荒野行動 普通のバトル。 荒野行動のガチャは単発と10連どっちがおすすめ?

【荒野行動】バトルパスシーズン10新スキンまとめ!入手方法やガチャ詳細

荒野行動 普通のバトル

この記事では、 荒野行動のガチャは 単発と10連どっちがおすすめなのかについて解説していきます! 荒野行動は、スマートフォンで本格FPSが遊べるアプリゲームです。 スマホアプリには珍しく、お金を払うことで有利になるような要素は一切なく、シビアな実力ゲームになっています。 ルールは単純で、流行に乗ったバトルロワイヤル系のゲームです。 スマホながらもそのグラフィックのレベルはかなり高く、また、スマートフォンの3Dゲームにありがちな処理落ちもほとんどありません。 そんな荒野行動ですが、一応ガチャ要素が存在しています。 荒野行動のガチャ要素は見た目を変えるスキンが該当しており、「軍資」と呼ばれる箱をあけることでガチャを引くことができるのです。 そして、軍資の開け方には単発と10連の2種類があります。 はじめてアプリゲームをやるという人はいまいいちどちらを引けばいいのか困ってしまうのではないでしょうか。 そこで今回は、荒野行動のガチャは単発と10連どっちがおすすめなのかについて解説していきます! Contents• 荒野行動単発ガチャの特徴は? 荒野行動の単発ガチャ(軍資)は、どれを引くのかによって特徴が異なります。 最も一般的な「普通軍資」は銀貨7000、よいものがでやすい「高級軍資」ではダイヤ600個を使います。 もしそれぞれ「普通軍資勲章」「高級軍資勲章」を持っている場合は、そちらを優先して消費するようです。 ほかにも期間限定のスキンが登場する特別な名前の軍資がありますが、これは基本的に課金でしか入手できないのであまり気にしないでいいでしょう。 無課金でガチャを引くときは、大体「高級軍資」を引くことになります。 この高級軍資ガチャですが、ダイヤ600個というのはそれなりの数です。 「高級」というだけありそれなりにレアリティの高いものが入手できますが、効率はそれほどよくありません。 ゲームでよい成績を出せたときの景気づけや、ちょっと気分を変えたいときに引くくらいでしょうか。 ただ、10連と比較した際、「好きなものが当たった時点で辞められる」という点は評価できる点です。 特に荒野行動は、自分の狙ったスキンを引くことに大きな意味があるので、単発でガチャを引くことによって、ダイヤの消費を抑えることができるでしょう。 それでは次に、荒野行動における10連ガチャの特徴について見ていきましょう! 荒野行動10連ガチャの特徴は? 他のゲームは無料ガチャであっても10連ガチャに特徴と利点があったりするのですが、荒野行動に関してはそんなものはありません。 よって、高級軍資、普通軍資に限っては10連ガチャの特徴は「時間を節約できるだけ」だといっていいでしょう。 しかしながら、これはあくまでも無課金ガチャに限った話です。 先述したように、荒野行動には課金ガチャがあり、ここから期間限定のスキンアイテムがたくさん出現します。 こうしたスキンアイテムは非常に貴重で、周囲からもうらやましがられることから「ぜひ入手したい」と考えている人も多いでしょう。 そして、この課金10連ガチャにはなんと 1回分お得になるという特典がついてきます。 1回分が何円分になるのかはどのガチャなのかで異なりますが、いずれにしても数百円分はお得になります。 荒野行動は目玉アイテムが出ないことで有名なので、ちょっとでも安い出費でガチャを引きたい方は10連ガチャを引いたほうがいいかもしれませんね。 では、これらの特徴を考えたうえで、荒野行動においては単発と10連、どっちを引くのがおすすめなのでしょうか? 荒野行動のガチャは単発と10連どっちがおすすめ? 無課金でガチャを引くのであれば、どちらを引いてもあまり変わりません。 自分の資金とテンションに任せてガチャを引くといいでしょう。 溜めて一気にやりたい人、ちょっとずつ開けたい人両方がいると思いますので、自分の趣味にあわせて選びましょう。 しかし、課金ガチャであれば話は違ってきます。 課金ガチャは10連を行うことによって割引がなされるので、課金ガチャをするのであれば 10連をするほかないでしょう。 リアルマネーを温存することができるので、その点においては非常に嬉しい点ではないでしょうか。 特に「出るまで回す」と考えている場合は、必ず割引済みの10連ガチャを引きたいところですね。 まとめ 今回は、荒野行動のガチャは単発と10連どっちがおすすめなのかについて解説しました。 荒野行動のガチャは、無課金ガチャであれば単発であれ10連であれ、何の代わりもありません。 自分の気持ちやテンションに任せて、どちらを引くのか決めましょう。 しかし、課金ガチャは10連ガチャを行うことによって、1回分(数百円分)得をすることができるのでおすすめです。 課金ガチャを引く際は、できる限り10連ガチャを引きたいところですね。 しかも、無課金の場合だとお目当ての武器をゲットするまでに何度もガチャを引かないといけないので、金券があっという間になくなってしまうことでしょう・・・。 そこで、ここまで読んでくれたあなたには特別に金券を無課金のまま大量にゲットできる裏ワザを期間限定で公開します!.

次の

荒野行動の「バトルパス」は購入必須?報酬についても解説!

荒野行動 普通のバトル

この記事でわかること• 荒野行動ってどんなゲーム? 荒野行動のゲームジャンルは銃を撃ち、オンラインの相手を倒すFPSで、ゲームシステムの特徴は 「バトルロワイヤル」形式で勝敗が決定すること。 物資や武器を拾い、 100人の中から最後の1人、または最後の1チームになるまで戦い続ける、そういうバトルロワイヤルゲームです。 一人で敵を倒しながら、時には仲間に背中を預けながら最後まで生き残ることが勝利条件。 最後まで生き残る事が目的なので、戦い方は人それぞれ! 遠距離から敵を倒すも良し、室内で待ち構えるも良し、最後まで逃げ続けるのも良し、戦略や物資を駆使して 「ドン勝つ」をつかみ取りましょう! 途中で落ちてくる武器や物資を拾い、戦いを有利に繰り広げる事が勝つためのポイントになります。 荒野行動の面白いところ 荒野行動のストーリー・世界観 荒野行動にストーリーは一切ありません。 自分の利用するアバターを作成し、そのキャラを使ってバトルロワイヤルをするわけですが、 主人公のキャラ設定や他のプレイヤーとの関わりなど一切が謎。 世界観も特になく、バトロワで出てくる風景や武器などは、年代も国もバラバラです。 バトルする理由も不明ですが、あくまでもバトルロワイヤルというものを楽しむためだけのゲーム、といった感じですね。 その肝心のバトルシステムについて詳しく解説していきます。 荒野行動のバトルシステム バトルシステムとしては、決められたマップの中を100人で戦い抜き、 最後まで生き残る事で勝利となります。 バトルは全て1枚マップのオープンワールドで行われ、戦闘画面などは無く、近接戦闘から狙撃までいろいろな戦い方が可能。 バトルではレベルなどの概念はなく、毎回何も持っていない状態から始まります。 武器やアイテムは、建物や救援物資などから集めながら、戦いを有利に繰り広げる必要があります。 荒野行動の遊び方・ゲームの流れ• ホーム画面から遊ぶマップ・モード・チーム人数を選択• 待機画面で他のプレイヤーと待機• 人数がそろったらバトルシップで空からマップに降下• マップの好きな場所へ降下してバトルスタート と言う感じです。 わかりにくいと思いますが、バトルは島で行われ、その島の上空をバトルシップという名前の飛行機が飛び、その飛行機の中にプレイヤーたちが乗っている、という設定。 そして、島を通り過ぎる前に、パラシュートで降下していき、 効果地点からバトルスタート、という流れです。 友達や他のプレイヤーとチームを組んで参戦することも可能で、その場合は、なるべくチームの人と一緒の地点に降りたほうが良いです。 チームの人が近くにいると、戦闘時の援護や敵の位置の共有、気絶時の治療など、様々な面で有利になります。 また、最初の方はマップ上の大きな街に行かず、なるべく他の人が降りなさそうな所からスタートするのが良いでしょう。 大きな街は物資がたくさんありますが、激戦区となり、最初から激戦になり、生き残るのが非常に難しくなります。 荒野行動のリセマラ事情 荒野行動ではガチャでレアを引いたらキャラが強くなるといったことがないため、リセマラをして有利になることは一切ありません。 課金要素はほとんどがスキン(見た目)です。 荒野行動の序盤の攻略法 序盤は敵を倒す事よりも、 なるべく生き残る事を考えましょう。 人が降りなさそうな場所へ行き、ひっそりと物資を集め、隠れながら進めるのがベストです。 ゲームを進めると、段々マップの範囲が狭くなります。 移動の際は車両などもありますが、音などで目立つので、序盤は早めに移動を開始して、なるべく居場所をバレないようにすることを優先しましょう。 「操作が難しいな~」と感じたら、 「射撃場」という練習モードもあるので、最初は射撃場で操作に慣れたり、武器の使い方を試してみてからプレイするのがおすすめです。 荒野行動の評価・レビューまとめ 総合評価 3. 8 ゲーム自体も非常に人気があり、 バトルロワイヤルゲームを流行らせたゲームと言っても良いでしょう。 ただし、このゲームジャンルは人を選ぶので、不向きな人も多いとは思います。 イラスト 3 イラストに関しては、悪いといった印象はありませんが、 良くも悪くも普通といった感覚です。 キャラの外見を変えるスキンなどを楽しむことも出来ますが、それ以外の部分は「簡素」といったイメージです。 演出 2 これといった演出があるゲームではありません。 唯一演出があるとすればゲームを楽しんでいる時ではなく、何かの実績を解除した時や、贈り物等を貰った時のエフェクトのみです。 ストーリー 1 ストーリーがないので 「評価できない」といった方が正しいかもしれません。 キャラを育てるなどの項目もなく、毎回良い意味で平等なスタートから始まります。 キャラの設定や戦うまでのストーリーも一切ありません。 世界観 1 ストーリー同様、世界観も一切ありませんので評価できず。 武器や物資なども、時代や国がバラバラなものが用意されており、どうしてバトルロワイヤルをしているのかさえ全て謎です。 バトルシステム 5 バトルロワイヤル形式のゲームを流行らせたスマホゲームだけあり、とてもおもしろいバトルシステムです。 人気になる理由はゲームによって様々ですが、荒野行動ではほとんどシステムのおもしろさが人気の理由です。 操作性 4 操作性に関してはストレスなく出来るかと思います。 ただし、 オンラインゲームならではのラグや、若干の操作遅延がある場合もあります。 基本操作は設定で自分好みに変えられるので、プレイしやすいでしょう。 やりこみ度 5 レベルがない分、自分のやり込み度が勝敗を分けます。 100人の中から1位を決める単純なゲームですが、なぜか飽きを感じさせず、かなりの人が熱中してプレイしてしまうほどです。 無課金への配慮 4 課金要素はキャラの見た目(スキン)を変えられるガチャです。 ゲーム自体は無課金でも全然問題なくプレイできますし、そもそも 課金をしても強くなりません。 ただし、ゲームシステム上ではなく、他のプレイヤーを見ると、課金をしてスキンを購入したくなるかもしれません。 荒野行動はスマホゲームでありながら、e-スポーツの大会が開催されるなど、大変人気の高いスマホゲームです。 コラボも有名アニメ等と行われており、コラボスキンのクオリティが高いなぁという印象でした。 ただ、気軽にできるスマホゲームではありません。 バトルロワイヤル形式で残り1人、または1チームになるまで戦うわけですから、1回のプレイに少し時間がかかるゲームでもあります。 ですので、片手間でプレイしたい、というよりは、がっつりスマホアプリを楽しみたい!といった方におすすめできるアプリです。

次の

【画像】手越祐也「荒野行動」でファンへ手書きメッセージ?なりすまし疑惑の真相は?

荒野行動 普通のバトル

この記事でわかること• 荒野行動ってどんなゲーム? 荒野行動のゲームジャンルは銃を撃ち、オンラインの相手を倒すFPSで、ゲームシステムの特徴は 「バトルロワイヤル」形式で勝敗が決定すること。 物資や武器を拾い、 100人の中から最後の1人、または最後の1チームになるまで戦い続ける、そういうバトルロワイヤルゲームです。 一人で敵を倒しながら、時には仲間に背中を預けながら最後まで生き残ることが勝利条件。 最後まで生き残る事が目的なので、戦い方は人それぞれ! 遠距離から敵を倒すも良し、室内で待ち構えるも良し、最後まで逃げ続けるのも良し、戦略や物資を駆使して 「ドン勝つ」をつかみ取りましょう! 途中で落ちてくる武器や物資を拾い、戦いを有利に繰り広げる事が勝つためのポイントになります。 荒野行動の面白いところ 荒野行動のストーリー・世界観 荒野行動にストーリーは一切ありません。 自分の利用するアバターを作成し、そのキャラを使ってバトルロワイヤルをするわけですが、 主人公のキャラ設定や他のプレイヤーとの関わりなど一切が謎。 世界観も特になく、バトロワで出てくる風景や武器などは、年代も国もバラバラです。 バトルする理由も不明ですが、あくまでもバトルロワイヤルというものを楽しむためだけのゲーム、といった感じですね。 その肝心のバトルシステムについて詳しく解説していきます。 荒野行動のバトルシステム バトルシステムとしては、決められたマップの中を100人で戦い抜き、 最後まで生き残る事で勝利となります。 バトルは全て1枚マップのオープンワールドで行われ、戦闘画面などは無く、近接戦闘から狙撃までいろいろな戦い方が可能。 バトルではレベルなどの概念はなく、毎回何も持っていない状態から始まります。 武器やアイテムは、建物や救援物資などから集めながら、戦いを有利に繰り広げる必要があります。 荒野行動の遊び方・ゲームの流れ• ホーム画面から遊ぶマップ・モード・チーム人数を選択• 待機画面で他のプレイヤーと待機• 人数がそろったらバトルシップで空からマップに降下• マップの好きな場所へ降下してバトルスタート と言う感じです。 わかりにくいと思いますが、バトルは島で行われ、その島の上空をバトルシップという名前の飛行機が飛び、その飛行機の中にプレイヤーたちが乗っている、という設定。 そして、島を通り過ぎる前に、パラシュートで降下していき、 効果地点からバトルスタート、という流れです。 友達や他のプレイヤーとチームを組んで参戦することも可能で、その場合は、なるべくチームの人と一緒の地点に降りたほうが良いです。 チームの人が近くにいると、戦闘時の援護や敵の位置の共有、気絶時の治療など、様々な面で有利になります。 また、最初の方はマップ上の大きな街に行かず、なるべく他の人が降りなさそうな所からスタートするのが良いでしょう。 大きな街は物資がたくさんありますが、激戦区となり、最初から激戦になり、生き残るのが非常に難しくなります。 荒野行動のリセマラ事情 荒野行動ではガチャでレアを引いたらキャラが強くなるといったことがないため、リセマラをして有利になることは一切ありません。 課金要素はほとんどがスキン(見た目)です。 荒野行動の序盤の攻略法 序盤は敵を倒す事よりも、 なるべく生き残る事を考えましょう。 人が降りなさそうな場所へ行き、ひっそりと物資を集め、隠れながら進めるのがベストです。 ゲームを進めると、段々マップの範囲が狭くなります。 移動の際は車両などもありますが、音などで目立つので、序盤は早めに移動を開始して、なるべく居場所をバレないようにすることを優先しましょう。 「操作が難しいな~」と感じたら、 「射撃場」という練習モードもあるので、最初は射撃場で操作に慣れたり、武器の使い方を試してみてからプレイするのがおすすめです。 荒野行動の評価・レビューまとめ 総合評価 3. 8 ゲーム自体も非常に人気があり、 バトルロワイヤルゲームを流行らせたゲームと言っても良いでしょう。 ただし、このゲームジャンルは人を選ぶので、不向きな人も多いとは思います。 イラスト 3 イラストに関しては、悪いといった印象はありませんが、 良くも悪くも普通といった感覚です。 キャラの外見を変えるスキンなどを楽しむことも出来ますが、それ以外の部分は「簡素」といったイメージです。 演出 2 これといった演出があるゲームではありません。 唯一演出があるとすればゲームを楽しんでいる時ではなく、何かの実績を解除した時や、贈り物等を貰った時のエフェクトのみです。 ストーリー 1 ストーリーがないので 「評価できない」といった方が正しいかもしれません。 キャラを育てるなどの項目もなく、毎回良い意味で平等なスタートから始まります。 キャラの設定や戦うまでのストーリーも一切ありません。 世界観 1 ストーリー同様、世界観も一切ありませんので評価できず。 武器や物資なども、時代や国がバラバラなものが用意されており、どうしてバトルロワイヤルをしているのかさえ全て謎です。 バトルシステム 5 バトルロワイヤル形式のゲームを流行らせたスマホゲームだけあり、とてもおもしろいバトルシステムです。 人気になる理由はゲームによって様々ですが、荒野行動ではほとんどシステムのおもしろさが人気の理由です。 操作性 4 操作性に関してはストレスなく出来るかと思います。 ただし、 オンラインゲームならではのラグや、若干の操作遅延がある場合もあります。 基本操作は設定で自分好みに変えられるので、プレイしやすいでしょう。 やりこみ度 5 レベルがない分、自分のやり込み度が勝敗を分けます。 100人の中から1位を決める単純なゲームですが、なぜか飽きを感じさせず、かなりの人が熱中してプレイしてしまうほどです。 無課金への配慮 4 課金要素はキャラの見た目(スキン)を変えられるガチャです。 ゲーム自体は無課金でも全然問題なくプレイできますし、そもそも 課金をしても強くなりません。 ただし、ゲームシステム上ではなく、他のプレイヤーを見ると、課金をしてスキンを購入したくなるかもしれません。 荒野行動はスマホゲームでありながら、e-スポーツの大会が開催されるなど、大変人気の高いスマホゲームです。 コラボも有名アニメ等と行われており、コラボスキンのクオリティが高いなぁという印象でした。 ただ、気軽にできるスマホゲームではありません。 バトルロワイヤル形式で残り1人、または1チームになるまで戦うわけですから、1回のプレイに少し時間がかかるゲームでもあります。 ですので、片手間でプレイしたい、というよりは、がっつりスマホアプリを楽しみたい!といった方におすすめできるアプリです。

次の