オカルティックナイン 早口。 Amazon

オカルティック・ナイン完走&感想 早送りかとも思える声と急展開

オカルティックナイン 早口

どうも、izuです。 2016年冬アニメ終わりました。 私は始め殆どの作品を見ていたのですが、完走できたのは「響け! ユーフォニアム2」「オカルティック・ナイン」「涼宮ハルヒの憂鬱」だけでした。 魔法少女育成計画とか他に面白そうだなと思う作品もあったのですが気がつくと途中で見たくなっていました。 だんだんと深夜アニメを見る年齢層から外れてきたことを実感しています。 スポンサーリンク さて、オカルティック・ナインは最後まで見ることができました。 シュタインズ・ゲートに似た雰囲気のある作品で先が読めない展開が続き、次回も見ようとなりました。 この作品で特徴的なのは「声の速さ」です。 とにかくキャラクターが早口、間髪を入れずに次のキャラクターが喋る喋る。 こうした速度のある作品は「ていきゅう」など短編ギャグアニメに多いですが、24分アニメでこの速度が維持されるとアニメに集中してみよう・置いていかれないようにしようと感じさせられます。 まじかよ、俺死んでるの? なんでだよ… 俺らを実験台にして、悪巧みしてるやつがいる。 特別な霊体の俺はそれを止められる唯一の存在。 死んだお父さんに最後に助けてもらって、無事悪の野望を阻止 めでたしめでたし… 物語を端的にまとめるとこんな感じになります。 この話がすごい速さで展開したのでアニメを見ることができたのかなと思います。 もしゆっくりしていたら絶対に耐えられなかった。 物語を振り返ってみると子供っぽいアニメだったと感じます。 ご都合主義の物語で、主人公は何の努力なしにヒーローに。 謎やトラブルは全て自分の特殊能力や周りの人の解決してくれる。 最終話は特にそう感じました。 このアニメをみている人は、何も考える必要がない。 ただ、娯楽としてアニメを見るだけ。 正直言ってもうこういうアニメは見飽きたし、快楽だけを求めるアニメなら他に素晴らしい作品がいくらでもあります。 特におすすめする理由はない オカルティック・ナインを特におすすめする理由はありません。 間髪を入れない会話が少し珍しいかなというぐらいです。 ストーリーは特に目新しさもなく、謎を増やして飽きられないようにしているという感じ。 本数を減らしてもいいから質のよい深夜アニメを増やして! と言いたいです。 ではまた、.

次の

buildandquote.challenger-ag.com: Occultic;Nine

オカルティックナイン 早口

〈Site 04〉ネタバレなし感想 あらすじ(公式サイトから引用) 井の頭公園の池から大量の死体が発見され、現場に警察、野次馬、マスコミで溢れかえっている。 ビッグニュースの到来に「キリバサ」の更新に勤しむ悠太。 主人公ふっかーつ(?) 4話は2~3話で暗くなったシナリオから一転。 カフェブルゥムーンでの楽しい日常シーンが多めです。 1話以来出番が少なかったガモタンこと我聞悠太くんでしたが、今回は露出多めで安心しました。 何だかやけにテンションが高いガモタン。 井の頭公園の事件についてオタク特有の早口で偉そうにご高説をまくしたてるガモタンにイズミンとみゅうポムは ドン引き。 不自然なほど大騒ぎするガモタンに対して、みゅうポムの 「ガモセンパイ おちつけ~」とイズミンの 「ギャモタくんきんもー」 の突っ込みに笑いました。 このやりとり和むなあ。 それにしてもマスターイズミンは細マッチョですね。 腕 ムッキムキのバッキバキの作画で笑う。 そのナリで 「いや~ん事件こわいわ~~!!」とか言われてもねぇ。 りょーたす出番多め。 いつもよりたくさん揺らしております! ガモタン、みゅうポム、イズミンが会話してる背景でりょーたすが動く!動く!スキップ、フィギュアスケーターもびっくりのトリプルどころじゃない綺麗なトゥーループ、連続ジャンプ! ジャンプ! ジャンプ! 側転まで披露して…。 これでもか!!と おっぱいを揺らしまくるりょーたす。 オカルティック・バイン。 乳揺ればかりに目が行ってしまいますが、りょーたすの運動神経すごいな。 りょーたすが歌って踊りまくってる様子を、 ほぼほぼスルーするガモタン達の3人に草。 以下ネタバレ記事です。 4話見てない方は注意ですよ。 亞里亞との出会いの回想。 神社に追い詰められる。 伏線?桐子、編集部の緊急ミーティングに招集。 アバンタイトルのシーン。 ニゴロ事件の発生を受けムムー編集部に呼び出される社員たち。 ミーティングが始まってる中、遅れてきた 済風桐子はあいさつするも周りはスルー。 上手く会話に入れない…?報道番組に映っていた目撃者のオバチャンの取材を編集長に提案する桐子。 編集長は 「済風、探してこい!」と返す。 んん? 編集長は桐子に目撃者のオバチャンを探しに行けと指示を出した?それと編集部を出る前にガラス扉で桐子が身だしなみを整えるシーンも変です。 これも伏線ですね…。 日下部が 幽体離脱した姿が悪魔だったんですね。 まあ…これはわりとバレバレでしたが。 日下部曰く 「俺は何回も死んでいる。 」 何回も死んでいる=日常的に幽体離脱している。 ってことですねえ。 それで幽霊状態で彷徨い実験をやってたら、 大好きなお兄様がミイラだったことを知って自殺しようと していた、ヤンデル亞里亞に出会った。 気になるのは、日下部は最初は亞里亞が自殺するのを悪そうな顔で愉しそうに眺めてたのに、 突然心変わりして自殺を止めさせた ように見えることですね。 亞里亞が踏切に飛び込む瞬間、幼い亞里亞の姿が一瞬だけチラっと映ってましたけど。 女が電車に轢かれるのを見るのは目覚めが悪いとか言ってましたが、他に 本当の理由がありそうだなあ。 重度にお兄様に依存していた亞里亞。 憎まれ口を叩きつつ亞里亞を影からフォローする悪魔こと日下部さん。 お兄様と日下部って何か関係があるんですかね? ゾン子「あんたバカァーー!!!?」 どっかで聞いたことのあるセリフ。 他の人間に自分のことバラすな!と怒る。 たしかに教授の殺害事件の犯人に認定されそうな立場のガモタンが通報されたらヤバいけど。 さりげなく 美少女アッピルするゾン子のお茶目っぷりに笑う。 そうか、ゾン子は美少女なのか… ゚A゚; ゴクリ。 やはり、りょーたすの自演か? ブルゥムーンで ニゴロ事件の集団催眠説を否定するガモタンに対して 「どうしてぇ?見えない敵さんはいないってわかるの~~???」と問いかけるりょーたすが怪しげです。 ゾン子と会話したあとネットで橋上教授の事件についてググると、自分の運営してるキリキリバサラの記事がヒット。 コメント欄に 【HM:どーも銭田です】 のコメントが目に留まったガモタン。 その書き込みによると 橋上教授の殺害事件と 西園梨々花の BL同人『昏い水の底』の内容が似ているという。 コメントを残したのは、刑事の森塚くんですね。 今回モリヅカは出番なしでした。

次の

Occultic;Nine

オカルティックナイン 早口

「オカルティック・ナイン」とは、どんな作品なのですか? 先日、 ずいぶん前に録画したまま放置していた AT-Xのアニメを見ていたのですが、 合間に番宣が流れますよね。 その中で、 「これ、なんだ…?」 と、不思議に思った作品がありました。 それが、 「オカルティック・ナイン」でした。 最初は番宣を見ていて、 「なんだこの曲!めっちゃかっこいい!!」 と、特徴的な曲に惹かれました。 ただ、 パッと見ただけではかなり難解で、 どんな話なのかよくわかりませんでした。 「オカルトに関係ある作品なのかな? でも、見た感じ、 ミステリーっぽくもあるし… それに、ヒロインっぽい女の子の胸が 服の下に風船でも入れてるのかと 思うほどの大きさで、 違和感すごくて不自然だ… これもなにか作品内で関係が…?」 と、考えれば考えるほど この作品のことが よくわからなくなってしまいました。 何を目的に話が進んでいくのか? ジャンルは何なのか? 全くもって謎の作品です。 なんでも、 ゲームも発売されるということで、 ますます気になり… 調べようと思っても このネット社会、 下手に調べると ネタバレとかバンバン出てきそうなので、 なかなか身動きできず… ダンガンロンパとかで、 それそれは痛い目にあったので… 泣 YouTubeで調べたら ネタバレ系の動画がわんさか出てくるし、 見たくなくてもおすすめに出てくる 知り合いに自分が現段階で 好きなキャラを教えたら、 「そのキャラの末路知ってるよ」 と、あっさりネタバレされたり。 その件から軽く人間不信になりました 笑 それだったら、 知ってる人に聞いた方が 作品に対する愛もあるし、 見た人にしかわからないこと、 感じたことなどもあるに違いない と思いましたので。 「オカルティック・ナイン」 がどんな作品なのか、 内容、登場人物、重要な用語など、 これ知っておくといいよ! と思われること、なんでも構いません。 「オカルティック・ナイン」 について詳しく教えてください。 テーマはズバリ『超常科学』。 オカルティック・ナインは「オカルト 超常現象 を科学的に説明できるのではないか?」という著者・志倉千代丸氏の素朴な疑問を元にした小説原作の作品です。 志倉千代丸氏はこれまでにも科学アドベンチャーシリーズの『カオスヘッド ノア』や『シュタインズ・ゲート』といった作品を手掛け、科学とファンタジーを融合させた現実味のある作品作りをすることで定評があります。 そんな志倉千代丸氏が世に送る5番目の科学作品こそが『オカルティック・ナイン』なのです。 『オカルティック・ナイン』の舞台は2016年初頭の吉祥寺。 高校生アフィブロガー「我聞悠太 がもんゆうた 」を主人公に、『オカルティック・"ナイン"』の名の通りにオカルティックな9人の変わり者たちが物語を織りなし、やがてはとある陰謀に対峙します。 そのために、好きな人はとことん好きになり、好かない人にはとことん合わない作風となっています。 しかし、物語を折り返した中盤、物語は一気に加速し、その伏線回収や演出に多くの視聴者が驚かされ、称賛しました 私感です。 また、動画や音楽、どれを取り上げても一級品ですが、中でも特徴的だったのが圧倒的な「セリフ量」とそれを映像に収めるための「早口・早回し」です。 聞き逃さないよう注意が必要なレベルです。 また、シナリオ以外にも伏線となるようなものが、かなり細かく仕込まれており、登場人物の一挙一動を見逃さないよう、一言一句を聞き逃さないよう見ることで中盤以降に明らかになる『あること』に気付くことが出来るかもしれません。 3巻今秋発売予定。 アニメの原作……ですがアニメに越されています。 アニメとは違う世界線の物語。 ゆえにラストも違います。 どの媒体よりも早くに完結。 アドベンチャーゲーム。 フルボイス。 物語は井の頭公園の池で256人の水死体が発見されたところから始まる。 アフィリエイトで稼ぐ為にオカルト系のまとめブログを運営する少年。 と言わざるを得ない作品になっています。 (どこの描写かは現時点ではネタバレに近くなるので言えませんが) 次第にそれらの意味が繋がっていくカタルシスがたまらないし、 もう一度見返してその時の描写を確認したくなります。 そしてそれがわかった時の鳥肌具合ったら。 更に、台詞が早口で進んでいくので情報量が多いし スピーディな会話が癖になるところも面白いですね。 一応わかりやすく説明されてるので予備知識無くてもわかりやすいかと。 ちなみに胸が異様に大きなのは話に関係ありません。 あれはいわゆる『爆乳』と呼ばれるもので、 視聴者は一種の「オカルト」と認識して楽しんだりしてますね。 声を担当したあやねる(佐倉綾音)は 「爆乳じゃなくて奇乳」とどこかで言っていました。

次の