pathol. 14 12 : 1200—8. December 2001. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 国立循環器病研究センター.

次の

【尿検査】尿蛋白がプラスになる原因は?タンパクって危険なの?

尿 検査 タンパク

尿検査では尿中に含まれている蛋白(タンパク)、いわゆる【 尿蛋白】の量を調べることが一般的であり、この尿蛋白の量が基準となる数値より多い場合に陽性と診断されます。 一度の尿蛋白検査で陽性となった場合でも、すぐにその原因が何らかの病気と関係しているとは断定できませんので、あまり不安視する必要もありませんが、陽性のランク(尿蛋白濃度の程度)によっては、念のため病院で診察・診断を受けるようにしましょう。 尿蛋白の数値が異常に高い状態が継続している場合、腎臓障害などの病気が疑われますので、必ず放置せず専門医のいる病院で受診することが重要です。 尿蛋白の原因と病気の可能性 尿蛋白の数値が高い原因としては、一過性のものも含めていろいろと要因が挙げられるのですが、数回の尿検査にわたって継続して尿蛋白の陽性反応が出ている場合、腎臓病や尿路系の器官で何らかの異常があるなど、病気を原因としている可能性が疑われます。 身体に異常がなく健康な人の場合でも、1日あたり微量の蛋白が尿に排泄されているのですが、腎臓に障害が起きたり尿路に問題が生じると多くの蛋白が尿へ漏れだすこととなり、その結果として尿蛋白の濃度も高くなるため陽性反応を示すこととなります。 1回の尿検査だけでは確定的ではない ただし尿蛋白が陽性であった場合でも、ある程度以上の量が持続して示されていることで腎臓病など何らかの病気が疑われるのであって、1回の尿検査において陽性であったからといって確定できるものではありません。 尿蛋白の正常値・基準値 尿蛋白というものは、先に述べたように健康な人でも僅かながら尿に排泄されており、具体的な数値としては【1日あたり約40〜120mg】ぐらいであるそうで、150mgぐらいまでなら特に問題ないとされています。 腎臓病の食事療法 腎臓に障害が生じて機能低下が引き起こると、尿にタンパク質や赤血球が漏れだしたりして、その結果として【尿蛋白】や【尿潜血】の検査で陽性反応となります。 腎臓病の原因や症状としてはたくさんの種類があるので一概には言えませんが、食生活をはじめとする生活習慣も大きく影響していると考えられており、腎臓病の治療では食事療法がひじょうに重要視されています。 腎臓病と共に高血圧の心配がある患者さんでは【塩分】の摂取制限が必要ですし、腎臓病の種類や症状によって【タンパク質】や【カリウム】の摂り過ぎに注意する必要も出てきます。 ただし、それらの制限などは個々の病状により異なるので、あくまでも医師の指導のもとに実施することが大切です。 ニュース・トピックス 【高血圧と隠れ腎障害】 大日本住友製薬が高血圧患者を対象とした大規模な実態調査を実施したところ、高血圧患者の約4割にあたる人が腎障害の早期診断の指標となる「尿中アルブミン」で異常域を示していることが判明し、尿中アルブミンが異常域を示す危険因子を分析したところ、高血圧・喫煙・糖尿病などでリスクを上昇させることが明らかになった模様。 今回の調査は高血圧症の治療を受けている患者さんでの結果ということなので、きちんと治療を受けているつもりでも結果が芳しくないケースも少なくないといった実態が窺えるとともに、高血圧症に潜んで見過ごされがちな「隠れ腎障害」の認知を高めることに役立つものと思われます。 ニュースより参照抜粋.

次の