ここ から 近い ドトール。 ドトールのおすすめコーヒー豆3種|豆は店頭で挽いてくれるし割引サービスもあり

『ここは、駅から近いようで遠く、 あまり人がいません。何より、広い! 1階は20名ほどのせきで』by ひろまさ : ドトールコーヒーショップ 西新宿1丁目店

ここ から 近い ドトール

地方在住なので、成田発の海外旅行の際は、夕方以降の出発以外は、毎回成田に前泊しています。 いつもは仕事を終えてから向かうので、夜遅くの到着ですが、今回は珍しく昼間から成田入りしたので、「成田山」を散策。 アパホテルから向かう途中で「ドトールコーヒー」でアイスコーヒーをいただきました。 以前からこちらにあるのは知っていましたが、大体いつも閉店後なので、利用したのは初めて。 普通のドトールですが、「京成成田駅」からすぐ、軽食系のチェーン店の中では、こちらが一番近いので、利用価値は大だと思います。 (営業時間は7時30分から21時までです)• 行った時期:2016年8月• 混雑具合:やや空いていた• 滞在時間:1時間未満• 投稿日:2017年12月16日.

次の

ここから近い前橋パン屋|こだわりの美味しいパン屋ランキング9選

ここ から 近い ドトール

「お食事と美味しいコーヒーを、贅沢な空間で楽しんでいただきたい」という想いからフルサービスのドトールが誕生しました。 存在感のある石造りのような外観……いつものドトールとは全然違いますね! 今回訪れた、ドトール珈琲農園 多摩堤通り店は、2017年、その1号店としてオープン。 東京・世田谷区にあり、二子玉川駅からバスで約10分ほどの場所にあります。 駐車場があり、近隣の方だけでなく、ドトール珈琲農園を目指してドライブがてら遠方から来られる方もいるそうです。 さあ、さっそく中に入ってみましょう。 コンクリートアーチの奥に広がるコーヒーカウンターは、まるで高級ホテルのフロント!一瞬で非日常の世界に引き込まれました。 仕事に行く前にささっと立ち寄るドトールという感じではなく、ゆっくり腰をかけて、じっくりコーヒーを堪能する、そんなラグジュアリーな空間です。 ふわっと香るコーヒーのいい香りにも癒されます。 エリアは4つ。 お好みの席を選ぼう! 店内の席数は110席、テーマに合わせ4つのエリアに分かれています。 また、お好みの席が選べるのも魅力。 ゴージャスエリア まずは、「ゴージャスエリア」。 いや~名前の通りゴージャスですね。 コーヒー農園主の邸宅って本当にこんなお家なのかと気になって、スタッフさんに聞いたら、とあるコーヒー農園の邸宅は、実際にこんな感じだったそう。 そう聞くと何だか夢がありますね。 邸宅内の居間をイメージしたゴージャスエリアは、暖炉や豪華なインテリアが配置され、高級感たっぷり。 リッチな気分に浸れる人気エリアです。 テラスエリア 続いて、「テラスエリア」。 入口に近いこちらのエリアは、邸宅のエントランスをイメージした空間です。 明るく開放感があり、1~2名で利用しやすいエリア。 ファームエリア こちらは、邸宅内のダイニングルームをイメージした「ファームエリア」。 農耕具などがインテリアとして飾られ、アメリカの西部開拓時代にタイムスリップしたかのような雰囲気です。 パークエリア そして、4つ目は、屋外の「パークエリア」。 ドリンクやサンドイッチ等、テイクアウト商品のみ注文が可能です。 小さなお子さん連れの方には嬉しいですね。 ちなみに、ワンちゃん連れもOKです。 個室もあり! 個室が2部屋あり、お子さん連れや女子会などに人気。 いずれの席も平日は予約可能です。 ハンドドリップの自家焙煎スペシャルティコーヒー では、ドトール珈琲農園のコーヒーの魅力に迫っていきましょう。 国内工場での自家焙煎 (画像提供)ドトールコーヒー コーヒーは、焙煎してからの鮮度が重要です。 海外で焙煎した豆を輸入するところもあるようですが、ドトールは国内の自社工場でブレンド、焙煎しているため、鮮度が良く美味しい状態で提供ができるんだそう。 いつものドトールでもコーヒーが美味しいと思っていましたが、納得! 丁寧なハンドドリップ そして、ドトール珈琲農園では機械は使用せず、全てハンドドリップで抽出。 手間はかかりますが、ハンドドリップの方が、豆の美味しさを引き出すことができ、美味しいコーヒーができるんだそうです。 お湯の注ぎ方次第で味が変わるハンドドリップは、安定した味を提供するのに苦労もあるのだとか。 最高ランクのスペシャルティコーヒー また、ドトール珈琲農園で使うコーヒー豆は、スペシャルティコーヒーと言われる最高ランクのもの。 スペシャルティコーヒーとは、国際基準のジャッジが100点満点中80点以上と認められたコーヒーのこと。 品質管理や欠点豆の割合など厳しい基準があり、なんと、コーヒー生産量全体の数パーセントほどしかなく、仕入れも難しいのだそう。 では、なぜドトールで仕入れが可能かと言いますと、もともとコーヒー豆の卸売業者だったから。 独自の仕入れコネクションがあり、スペシャルティコーヒーを常に提供し続けられる環境にあるんだそうです。 コーヒーは、試飲してから選べる! 美味しさの裏にあったのは、仕入れから提供までの究極のこだわりだったのですね。 それは美味しいはずです!コーヒー豆や淹れ方について無知の私は、驚きの連続。 そして、コーヒーって奥が深いな、と実感させられました。 ドトール珈琲農園では下記の3種類からコーヒーを選ぶことができ、お店の入口で自由に試飲が可能です。 ザ・ドトールブレンド ローストナッツのような香りと、軽やかな味わいが特徴。 焙煎は、中深煎で、まろやかさと苦味のバランスが良い一番人気のコーヒーです。 主な生豆生産国名:ブラジル、コロンビア ザ・クラシックブレンド シナモンを思わす甘く温かみのある香りと、ダークチョコレートを感じさせるコクが特徴。 深煎ですが、思ったほど苦味は感じず、美味しい。 主な生豆生産国名:コロンビア、グアテマラ ザ・モダンブレンド マスカットのようなフルーティで爽やかな酸味が特徴。 浅煎で、まろやかな甘味もあり、女性に好まれそうです。 主な生豆生産国名:グアテマラ、エチオピア ザ・ドトールブレンドをチョイス! 生まれてはじめてコーヒーの飲み比べをしましたが、豆の産地や焙煎の深さによってこんなに味が違うんだって驚きましたよ。 今回は、ザ・ドトールブレンドを選びました。 まろやかで、ナッツのような香ばしさが鼻を抜ける味わい……お、美味しい……。 コスパ最高!ゆったりモーニングを満喫しよう! 多摩堤通り店では、平日・土日問わず、オープン~11:00までモーニングが実施されています。 基本のモーニングメニューは、コーヒーまたは紅茶に、無料のトーストが付いて500円。 他にもいくつかメニューがある中、私がいただいたのは、モーニングで一番人気の「3種チーズのあつあつたまごグラタン」。 基本のモーニングにたったの100円追加で、グラタンが付いてくるんです! グラタンのベースは半熟卵。 そこに、とろ~りとろけたチーズ、ホワイトソース、トマトソースが絶妙なバランスで絡み合っています。 トーストは外がサクっ、中がふわっとした最高の焼き加減。 そのまま食べても美味しいですが、ここはグラタンをオンしていただきましょう。 もちろん一緒にコーヒー(ザ・ドトールブレンド)も堪能。 幸せですね。 これで600円とは、コスパ良すぎです! お食事&スイーツが本格的! お食事&スイーツメニューが本格的なことも、ドトール珈琲農園の魅力です。 平日はパスタランチが人気 平日は、パスタとオムライスから選べるランチセット(コーヒーまたは紅茶付き)が楽しめます。 中でもパスタが人気で、私は、エビとモッツァレラのトマトクリームソースをいただきました。 パスタ専門店にも負けない美味しさにびっくり!コーヒーもそうですが、ドトールの本気を見ましたね。 インスタでよく見かけるパンケーキもいただきました! ランチ後は、インスタでよく見かけて気になっていたパンケーキを注文。 美しいフォルム!裏話ですが、ここまで綺麗に焼くのもコツがいるんだそうです。 半分はメープルシロップをかけてみましたよ。 表面はサクっと焼き上がっていて、中はしっとり。 噛むたびに甘さが広がる絶品のパンケーキです。 メープルシロップが染みた部分はさらにしっとりして、頬がきゅっとなる美味しさ。 コーヒーが最高に合います! 広報担当者さんにドトール珈琲農園の魅力を教えてもらいました 広報担当者さんによると、 「ドトール珈琲農園の魅力は、 やはり、今までのドトールとは違う、上質なサービス。 仕事前にさっと立ち寄るドトールとは違い、自由に読んでいただける書籍や雑誌もあり、贅沢な空間の中で、ゆったりコーヒーが味わえる場所です。 ここは子連れでコーヒーを楽しむことができ、年配の方もゆったりできます。 世代問わず楽しめるところも魅力ですね」 とのことでした! ドトール珈琲農園 多摩堤通り店の基本情報 住所:東京都世田谷区鎌田4-17-18 電話番号:03-3416-1830 営業時間:<月〜金>09:00~21:00(L. 20:30)<土・日・祝>07:30~21:00(L.

次の

ドトールのフリーWi

ここ から 近い ドトール

, Ltd. )は、主にを扱うの(卸業)である。 の、加工並びに販売および、の経営や事業を展開している。 社是は「1杯のおいしいコーヒーを通じて人々に安らぎと活力を提供する」。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年8月)• 創業者・:• :星野正則(就任)• 所在地:1-10-1(1Fは) 沿革 [ ]• 1962年(昭和37年)4月 - 東京都にて、コーヒーの焙煎会社として設立• 1972年(昭和47年)7月 - に1号店を出店• 1976年(昭和51年)1月 - からへ変更• 1980年(昭和55年)4月 - 1号店を前(渋谷区)に出店• 1987年(昭和62年) - IRP経営学院(オーナー向け)を設立、ドトールコーヒーショップ100店舗• 1993年(平成5年)8月 - に株式を店頭登録• 1998年(平成10年)7月 - へドトールブランド製品を出荷• 1999年(平成11年)5月 - 本社を東京都渋谷区に移転• 2000年(平成12年)11月 - 市場第1部に株式を上場• 2003年(平成15年)11月 - との提携により、(現・ジェイティ飲料)がDOUTORブランドのドライ飲料を販売開始する。 2004年(平成16年)4月 - ドトールコーヒーショップ1,000店舗達成• 2007年(平成19年)10月 - と経営統合し、共同「」を設立。 ドトールコーヒーは上場廃止。 2009年(平成21年)11月25日 - の発行・取り扱いを開始。 2010年(平成22年)5月 - のユニマットキャラバンから珈琲店「カフェラミル」・紅茶専門店「ニナス」を、ユニマットクリエイティブから店「オーバカナル」を、それぞれ。 2015年(平成27年)• 4月 - DOUTORブランドのドライ飲料の一つである「ドトール カフェ・オ・レ」をリニューアル発売。 これまではジェイティ飲料から発売されてきたが、同年9月をもって日本たばこ産業の飲料事業部並びにジェイティ飲料が手掛けてきた飲料部門撤退発表に伴い、販売元がに変更となった。 10月 - に「ドトールコーヒーショップシャミネ松江店」を出店し、47都道府県すべてに出店を達成。 10月 - ドトールバリューカードの利用を開始、これにより従来の「ドトールポイントカード」と「ドリンクチケット」は廃止になった。 2019年(平成31年)4月19日 - Tポイント取り扱いを終了。 2019年(令和元年)6月3日 - の取り扱いを開始。 2020年(令和2年)3月2日 - この日よりクレジットカード決済を開始。 名称の由来 [ ] 「ドトール」()とは、で、「・」を意味する。 つまりの「doctor」に相当する。 創業者の鳥羽がのコーヒー農園で働いていた時の下宿先がの「ドトール・ピント・フェライス通り85番地( Rua Doutor Pinto Ferraz, 85 フア・ドウトール・ピントゥ・フェハス)」であったことに由来する。 なお、ポルトガル語の発音では「ドウ トール」に近い。 2012年現在、商業登記しているドトールの店舗数は正式には日本国内に約90店舗しか存在しない。 店舗展開 [ ] ドトールコーヒーの主な店舗展開は、6つの業態によるフランチャイズチェーンである。 11月末現在、全都道府県に1,346店舗を出店しており、コーヒーチェーンとしては日本最大の店舗数を持つ。 またなど海外へも進出している。 大手コーヒーチェーンの中ではコーヒー販売価格が比較的安価に設定されている。 フランチャイズ店・直営店 [ ] カフェ コロラド [ ] 詳細は「」を参照 エクセルシオール カフェはをメインとするイタリアンバールを意識し、ドトールコーヒーショップのワンランク上を目指したカフェ。 1999年(平成11年)より営業を開始した。 第1号店は東京都港区()。 「本日のコーヒー」Sサイズ280円、Sサイズ310円とドトールコーヒーショップよりも高価格に設定している。 当初、エクセルシオール カフェのが緑を基調とするのマークと似ているため、を起こされたこともある。 その後青を基調とするマークに変更された。 メニューの「本日のコーヒー」は1週間で7種類の豆をローテーションしている(店舗によっては1種類の豆のみ)。 やなどを販売する店舗も存在する。 2007年10月時点での店舗数は、フランチャイズが35店、直営が136店である。 店内には、コーヒー豆、エスプレッソマシン、、各種コーヒー関連用品も取り揃えている。 店舗により取り揃えられている用品は異なる。 インテリアなどもドトールコーヒーよりも高級感を出し、席のゆとりもある。 やといったがほとんどの店舗に導入されており、ゆっくりくつろぐといったことが基調となっている。 エクセシオールカフェ [ ] ル・カフェ・ドトール 銀座店 ドトールの最高級カフェ。 「最高のコーヒーを、最高のお店で、しかも気軽に楽しんでいただきたい」というショップコンセプトを元に誕生した、超一等地のドトールの最高級業態。 メニューは、エスプレッソベースのコーヒーが中心で、価格は400円ほど。 10月現在の店舗数は、直営のみ3店である。 ドトールコーヒーハウス [ ] 形態はドトールコーヒーショップだが、メニューはカフェ コロラドに近い。 公式サイトに記述は無いが、ドトールコーヒーの系列である。 カフェ レクセル [ ] 『最高の一杯』がショップコンセプト。 梟書茶房 [ ] 『選りすぐりの本』と『その本のための珈琲』との出会いを楽しめるコンセプトカフェ。 その他の事業 [ ] ル・ブーケ ドトール [ ] フラワー(花)の販売。 主にやの販売を手掛ける。 また、等も取り扱っている。 東京都4丁目交差点に直営店を出店。 2006年に銀座三愛フラワーに改称された。 かつて存在した業態 [ ] サロンド テ マドレーヌ [ ] 客を主なターゲットに据えたティーサロン。 2000年(平成12年)より営業を開始した。 2005年時点では店、店の2店舗があったが、6月30日に自由が丘店が閉店したことで全店舗が閉店された。 事業所 [ ] 工場 [ ]• 関東工場()• 関西工場() 子会社 [ ]• 連結子会社• 非連結子会社(持分法非適用会社)• 『ドトールコーヒー「勝つか死ぬか」の創業記』(鳥羽博道著、日経ビジネス文庫、2008年、7p)• 2015年10月16日. 2015年10月16日閲覧。 株式会社ドトールコーヒー 2019年4月19日. 2020年2月23日閲覧。 株式会社ドトールコーヒー 2020年2月21日. 2020年2月23日閲覧。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]•

次の