ミニ 四 駆 超速 攻略。 ミニ四駆超速グランプリ攻略!最強セッティングはこれだ!

ミニ四駆超速グランプリ攻略!最強セッティングはこれだ!

ミニ 四 駆 超速 攻略

アプリ『ミニ四駆』はパーツも大量にあり、改造項目もたくさんあるので、どこから改造していいのか悩みますよね。 特に改造項目は取り返しのつかない部分もあり、高レアリティパーツを改造するときは特に悩ましいです。 そんな時の指針は、パーツごとの「良いところ(=特長)を伸ばす」のがオススメです! 改造段階は、自分の「ウデマエLv. 」に依拠します。 ウデマエが20LV. の場合は、改造も20段階まで出来るのです。 もちろん、全部フルマックスでレベルアップ出来ればよいのですが、レベルが上がるほど必要な強化パーツが増える為、何でもかんでもマックスまで強化はしてられません。 そこで取捨選択が必要になってくるのですが、どうやら元の数値が高い項目の方が、改造した際の上昇幅が多いようです。 740」上がります。 改造項目も、そもそもそのパーツに期待される能力(スピードを伸ばしたいのか、コーナリングを安定させたいのか)に沿った改造を選ぶと、腐りにくいと思われます。 もちろん、欠点を補うことも重要ではあります。 ただ、中途半端に欠点を補おうとしても、元の数値が低いとあまり効果を得られないこともあります。 改造で欠点を補うくらいであれば、それ用のパーツを付けたほうが効果的です。 (減速ならスタビライザーを付けるとか) 改造のコツ2:最優先はモーター! 次点でギヤ、アクセサリー 改造の指針はなんとなくお分かり頂けたかなと思いますが、そもそもパーツが多いので、どれから強化すればいいか迷うことも多いと思います。 まずは「モーター」パーツを鍛えます。 パーツの性能(数値)を見ればすぐに分かりますが、モーターパーツはスピードとパワーの数値が他より段違いに高いです。 ギヤも数値上は低めですが、必ず使用するパーツの為、改造しても腐りません。 (あとは改造項目が少ない為、最適解が分かりやすく、失敗しにくいパーツでもあります) アクセサリーは現状付け得で、付けただけ性能がアップしますので、こちらも手に入り次第、改造したいパーツです(ただしウデマエLV. 20から本格的に改造がオススメ)。 オススメアクセサリは「ゴールドターミナル」(通称:金タミ)で、当初はあまり性能が発揮されませんでしたが、上方修正された現在はかなり有用なパーツです。 メインスキルが「節電」で、5レーンが基本の超速グランプリに代表されるロングコースだと後半のスピードダウンが防げます。 改造のコツ3:被ったパーツは捨てちゃダメ! 改造バリエーション用に取っておこう 厳密には改造ではありませんが、余ったパーツの扱いにお困りではありませんか? 私も前回の記事で書いた通り、ボディ「シャイニングスコーピオン」狙いでスーパー1シャーシとFRP強化ステーを3つずつ引いた男ですので、ご多分に漏れず扱いに困っております。 一応、「リサイクル」という機能はありまして、各パーツごとのEXPに変換できるのですが、変換できるEXPがさほど多くないのと、ミッション周回した方が遥かに効率が良いです。 現状では、余ったパーツは残しておいて、改造バリエーションを広げるのが正解だと思います。 (同じトルクモーターでも、改造の方針次第で「パワー全開脳筋モーター」と「スピード盛々万能モーター」を作ることができます) また、今後どのようなコンテンツが実装されるか分かりませんので、選択肢は広いほうが良いのは間違いありません。 ただ、パーツをリサイクルせずに持っておくばかりですと、所持欄を圧迫します。 その場合は、ガシャで引いた際に「パーツ開封」をせずに、袋に入ったまま保管しておく方法をオススメします。 ただし、セッティングの際に未開封パーツを忘れて、「これ持ってなかったけ? ガシャ引かなきゃ……」となることも多いので、注意しましょう。 (ちゃんとセッティング画面から未開封パーツも参照できるようになっているので、念頭に置いておけばOKです!).

次の

上手な改造の仕方教えます! アプリ『ミニ四駆』攻略のコツ(改造編)【電撃超速日記#3】

ミニ 四 駆 超速 攻略

神速フェスが開催! 目玉パーツは「プロトセイバーEVO」! パーツの役割が分からない、セッティングする際に知っておきたい点などを簡易的にまとめているので参考にしてください。 セッティング カスタム とパーツの基礎知識 全てのパーツに共通していること 登場するパーツには、 レアリティ、コース適正、ステータス、スキルといったのパラメーターが設定されています。 このパラメーターによってパーツ性能が決まるため、各項目がどのような内容なのかは知っておく必要があります。 レアリティが4のパーツは4スロットの改造が可能です。 改造できるスロット数が多いほど、 より多くの改造が施せるようになるため、必然的に性能の高いパーツに強化することができます。 最大レアリティは6で、改造はやり直しができないので、しっかりと考えて改造を行いましょう。 レース情報を確認し、コースにあった適正のパーツをセッティングすることで、有利にレースを進めることができるようになります。 ただし、 全てそのコースに適したパーツに揃えることだけが正解ではありません。 しかし、そこが面白さでもあります。 基本ステータスは5つ 「スピード」「パワー」「コーナー安定」「スタミナ耐久」「重さ」の各項目を数値化してランク付けした内容です。 ランクは A〜Hの8段階となっており、 Aが最も高くなっています。 それぞれの項目は、以下の要素に影響します。 項目 特徴 スピード 数値が高いと最高速度が高くなる パワー 坂を登ることや加速するために必要な要素。 スキル名左のアイコンで、プラス補正なのかマイナス補正なのか確認できるようになっており、以下のアイコンとなります。 アイコン 内容 特別効果 基本的にプラス補正の効果。 一部のセクションでのみ効果を発揮するものが多い プラス効果 プラス補正の効果。 中には、デメリット効果を併せ持つものや、類似パーツの中でデメリットが少ないことを表すものもあるので注意。 マイナス効果 マイナス補正の効果。 数字が大きくなるとマイナス補正が大きくなる。 基本は スピードUP、コーナー安定UPのいずれかの特性を持ったボディを選択するのが良いでしょう。 節電UPも有用なボディですが、改造や他のパーツで、スキル「節電」を付けなければ機能しないので序盤ではお勧めできません。 モーター スピード 最高速度 とパワー 加速 の値が高いモーターほどより速く走ることができるモーターとなります。 性能が高すぎるとコースによってはコースアウトする危険性もありますが、タイム絵の影響が大きいので、まずはモーターの性能を高めましょう。 他のパーツと比べてやの優先度も高めと言えるでしょう。 マシンの心臓部ともいえる重要なパーツの1つです。 序盤〜汎用性高く使えるトルクチューンは必ずショップで交換しておきましょう。 ギヤ マシンのスピードとパワーのバランスを決めるパーツとなります。 パーツ名の「5:1ギヤ」「4:1ギヤ」といった数値はギヤ比と呼ばれるものです。 ギヤ比とは、モーターが何回転するとタイヤが1回転するのかを現した数値です。 ギヤ比が大きいとパワーが出るため、加速が高いが最高速度が低い、ギヤ比が小さいとタイヤの回転が速くなるため、加速は低いが最高速度が高くなる、というセッティングになります。 モーターと同じくショップに並んでいることがあるので、見つけた際はとりあえず4:1ギアを交換しておきましょう。 シャーシ ミニ四駆の土台となるパーツとなり、種類によって性能が異なってくるため目的にあったシャーシを選択しましょう。 それぞれ細かい性能差はありますが、もっともレース結果に直結するのがスラスト角。 スーパー1シャーシなどは、スラスト角が非常に高くコーナー減速が高くなっています。 コースアウトが打開できない際は採用してみましょう。 スピードが足りない場合はタイプ2などのスラスト1シャーシがお勧めです。 ホイール ホイールには 「小径」「小径ローハイト」「大径」があります。 小径は加速が高く、最高速度が低いといった特徴があり、大径は加速が低く、最高速度が高いといった特徴があります。 小径ローハイトは小径と大径の中間の性能となります。 多くのコースでは フロイント小径、リヤ大径の組み合わせが非常に優秀になっているので、それに沿った大きさのホイールを選びましょう。 タイヤ タイヤはホイールのサイズによって装着できるパーツが決定されます。 また、幅と素材によって性能や適正も異なるため、マシンのコンセプトやコースに応じてセッティングしていきましょう。 序盤はノーマルタイヤで十分ですので、ホイールサイズに適した物を選択しましょう。 一部のステーには、 ローラーの最大装着数が増えるものもあります。 フロント、サイド、リヤの3箇所それぞれに装着でき、パーツによって装着場所が異なります。 また、素材によって性能が変わり、例としてはプラは軽いので軽量化できますが、耐久が低めとなります。 一方でFRPは少し重くなりますが、耐久性を上げたパーツとなっています。 序盤はステーなしでOK 序盤は軽量化メインでサクサク進めることができます。 ステーは装着なしでも問題ないパーツですので、序盤は無視していきましょう。 コースアウトの対策にフロントステーを採用 フロントステーはコーナー減速に大きく影響を与えることができるパーツです。 コーナーでコースアウトしてしまう場合は、フロントステーを採用し、それでもダメな場合はよりスラスト角の高いフロントステーを採用しましょう。 ローラー スムーズにコーナーを走行するためのパーツとなり、直径 大きさ と素材によって性能が異なります。 ローラーの直径が小さいほどコーナー速度が高く、大きいほどコーナーでのマシン性能の低下を防いでくれるようになります。 また、ベアリングのついたローラーは減速効果が少なく優秀です。 素材 特徴 プラ コーナー速度が高い ゴム コーナリングの安定性が高くなるがスピードが遅くなる アルミ 耐久性を高くする また、ローラーをつける数や位置によってもマシンの性能が変わってきます。 ローラーの位置と数はシャーシやステーと連動しているため、あわせて重要なパーツとなっています。 ウィング ボディオプション ボディに装着できるウイングやハイマウント系のパーツが含まれます。 ウイングやハイマウント系のパーツをつけることで、高い位置にローラーをつけられるようになりコースアウトしにくくなったりします。 スタビライザー 走行時にセクションの壁に触れてマシンを減速させ安定させるパーツです。 数が多くなるほど、より高い効果を発揮します。 早すぎてコースアウトしてしまう場合などに装着しましょう。 ウェイト マシンの重量バランスを調整するためのパーツで、上級者向きのパーツであると位置付けられています。 重心をウェイトで変えてあげることで安定性が増すようになります。 マシンは基本的に軽い方が有利ですが、マシンの重心が前後どちらかに傾いているとジャンプ時などにバランスを崩し、コースアウトしてしまいます。 そういった場合は重りなどで重心を調整してあげましょう。 重心はにて確認することができます。 アクセサリー マシンの性能をさらに高くしたいときに、追加で取り付けることでのできるパーツです。 ターミナルやシャフトなど様々な種類がありますが、最大4種類までの装着可能となっています。 ものにもよりますが、初期からマシンについている目に見えない必須パーツ ピニオンギヤやシャフトなど を上位パーツに差し替えるといった位置付けのものが多く、重さに大きな影響を出さずにマシン性能をあげることができるので優先して取り付けてあげると良いでしょう。 パーツ分類 ギヤ負荷 スピードロス パワーロス ピニオンギヤ 700 0 400 シャフト 0 1200 0 軸受け ベアリング 0 1200 0 プロペラシャフト 700 0 300 セッティングに迷った場合 まずは走るコースを確認する レースに勝てない場合や、セッティングに迷った場合、まずはこれから走るコースを確認しましょう。 ストレートが多いのか、コーナーが多いのか、登り坂に注意しなければいけないの、そういった点が分かるだけで、セッティングの方向性を定めることができます。 属性を意識してパーツを採用 パーツの属性で揃える=速いマシンとはなりませんが、コースに合わせたセッティングをすることで安定性は増します。 シャーシやモーターなど、コースを見たうえでセッティングすることで適正なマシンをセッティングすることが可能です。 ヘルプにも目を通す セッティングに迷った場合、ゲーム内のヘルプも確認してみましょう。 パーツの説明をはじめ詳しい内容の記載があるため、迷った場合に参考とするも1つの方法です。 特にレース攻略では、開催中の超速グランプリレースのコースで気をつけるべき箇所と、そこのクリアに役立つパーツが紹介されています。 紹介されているパーツはあくまでも一例ですが、コースアウトしやすいセクションの組み合わせなどを知ることができるので、毎回めを通しておくと良いでしょう。 超速グランプリの関連記事.

次の

シーズン22

ミニ 四 駆 超速 攻略

だが、同じコースを採用しているライバルもいるため、10種類と総数はMAP2より少々少な目。 今回は、 スロープセクションやテーブルトップなどが多いので、マシン診断で確認できる前後の比重(バランス)や【バウンド耐性】といった数値に目を向けないと、コースアウトを何回も強いられることになるかも。 これまでのセッティングや改造を施したパーツはプリセットに保存しておき、新たに1からセッティングし直すのも手だ。 2個目のスロープ後のカーブが近いので注意。 立体テクニカルは上下にセクションが分かれている。 スロープ後も割と余裕があるが、スピードの出し過ぎにだけは注意してほしい。 マシンに組み込みたいおすすめパーツ紹介 MAP3攻略の際に役立つおすすめパーツを紹介。 これらを揃えてセッティングし、自慢のマシンでライバルたちを置き去りにしよう。 タイヤまで拘っていきたいなら【小径ローハイトW薄スポンジ】を用いるのがオススメだ。 先のタイヤと一緒に運用することでスロープセクションの突破率を各段にあげてくれること間違いなし。 リヤでブレーキ効果を持つパーツには【リヤースキッド】もあるので、ガチャで入手しているプレイヤーはそちらを運用してみよう。 MAP3-20レベル20に勝利した編集部自慢のセッティングはコレだ 記事の最後には、ショップで購入可能なパーツだけを使い、MAPのボスとなる3-20レベル20に十中八九勝利することができたセッティングを紹介していく。 予めご了承ください。 【 改造なし】 ・モーター> レブチューンモーター【 改造なし】 ・ギヤ> 4:1 ハイスピードギヤ【 改造なし】 ・シャーシ> タイプ3シャーシ【 制振対策(イイ感じLv. 10)】 ・フロントホイール> 小径ローハイトワイド(白)・フロント【 改造なし 】 ・フロントタイヤ> 小径ローハイトWスリック ・フロント【 改造なし 】 ・リヤホイール> 大径ワンウェイ(黄)・リヤ【 改造なし 】 ・リヤタイヤ> 大径スリック・リヤ【 改造なし 】 ・フロントステー> FRP補強プレート・フロント【 改造なし 】 ・リヤステー> リヤローラー・スタビステー【 改造なし】 ・フロントローラー> 16mmゴム付きプラ(緑)【 改造なし 】 ・リヤローラー> 14mmプラベアリング(黄)【 改造なし】 ・サイドスタビライザー> スラビライザーポール【 改造なし】 ・アクセサリー(1)> 放熱フィン【 改造なし 】 ・アクセサリー(2)> ハードシャフト【 改造なし 】 ・アクセサリー(3)> メタル軸受け【 改造なし 】 ・アクセサリー(4)> 中空軽量プロペラシャフト【 改造なし 】.

次の