設定判別。 「押忍!サラリーマン番長2」 設定判別 終了画面 設定示唆 モード移行 AT直撃 設定6 設定5 絶頂 高確 特命 狙い目 やめどき|ENARE|note

押忍!番長3 設定判別・設定差解析まとめ【スロット・パチスロ】

設定判別

設定6確定 設定4以上確定 設定1・5・6確定 & 設定5示唆 強 設定2以上確定 高設定示唆 ボーナス終了画面に設定示唆が存在する。 まだ確認できてないが、情報が揃い次第記載していく。 なお、 「初代サラ番下パネルの轟(456確)」と 「操&雫(5or6確)」に関してはほぼ間違い無いので注意して終了画面を確認しましょう。 轟天に関しては出現率が低いので何かしらの示唆では間違いないが、出玉的には全く伸びない時もあるので解析待ち。 轟天出現時は基本的に設定5と仮定して打てばいいのだが、本記事に記載してある設定5の特徴と照らし合わせて判別を進めてほしい。 決算ボーナス消化中は画面右側に企業名が表示されるが、黄色文字の企業名が存在した場合は、設定示唆となる。 こちらも情報が揃い次第記載lしていく。 なお、頂総決算ボーナスには黄色文字は出現しない。 実践値から直撃確率を算出したので記載しておく。 一日中ブン回しで通常時を6000回転ほど消化できるため、設定6であればAT直撃を6回引ける計算となる。 通常総G数:41836 G 直撃回数:41 回 AT複数セット(設定6 実践値) 設定6のみ?ATの初期セット数が優遇されている模様。 ちょっとサンプル数が少ないため真偽は不明だが、設定6のAT複数セットスタートの確率を算出してみた。 設定判別する際は頭の片隅にでも置いておいてくれ。 サンプルG数が少ないので参考程度に。 押忍弁当は前作の押忍ベルと同様、入賞後のBETでいつもと違う音で押忍弁当となる。 設定6は半数が通常B以上に移行するが他の設定と比べて (特に設定2と比べて)大きな設定差はない。 参考程度にしよう。 モード移行のみでの設定判別は不可能。 モード判別 レア役を引かずに雫ステージ移行で高確B濃厚となる。 また剛天ステージは移行した時点で 超高確(高確Aと高確Bが重複状態)濃厚なので、高確B滞在も濃厚になる。 100G毎に高確Bへの移行抽選を行なっているため、高確B移行を見抜くことが通常B判別には必要となってくる。 通常Aならば百のくらいが偶数、通常Bならば百の位が奇数G数の前半がチャンスとなる。 移行契機は前作と変わらず。 タッチセンサー 今作もタッチセンサーが備わっている。 筐体右側にある球体(漢玉)がタッチセンサーになっている。 通常時の「右側の玉がタッチセンサーになってるよ」セリフ発生時に漢玉に触れるとボイスが発生する。 前作同様、モード示唆や前兆示唆を行っている。 現状では示唆内容が不明だが、予想として記載しておく。 下記の4パターンは注目。 ロゴ付きだと通常B又は天国のチャンスとなっている。 ロゴが色付きの場合は、天国の可能性がかなり高くなるみたいだ。 色付きロゴが出た場合は100Gまでは消化しよう。 シャッター演出は見逃し厳禁。 シャッター演出のモード期待度 各設定のモード移行率が判明したので各シャッター演出のモード期待度を算出した。 色付きロゴ以外は0GやめでOKという結果になった。 色付きロゴ出現時は、天国確認+100G前半ゾーンの前兆非当選でやめ。 設定1設定2問わず、やめ時は同じ。 高確A当選時は雫ステージに移行し、G数で移行する高確Bと重なると剛天ステージ 超高確濃厚 となります。 2で転落抽選が行われます。 高確A移行率と同様に偶数設定かつ高設定ほど当選しやすいのが特徴。 弱チェリー成立後4〜6G or 11Gでボーナス当選告知がされれば、弱チェリーからの当選濃厚となる。 なお、押忍弁当から特命経由のボーナスは青7確定ではない。 特徴として、青ボーナスの比率、ブルーレジェンド突入率が全設定で比べ一番優れており、 AT中のボーナス当選時の25%で絶頂と出玉の面で優遇されている。 絶頂RUSH突入率 設定5のみ絶頂RUSH突入率が優遇されている。 早い段階で引ければ設定判別の大きなヒントになるかもしれない。 赤7・青7出現率 設定5のみ青7出現率がかなり優遇されている模様。 弁当、押忍弁当、最強チェリー成立時にボーナス当選は青7確定となるのでサンプルから除外し、赤青比率をカウントしよう。 ブルーレジェンド 今作のサラ番でもブルーレジェンドは存在する。 設定5のみ突入率が超優遇されている。 6号機の特性上、有利区間が存在するため 有利区間終了とともにブルーレジェンドも終了する。 天国での青BB当選時はブルーレジェンド突入に期待できるためしっかりATまで繋げたい。 頂クロスラッシュ当選率 こちらも奇数設定優遇かつ、設定5がかなり優遇されている模様。 頂クロスラッシュの突入契機は、以下の通り。

次の

パチスロ 咲 新台 設定差まとめ|解析 設定示唆 設定判別 スペック 機械割 導入日 導入台数

設定判別

YC(ヤッターチャンス)とYB(ヤッターバトルRUSH)の終了画面は共通で設定が示唆される。 「AT終了画面示唆内容」 画面ごとの示唆 滞在状態 恩恵 対峙画面(稲妻なし) 奇数設定で出やすい 対峙画面+稲妻 偶数設定で出やすい 対峙画面+稲妻+ドクロベエ 復活濃厚(設定示唆はない) 1号&2号がピース+縛られたドロンボー 設定2以上の可能性大 ドロンジョの全身ポーズ 設定4以上濃厚 大量のおだてブタ 設定6濃厚 [対峙画面] 稲妻の有無で奇遇の示唆が変化。 ドクロベエが居れば復活濃厚だ。 [1号&2号がピース+縛られたドロンボー] 設定2以上の可能性大! [ドロンジョの全身ポーズ] 設定4以上!? [大量のおだてブタ] 設定6!? 突入した時点でYC(ヤッターチャンス)以上は確定していて、滞在中にレア役か、7揃いorBAR揃いリプレイを引けばYB(ヤッターバトルRUSH)確定。 10G以内にYB抽選が当選しなかった場合は10G消化後にYCへ突入する。 「レア役や7揃いでYB確定!」 滞在中のレア役や、7揃いorBAR揃いリプレイ(見た目上は狙えカットインから赤7が揃う)はYB確定。 CZからのYC(ヤッターチャンス)、さらにYCからYB(ヤッターバトルRUSH)に突入させるのが王道パターンだ。 「ダブルカウンター」 カウンターが規定数まで貯まればカウンターに対応したCZに当選。 [カウンターの貯まる契機と規定数到達時のCZ] ポイント抽選内容 カウンター ポイント加算契機 規定数到達時の恩恵( CZ ) ヤッターカウンター 毎ゲーム・リプレイ ボカンゾーン ドロンカウンター レア役 ライブゾーン ヤッターカウンターは毎ゲーム1ptずつ加算され、リプレイ時は10pt以上アップかつ連続で引けば加算ポイントがさらにアップする。 7 [カウンターの文字色とエフェクト] 稲妻エフェクト発生や赤文字に変化すれば規定数到達のチャンスだ。 「余剰分はワンポイントに変換」 CZに当選してスルーした場合は余剰分を次回の周期に持ち越し、YCに当選した場合の余剰分はヤッターカウンターの10分の1、ドロンカウンターの4分の1がワンポイントとして変換される。 有利区間移行時及びライブステージ(CZ)終了時にドロンカウンターの天井ポイントを抽選。 設定5・6は設定4以下と比べ20〜24pt、40〜44ptの振り分けが多いため、比較的早い段階でライブステージに当選しやすい。 高確滞在中はハズレとベル(押し順&共通)成立時に転落抽選がおこなわれる。 「ドクロカーテン別の示唆内容」 ドクロカーテンBZモード示唆 パターン 示唆 紫 出現するほど高モードの可能性がアップ 赤 モードB以上確定かつ、多いほど高モードの可能性がアップ 第3停止時に画面に流れるドクロカーテンのエフェクトでBZモードを示唆。 [紫エフェクト] [赤エフェクト] 「ヤッターボタンランプのBZゾーン示唆内容」 ヤッターボタンのBZモード示唆 パターン 示唆 青明滅・低速 デフォルト 青明滅・高速 モードB以上の可能性あり 青色高速点滅 モードB以上の可能性大 有利区間移行ゲームとボカンゾーン失敗後の1G目(どちらもBZモードが決定するタイミング)でヤッターボタンによるBZモード示唆がおこなわれる。 筐体右側にあるボタンのY字部分の光り方に注目。 高速で点滅すればモードB以上に期待できる。 ヤッターカウンターのポイント規定数は5種類のBZモードで管理。 規定数だけでなく、モードによってYC(ヤッターチャンス)当選時のYB(ヤッターバトルRUSH)期待度も変化する。 【BZモード抽選契機】 ・有利区間移行時(リセット時・AT終了後のハズレ以外成立時) ・ボカンゾーン(CZ)失敗時 【BZモードごとの特徴】 BZモード特徴 BZモード 特徴 モードA 初期モードとして選ばれやすい。 200or450pt 付近がボカンゾーン当選のチャンス。 400~500pt 付近がボカンゾーン当選のチャンス。 モードC 150or400pt 付近がボカンゾーン当選チャンス。 ボカンゾーンスルー時はモードDへ行きやすい。 モードD(準備) 511pt以内 にボカンゾーンに当選。 YC当選時のYB当選期待度が高く、 スルーしてもモードE移行に期待できる。 モードE(天国) 128pt以内 にボカンゾーンに当選。 YC当選でYBが確定 する。 「BZモードはYC以上に当選するまで下がらない!」 YCorYBに当選するまでBZモードが転落することはないので、基本的にボカンゾーンのスルー回数が多いほど上位のモード滞在に期待できる。 有利区間移行時、ボカンゾーン(CZ)失敗時に設定に応じてBZモードが抽選される。 初回(有利区間移行時)はA〜Cのいずれかに振り分けられ、設定5・6はBとCへ移行しやすい。 2回目以降(ボカンゾーン失敗時)は前回のモードを参照してモード維持orアップを抽選し、設定5・6はモードアップが優遇される。 一定量を保持していない場合はYCスルー時に保有数に応じて再起動チャンス突入を抽選する。 同社の不屈ポイント的存在といえばわかりやすいだろう。 「ワンポイント獲得契機」 ワンポイント獲得条件 通常時のレア役間ハマリ(40Gごとに蓄積し、120G以降は毎ゲーム蓄積抽選) 通常時のゲーム数ハマリ(550G・650G・750Gで抽選) ボカンゾーン失敗時(失敗回数が多いほど蓄積しやすい) ライブステージ失敗時 ヤッターチャンス失敗時(YB非当選) 蓄積したポイントは非有利区間移行時にリセットされる。 [レバーON時に吸い込まれる光で獲得量を示唆] レバーON時、画面上部に光が吸い込まれればポイントゲット確定。 弱・中・強の3パターンがあり、光の数で獲得量を示唆。 [第3停止時のエフェクトサイズで保有量を示唆] 第3停止時のエフェクトサイズ(弱・中・強)で現在の保有量を示唆。 今回も発光後の波紋の距離で判別するとわかりやすい。 44% 1. 56% チャンス目 - - 73. 44% 25. 00% 1. 56% 弱チェリー - 92. 19% 6. 25% 1. 56% - 強チェリー - - 92. 19% 6. 25% 1. 56% スイカ - 37. 50% 50. 00% 12. 50% - その他 75. の1回の上乗せは最低10枚、最大200枚 [絶対正義・真] 絶対正義・真/上乗せ枚数振り分け 役 20枚 50枚 100枚 200枚 400枚 7揃いor BAR揃い - - - 99. 22% 0. 78% チャンス目 - - 87. 50% 12. 50% - 弱チェリー - 93. 75% 6. 25% - - 強チェリー - - 99. 22% 0. 78% - スイカ - 85. 94% 12. 50% 1. 56% - その他 76. 56% 23. 87% 3. 13% 弱チェリー - 99. 44% 1. 56% スイカ - 96. 09% 3. 13% 0. 78% その他 81. 25% 18. の1回の上乗せは最低40枚、最大400枚(25枚、50枚はナシ) 狙えカットインは失敗してもゲーム数が減算されないうえ、成功時(7揃い)は3桁枚数上乗せが確定する。 7揃いは真では200枚以上、極では400枚確定だ。 おもにYC(ヤッターチャンス)突破から突入する差枚数管理型の2nd AT。 RUSHレベルと内部状態があり、各種上乗せ期待度を管理している。 開始時は特化ゾーンの絶対正義からスタートするため、ヒキ次第で大量枚数を獲得できる。 [ヤッターバトルRUSH性能] 初期枚数…平均190枚 継続率…35. [YBモードとRUSHレベルで性能が変化] 通常・高確・超高確の3段階のモードで、契機役ごとのバトル発展率がアップ=上乗せ性能が高い。 YB開始時に抽選されるRUSHレベルで4段階のレベルで継続率(ファイナルジャッジ勝率)が変化する。 YB中のバトル勝利で上乗せor特化ゾーンゲット。 [ファイナルジャッジに勝てば上乗せ以上] 枚数を取り切ると継続バトルに発展。 勝利すればYB消化中のバトルと同じく枚数上乗せor特化ゾーンへ突入するため、バトル継続も確約される。 ファイナルジャッジ中(継続時)に裏乗せした場合も同様で、次回YBの残り枚数が4枚未満時に放出される。 YB突入時と継続時にRUSHレベルを参照してYBモード(内部状態)を抽選。 YB消化中はおもに弱チェリーとスイカで昇格を、リプレイで転落が抽選がされる。 72% 0. 78% - レベル2 75. 00% 25. 00% - レベル3 50. 00% 50. 00% 50. 50% - 12. 50% その他 99. 61% 0. 39% - [高確滞在時] 高確滞在時・YBモード移行率 成立役 通常へ 高確のまま 超高確へ リプレイ (リプレイフラグ全種) 50. 00% 50. 75% 6. 00% 50. 00% - 50. YB中はレア役で枚数直乗せとバトル(フェイクorバトル勝利)をダブル抽選する。 チャンス目は直乗せ確定+バトル勝利に期待できる。 0 成功率(設定1) 約40% 対戦相手はダイドコロンとビジンダーの2パターン。 勝てば枚数上乗せor特化ゾーン(絶対正義か仕置の刻)が確定する。 ビジンダーに勝った場合は特化ゾーン確定だ。 YBラストのファイナルジャッジではRUSHレベル(継続率)に応じてセット継続を抽選。 対戦相手は3種類でドロンエンペラー以外なら継続以上確定。 復活込みの最大7G間で、各ゲームにチャンスアップが存在する。 [対戦相手の特徴] 対戦相手の特徴 対戦相手 特徴 ドロンエンペラー デフォルト ダイドコロン YB継続+上乗せ100枚以上or特化ゾーン ビジンダー YB継続+特化ゾーン [ドロンエンペラー] [ダイドコロン] 継続+上乗せ100枚以上or特化ゾーン確定。 YC中のバトル告知やYB中のバトルはダイドコロンがデフォルトの対戦相手なので間違えないように注意しよう。 金色に変化すれば勝利の期待大! 30G継続する1st AT。 突破できれば2nd ATのYB(ヤッターバトルRUSH)へ突入する。 [ヤッターチャンス性能] 継続ゲーム数…30G 1Gあたりの純増…約2. 8枚 おもにレア役時の抽選や7揃いでYBを目指すゲーム性だ。 [バトル告知] ヤッターワンが勝利すればYB確定! [チャンス告知] 実写のコスプレイヤーたちが登場。 おもに狙えカットイン発生時に7が揃えばYB確定となる。 「絶対正義の格上げ抽選もおこなわれる」 YBに当選した場合、特化ゾーンの絶対正義からスタートするのだが、YC中にYBが当選した時は絶対正義の格上げを抽選。 当選すれば絶対正義・真以上からスタートする。 [7揃い時の恩恵] 7揃い時の恩恵 滞在状態 恩恵 ヤッターブースト YB直撃 YB[7揃い] 仕置の刻 YB[BAR揃い] 仕置の刻・極 絶対正義 枚数上乗せ(ゲーム数減算なし) 絶対正義中のカットインは成功・失敗不問でゲーム数が減算されないところもポイントだ。 [ボタンでステップアップするほど期待度アップ] ボタンを押してキャラが変化するほどチャンス。 1号<2号<ヤッターワン<ドロンジョ<実写(実写は揃い確定)の順で期待度アップ。 ドロンジョに変化すれば期待度大幅アップ! [仕置の刻対応パターン] 7絵柄ではなくBARを狙えなら仕置の刻・極濃厚! ユーザー口コミ・評価詳細 Sヤッターマン絶対正義• ヤッターマン二号のムチムチつなぎにまさかのドキュンムチムチ見たさに打って勝ち越し。 完走2回。 愛なのか。

次の

設定判別/立ち回りポイント:バーサス

設定判別

[番長ボーナス中青7揃い/超番長ボーナス] [番長ボーナス中青7揃い/超番長ボーナス] ATセット数振り分け 設定 1セット 2セット 3セット 2セット以上 トータル 1 ー 95. [AT直撃] [AT直撃]ATセット数振り分け 設定 1セット 2セット 3セット 2セット以上 トータル 1 71. セットストックがあっても引き戻しチャンスを経由するので、引き戻しチャンスでレア役を引いた場合などはセットストックかの判別が少し難しくなる。 0 2 21. 8 3 23. 0 4 21. 0 5 31. 1 6 35. 特命に当選しないから低設定とは言い切れないので、参考のひとつと考えておこう。 「最初に狙う絵柄」 左リール上段付近にBARを狙う。 「チェリー停止時」 成立役…弱チェリー/強チェリー/最強チェリー 中右リールに2連7を狙って成立役を判別するのがベター。 単独の青7(9番)を付近を押した場合などは、右リールにもチェリーを狙えば強チェリー時は小山型にチェリーが停止する。 「下段BAR停止時」 成立役…ハズレ/ベル/リプレイ/チャンス目A 「弁当箱停止時」 成立役…弁当箱/押忍弁当箱/強弁当箱/チャンス目B/チャンス目C 中リールに弁当箱を狙い、右リールをフリー打ち。 斜めに揃うと弁当箱、強弁当箱は平行に揃う。 斜め揃いかつ、BET時にピキーンと鳴れば押忍弁当箱だ。 「レア役の停止形(一例)」 初代でもおなじみのブルーレジェンドが、今作にも搭載されている。 もちろん、突入すれば大量出玉獲得に期待できるぞ。 天国(100G以内)のボーナスが青7ならブルーレジェンド滞在に期待できるので、しっかりとATまでつなげたい。 「ブルーレジェンド終了契機」 有利区間終了時に、ブルーレジェンドも終了。 前作のように通常時をまたいで継続はしないので、間違えないように注意しておこう。 前兆は最大38Gで、フェイクの場合は31G以内に終了する。 4G〜6Gは本前兆での振り分けが多いので、前兆の前半でアツい演出が発生して対決に発展すれば、本前兆に期待できる。 弁当箱は当選率こそ低いが、ボーナス当選時は青7確定。 弁当箱契機のフェイク前兆は最大6G、本前兆は最大11Gなので、前兆が7Gを超えれば激アツ! 「対決の種類」 支社演出は轟、本社演出は鏡がデフォルトパターン。 緊急出張という形で、逆の組み合わせになれば期待度アップだ。 二人が共闘すれば期待度はさらに高く、共闘専用の対決も存在する。 5 共闘専用のフェスティバルと大脱出は激アツ! 「剛天交渉は今作もアツい」 今作にも、剛天交渉はもちろん搭載! 4回交渉に成功すれば超激アツ! 「黄ナビ」 ハンコベルかつ、ハンコMAX確定。 「特定小役からのボーナス」 弁当箱、押忍弁当箱、最強チェリー契機のボーナスは青7確定! 押忍弁当箱は特命(CZ)経由ではなく、押忍弁当箱によるボーナス抽選で当選した場合のみ。 「ステージチェンジ」 ステージチェンジ時にチャンス目が成立すれば、本前兆濃厚。 「営業会議で発展するキャラ」 少ない予算(金塊)のキャラで発展すると、本前兆の期待大。 「猛営業会議」 本前兆確定かつ、青7の期待大! 「剛天交渉」 発生した時点でボーナス以上確定。 4G継続で青7以上、5G継続ならAT直撃以上となる。 「タッチセンサー」 前作ではリールの上にあったタッチセンサーが、今作でも筐体の右側に存在。 さまざまなタイミングでタッチしてみれば、何かを示唆するかも!? 「お色気演出」 成立役が弱チェリー or 弁当箱 or チャンス目A(下段BARから)なら、本前兆確定。 モード示唆やブルーレジェンド示唆もあるので、積極的にタッチしてみよう。 消化中の小役で、後半に発生するジャッジ演出の継続率アップを抽選。 20G、25G、30Gの3箇所で発生するジャッジ演出をすべて突破できれば、頂ラッシュ(AT)へ突入する。 これまでのシリーズ機と同様、ボーナス開始時に選んだキャラ(3種類)によって演出タイプが異なる。 「基本性能」 1Gあたりの純増…約3. 「轟ボーナス」 漢気上昇で継続率がアップ。 ジャッジ演出は轟とパンダの対決三番勝負、対戦相手がコパンダならチャンスだ。 「鏡ボーナス」 告知が発生すれば継続率アップ。 ジャッジ演出のカムバックチャレンジでは、告知が発生すれば継続だ。 「操ボーナス」 操ボーナスでは継続率が非表示となっていて、ルーレットで継続(AT当選)をジャッジする。 チャンスナビや的の配列に注目だ。 「雫ボーナス」 操ボーナスと同様に継続率は非表示、ラストのルーレットで継続をジャッジする。 [新曲はサウンドトラックにも収録] 後日発売のサウンドトラックには新曲も収録されるので、お楽しみに。 AT中のボーナスでは、継続ジャッジをクリアするたびに枚数を上乗せする。 「ボーナス継続抽選のタイミング」 対決に発展する前の扉が閉まっているゲームのレバーON時に継続の成否を抽選する。 鏡ボーナスの場合は、カムバックチャレンジと表示されているゲームのレバーON時が勝負! 「轟ボーナス・継続率加算確定演出」 [デカナビ/ドデカナビ] デカナビは加算確定。 [漢岩出現でハズレ] ハズレ時に漢岩が出現すれば、継続率加算確定。 「鏡ボーナス・ジャッジ演出中の継続確定演出」 ・画面、サウンド、ランプなどに違和感演出が発生 ・各ジャッジの最終ゲームで演出が非発生 最終ゲームを除き、何かしらの演出が発生した時点で継続確定!? 「操&雫ボーナス中・AT確定演出」 [弱レア役で大チャンスナビが発生] 弱チェリーや弁当箱成立時に大チャンスナビが発生した場合、内部的にATに当選していることが確定する。 「操&雫ボーナス・ジャッジ演出中の激アツパターン」 [NEXT+の的が選択される] NEXT+は次回のジャッジ演出成功も確定するので、2回目のジャッジで選択されれば、AT確定となる。 「ジャッジ中の書き換え」 ジャッジ中のレア役は、内部的に敗北の場合、勝利への書き換えを抽選。 強チェリーやチャンス目は勝利確定だ。 ATの残り枚数が300枚を超えると、限界突破と表示されてフリーズが発生。 BARが中段に揃えば決算ボーナス、ひし形に揃えば頂総決算ボーナスに突入する。 「上乗せのムダはナシ」 特化ゾーンなどで大量に上乗せを獲得した場合でも、300枚を超えた分はボーナス中の枚数に加算されるので心配は無用だ。 もちろん、特化ゾーンが途中で打ち切られてしまうといったこともない。 【頂総決算ボーナス】 業績報告(5G)でボーナスの枚数を決定し、5G消化後から決まった枚数を消化。 消化中も、ベルやレア役などで上乗せを抽選する。 「業績報告」 成立役に応じて枚数を抽選。 轟<鏡<二人共闘の順に、大量枚数のチャンスだ。 [7揃い] 7揃いは追加報告となり、業績報告のゲーム数減算ナシで枚数を上乗せする。 「ボーナス消化中の上乗せ」 ベルやレア役で上乗せを抽選。 [愛社精神] 画面両端のキャラはベルの押し順に対応していて、押し順ベル成立ごとに対応したキャラが点灯。 すべての押し順ベルが成立(すべてのキャラが点灯)すると、愛社精神が発生して枚数を上乗せする。 【決算ボーナス】 50枚獲得できるボーナス。 消化中は、頂総決算ボーナスと同様に上乗せを抽選する。 ATの枚数減算がストップした上で、枚数の上乗せを抽選する。 前作に比べて10倍以上突入しやすくなり、大量出玉獲得につながる重要なトリガーになっている。 左右のリールにもBARを狙い、BARが下段に揃えば頂スラッシュ、ひし形に止まれば上位の頂クロスラッシュへ突入する。 「上乗せをダブルで獲得」 レア役は上乗せ確定、ベルでも上乗せのチャンスとなる。 ハンコの獲得数がAT中の2倍にアップするので、ハンコベル1回につきハンコを4つ以上獲得可能だ(AT中は最低2個)。 もちろん、ハンコ10個獲得での上乗せも2倍! 「バスバチャレンジ成功でゲーム数を上乗せ」 【頂クロスラッシュ】 轟と鏡が共闘する強力な枚数特化ゾーン。 頂スラッシュに比べ、上乗せ性能が大幅にアップしている。 上乗せ当選率や当選時の枚数などが、頂スラッシュに比べて優遇されている。 抽選は上表の数値で2回おこなわれるが、抽選結果と見た目が必ずしもリンクしているわけではなく、2回目の抽選のみ受かった場合でも左画面に上乗せが表示されることがある。 レベル1と2は頂スラッシュ、レベル3と4は頂クロスラッシュ専用となっているので、見た目上は頂スラッシュだったとしても、ベルで何度も上乗せしているようなら内部的には頂クロスラッシュである可能性が高い。 [レア役] [レア役成立時・1回目]上乗せ枚数振り分け 枚数 弱チェリー 強チェリー チャンス目 非当選 ー ー ー 10枚 56. 2回目の抽選は強レア役なら上乗せ確定だ。 「ハンコ10個獲得時の抽選」 頂(クロ)スラッシュ中にハンコが10個貯まった場合、枚数の上乗せを抽選。 通常のAT中とは異なり、ボーナス等は抽選していない。 当選率は特命中か否かで異なる。 シリーズ初となる、差枚数管理型のAT。 レア役や特化ゾーン、ボーナスなどで上乗せを獲得させつつ、大量出玉獲得を目指そう。 「基本性能」 1Gあたりの純増…約3. いずれも滞在ステージによって、ボーナスや頂スラッシュの期待度を示唆している。 「漢気ゾーン」 従来のゲーム数消化ではなく、残り枚数が減少し特定の枚数になることでゾーンに突入。 ゾーン中は頂スラッシュの高確率状態になっていて、中リールBAR/弁当箱/BAR停止などで、頂スラッシュ当選となる。 [ゾーンはリール左の限界突破メーターに表示] 残り250枚〜230枚、150枚〜130枚、50枚〜0枚などのメーター内に色が付いている箇所がゾーン。 AT終了前にゾーンが存在するので、ATに入れば最低1回はゾーンによる抽選を受けられる。 「残り枚数300枚突破が第一の目標」 残り枚数が300枚以上になると、限界突破の表示が出現し、決算ボーナス or 頂総決算ボーナスのいずれかが確定。 ボーナス後は残り299枚からATがスタートするので、再び300枚突破を目指そう。 ちなみに、ハズレや1枚役(中段ベル)成立時は残り枚数が加算されるので、299枚の状態で引けば300枚を超える=再びボーナスに突入する。 「AT終了後は引き戻しゾーンへ」 3G間継続し、成立役に応じてATの引き戻しを抽選。 ATのストックを持っている場合も、一旦引き戻しゾーンを経由する。 【轟AT中】 「BGM変化」 AT中のBGMが変化すると、ATのセットストックありが確定する。 [BGM別・ストック数] プレジデント…1セット以上 エンブレム…2セット以上 「サイドランプ白発光」 リプレイ、ベル、レア役成立時にサイドランプが白く光れば、高確A確定。 漢気ゾーン中なら超高確が確定する。 「応援演出でナビ非発生」 応援演出は、基本的に押し順ナビが発生する演出。 非発生時は頂スラッシュ、頂クロスラッシュ、番長ボーナス、絶頂ラッシュのいずれかが確定する。 【鏡AT中】 「BGM変化」 AT中のBGMが変化すると、ATのセットストックありが確定する。 [BGM別・ストック数] ジャジャス・ゴージャス…1セット以上 ダレダレダレDA!…2セット以上 「下パネル点滅」 50枚以上の上乗せ確定。 「漢気演出/次回予告」 発生した時点で頂クロスラッシュ or 絶頂ラッシュのいずれかが確定! 「バスバチャレンジ発生に期待できる演出」 ・稲妻煽り ・リールロック [稲妻煽り] レバーON時に発生する可能性あり。 稲妻煽り後にリールロックも複合すれば、必ずバスバチャレンジが発生する。 稲妻煽りもリールロックもなしからのバスバチャレンジなら、背景の色不問で成功が確定する。 期待度の低いパターンでも、あっさりと揃うような演出バランスになっている。 弱チェリーの最大上乗せは100枚。 その他のレア役は最大で300枚まで、上乗せの可能性あり。 [番長ボーナス中青7揃い/超番長ボーナス] [番長ボーナス中青7揃い/超番長ボーナス] ATセット数振り分け 設定 1セット 2セット 3セット 2セット以上 トータル 1 ー 95. [AT直撃] [AT直撃]ATセット数振り分け 設定 1セット 2セット 3セット 2セット以上 トータル 1 71. 状況によってタッチの有効範囲が異なるので、試す際はちょっと注意しておこう。 基本的にはレバーON後(全リールが回転している状態)であれば問題ないが、業績報告中はウェイトからリール回転開始までと短いのでレバーON後すぐのタッチが必要だ。 」 レア役示唆 レア役否定で引き戻し確定 雫ボイス 「きたきたきた~!! ボーナス、AT中は凄く面白い!! 女子ボーナスは??? 反面、通常のつまらなさたるや、尋常ではないぞ。 前作もこんなに通常つまらなかったかな? コイン持ち良いから6号機好きなので良いけどね。

次の