慶次 ハマり。 CR真・花の慶次2 漆黒の衝撃 スペック・保留・信頼度

【真・花の慶次2】初当たりで確変引けなくても全て引き戻して確変入れれば勝てるよね

慶次 ハマり

3 3. 57円 21. 3 3. 33円 21. 9 3. 03円 22. 7 2. 50円 24. 2 -7. 4 -5. 6 -3. 7 -1. 9 19 -6. 3 -4. 4 -2. 6 -0. 8 1. 0 20 -3. 6 -1. 8 0. 0 1. 8 3. 6 21 -1. 3 0. 6 2. 4 4. 2 6. 0 22 0. 9 2. 7 4. 5 6. 4 8. 2 23 2. 9 4. 7 6. 5 8. 3 10. 2 24 4. 7 6. 5 8. 3 10. 2 12. 0 25 6. 4 8. 2 10. 0 11. 8 13. 6 26 7. 9 9. 7 11. 5 13. 4 15. 2 27 9. 3 11. 1 13. 0 14. 8 16. 6 28 10. 6 12. 5 14. 3 16. 1 17. 57円 28玉 交換・持ち球比率100% 回転率\4R出玉 510 530 550 570 590 18 -8. 2 -6. 6 -5. 0 -3. 3 -1. 7 19 -5. 6 -4. 0 -2. 3 -0. 7 0. 9 20 -3. 2 -1. 6 0. 0 1. 6 3. 2 21 -1. 1 0. 5 2. 1 3. 7 5. 4 22 0. 8 2. 4 4. 1 5. 7 7. 3 23 2. 6 4. 2 5. 8 7. 4 9. 1 24 4. 2 5. 8 7. 4 9. 1 10. 7 25 5. 7 7. 3 8. 9 10. 5 12. 2 26 7. 1 8. 7 10. 3 11. 9 13. 5 27 8. 3 9. 9 11. 6 13. 2 14. 8 28 9. 5 11. 1 12. 8 14. 4 16.

次の

【信頼度】全演出一覧|CR真・花の慶次2

慶次 ハマり

まずスペックですが、前作との変更点としては、初当り時の確変突入率が70%から55%に変更され、その分大当り時の出玉がアップしているため、一撃性を高めた仕様変更となっています。 確変継続率は前作と同じ65%で、演出&信頼度は完全踏襲しています。 ) それでは攻略情報ですが、まず朝一からの遊技の場合、100回転を目安に遊技してください。 100回転までに確変大当りを引き、16Rを2回以上引くことができれば優秀台の確率は高くなります。 スランプグラフで見ると下図のようなイメージです。 設置台数の多いホールの場合、を参考に遊技台を決定すれば、優秀台を掴める確率が大幅にアップするのでご利用ください。 次にハイエナで狙う場合ですが、当日優秀台の時短or電サポ終了後の即止め台を狙って、250回転まで回すのが最も初当り確率が高いです。 ) 本機は確変転落タイプなので、電サポが100回転を超えて終了するケースもありますが、その場合においても250回転までの遊技でOKです。 もし250回転を超えて電サポが終了している台があったとしても、そういった台は早い引き戻しがあまり期待できず、何回転で電サポが終了したのか推測するのが難しいので基本打たない方が良いです。 あと本機は350回転を超えるとハマる確率が急激に高くなるので、この辺りの回転数を止め時の目安にしてください。 次に台の演出による好不調判別法をまとめましたので参考にしてください。 【 好調台によく見られる演出 】• 保留変化が頻発する。 緑保留が熱い演出に発展する。 骨時読み演出でタイマーがよく出る。 慶次ボタン演出が目立つ。 金系演出がよく出る。 一夢庵チャレンジで当る。 襖演出のキセルで当る。 初当りが七図柄リーチで当る。 「だがそれがいい」復活が出る。 RUSH中の当りが100回転以内ばかり。 RUSH中に赤系演出が出る。 【 不調台によく見られる演出 】• 保留が変化しなくなり、変化しても青止まり。 花連続演出のガセや2連が目立つ。 涙桜ZONEに入らない。 ノーマル系の期待薄リーチが目立つ。 くらいやがれ演出のガセが目立つ。 慶次スペシャルカットインを外す。 キセル演出を外す。 リーチロゴ演出の「激熱」を外す。 RUSHに突入して1回も大当りを引けない。 次にストロークですが、本機は下画像の黄矢印のストロークがお薦めです。 これでもし回りが悪いようなら緑矢印のストロークを試してみてください。 次に大当り中の捻り打ちですが、本機はこぼしが無いゲージ構成でアタッカーのセンサー感知も速くないので、成功率は高いです。 ただアタッカーの上にあるおまけ入賞口が少しやっかいですが、それでも成功率は高いので、禁止ホールでなければ実戦してください。 1ラウンド10カウントなので、9個入賞で止め、10個目を弱めに打って、11個目を強めに打って止めます。 最後に電サポ中の止め打ち手順について簡単な方法を紹介します。 電サポ開放パターンは1回開放が1種類、2回開放が2種類となっています。 盤面左下にある小デジランプ(下画像の黄枠内)を見ながら、下記のように止め打ちを行ってください。 タイミングの取り方は個人差があるので、微調整は各々行ってください。 以上が勝率2倍UP攻略情報です。 無料版なので攻略の核心部分や裏情報については書けませんが、勝率をさらに3倍・4倍とアップさせたい方は、下記ボタンから商品の購入をご検討ください。 安心のヤフオク購入にも対応しています。 CR真・花の慶次2 漆黒の衝撃のプレミア&激アツ演出集です。

次の

P花の慶次〜蓮 掲示板

慶次 ハマり

Sponsored Link 慶次はずっと変わらずMAXタイプ(琉は除いて)なので、ハマリについては特に今更言うこともないかなと思います。 そりゃMAXタイプなんだから、ハマりますよ! そんな声が囁かれそうですね。 しかし 、『初当りを引くまで』と仮定してハマリ解析すると、そこまでハマりません。 そう、本当にハマリとは 、『ST突入まで』を考えた時です。 初当り確率は1/399.6となっていますが、 ST突入までの確率を考えると、なんと1/667.9となるのです。 約1.7倍も遠くなってしまうんですよね… もちろん、この1/667.9を引くまでの間に、非確変を引いたり、時短100回を消化したりしますので、ずっと現金投資をするわけではありません。 では早速、ハマリ発生率を見てみましょう! 【『真花の慶次』ハマリ発生率】 ハマリが浅ければ、初当り、ST突入における差は小さいですが、400回転を超えてくると歴然の差が出てきますね。 初当り確率の分母である400回転のハマリが発生するのは、初当りまでであれば1/3程度となりますが、ST突入までになると50%を超えてきます。 1000回転となるハマリにもなると、初当りであれば約12回に1回程度と稀になりますが、ST突入までだと約5回に1回とまだまだ現実的にありえるラインとなります。 1500回転回しても、ST突入しないのは10%強と油断ならない確率となります。 2000回転回しても、まだ5%もあるんですね…恐ろしすぎですV-ST! カウンターからは見えない、勝つための必須条件『ST突入』確率 先ほども言った通り、ST突入までにずっと現金投資をしてハマり続ける訳ではなく、非確変大当りを引いたり、時短100回転をもらったりしています。 ですので、ある程度負担は軽減されるでしょうし、大当りする度にカウンターはリセットされるため露骨なハマリには見えないかと思います。 しかし、『ST突入』は慶次で勝つためには必須条件になっているので、大当り履歴に単単単と続いたり、何度も時短スルーしたりするとやはり辛いものがあります。 長時間勝負する場合は、闇雲に打ち続けるのではなく、期待値を見て常に続行しても良いのかどうかをチェックしながら実戦に臨んでもらいたいと思います。 真花の慶次の解析情報は盛りだくさん! まだまだ真花の慶次の解析情報が揃っています。 状況に合わせて活用してください!•

次の