獨協 医科 大学 埼玉 医療 センター。 兵頭 明夫 先生(埼玉県の脳神経外科医)のプロフィール:獨協医科大学埼玉医療センター

獨協医科大学埼玉医療センター

獨協 医科 大学 埼玉 医療 センター

脳神経血管内治療• 主な研究領域: 脳血管障害の外科的治療と血管内治療 脳神経血管内治療の基礎的、臨床的研究 脳神経超音波の臨床的研究、など 資格・所属学会 日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医 日本脳神経血管内治療学会 脳血管内治療専門医・脳血管内治療指導医 日本脳卒中学会 脳卒中専門医 役職など• 獨協医科大学埼玉医療センター 前病院長、脳神経外科特任教授 兼任• 日本脳神経外科学会 代議員、関東地方会理事• 日本脳神経血管内治療学会 理事、専門医指導医認定委員会委員• 日本脳神経血管内治療学会 第18回会長(2002年)、事務局長(2006年〜2012年)、理事長(2012年〜2016年)、相談役(2016年〜)• The World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology Senior Member• 第1回日本心血管脳卒中学会(旧日本頸部脳血管治療学会)学術集会 会長(2014年)• 日本脳神経超音波学会 評議員• Journal of Neuroendovascular Therapy 編集委員• Neurologia medico-chirurgica, 査読委員• Neurosonology 査読委員 所属病院 来歴等 略歴 1970年 東京学芸大学付属高等学校 卒業 1971年 千葉大学医学部 入学 1977年 千葉大学医学部 卒業 1977年 筑波大学附属病院研修生 1977年 筑波大学附属病院医員(研修医)(外科系ジュニアレジデント) 1979年 筑波大学附属病院医員(脳神経外科シニアレジデント) 1981年 財団法人脳血管研究所美原記念病院 脳神経外科医師 1983年 筑波大学附属病院医員(脳神経外科チーフレジデント 1983年 筑波大学講師(臨床医学系、脳神経外科) 1999年 琉球大学医学部助教授(脳神経外科学講座) 2003年 琉球大学医学部助教授(高次機能医科学講座脳神経外科学分野) 2005年 琉球大学医学部診療教授 2008年 獨協医科大学越谷病院 脳神経外科 主任教授 2009年 帝京大学医学部脳神経外科学 客員教授兼任 2012年 獨協医科大学越谷病院 副院長 兼任 2016年 獨協医科大学越谷病院 病院長 兼任 2017年 獨協医科大学越谷病院 病院長、脳神経外科特任教授 兼任 留学歴 1986年 ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院 1988年 (米国マサチューセッツ州ボストン)脳神経外科研究員(海外留学) 研究課題:虚血性脳血管障害に対する血液希釈療法の基礎的研究 1992年 カリフォルニア大学サンフランシスコ校神経放射線科 1992年 (血管内脳神経外科)(米国カリフォルニア州、サンフランシスコ) 文部省在外研究員(短期) 研究課題:血管内脳神経外科の臨床的研究 論文 【論文】 A. Hyodo, M. Mizukami, T. Kawase, K. Nagata, K. Yunoki, K. Yamaguchi: Postoperative Evaluation of Extracranial- Intracranial Arterial Bypass by Means of Ultrasonic Quantitative Flow Measurement and Computed Mapping of the Electroencephalogram. Neurosurgery, 15:381-386,1984 A. Hyodo, R. Heros, Y-K. Tu, C. Ogilvy, R. Graichen, K. LaGree, K. Korosue: Acute Effects of Isovolemic Hemodilution with Crystalloids in a Canine Model of Focal Cerebral Ischemia. Stroke 20:534-540,1989 A. Hyodo, K. Yanaka, O. Higuchi, Y. Tomono, T. Nose: Giant intradural cavernous hemangioma at the convexity. Case illustration. J Neurosurg 92:503, 2000 兵頭明夫:同一術者がクリップ、血管内の両方を行う場合のselection bias. 【受賞】第15回日本脳神経血管内治療学会ポスター賞(1999年)• 【受賞】第23回日本脳神経血管内治療学会イブニングセミナー金賞(2007年).

次の

獨協医科大学埼玉医療センター

獨協 医科 大学 埼玉 医療 センター

副腎腫瘍 ・腹腔鏡下副腎摘出術:13例• 腎腫瘍 ・腹腔鏡下腎摘除術:23例 ・開放根治的腎摘除術:11例 ・開放腎部分切除:0例 ・ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術:15例• 上部尿路腫瘍 ・腹腔鏡下腎尿管全摘除術:29例• 膀胱癌 ・経尿道的膀胱腫瘍切除術:203例 ・根治的膀胱全摘出術(回腸導管):5例 ・ロボット支援腹腔鏡下膀胱全摘出術:4例• 前立腺癌 ・ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘術:54例 ・ブラキセラピー:46例• 精巣腫瘍 ・高位精巣摘除術:17例 ・オンコTESE:3例• 前立腺肥大症 ・HoLEP:34例 ・TUBE:6例• 男性不妊症(リプロダクションセンター含む) ・MD-TESE:106例 ・精巣静脈瘤低位結紮術:163例 ・顕微鏡下精管吻合術:1例• 小児泌尿器 ・VUR根治術(開放手術):9例 ・VUR根治術(腹腔鏡手術):6例 ・VUR根治術(内視鏡手術):2例 ・腎盂形成術(全て腹腔鏡手術):13例 ・停留精巣固定術(腹腔鏡含む):29例 ・陰嚢水腫根治術:15例 ・経尿道的内尿道切開術:10例 ・尿道下裂手術:12例 ・外陰形成手術:5例 ・包茎手術(環状切開):16例• 尿路結石 ・経尿道的膀胱砕石術:11例 ・TUL(経尿道的尿管結石砕石術):79例 ・ESWL(体外衝撃波):40例• その他 ・生体腎移植:17例 ・後腹膜腫瘍摘除術:5例 ・シャント術:26例 ・前立腺生検:117例 ・CAPD:21例 特色 前立腺癌、膀胱癌、腎癌などの泌尿器科癌は、日本でもその患者数が年々増加していますが、これら泌尿器癌に対し、全てにおいて最先端の治療を提供します。 手術支援ロボットは操作性に優れ、早期の術後回復など良好な手術成績が示されています。 当科には複数の認定資格医が在籍し、万全の体制を整えて手術を行っています。 現在、泌尿器科癌に対しては、ロボット支援腹腔鏡下手術として前立腺全摘除、腎部分切除、膀胱全摘除が保険適応になっていますが、当科では、これら全ての術式に対応し、標準手術として行っています。 また、前立腺癌に対する小線源刺入療法などの放射線治療も行い、免疫チェックポイント阻害剤などの最新の薬物療法とともに、患者さんの病状に合わせた集学的な治療を行っています。 男性不妊症の治療を行っていることも当科の特徴です。 2015年には当院にリプロダクションセンターが開設され、連携してより高度な専門的治療を行っています。 顕微鏡下に精細管を観察し高率に精子を回収することができるMicrodissection testicular sperm extraction (MD-TESE)や精索静脈瘤に対する顕微鏡下低位紮術など、病態に応じたベストなアプローチを目指しています。 小児泌尿器科疾患や腎移植など、専門性の高い治療も行っています。 それぞれ専門医が在籍し、専門外来にて診療を行っています。 前立腺肥大症などの排尿機能障害や、尿路結石に対しても、最先端の治療を行っています。 特殊外来 平成29年12月より生体腎移植を開始しました。 慢性腎臓病(CKD)患者さんにとって腎移植は透析治療と併せて腎代替療法(RRT)の治療選択の1つです。 このため、新規生体腎移植のご相談や腎移植後の定期外来フォローなどいつでも最善の治療を提供するという理念をもって誠実に対応しています。 当科では、新規シャントケア外来と慢性腎不全に対する根治療法である移植医療を併せて、地域の慢性腎不全医療に一層貢献していく方針です。 そのため、腎移植専門外来では、以下への対応をいたします。 新規腎移植のご相談(先行的腎移植や透析導入後からの新規腎移植)• 腎移植後の移植腎機能低下、拒絶反応や感染症などに対するご相談と治療• 腎移植後の定期外来フォロー• 献腎移植に対するご相談 また、腎移植専門外来は、毎週火曜日に泌尿器科外来(担当医:徳本)での診療を行なっています シャントケア外来 平成29年4月より透析関連施設の皆様方からのご要望の多い「シャントトラブルへの対応を行う専門外来」を新規開設致しました。 透析患者さんにとってシャントは生命線であり、そのシャントが安定している事は患者さんご自身のみならず、透析治療を行うスタッフにとって大変重要な事であると認識いたしております。 このため、必要な時はいつでも最善の治療を提供するという理念をもって誠実にシャントケアにあたる所存です。 当科では、このシャントケア外来と慢性腎不全に対する根治療法である移植医療を併せて、地域の慢性腎不全医療に一層貢献していく方針です。 当科では、このシャントケア外来と慢性腎不全に対する根治療法である移植医療を併せて、地域の慢性腎不全医療に一層貢献していく方針です。 シャントケア外来では、以下の病態への対応をいたします。 なお、基本は日帰りの処置を行いますが、必要があれば入院治療にも対応いたします。 シャント狭窄に対する経皮的バスキュラーアクセス拡張術• 動脈瘤化したシャントの修復• 人工血管によるシャント再建• 新規シャント作成 また、シャントケア外来により、透析医療機関の医療スタッフの方々並びに患者さんのご負担を軽減できればと考えており、当面は毎週火曜日に泌尿器科(担当医:徳本)での診療を行なっています。 その他 氏名 職名 専門分野 齊藤 一隆 教授 泌尿器腫瘍 宋 成浩 教授 小児泌尿器、排尿機能、腹腔鏡手術 新井 学 教授 尿路腫瘍、前立腺腫瘍、ロボット手術 徳本 直彦 教授 腎移植、ロボット手術、腹腔鏡手術、シャントケア 井手 久満 教授 泌尿器腫瘍、ロボット手術、メンズヘルス 小堀 善友 准教授 ED、男性不妊症、感染症、小線源療法、男性不妊症 瀬戸口 誠 講師 腎移植、ロボット手術、腹腔鏡手術、シャントケア 兵頭 洋二 講師 腎移植、腹腔鏡手術、シャントケア 中山 哲成 助教 腎腫瘍、腹腔鏡手術、小児手術 岩端 威之 助教 男性不妊症 下村 之人 助教 男性不妊症、尿路結石、前立腺肥大 井上 泰之 助教 尿路結石、前立腺肥大 大坂 晃由 助教 泌尿器一般、男性不妊症 安田 友佳 助教 泌尿器一般、泌尿器腫瘍 青木 慶一郎 非常勤講師 泌尿器一般、緩和ケア 韮塚 あす実 レジデント 泌尿器一般 長谷川 金太朗 レジデント 泌尿器一般 吉田 友莉子 レジデント 泌尿器一般 岡田 弘 特任教授 排尿機能、男性不妊症 病棟医長/兵頭 洋二 外来医長/瀬戸口 誠 医局長/小堀 善友 外来曜日別診療医一覧表.

次の

外来担当医表

獨協 医科 大学 埼玉 医療 センター

精神科医となって以来、都心の大学病院・農村の精神科病院・駅前のクリニック・企業の健康管理センター・児童相談所と多様な治療セッティングのもとで診療を行う。 この多彩な臨床経験をもとに、就学前から超高齢者までの、ほぼすべての年齢層の患者を診察。 対象疾患も、うつ病・統合失調症・発達障害・知的障害・認知症・不安障害・パーソナリティ障害等、全領域にまたがる。 近年は、プラダー・ウィリー症候群という希少疾患を、日本の精神科医としては最も多数例診ている。 一方、司法精神鑑定医として、埼玉県内の事件を中心に数々の重大事件の精神鑑定を行い、精神保健判定医として多数の医療観察法審判に関与。 刑事・民事ともに、法廷で精神鑑定人として証言する機会も多い。 現在は、獨協医科大学越谷病院こころの診療科にて、セカンドオピニオン外来を開設。 他の医療機関通院中の患者さんに対して、専門的見地からのコンサルテーションを行っている。 今後も「精神科医としての守備範囲日本一」をめざし、限界に挑戦するつもりで広範な領域に関与していく予定。 メディカルノート病院検索サービスに掲載されている各種情報は、弊社が取材した情報のほか、ティーペック株式会社及びマーソ株式会社より提供を受けた情報が含まれております。 できる限り正確な情報掲載に努めておりますが、弊社において内容を完全に保証するものではありませんので、受診の際には必ず事前に各医療機関にご連絡のうえご確認いただきますようお願い申し上げます。 なお、掲載されている情報に誤りがある場合は、お手数ですが、からご連絡をいただけますようお願いいたします。 ご指摘内容の修正・更新につきましても、外部より提供を受けた情報につきましては、弊社においてその対応を保証するものではございません。 オンライン診療に関するデータは、原則として「」に基づく対応を行っている医療機関として厚生労働省のウェブサイトに掲載された情報に準拠していますが、一部、弊社およびMICIN社にてオンライン診療の実施の確認が取れた医療機関につき情報を追加しています。

次の