神様は乗り越えられない試練を与えない。 神は乗り越えられる試練しか与えない!!人生を楽しむ6つのプラス思考

神は乗り越えられない試練を与えない

神様は乗り越えられない試練を与えない

神は耐えられない試練は与えられない 「神は乗り越えられる試練しか与えない」という言葉について この言葉は、以前放映された人気TVドラマ「JIN~仁」で主人公のお医者さんが口にする言葉で、印象に残るものです。 実はこれは聖書からの引用で、聖書の原文では 「神は真実な方ですから、あなたがたを耐えられないほどの試練に会わせることはないません。 むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます。 」コリント人への第一の手紙 10章13節という言葉なのです。 さて、この言葉について一緒に考えて見ましょう 神はなぜ試練を与えられるのでしょうか? それは、わが子を教育しない親はいないといえば分かりやすいのではないでしょうか。 親は自分の子供に見返りを求めない愛で愛しています。 と同時に親はわが子が人として正しい大人になってほしい、相手の痛みや苦しみが分かるやさしい、立派な大人になってほしいと思うから教育し、しつけします。 神様は私たち人を最高の創造物として作られましたので、私たちをわが子のように愛しておられます。 むしろ、それ以上です。 自分の命を身代わりにしてもいいほどに愛しておられます。 ですから神様も同じように、私たちに人として正しい大人になってほしい、相手の痛みや苦しみが分かるやさしい大人になってほしい、そして何よりも、私たちが本当に幸せになれる生き方を知ってもらうために教育されます。 聖書の別のところにもこのようにかかれています。 「鞭を控えるものはその子を憎むものである。 子を愛するものは勤めてこれを懲らしめる」箴言13-24 また、親である神はわが子の限界を正確に知っているので、わが子がつぶれてしまうような、行き過ぎた教育はされません。 試練とともにちょうど良いときに脱出の道も備えられるのです。 脱出の道 方法 は、時にはあなたの願ったとおりになりますが、時には困難に耐える力が与えられたりする場合もあります。 かん難が忍耐を生み出し、忍耐は練られた品性を生み出し、練られた品性は希望を生み出すと知っているからです ローマ5-4 ですから、あなたが困難試練の中にいるとき、自分の力だけで何とかしようと、じたばたせず、また、決して望みを失わず、神様を信頼して歩みましょう。 きっと脱出の道を与えられ、試練を会う時以前より成長したあなたになっているはずです.

次の

YOSHIKIさん「神は耐えられない試練を人には与えない」 新型コロナで緊急メッセージ : 社会 : クリスチャントゥデイ

神様は乗り越えられない試練を与えない

佐藤真海(さとう・まみ) パラリンピックを義足で走った初めての日本人女性。 1982年、宮城県気仙沼市出身。 仙台育英学園高卒。 早稲田大学商学部に入学し、応援部チアリーダーズに所属。 早大在学中の2002年に骨肉腫を発症、義足生活に。 04年アテネ、08年北京、12年ロンドンとパラリンピックに連続出場。 13年7月、IPC世界選手権(フランス)で銅メダル獲得。 著書に『夢を跳ぶ--パラリンピック・アスリートの挑戦』 岩波ジュニア新書)ほか。 サントリーホールディングスCSR推進部所属。 2011年、早大大学院スポーツ科学研究科修了。 夏のヒマワリのごとき笑顔である。 ヤワな明るさではない、試練を乗り越えた「義足のロングジャンパー」の佐藤真海には精神的なタフさも備わっている。 そのマミさんが、2020年東京五輪パラリンピック招致の大一番、最終プレゼンテーションの舞台に立つ。 勝機はある。 ライバルがマドリード(スペイン)、イスタンブール(トルコ)。 障害スポーツ者の五輪である「パラリンピック」には、2004年アテネ、08年北京、12年ロンドンと3大会連続で女子走り幅跳びに出場した。 この7月のIPC(国際パラリンピック連盟)世界陸上選手権では銅メダルを獲得した。 勝負度胸には定評がある。 「種目は違いますが、日本代表としてしっかりとプレゼンをしてきたいと思います。 おそらく4年に一度のパラリンピックより、緊張すると思うんですけど、みなさんのお力を借りて精一杯がんばります」 東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市出身。 津波に実家の一部が飲み込まれた。 今年3月の国際オリンピック委員会(IOC)評価委員会が東京を訪れた際、そういった体験や震災復興の思いをスピーチし、評価委であるIOC委員らを感動させた。 大震災でショックを受け、もう陸上を辞めようかと迷っていた頃、被災地・気仙沼の小中学校の子どもたちを励ましにいったら、逆に自分が励まされたそうだ。 「もう一度、自分自身も頑張ろうという気持ちになったんです。 交流を通し、戻ってくる子どもたちの笑顔にスポーツの力を感じることができました」 その子どもたちに背中を押されて出場したロンドン・パラリンピックで6位に入賞した。 約8万人もの大観衆の中でマミさんは跳んだ。 「一生、忘れられない思い出ができました」と振り返る。 「そういう素晴らしいパラリンピックを日本でも是非、開催したいと思って活動してきました。 故郷のみなさんにも五輪パラリンピックを見てもらいたい。 感謝の気持ちを伝えたいと思います」 仙台育英学園高校から早大に進み、応援部でチアリーダーとして活動していた。 だが骨肉腫にかかり、2002年4月に手術で右足をひざ下より切断した。 実は今も再発の恐怖と闘っている。 大事にしているコトバは? 聞けば、31歳のマミさんは小声でこう、口にした。 絶望の時、母から贈られたものである。 「神様は乗り越えられない試練は与えない」.

次の

聖書「乗り越えられない試練は与えない」

神様は乗り越えられない試練を与えない

記事の題名の言葉は、いつ頃からか、よく聞くようになった言葉である。 素晴らしい名言だという人が多いようだが、私は好きになれない。 極めて傲慢な匂いがする。 「人に乗り越えられない試練は無いんだ、人間は何でも出来るんだ」 とんでもない話である。 「死生、命あり。 富貴は天にあり」( 顔淵第十二)である。 この言葉の元は、のによる「コリント人への手紙第一 10-13」であろう。 そこには、 「神は信頼に値する方です。 耐えられないような試練をあなたがたに遭わせるようなことはなさらず、むしろ、耐えることができるように、試練とともに抜け出る道をも用意してくださるのです」 と、書かれている。 これは、全く私の好き嫌いの問題ではあるが、私はのの文が、どうにも好きになれないのである。 しかし、という人は凄い人で、、がの狭い世界からオリエントやローマに広まったのは、このの力である。 しかし、好きになれないものは仕方がない。 キリストの事績を述べたには魅力を感じるが、の書簡は生理的に受け付けないのである。 ここで、好き嫌いは脇において、聖書の文を読んでみると、が言っていることは、神の大いなる愛の素晴らしさであろう。 つまり、という枠組みの中で、神の愛を称える意味で、「神はのりこえられる試練しか与えない」と言うのであれば許されると、思う。 しかし、神を信じていない人間が、この言葉を使った場合は、傲慢以外の何物でもないだろう。 ここでの神は、ただの修辞である。 また、あるから一部分だけ抜き出して語ることは、不誠実でもある。 その証拠に、「コリント人への手紙第一」の、紹介した文章のすぐ前で、は、こうも述べている。 「自分は大丈夫だと思う人は、倒れないように気を付けるがいい」、と。 とにかく、乗り越えられない試練はないなどといった世迷言を信じてはならない。 もし、神というものがいるなら、それは冒瀆である。 「したいことを何でも出来るのは神様だけ、人間は出来ることを一生懸命やるしかない」 これこそが、真実である。 出典 ()新釈漢文大系1 『』 顏淵第十二 司馬牛憂曰、人皆有兄弟。 我獨亡。 子夏曰、商聞之矣。 死生有命、富貴在天。 君子敬而無失、與人恭而有禮、四海之内、皆兄弟也。 君子何患乎無兄弟也 take-ivy.

次の