レグザ アプリ。 東芝、レコーダー連携アプリ「スマホdeレグザ」。従来有料の機能が無料利用可能に

スマホdeレグザの反響をチェック!アプリレビュー

レグザ アプリ

東芝映像ソリューションは、同社のレグザブルーレイやレグザタイムシフトマシンと組み合わせることで、スマホからの操作や視聴などができるアプリ「スマホdeレグザ」を8月1日にリリースする。 従来は「スマホdeレグザ機能」を使おうと思ったら、デジオン社のアプリ「DiXiM Play」を別途購入する必要があった。 しかし今回リリースされた「スマホdeレグザ」なら、「スマホdeレグザ機能」のすべてを無料で使えるようになるそうだ。 「スマホdeレグザ」アプリはiOS 11. 4以上、またはAndroid 5. 0 Lollipop 以上で動作し、主な特長は以下の通りとなる。 テレビでの視聴を途中でやめてスマホで続きを見たり、スマホで視聴していた続きをテレビで再生できる。 また、テレビで視聴中にスマホで番組予約したり、スマホで他の番組を見ることも可能。 テレビで番組を見ているときでも、外出中でもスマホから番組予約が可能。 5倍速)で再生可能。

次の

‎「RZハイブリッドリモ」をApp Storeで

レグザ アプリ

このスキルのコンテンツは、ほとんどのユーザーに適しています。 このスキルには、• アカウントのリンク• ユーザー作成コンテンツ• 個人情報の収集• 位置情報の検出、位置情報を基にしたサービス• 裸体、または医療、報道、芸術の範囲での裸体の描写• 特定の文化または宗教に対する頻度の低い、または軽い差別的表現• 写実、マンガ、ファンタジーでの頻度の低い、または軽い暴力シーン• アルコール、タバコ、ドラッグに関する頻度の低い、または軽い言及• 頻度の低い、または軽い性的描写、挑発的テーマ• 卑語や品性に欠けるユーモアの頻度の低い、または軽い使用• 音楽およびビデオスキルには、まれにかなり汚い言葉や性的またはそれを連想させるようなテーマが含まれることがあります 説明 レグザスキルを使うと、対象の4Kテレビ<レグザ(REGZA)>を、リモコンを使わずに、音声でチャンネル切り換え、音量調整などの操作ができるようになります。 使用を開始するには、「有効にする」を選択してから、お手持ちのレグザとのリンク操作が必要です。 設定方法は下記をご覧ください。 【操作例】 デバイスの名前として「テレビ」を使用します。 この名前は、Alexaアプリから変更することができます。 【設定手順】 1. レグザスキルの「有効にする」をタップし、連携コードの入力画面を表示する 2. レグザの電源を入れ、リモコンの「みるコレ」ボタン(または「クラウドメニュー」ボタン)を押す ・クラウドサービスを初めて利用する場合、最初にクラウドサービスの設定が始まります。 ネットワークサービス利用設定とTimeOn利用規約への同意を含め、画面に従って完了させてください。 レグザに表示されたスマートスピーカー用連携コード(8桁)を、1. で表示された連携コード入力画面に入力して、「登録」をタップする 5. timeon. このスキルのコンテンツは、ほとんどのユーザーに適しています。 このスキルには、• アカウントのリンク• ユーザー作成コンテンツ• 個人情報の収集• 位置情報の検出、位置情報を基にしたサービス• 裸体、または医療、報道、芸術の範囲での裸体の描写• 特定の文化または宗教に対する頻度の低い、または軽い差別的表現• 写実、マンガ、ファンタジーでの頻度の低い、または軽い暴力シーン• アルコール、タバコ、ドラッグに関する頻度の低い、または軽い言及• 頻度の低い、または軽い性的描写、挑発的テーマ• 卑語や品性に欠けるユーモアの頻度の低い、または軽い使用• 音楽およびビデオスキルには、まれにかなり汚い言葉や性的またはそれを連想させるようなテーマが含まれることがあります このスキルの内容 最初のアナウンスではM500Xは対象外になっていてとても落胆していたのですが最近になって追加されていることを知り入れてみました。 結果とても満足しています。 このスキルを通した場合には、テレビを消す(点いてないときはそのまま)が出来るので利用シーンが広がります。 M500Xではこのスキルでテレビを点けることが出来ないのが若干不満ですがそこだけ赤外線端末を経由することで一応解消出来ます。 当初は予定してなかった機能でしょうしそこは仕方ないかと。 スキルを入れた当初、テレビがAlexaから行方不明になりましたがIPアドレスを固定にすることで解決したので偶に使えなくなるという方は試してみては? このレグザスキルは、アレクサからネットワーク Ethernet or WiFi 経由でテレビ レグザ の操作 電源オンオフ|チャンネル切り替え|音量上げ下げ|etc… ができるスキルです。 一方、アレクサからテレビの操作を行うには、Nature Remoなどのいわゆるスマートリモコンを使う方法もあります。 スマートリモコンの場合は、アレクサとネットワーク接続したスマートリモコンから赤外線リモコンを疑似した赤外線信号をテレビに向けて送出してテレビの操作を行います。 スマートリモコンからできるテレビの操作は、基本的に通常のテレビリモコンで出来る操作に限られます。 例えば以下ができません。 1 テレビの入力切り替えが現在何であっても HDMI1 2 3 4 etc… 、一発でHDMI2に切り替える事 2 テレビが点いている状態でも消えている状態でも「アレクサ、テレビを消して」でテレビを消す事 テレビリモコンの「電源ボタン」の信号を使うと、テレビが消えている状態で「アレクサ、テレビを消して」でテレビが点いてしまう 3 2 の逆で、テレビを点ける事 4 テレビの音量が現在いくつであっても、一発で音量を20に設定する事 このレグザスキルを使うと、基本的には上記 1 〜 4 いずれも可能です。 ただし、レグザの機種が古めのやつだと一部しかできません。 実際、うちで使っているテレビ レグザZ700X, 2016年発売 だと 1 可 2 可 3 不可 4 不可 でした。 3 不可 については、ここのレビューでもたくさんの方が話題にしていますが、とても不便です。 東芝が機種と対応操作の一覧表を公開してくれたらいいんですけど。 また、うちのレグザZ700Xではテレビを点けてから30秒くらいの間、このレグザスキルからの操作を受け付けてくれません。 「テレビから応答がありません。 ネットワークの接続と、電源を確認してください。 」という長いエラーメッセージをアレクサが喋るので、うるさいです。 これが致命的で、うちではメインでスマートリモコンを使い、このレグザスキルは 2 用途オンリーで使用しています。 でもこれだけでも、「アレクサ、おやすみ」でテレビと照明を全て消す事ができるようになったので重宝しています。 アレクサ上のデバイス名は、レグザスキル経由の名前は「東芝」、スマートリモコン経由の名前は「テレビ」にしています。 普段は「アレクサ、テレビのチャンネルを1」などとやっていますが、レグザスキルでしか対応していない 2 の操作をしたいときは、「アレクサ、東芝の入力をHDMI2にして」などとやっています。

次の

東芝テレビレグザの口コミ!YoutubeやVODも見れて便利!

レグザ アプリ

レグザAppsコネクト(Regza Apps Connect)とは レグザAppsコネクト(Regza Apps Connect)は、 東芝のやBD・DVDレコーダーと・ 等のモバイル機器との連携や、インターネット上のクラウドサービスの利用を行うことができます。 レグザAppsコネクトは2010年10月にサービス開始が発表され、当初はCELLレグザやREGZAブルーレイ・RDシリーズのレコーダーなど一部の機種が対応しており、 モバイル機器はiOS 3. レグザAppsコネクトの機能としては、スマートフォンやタブレットに搭載したアプリケーション「Apps(アプス)」を使用して、デジタルテレビ、 BD・DVDレコーダーやインターネットクラウド上のサーバーにある多くのデータを便利かつ簡単に利用できるようになります。 Appsはスマートフォンやタブレットに搭載されているAndroid OSやiOSに対応するいろいろな機能のものが用意されており、• 機器間の連携• ソーシャルネットワークサービス(SNS)の利用 などを行うことができます。 例えば、スマートフォンやタブレットを使って録画対応REGZAやBD・DVDレコーダーの各種コントロールを行なったり、 BD・DVDレコーダーで録画した番組を別の部屋のREGZAで再生させるなど、機器間の連携により操作性や利便性を実現しています。 また、録画した番組の「タグリスト」を作成する機能を持つApps「RZタグラー」を利用すると、 全国のユーザーがチェック(タグリスト作成)した番組の注目シーンを知って(タグリストシェア)後から鑑賞できるなどユーザー同志のコミュニケーションの場を作り出すことができ、 テレビの新しい視聴スタイルを実現しようとしています。 レグザAppsコネクトに対応している機器としては、次のような機種があります。 東芝のAV家電• レグザPC モバイル機器(Appsをインストール)• スマートフォン:REGZA Phone(限定機種)、iPhone 3GS等• タブレット:Android OSを搭載した限定機種 なお、機能を持つAppsである「RZ見るナビ」を使用する場合は、 他社のDLNAサーバー機能を持つ録画テレビやレコーダーにも対応できることがあります。 <注意点:無線LAN環境が必要> アプリケーションソフトのAppsを搭載しておくスマートフォンやタブレットは内蔵の無線LANでREGZAやBD・DVDレコーダー等の機器と通信するので、 は無線LANルーターを用いた無線LAN環境を用意しておく必要があります。 レグザAppsコネクのイメージ (東芝ホームページより引用) 新規に提供されたアプリ RZクラウド(タブレット対応) テレビ画面上の操作を手元のタッチパネルで実現する。 レグザクラウドサービス「TimeOn」に対応した Androidタブレット用。 RZ番組ナビ(タブレット対応) テレビ番組表をタブレット上に表示する。 タッチパネルで番組表をスクロールして、気になる番組等の詳細情報を見る。 RZテレビ(タブレット対応) 地上デジタル放送やワンセグ放送をレグザタブレットで視聴できる。 RZスケジューラ(タブレット・スマートフォン対応) 予約ランキングで人気番組を確認してから録画予約したり、複数機器の録画 予約状況を一元管理する。 また、スマートフォン等でテレビやレコーダーを操作できる「タッチリモコン」などの機能を持っています。 機器に付属しているリモコンは赤外線を用いていますが、スマートフォンやタブレットの場合は無線LANで接続しますので、 スマートフォン等を機器の方に向ける必要はありません。 また、複数の機器を登録できるので何台ものテレビやレコーダーの操作が可能です。 この他に、Android版ではタグリストの人気ランキングを閲覧できる「RZランキング」や他のユーザーとの交流が楽しめる「Twitter活用」などの機能を持っています。 RZタグラーの詳細については、 東芝のホームページ「」 を参照してください。 DLNAサーバー機能を持つレグザブルーレイ等で録画した番組をスマートフォンやタブレットからコントロールして、 DLNAレンダラー機能を持つREGZAに表示させることができます。 また、RZタグラーと同様なリモコン機能やタグリスト機能も持っています。 なお、「RZ見るナビ」のDLNA機能を利用すると、東芝以外のメーカーのDLNA対応サーバー機器(録画テレビやレコーダー) で録画した番組もREGZAに表示できる場合があります。 また、電力の使用状況に応じて自動でREGZAの節電モードを調整することができます。 手動で節電ボタンを選択して節電モードに切り替えることも可能です。 レグザAppsコネクト(Regza Apps Connect)の展開 レグザAppsコネクトは、REGZAやBDレコーダー、スマートフォン、タブレットなどの機器間の連携機能を強化しており、 更に、タグリスト機能を利用して録画情報をクラウドサーバーに集め、これを多くのユーザーが共有できるサービスを行なっています。 一方、インターネットのクラウドサービスを利用する仕組みとしては、パナソニックが実施している(VIERA CONNECT) がありますが、レグザAppsコネクトとは利用できるサービスが異なっています。 ビエラ・コネクトはVODサービスやライフスタイル情報などをデジタルテレビ「VIERA」に表示させて利用する形態をとっており、 中心機器となるのはVIERA本体であり付属のリモコンで各種操作を行なっています。 (以下の利用イメージ図を参照) レグザAppsコネクトが今後ビエラ・コネクトのようなサービスまで含めて拡張していくかは東芝の事業コンセプトに依る事になりますが、 拡張できる可能性は秘めています。 例えば、VIERAは本体にアプリをダウンロードして付属リモコンで各種操作を行なっていますが、 同様な機能を持つアプスとクラウドサービスシステムを開発することなどが考えられます。 デジタルテレビは放送を「観るだけのテレビ」ではなくて各種情報やサービスを利用する「使うテレビ」へと変化しています。 ユーザーのニーズを先取りしたり、使い方を創出していくことがテレビメーカーの事業を拡大していくための大きな課題となっています。 レグザAppsコネクの利用イメージ(左)とビエラ・コネクトの利用イメージ(右) (東芝ホームページ、パナソニックホームページより引用).

次の