サカイ 単身 相場。 東京から福岡への引越し日数と相場はどのくらい?単身なら安い?

サカイ引越センターの引越し料金相場

サカイ 単身 相場

「 サカイ引越センターでお得に引っ越したい!」 「 単身者がサカイ引越センターを利用するなら、どのコースで見積もりを依頼すればいい?」 サカイ引越センターには、さまざまなコースがあります。 少量の荷物を長距離移動するなら「小口便引越サービス」を利用するといいでしょう。 長距離引っ越し• 荷造り・荷ほどきは自分でする• 梱包資材は別途有料 「小口便引越サービス」は、荷物を専用のBOXに積んで運びます。 「小口便引越サービス」BOX1台に積める荷物の例 ダンボール5箱・衣装ケース2箱・サイドボード・ハンガーラック・掃除機・レンジ台・布団1組 サカイ引越センターの担当者によると、 上記の荷物は「BOX1台にぎりぎり積める量」だそうです。 もっと多くの荷物を運びたい場合、BOXは2台になり、倍の値段がかかってしまいます。 さらに、時間指定や休日の引っ越し、梱包材購入など、追加料金がかかれば10万円近くになってしまうでしょう。 ひょっとすると、他社の単身パックやミニトラックでの引っ越しプランのほうが、安く済ませられるかもしれません。 他社との料金を比較したいなら、一括見積もりサービスが便利です。 申込フォームを送信すれば、 1分程度で複数社の見積もりを受け取ることができます。 少しでも引っ越しの費用を抑えたければ、一括見積もりサービスを利用しましょう。 記事では、サカイ引越センターの「小口便引越サービス」について、くわしく紹介していきます。 サカイ引越センターの単身パックは長距離向け• サカイ引越センターの単身パックは「小口便引越サービス」• 「小口便引越サービス」の料金は専用BOX1本につき4万4,000円(最安値)• 「小口便引越サービス」は長距離専用のため同一県内や隣県への引っ越しは対象外• より安価な他社の単身者向けプランを探すなら「」を利用しよう 目次• サカイ引越センターの単身パック「小口便引越サービス」とは サカイ引越センターには、単身パックコース「小口便引越サービス」があります。 「小口便引越サービス」は、「せつやくコース」と「ご一緒便コース」の2つを組み合わせたものです。 「せつやくコース」では、引っ越しの費用を極力抑えるため、荷造り・荷ほどきを利用者が行います(大型家具・家電は除く)。 「ご一緒便コース」は、専用BOXに積んだ荷物をトラックに載せ、他の利用者の荷物とあわせて運ぶサービスです。 いずれも 少量の荷物を運ぶ、単身者向けのコースとなっています。 サカイ引越センターの「小口便引越サービス」2つの注意点 「小口便引越サービス」を利用する場合は、次の2点に注意しましょう。 同一エリア内の引っ越しはできない• 梱包資材は有料オプション 2020年5月時点の「小口便引越サービス」対象エリアは以下の通りです。 東北エリア…宮城県・山形県・福島県• 関東エリア…東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県• 北陸エリア…石川県・富山県・福井県• 関西エリア…滋賀県・京都府・大阪府・奈良県・兵庫県• 九州エリア…福岡県・佐賀県・大分県・熊本県 上記エリア以外では利用できません。 さらに、長距離引っ越し専用のコースなので、同一エリア内は対象外となります。 例えば、東京都から神奈川県への引っ越しなら「小口便引越サービス」は利用できないので注意しましょう。 また、 「小口便引越サービス」は梱包資材を無料で提供してくれません。 自身で用意するか、有料オプションを利用して購入する必要があります。 有料オプションの梱包資材はパック販売です。 また、エリアも限定されているので、そもそもサービスが利用できない人もいるでしょう。 「小口便引越サービス」の対象エリア外、近距離に引っ越したい、梱包資材費を節約したいといった人は、一括見積もりサービスを利用して希望のプランを探すことをおすすめします。 サカイ引越センターの単身パック「小口便引越サービス」の料金を紹介 当サイトでは、サカイ引越センターに「小口便引越サービス」の見積もりを依頼してみました。 九州エリアの福岡市から、関西エリアの京都市へ引っ越した場合の見積書です。 結果、 専用BOX1台につき4万4,000円かかることがわかりました(最安値の場合)。 1台に積める荷物量の例は以下の通りです。 あまり多くの荷物は積めないようです。 担当者によると、上記の荷物は「BOX1台にぎりぎり積める量」ということでした。 少しでもオーバーするようなら、BOX2台分つまり8万8,000円かかることになります。 繁忙期の引っ越し、休日の作業、梱包資材購入など条件が重なれば、引っ越しの費用は10万円を超えることでしょう。 他社の引越サービスなら、県外への運搬でも数万円で済むところもあります。 他社の料金が気になる人は、一括見積もりサービスを利用することをおすすめします。 フォーム送信後、 1分程度で複数社の見積もりを手にすることができるでしょう。 サカイ引越センター単身パックのメリットとデメリットを比較 サカイ引越センターの単身パック「小口便引越サービス」は、少量の荷物を遠方に運ぶのに便利です。 専用BOX1台あたりの見積もりなので、Web見積もりで予算を立てやすい点もメリットと言えるでしょう。 ただし、「小口便引越サービス」には、以下のデメリットもあります。 同一エリア内の引っ越しはできない• 梱包資材は有料オプション• 荷物量によっては10万円を超えることもある 引っ越し費用をなるべく抑えたいなら、一社だけを検討するのではなく、他の引越業者でも見積もりを取ることが得策です。 しかし、複数社の訪問見積もりを受けるのは、時間と手間がかかります。 手早く相見積もりをしたいなら、Webの一括見積もりサービスがおすすめです。 フォームに転居元と転居先の住所などを入力し、運んでもらいたい荷物にチェックを入れるだけで、見積もりを取ることができます。 フォームを送信後、1分程度で複数社の見積もりメールを受信できるでしょう。 相見積もりは値下げ交渉の材料にもなりますよ。 サカイ引越センターの単身パックは長距離向け• サカイ引越センターの単身パックは「小口便引越サービス」• 「小口便引越サービス」の料金は専用BOX1本につき4万4,000円(最安値)• 「小口便引越サービス」は長距離専用のため同一県内や隣県への引っ越しは対象外• より安価な他社の単身者向けプランを探すなら「」を利用しよう.

次の

サカイの単身パックの料金相場は?サイズや見積もりの仕方についても解説

サカイ 単身 相場

サカイ引越センターはテレビコマーシャルでも非常に有名になりました。 大手だけありサカイ引越センターではクオリティが高く、安心で丁寧で親切で迅速な引越しをするように心がけてくれています。 引越しをするために必要な知識をしっかりと把握してくれているスタッフが引越しを行ってくるので、どんなことでも任せることができます。 基本プラン 家族や忙しい方向け• らくらくコースA(荷造りから荷ほどきまで全てサカイにお任せプラン)• らくらくコースB(荷造りはサカイ、荷ほどきは自分で行なうプラン)• らくらくコースC(食器と大型家具の梱包のみサカイが担当、その他の荷造りと荷ほどきは自分で行なう)• らくらくプレミアムコース(Aコースにダスキンのハウスクリーニングがついたプレミアムプラン) 単身や節約したい方向け• せつやくコース(大型家具の梱包のみサカイが担当、その他の荷造りと荷ほどきは自分で行う)• ご一緒コース(期日指定なしで他の人の荷物と一緒に運ぶ低コストプラン)• 建替えコース(住まいの建替え時に便利な荷物の長期保管をしてくれるプラン) オプションサービス ピアノの移設、エアコンの取外し・取付け、自動車・バイクの輸送、造園サービス、ハウスクリーニング、消毒・殺虫サービス クチコミ 引越し業者はどこが良いかしらねぇー 比較サイトで一斉見積もりしたらサカイ引越しセンターから即電話掛かったきてビビりましたよ。 — amanoyu amanoyu 引越し一日目終了。 荷物入れ込み、一段落。 妻は寝ました。 いやー疲れた。 それにしてもサカイ引越しセンターの方々の手際の良さ、誠実な仕事っぷりには驚いた。 徹底的に教育されてるんだね。 次があるならまたサカイ引越しセンターにしようっと。 — まーまーまー mamamajohn 値切るとかなり下がるよ。 がんばれ。 アート引越センターが安かった(+営業は感じがいい)けど、現場の質はサカイがめちゃくちゃ良い(ただし営業は感じ悪い)。 東京で10回ほど引越した経験から・・・ — midori yamaguchi midoryza まとめ サカイ引越センターでは無料でダンボール箱やハンガーケースをレンタルすることができるし、ダスキンと提携しているためリーズナブルな金額でお試しすることもできます。 また引越しが終わった後には 10分間の無料サービスがあるので、どんなことでもお願いできるようになっています。 引っ越しの後に掃除をして欲しいという場合や、大きな家具を移動して欲しいという場合などはとても助かります。 サカイ引越センターでは引越しプランをニーズに応じて選択することが可能です。 すべて、「スタッフにお任せしてしまうプラン」や「小物の荷造りなどもスタッフにお任せし、荷ほどきだけを自分で行う場合」、それから「家具など大きな荷物の搬送だけを依頼する場合」、など必要に応じてプランを選ぶことができるようになっています。 サカイ引越センターで引越しをする際にはどの程度の費用が必要になってくるのかというと、相場として単身者の場合で 1万5000円~3万円前後、4人家族の場合で 5万円~8万円前後が最低でも必要になると思います。 この他にも必要に応じて長距離の荷物の搬送や、空輸を使っての荷物の搬送なども行ってもらうことができます。 全国最大手の業者なので とりあえずサカイ引越しに見積もりをしてもらおうと考える人も多いです。 料金相場表 近距離の引越し(50km未満)、通常期で計算した金額になります。 繁盛期や長距離の引越しの場合はその分料金が上乗せされます。 comで公開されている集計数字です。 関連記事.

次の

単身(一人暮らし)の引越料金相場と費用を安くするコツ

サカイ 単身 相場

繁忙期は新生活などに向けた引越しが多く発生し、引越し業者の予定が埋まりやすく引越し費用の高い時期です。 トラックや作業員が不足するため予約がとりにくく、引越し料金は高くなります。 comでの集計結果も通常期と比べ、引っ越し費用が10,000円〜100,000円ほど割高です。 単身 単身 荷物小 単身 荷物大 〜15km未満 (市区町村内) 平均 36,338 円 平均 48,494 円 〜50km未満 (都道府県内) 平均 40,638 円 平均 50,288 円 〜200km未満 (同一地方内) 平均 52,125 円 平均 60,348 円 〜500km未満 (近隣地方) 平均 51,077 円 平均 75,382 円 500km〜 (長距離) 平均 59,423 円 平均 81,741 円 家族 家族 2人 家族 3人 家族 4人 家族 5人以上 〜15km未満 (市区町村内) 平均 82,288 円 平均 97,137 円 平均 116,429 円 平均 135,491 円 〜50km未満 (都道府県内) 平均 84,470 円 平均 103,603 円 平均 115,868 円 平均 143,105 円 〜200km未満 (同一地方内) 平均 108,043 円 平均 139,689 円 平均 155,150 円 平均 120,111 円 〜500km未満 (近隣地方) 平均 121,930 円 平均 181,169 円 平均 193,652 円 平均 290,000 円 500km〜 (長距離) 平均 167,607 円 平均 189,641 円 平均 209,874 円 平均 264,268 円 単身 単身 荷物小 単身 荷物大 〜15km未満 (市区町村内) 平均 29,939 円 平均 38,746 円 〜50km未満 (都道府県内) 平均 35,224 円 平均 41,683 円 〜200km未満 (同一地方内) 平均 46,261 円 平均 52,517 円 〜500km未満 (近隣地方) 平均 53,935 円 平均 65,961 円 500km〜 (長距離) 平均 57,022 円 平均 69,572 円 家族 家族 2人 家族 3人 家族 4人 家族 5人以上 〜15km未満 (市区町村内) 平均 64,650 円 平均 78,445 円 平均 97,216 円 平均 115,485 円 〜50km未満 (都道府県内) 平均 68,529 円 平均 78,696 円 平均 97,328 円 平均 105,837 円 〜200km未満 (同一地方内) 平均 74,376 円 平均 96,937 円 平均 129,207 円 平均 143,973 円 〜500km未満 (近隣地方) 平均 106,956 円 平均 124,458 円 平均 114,502 円 平均 154,850 円 500km〜 (長距離) 平均 114,483 円 平均 132,847 円 平均 150,067 円 平均 149,549 円 基本運賃 国土交通省が定めている金額に準拠した金額で設定されます。 荷物量x距離で増減額が定義されているため引越し業者ごとにこの項目が大幅に変わることはありません。 割増料金 「繁忙期」「土・日・祝日」「対応時間」などで割増が引っ越し料金に加算されます。 実費 「引っ越し作業員の人件費」「トラック代」「交通費」「梱包費用」「搬出・搬入」「対応時間」などが引越し費用の計算に影響します。 オプション 「エアコンの移設」「ピアノ運搬」「不要品の処分」「車・バイクの輸送」などで発生します。 引越し業者ごとに料金設定が大きく違い、引っ越し料金を安く抑えるうえでは重要な項目となるので、必ず 項目別でいくらになっているのか確認するようにしましょう。 引越し業者を利用せず、自力で引越しした場合にかかる主な費用は「車両のレンタル料」と「協力者へのお礼」で、だいたいの目安ではありますが30km圏内の引越しを自力で行う場合、 単身者は約25,000円、家族は約60,000円の費用が必要です。 同じ条件で引越し業者を利用する場合の料金は、単身者 一人暮らし の引越しで30,000〜40,000円、家族の引越しで60,000〜100,000円程度が総額の費用相場ですが、引越し業者の繁忙期にはさらに高くなります。 自力で引っ越しの費用がどれくらい安くなるかは「協力者へのお礼」の金額による影響が大きいです。 自力で引越しをする場合、荷物の量をきちんと把握して 手配する車両の大きさと協力者の人数を過不足なく見積もることで引っ越し費用の総額を抑えることができます。 自力での引越しをする人へアドバイスを行っているレンタカー会社もあるので、引越しに慣れていない人は車両の大きさや運搬方法など積極的に質問してみましょう。 節約したい人は、ドラッグストアやスーパーで廃棄予定のダンボールを分けてもらいましょう。 ただし、 本や食器などの重い荷物については底が抜けてしまう危険もあるので、耐久性に優れた新品のダンボールを用意したほうが無難です。 また、建物や建具を保護するために覆う養生材を用意するとよいでしょう。 マンションなど集合住宅に引っ越しする場合、荷物の搬出・搬入の際にキズがつかないよう管理人や管理会社から養生すべき部分を指示されることもあります。 たとえ養生の指示がなくても、共用部分を汚したり壊したりしてしまった場合は修繕費を請求される可能性も。 引っ越しの際、 荷物が当たりそうな部分にはあらかじめ養生を施しておき、余分な出費を防ぎましょう。 専用の養生シートなどをレンタルするか、ダンボールや古毛布、養生テープで代用することも可能です。 ダンボールを養生テープで壁や床に貼り付けたり、古毛布で大型家具などを包んだりしておけば家や家財にキズがつきにくくなります。 とはいえ、養生シートほどの効果を得るのは難しいため慎重に運びましょう。

次の