マルチ ツール 使い方。 マルチツールのおすすめ人気ランキング12選【マキタ・日立・ボッシュの商品もご紹介】

ポケットに忍ばせる40の機能。カード型のマルチツール「Tool Card」

マルチ ツール 使い方

マルチツールの王道メーカーについて マルチツールと言えば真っ先に名前が挙がる王道のメーカーが2つあります。 多くの方はこのどちらかのメーカーのマルチツールを使用することになると思いますので、 それぞれのメーカーの特徴について紹介します。 おしゃれキャンパーにおすすめ「Victorinox」の特徴 「Victorinox」 ビクトリノックス とはスイス発祥のマルチツールメーカーです。 キーホルダーに着けるようなミニサイズから、ハンティングに使えるような本格的なものまで幅広くラインナップされています。 スイスの国旗を模した十字のエンブレムが特徴です。 Victorinoxのツールの特徴を挙げてみます。 見た目がおしゃれ• 比較的軽いモデルが多い• ツールは少し華奢• コルク抜きがついているモデルもある シルエットもコンパクトに収まっていて、見た目がおしゃれなモデルが多いです。 ただし、見た目通り一つ一つのツールは金属が薄く、あまり手荒く扱うには向いていません。 コルク抜きがついているモデルもあり、 おしゃれな雰囲気のキャンプにぴったりです! ワイルドなキャンパーにおすすめ「Letherman」の特徴 「Letherman」 レザーマン はアメリカ発祥のマルチツールメーカーです。 もともとは工具を製作していたメーカーなだけあり、武骨で頑丈そうな雰囲気が漂うモデルを多く販売しています。 Lethermanの特徴を挙げてみます。 見た目は武骨• 比較的重い• ツールは安定感がある• プライヤーがついているモデルが多い Lethermanは実用性を重視した武骨な見た目のモデルが多いです。 (個人的には大好物なデザインです笑) ほとんどのツールにはVictorinoxではあまり見られない「プライヤー」 ペンチ が標準装備されています。 どのツールも頑丈にできており、手荒に扱っても壊れにくいです。 さらにLethermanの正規輸入品を購入した場合には、 なんと 「25年保証」がつきます! これは使用の中で発生した破損や不良に関しては、25年間無料で修理をしてもらえるサービスで、ナイフの刃付けなんかもしてもらえます。 おしゃれさはあまりありませんが、 ワイルドなキャンパーさんにぴったりです! 私が持っているマルチツールの機能と用途について ここで、私が持っているマルチツールについて紹介しようと思います。 私は2つのマルチツールを使い分けています。 Victorinox 「ハントマン」• Letherman 「シグナル」 ゆるくてライトなキャンプにはおしゃれなVictorinoxのハントマン、 ワイルドなブッシュクラフトスタイルでは武骨なLethermanのシグナルを持っていきます。 Victorynox「ハントマン」は主に調理器具 ハントマンはVictorinoxの基本的なツールに加え、ノコギリやハサミ、コルク抜きなどを備えたアウトドアでも自宅でも使える利便性が高いモデルです。 ハントマンについている16機能はこちら。 ラージブレード・スモールブレード・コルク抜き・カン切り・マイナスドライバー小・マイナスドライバー大・栓抜き・ワイヤーストッパー・キリ・キーリング・ピンセット・つまようじ・ハサミ・マルチフック・のこぎり・糸穴 沢山機能がついていますが、キャンプでよく使うのは ラージナイフ、コルク抜き、栓抜き、ハサミ をよく使います。 特に、ラージナイフの刃が薄いので包丁の代わりに最適です。 切れ味もよいので食材を切るときに重宝します。 さらにコルク抜き、栓抜きがついているのでビンのお酒やワインを飲むときに大活躍します。 ハントマンは基本的に食事の時に使用しています。 Letherman「シグナル」は主に工具 シグナルは機能を絞り、火打石 フェロセリウムロッド や救難用のホイッスル、利便性の高いコンボナイフを搭載したサバイバル向けのモデルです。 シグナルについている21機能はこちら。 とにかくツールが頑丈なので、木材の加工にも使えます。 細い枝なら付属ののこぎりで切って軽くバトニングすることもできます。 また、プライヤーで小型の焚き火台をつかんで移動させることもできます。 さらに、Victorinoxとは違い各ツールにロック機構がついており、使用している際にとても安心感があります。 私流のマルチツールの使い方について説明しました。 もちろんすべての機能を使っているわけではありませんが、アウトドアシーンでマルチツールを一つ持っていると、思わぬところで活躍してくれます。 最後に、これからマルチツールの購入を考えている方へ向けて、 VictorinoxとLethermanのオーソドックスモデルを紹介しようと思います。 アウトドアでガシガシ使いたい方にもおすすめのモデルです。 マルチツールについてのまとめ.

次の

万能!持っていると便利なおすすめマルチツール4選

マルチ ツール 使い方

携帯工具とは スポーツバイクでよく使うアーレンキーやドライバーなど複数の工具が一体化・小型化した携帯性に優れたツールです。 アウトドアで使う十徳ナイフのような折りたたみ式のものが主流です。 出先でのトラブルやセッティングなどの微調整に使うため自転車で走るときには必ず持って行くことをおススメします。 使用例 ・走る前に変速調整をしていたのに、実際走っているとフロントメカにチェーンが当たる。 ・シートポストの高さを少し調整したい ・クリートの角度を変えたい ・チェーンが切れた ・サドルの前後、角度を調整。 ・フラットバー用のブレーキの引きしろの調整 2mm:5800 、R8000 系等のシマノの新型フロントディレイラーのアジャスターボルト調整 2. 5mm:サイコンのマウント、レクマウントの取り付けねじ 4mm:クリート取り付けねじ、ステムのハンドルクランプ、ステムのフォークコラムクランプのねじ、シートクランプ 5mm:シマノSTIレバーの取り付けねじ、ステムのハンドルクランプ、ステムのフォークコラムクランプのねじ、シートクランプ プラスドライバー:シマノやカンパニョーロのリアディレイラーのアジャスターボルト調整 トルクスレンチ T25:ディスクブレーキのローターの取り付けねじ 携帯工具の選び方 携帯工具に備わっている工具の種類、工具のサイズ、大きさは様々です。 アーレンキーだけがセットになったものや、CO2インフレーター、ペダルスタンドが付属したものまであります。 選ぶ基準には、携帯性、丈夫さ、軽さ、万能、デザイン、使いやすさ等があります。 相反する基準もあるため何を優先するかを決める必要があります。 どの携帯工具を選べばいいかわからないときは下記の優先順位を考えると選びやすいです。 必要な工具を考える 上記に上げた使用例であれば、下記のものが揃っていれば対応できます。 アーレンキー(2mm、2. 5mm、4mm、5mm、6mm)• プラスドライバー• チェーンツール ・チェーンが切れた場合、自力での走行が不可能になるため 、チェーンカッターが付属したものをおすすめします。 ・チェーンカッターが付いた携帯工具は大きくなり、他のツールを使うときにねじが回しにくい等使い勝手が悪くなるため、またはあまり使わない工具もついてくることが多いため、 携帯工具は小型なものにして、チェーンカッターは小型のものを別で持っておくという方法もあります。 下記のものは標準的な携帯工具です。 ディスクブレーキのローターに使われているT25サイズのトルクスも付属しています。 凹凸の削り出し加工により軽量でありながら高剛性。 力を入れて使用してもフレームがたわむことがなくしっかりねじを回すことができます。 コンパクトなボディに必要最低限なツールが収納されています。 またサイズも上記のもの以外が使われていることもあります。 そのため、自分が乗っている自転車に使われているネジの規格を調べ、使われているネジの種類、サイズが備わった携帯工具を選びましょう。 2.スペースに合わせて大きさを選ぶ 同じ装備の携帯工具であっても、極端に小型化したものや、力を入れやすいように大きく作られているものまで大きさも様々です。 大きさを決める基準としては、ツールケースやサドルバックに普段入れているもの(チューブ、携帯ポンプ)が入った状態で、残りのスペースに入る大きさ以内のものを選ぶといいかもしれません。 大きすぎてそこに入らないということになると、肝心な時に持っていくのを忘れていた、または、結局邪魔になり持って行かないということにもなります。 最近ではボトルゲージに収めて置けるものや、クイックリリースと一体型になった携帯工具もあります。 このタイプであれば、持って行くスペースがない場合でも携帯することができます。 下記のものはクイックリリースのレバーの部分が携帯工具になっています。 チェーンカッターも付属しています。 2 スポークレンチ 下記のものはボトルゲージの下部に携帯工具が入っています。 バーエンドの様にドロップハンドルにはめておけるチェーンカッターもあります。 携帯工具はチェーンカッターが付属していない軽量なものにして、併用する使い方もできます。 フレーム素材のメリット・デメリット 携帯工具は工具の素材の他にも、フレーム素材(赤丸箇所)にも種類があり、それぞれ特徴やメリットデメリットがあります。 壊れやすい箇所 携帯工具の使用時、フレームとツールを固定しているボルトの部分(赤丸箇所)に力が加わります。 樹脂製フレームなどの場合はこの固定部分から破損することが多いです。 特にこのボルトの部分が緩んでいてガタがある状態で使用すると破損しやすくなります。 使ているうちに緩む部分ですので、定期的に増し締めをしましょう。 また、使用するときも、端を持つのではなく、できるだけ支点に近いところを持つようにしましょう。 一部、ツールの根元を切削加工したタイプの携帯工具は、通常の工具では線で接触するためガタが出やすいところを、面で接触するように加工してありますので、大変ガタが出にくくなっています。 長期のハードな利用を想定される場合は、このタイプを選ばれることをお勧めします。 携帯工具の種類 その他の携帯工具をご紹介します。 小型携帯ツール アーレンキー数サイズのみ、またはプラス、マイナスドライバーだけがセットになった必要最低限のものがセットになっています。 大体5ツール前後です。 備えあれば憂いなし どんなトラブルにも対応できるような装備を備えています。 大体20ツールがセットされています。 デメリットは重くなることと体積も増えるためツールケースや小型のサドルバックに入らない可能性もあります。 変わり種 標準的な装備以外が付いている携帯工具をご紹介します。 下記のものは5Nmのトルク管理ができる携帯工具です。 カーボンフレームに乗っている方におすすめです。 2ピースの組み合わせにより21機能のツールとなります。 駐輪時にペダルに取り付けて簡易スタンドとして使えます。 インフレーター付き CO2インフレーターと携帯工具が一式になったものもあります。 CO2インフレーターを使う場合、携帯ポンプを持っていく必要がなくなります。

次の

マルチツールの種類と使い方! ツールレスでブレード交換、切断・剥離・研磨ができる

マルチ ツール 使い方

BIツールの基本知識 まずはBIツールについて簡単におさらいしましょう。 BIツールとは BIツールとは、大量のデータを収集し分析するツールです。 社内にある複数のデータベースからデータ同士の相関関係を導き出したり、帳票データやレポートを自動作成することができるようになるなど、ビジネスの可能性を広げ、的確な経営判断に貢献しています。 BIツールの4つの機能 BIツールは、主に以下の4つの機能から構成されています。 BIツールにはこれらの機能が搭載されており、活用目的などに応じて各機能に特化した様々な製品が各社から提供されています。 BIツールできる分析手法と効果的な使い方 BIツールは具体的にどのように使うのが良いのでしょうか。 ここからはBIツールで実施できる分析手法や効果的な使い方について解説していきます。 予実分析で素早い経営判断を実現する 予実分析とは、予算と実績を比較して分析することです。 どんな企業であっても、利益を生み出すためには的確な予実分析が必須となります。 BIツールでは、過去~現在に至るまでの売上データを簡単に分析することができ、ダッシュボード機能を活用すればリアルタイムに表やグラフが更新されていく様子を監視することもできます。 例えば経営管理部門であれば、経営判断に役立つ指標をすぐに確認・分析することが日々必要とされています。 企業によって重要指標は異なりますが、ダッシュボード機能で「経常利益率」や「売上高」などのデータをリアルタイムに表示することで、迅速な経営判断を行うことができます。 また、現状の数値を知るだけでなく、為替や材料費など日々の変化から売上予測のシミュレーションも可能なので、予測ツールとしても活用することができます。 OLAP分析・データマイニングでマーケティング戦略を立てる OLAP分析・データマイニングでは、分析の掘り下げや関連性の分析を行うことができます。 こうした機能を使って、外的要因との関連性から広告の打ち出し方やターゲットの絞り込みをすることができるでしょう。 例えばマーケティング部門では、BIツールの分析機能を使い、複数の売上データから関連性や傾向を分析することができます。 マーケティング業界では有名な話ですが、スーパーマーケットの売上データから、赤ん坊用のおむつとビールが一緒に購入される傾向にあるという分析も、このOLAP分析・データマイニングから明らかになったと言われています。 人では発見出来ないような傾向やパターンを見つけ出し、広告の最適化やプロモーションのターゲットを絞り込むなどの施策を行うことができるでしょう。 レポーティング機能で日々の営業活動を最適化する BIツールはレポーティングの機能があり分析結果を簡単にレポートにすることができます。 フィルターやドリルダウンの機能を使えば、分析結果をよりわかりやすく説明することができ、資料に説得力をもたせることもできます。 営業部門であれば、レポーティング機能を使って日々の売上レポートや売上予測を簡単に作成することができます。 また経営層に報告を求められたときも、例えば「自社製品を導入した企業の売上アップ率」など具体的な数字もBIツールでは簡単に出せるので、資料の説得力も向上します。 ABC分析で商品や顧客をランク分けする ABC分析は重点分析とも呼ばれており、顧客管理や販売管理の分野でよく使われる分析手法です。 売上高などの任意の指標でABCの3段階に優先順位をつけ、各グループに対して施策を打ち出します。 このABC分析を行う際は、過去の膨大なデータを全て分析する必要があり、Excelなどで分析するには限界があるでしょう。 BIツールでABC分析を行えば、全商品を過去数年間で売上が多い順に並べ替え、各グループごとに対して更に分析をかけることができます。 BIツールの使用はデータの一元管理が前提となっているため、スライシングやドリルダウンといった再集計が簡単にできます。 分析完了後、グラフで視覚的にまとめるのも簡単です。 在庫回転率分析で在庫の過不足を減らす 在庫を持つ企業であれば、可能な限り在庫の過不足を減らし適正在庫を目指したいと考えているのではないでしょうか。 適正在庫量を商品ごとに設定するのは非常に難しい作業です。 全商品に対して在庫回転率を分析し、季節や発注担当者ごとに分類するのは労力のかかる作業ですが、BIツールを活用すればこれらの分析を効率化することができるでしょう。 在庫は日々変動し続けるものですが、BIツールでは最初に設定をしておけば毎日自動でデータ更新がされていきます。 在庫管理は企業にとって経営状況にも影響を及ぼす大きな要因の一つですが、BIツールを活用することで効率よく在庫の過不足を減らすことができるでしょう。 BIツール導入事例も参考にしよう BIツールの使い方を考えるときは、実際の導入事例を参考にすると良いでしょう。 自社と似たような課題を抱える企業もあるかもしれません。 ある企業では、組織の拡大に伴って売上などの経営指標の把握が難しくなっていました。 今後の企業の成長を考えたときに、リアルタイムな現状把握は必須であり、そうすることで迅速な経営判断ができると考えるようになったのです。 BIツールの導入後は、ダッシュボード機能を活用して簡単に経営データを把握できるようになったとのこと。 定例会議で売上進捗などの数字共有を細かく実施する必要もなくなり、今後の戦略策定に注力できるようになりました。 その他の導入事例については、こちらの記事をご覧ください。 BIツールの使い方を知って上手に活用しよう BIツールの使い方について紹介してきました。 まずは実際の業務の中でどのようにツールを活用できるかを明確にし、具体的にイメージをしたうえで、資料を取り寄せたり各ベンダーに話を聞いたりして進めていきましょう。 実際のBIツール製品に興味を持たれた方は、是非以下の記事からBIツール製品をチェックしてみてください。 新着記事• 厳選したBIツールをまとめてご紹介!BIツールの概... 働き方改革を推進するのに、BIツールの導入をお考... BIやRPAとはどのような意味なのでしょうか。 どちら... データの可視化とはどのようなことを指すのでしょ... 管理会計にBIツールを使うことは可能なのでしょう... BIツールとIoTはどのように活用すればよいのでしょ... 自社の業績を改善するために経営分析を行いたくて... OLAP分析とはどのような分析方法なのでしょうか。... BIツール導入時の要件定義はどのように行えばよい... 近年、多くの企業では情報資産を活用するためにBI...

次の