タモリ コロナ。 緊急コロナ警鐘!タモリの“3密”な生放送がいよいよ数時間後に

タモリの新型コロナウイルス感染懸念。3日にMステ3時間SP放送に心配や疑問の声。テレビ朝日は無観客等の対策も…

タモリ コロナ

《金曜日のMステ3時間SPなんて密度大丈夫なのか》 《Mステ生放送 タモリさんが年齢的に心配》 《タモさんが絶対にコロナにならない対策をとっているってことだよね?》 《けんさんに続いて今後タモリさんもコロナにやられたら立ち直れない…》 4月3日に放送される『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)を、いや、司会を務めるタモリを心配する声がSNS上でやまない。 「 今回は3時間スペシャルで、出演アーティストも総勢100人近くになります。 通常通りの内容であれば、タモさんとのトークも楽しみの一つ。 業界に衝撃を与えたのが、3月29日に急逝した志村けんさんだ。 「体調に不安があったとはいえ70歳という若さでの死は、新型コロナの恐ろしさを伝えるにはじゅうぶんで、けっして他人ごとではないことを広く知らしめました。 健康には人一倍気を使っているイメージが強いタモリさんですが、それでも今年で75歳を迎える高齢者です。 感染すれば万が一のこともあり得ますし、多くの出演者が揃う番組では感染リスクも高まるのです。 また出演者の中には、椎名林檎さん率いる『東京事変』など、新型コロナ関係で騒動を起こしたアーティストの名前も連なっています。 そんな彼を心配する冒頭の声の数々だが、「タモリを守れ!」と言わんばかりの対策案も話題に。 《他の出演者との共演は避けて演者と別のスタジオで声だけのやり取りで済ませた方がいい》 《雛壇なしとかトーク短めとか》 《バーチャルタモリにしてほしい》 みなタモリの無事を願っているのだ。 では、実際にMステ放送にあたってどんな感染防止対策がとられているだろうか。 テレビ朝日広報部に聞いてみると、番組は「生放送」として、 《 検温、マスク着用、消毒の徹底、マイクを共有しないなどの対策を行っています。 その上で、3つの密(密閉・密集・密接)が重なることがないように十分配慮して臨んでいます。 テレビ朝日では、原則すべての番組において観客なしの収録を行っており、明日も観客なしでの放送です》 と、無観客での放送をはじめ、タモリはもちろん、出演者やスタッフを感染から防ぐ対策が取られているようだ。 「 志村さんの件はもちろん、演者やスタッフの感染を受けて、各局があらためて現場に新型コロナ対策の徹底を指示しているといいます。 もっとも避けなくてはいけないのが、番組からクラスター(感染者集団)を出すこと。

次の

タモリを新型コロナから守れ!『Mステ』生放送3時間でテレ朝がとる“万全の対策”(週刊女性PRIME)

タモリ コロナ

「3密を避けるよう要請が出ている今、番組を作るのは難しいものがあります。 ドラマや映画のロケが次々と中止になっている中、しっかりとした作りで視聴者に好評だった空耳アワーの映像だけ撮影を行うというわけにもいきません。 休止はやむを得ないのではないでしょうか」 テレビ番組制作会社スタッフ ただ、空耳アワーのファンからは別の理由を指摘する声も上がっている。 それは音源問題。 空耳アワーは投稿されてきたネタのチェックに、東京神田にある「ジャニス」というCDレンタルショップを利用していた。 だが、2018年11月でジャニスは閉店。 スタッフはかなり困っていたという。 「空耳アワーには海外のマニアックな楽曲も数多く投稿されてきます。 それをチェックするのに、品揃えの豊富なジャニスは欠かせませんでした。 空耳アワーの関係者はネタの確認のために、毎回80から100枚ものCDをジャニスでレンタルしていたそうです。 歌詞をチェックしないといけないため、配信ではダメでどうしてもCDが必要なんだとか」 テレビ誌ライター 2018年11月に放送された空耳アワードでは、ジャニスの閉店に関する特別企画を組み、コーナー存続の危機を訴えている。 スタッフは「閉店したらどうやって音源揃えたらいいのか悩んでますね」と心境を明かし、番組AD一同が土下座して副店長に店の存続をお願いする一幕もあった。 この時、安齋は今後について、「配信を使うか、もしくはコーナーをやめるか」とまで明かしている。 「今回の休止は新型コロナウイルスやジャニスの閉店、ネタ切れなどさまざまな要因が重なった結果ではないでしょうか。 ちなみに空耳アワーは1995年の8月にいったん終了。 翌96年1月に再開されています。 この時は別の企画が放送されました。 今回もそう遠くないうちに復活するではないでしょうか」 前出・テレビ誌ライター 誰が言ったか知らないが、言われてみれば確かに聞こえる——。 この名調子を一刻も早く聞きたいものだ。

次の

もう手遅れ?風俗嬢発の新型コロナウイルス大感染〜歌舞伎町は恐怖に包まれている=鈴木傾城

タモリ コロナ

《金曜日のMステ3時間SPなんて密度大丈夫なのか》 《Mステ生放送 タモリさんが年齢的に心配》 《タモさんが絶対にコロナにならない対策をとっているってことだよね? 》 《けんさんに続いて今後タモリさんもコロナにやられたら立ち直れない…》 4月3日に放送される『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)を、いや、司会を務めるタモリを心配する声がSNS上でやまない。 「今回は3時間スペシャルで、出演アーティストも総勢100人近くになります。 通常通りの内容であれば、タモさんとのトークも楽しみの一つ。 業界に衝撃を与えたのが、3月29日に急逝した志村けんさんだ。 「体調に不安があったとはいえ70歳という若さでの死は、新型コロナの恐ろしさを伝えるにはじゅうぶんで、けっして他人ごとではないことを広く知らしめました。 健康には人一倍気を使っているイメージが強いタモリさんですが、それでも今年で75歳を迎える高齢者です。 感染すれば万が一のこともあり得ますし、多くの出演者が揃う番組では感染リスクも高まるのです。 また出演者の中には、椎名林檎さん率いる『東京事変』など、新型コロナ関係で騒動を起こしたアーティストの名前も連なっています。 そんな彼を心配する冒頭の声の数々だが、「タモリを守れ! 」と言わんばかりの対策案も話題に。 《他の出演者との共演は避けて演者と別のスタジオで声だけのやり取りで済ませた方がいい》 《雛壇なしとかトーク短めとか》 《バーチャルタモリにしてほしい》 みなタモリの無事を願っているのだ。 では、実際にMステ放送にあたってどんな感染防止対策がとられているだろうか。 テレビ朝日広報部に聞いてみると、番組は「生放送」として、 《検温、マスク着用、消毒の徹底、マイクを共有しないなどの対策を行っています。 その上で、3つの密(密閉・密集・密接)が重なることがないように十分配慮して臨んでいます。 テレビ朝日では、原則すべての番組において観客なしの収録を行っており、明日も観客なしでの放送です》 と、無観客での放送をはじめ、タモリはもちろん、出演者やスタッフを感染から防ぐ対策が取られているようだ。 「志村さんの件はもちろん、演者やスタッフの感染を受けて、各局があらためて現場に新型コロナ対策の徹底を指示しているといいます。 もっとも避けなくてはいけないのが、番組からクラスター(感染者集団)を出すこと。

次の