アドレノクロム 日本人。 志村けんの死は名誉を損なわないロンメル死との情報あり!犯罪に手を染めていたのか? | 地球人類の光と闇

小児性愛犯罪ペドフィリアとアドレノクロム収集と摂取者について | 地球人類の光と闇

アドレノクロム 日本人

「統合失調症の発症には、その主な要因の一つとして、アドレノクロムが関与している。 アドレノクロムはアドレナリンの酸化物質の一つである。 アドレノクロムには幻覚作用があり、細胞分裂阻害毒である、というのが私の作業仮説である。 従って、癌と統合失調症は当然対極のものであり、両者が同時に起こり得ない、というのは筋が通っていると思われる。 ある患者が過剰な酸化反応によってアドレノクロムを過剰産生したとすると、その人は癌ではなく統合失調症を発症する可能性がある。 アドレノクロムには細胞分裂を抑制する作用があるからである。 患者が十分なアドレノクロムを産生しないならば、統合失調症ではなく癌を発症する可能性がある。 幻覚作用を発揮するのに十分な量のアドレノクロムがないためである。 1955年以来、私は5000人以上の統合失調症患者と1400人以上の癌患者を診てきた。 これらの患者のうち、癌と統合失調症の両方に罹患したのは10人だけだった。 彼らは皆、オーソモレキュラー療法で回復した。 私は統合失調症患者が癌で死ぬのをただの一人も見たことがない。 この明確な対照関係は、相関の程度は弱まるものの、第一度近親者(親子兄弟姉妹)にも当てはまる。 癌患者の家族785人のうち、3人が統合失調症であり、89人が癌だった。 統合失調症患者の家族437人のうち、29人が統合失調症であり、26人が癌だった。 フィンランドで行われた大規模研究により、統合失調症患者における癌発症率は、一般人口におけるそれよりも低いことが分かった。 これは文献に掲載された同様の知見を裏付ける格好となった。 癌に罹患した統合失調症患者が、標準治療とオーソモレキュラー療法を組み合わせた治療を受けると、両方の疾患から回復するだろう。 癌の発生率の低下は、統合失調症を遺伝子多型にした要因の一つであり、統合失調症者の生殖を阻もうとする様々な圧力にもかかわらずこの病気は生き残ってきた。 統合失調症は癌に対する主要な防御として進化しているのである。 カテコラミンの酸化派生物であるアミノクロムは核分裂抑制物質だと分かっている。 この仮説は癌に対応する際に抗酸化物質がいかに重要であるかの説明を提示するものであり、真剣に検証されるべきものである。 」 どうですか、上の文章。 読みやすいですか。 お堅くて読みにくいですか。 出版されたところで、本が売れる売れないには興味ない。 翻訳者としての印税なんてたかが知れてるし、そもそも金が動機で翻訳を思い立ったんじゃない。 「オーソモレキュラー栄養療法というこのすばらしい治療法が日本人全員の常識になればいい。 そうすれば病気で悩む人の数は確実に減るはずだ」 僕が関心があるのはこの一点だけだ。 だから、ネット上に翻訳データを全文公開することが、出版社との契約違反とかにならないのであれば、僕としては全然公開してもいいと思ってます。 アドレノクロム、というのが非常に重要なキーワードだ。 催幻覚物質であり、かつ、細胞分裂抑制物質だという二面性があって、癌と統合失調症のトレードオフの関係性はこの二面性に由来する、という話。 「統合失調症患者の多くは抗精神病薬を飲んでいるわけで、そうした薬が何らかの機序で発癌を抑制しているのではないか」という反論があり得るが、ホッファーは別の論文でこう言っている。 「すでに1893年に、Snowが精神病患者が癌にかかりにくいということに言及している」。 スノウといえば、医学部出身者なら統計学の授業で聞いたことがあるはずだ。 1854年ロンドンでコレラが大流行し、市当局は困惑していた。 そこでスノウは徹底的な調査を行い、「原因は某所の井戸ポンプから汲まれた水に含まれている汚染物質だから、この井戸ポンプの使用を中止するように」と疫学的データを示して役所を説得した。 しぶしぶその通りにしたところ、コレラの発生は見事に終息した。 これが疫学的データが公衆衛生政策に生かされた世界最初の例だ。 コレラの終息を見届けて4年後、1858年、スノウは脳卒中でこの世を去った。 ん?それなのに、スノウ先生、1893年にも論文出してるって、どういうことだ? 調べてみれば簡単で、コレラのほうはジョン・スノウ、1893年の論文はハーバート・スノウっていう、スノウつながりの別人だったというだけの話。 1893年当時、抗精神病薬はまだ開発されていない。 だから、抗精神病薬が癌の発生を抑制したのではないか、という指摘は当たっていない。 これはRice 1979 によって確認されたし、Gulbinat 1992 によって再確認された。 アドレナリンが酸化されるとアドレノクロムになり、アドレノクロムが酸化されるとアドレノルチンになる。 アドレノクロムは可逆性で、体内に抗酸化物質が適量備わっている健常者では還元されて再びアドレナリンに戻るが、統合失調症者など体内のセレン濃度が低い人(グルタチオンペルオキシダーゼの低い人でもある)ではアドレノクロムがさらに酸化されて、アドレノルチンになる。 この物質は不可逆で、幻覚作用もあるので、統合失調症患者の血中にはではアドレナリンが少なく、アドレノクロムおよびアドレノルチンが多い。 統合失調症患者の喫煙率は非常に高いが、これは、タバコを吸うことによって、減少したアドレナリンを補うことができるからだ。 つまり、「統合失調症患者にとって、喫煙は自己治療的な意味合いがある」というのがホッファーの見解だ。 近年、総合病院のみならず精神科単科の病院でも院内全面禁煙の流れが進んでいるけど、タバコの統合失調症に対する薬理効果を考えれば、タバコを一概に悪者と断定するのは違うと思うんだな。 参考: Why Schizophrenics Smoke but Have a Lower Incidence of Lung Cancer: Implications for the Treatment of Both Disorders; A. Hoffer et al.

次の

【早くロンメルされちゃえ】2万人にものぼる政官財界、芸能界、マスコミ幹部らアドレノクロム常飲の基地外ども: 今この時&あの日あの時

アドレノクロム 日本人

ついに、ペドフェリア (小児性愛者)でとらわれていた子供たちが救出された模様です! このコロナウィルス騒動の舞台裏では、全く別の掃討作戦が繰り広げられていたのです!! いくつかの情報で、そういう動きがあり子供たちが囚われている場所に軍隊が入り救出したと聞きました。 そして、子供たちは死んでいたり重症だったり、ひどい状態の子供もいたと。 お待ちかねの「新型コロナウイルス」の水面下で進んでる、本当の真相についての話です。 これは、先日書いた記事、「赤い靴」の続編になるので、まだ読んでいない方は、先に、そこから読んでください。 そうでないと、今回の記事の意味は、わからないかもしれません。 情報が混乱している方が多いので、もう一度、まとめますね。 まず、何度も書いているように、「新型コロナウイルス」の報道は、ほとんどが、ダミー情報です。 核心から、目を逸らすための大本営発表です。 これが、世界中で行われています。 ただし、これは、善意の嘘なので、このままでいいのです。 本当の真相を知ったら、世界中が、ウルトラ級の超大パニックになります。 まず、頭の中にある、単語の定義を、次のように変換してください。 この本当ことを報道すると、パニックになるので、表向きは、「新型コロナウイルス感染拡大」という話に、すり替えているのです。 だいたい、もしも、世界的にウイルス性の病気が拡大しているならば、アフリカ諸国が、人口過密で不潔だから、ここから広がるはずです。 先月くらいまで、このエリアが、全く騒いでいませんでした。 今月になってから、ようやく騒ぎ始めています。 それらも、ほとんどがフェイク情報です。 最近、ネット上で、病院で運ばれたり、寝かされている患者たちの画像を、詳しく解析したら、マネキン人形だったことも、暴かれていますね。 あと、インタビューに応じて、苦しそうな表情で演技をしていた人たちも、役者ばかりだということが、だんだん、バレてきています。 日本のメディアでも、大病院やクラブでの感染が報道されますが、あれの大半は、実際には、悪魔教の人身売買の拠点だった所だと思います。 いつの時代でも、99%の人たちは、ダミー情報に、引っかかります。 冷静になって、客観的な視点をもうようにしないと、これからの新しい時代には、生きていけません。 (…中略… この数字から推察すると、世界中の死亡者の数、つまり、「悪魔教の信者の処刑数」が、50万人を超えたあたりで、 「新型コロナウイルスの感染拡大は、終焉しました」 こういう発表があり、世界は落ち着くのだと思います。 日本には、69人の10倍、690人くらい、本当の悪魔教の信者がいるということです。 処刑予定者が、この人数であり、この人たちの処刑が終わったら、一件落着だということです。 どうですか? これが、「底なし沼」の「どん底」です。 こういう具体的な数字がわかれば、少し不安が半減するのではないですか? こうやって、真実がわかると、精神も安定すると思います。 先日の「赤い靴」の記事では、あれでも、オブラードに包んで表現したのですが、あまりぼかして書くと、誤解されたり、湾曲されて解釈する人がいるので、今回から、わりとハッキリ書こうと思います。 中国の武漢のあたりから、この騒動が始まり、イタリアやアメリカのニューヨークで、凄いことになったのは、「悪魔教」の拠点が、これらのエリアにあったからです。 つまり、誘拐してきた子供たちの死体処理工場が、ここにあったのです。 武漢では、その子供たちの肉を、近くの市場で、売っていたのだと思います。 イタリアにも、そういう工場と市場があったと思います。 だから、ここに、愛と平和の軍隊が、突撃して、悪魔教の信者たちを、射殺したのだと思います。 表向きは、 「感染して死亡」 ということにして、実際には射殺して、感染予防という名目で、その場で遺体を焼き払ったみたいです。 ちなみに、この子供たちの肉は、どこにいったと思いますか? やけに安い肉を、世界中で売っている店がありますよね。 そのイメージキャラクターの履いている靴に、注目してください。 「赤い靴」ですね。 ここから先は、想像に任せます。 各自で、調べてくださいね。 最近、嬉しいニュースも、沢山飛び込んできます。 すでに、ご存じの方も多いと思いますが、ニューヨークで、誘拐された子供たちの劇的な救出劇があったようです。 この救出劇の前日の夜には、ニューヨークのエンパイアステートビルの上が、赤いランプで光るという珍しい光景が、目撃されています。 その翌日に、病院船と呼ばれる、表向きは医療施設のような軍艦が、ニューヨークに突撃して、子供たちの救出が行われたそうです。 場所は、セントラルパークです。 この地下に、軍隊が、突撃したそうです。 地下には、大量の子供たちが監禁されていたそうです。 地下通路入口の近くには、なんと、「不思議の国のアリス」の像が建っていたそうです! 現在、公園内の仮説テントの中で、子供たちは治療を受けているそうです。 よかったですね~! アメリカでは他にも、子供の誘拐の本拠地だった、「ディズニーランド」にも捜査が入り、現在は、無期限休園の状態になっているそうですね。 だんだん、核心の話に突入していきます。 「赤い靴」の記事で、「アドレノクロム」について書きましたね。 「アドレノクロム」です。 まるで、赤ワインみたいですね。 私は、あの記事を書いた時点では、 「人類 VS 悪魔教」 という構図の第三次世界大戦が、始まっていると思っていました。 しかし、あれから、さらにいろいろ調べると、事態は、それどころではないということに、気が付きました。 もっと悪い、地球史上、最悪の事態だったのです。 もういちど、おさらいしますね。 「アドレノクロム」とは、子供の松果体から、抽出されるもので、これを摂取すれば、スポーツの競技能力が、劇的に上がったり、異次元世界から、アイデアやインスピレーションをもらったり、老化しない肉体になったりと、凄い効果があることは、前回書きましたね。 特に、ハリウッド女優たちの間で、広く使われているそうです。 ここまで聞くと、魔法の薬のように思えますが、しょせんは人間が作った薬です。 副作用があります。 やめると、大変なことになるそうです。 ネットで検索すると、科学者たちが、いろいろな説を述べていますが、ここでは、私の推論を書いておきます。 なんと、やめると、その時点から、身体の老化が、いっきに進むようです。 しかも、生きたまま、肉体の一部だけが、死体のようになっていくようです。 最初は、目の周りから、腐っていくようです。 それが、全身に広がっていくそうなのです。 見てください、やめた人たちの顔です。 目のまわりが、腐っていますね。 女性の場合は、化粧で誤魔化せますが、男性の場合は、眼帯などで、誤魔化す人も多いようです。 日本の総理大臣にも、いましたね このように、誘拐されいた子供たちの解放が続いているのですが、一方では、悪魔教の信者たちにとっては、「アドレノクロム」が、購入できなくなっているのです。 つまり、彼らは、この供給をとめられると、死活問題なのです。 「生きたまま、死体になる」 という、最悪の結末が待っているのです。 「ゾンビ」の話は、昔から、世界中にありますが、日本の神話でも、黄泉の国に行った、イザナミが、「ゾンビ」になり、イザナギを襲ってくる話がありますね。 だとしたら、「ゾンビ」になる彼らが、次にどういう行動を始めるか、もうわかりましたね? そうなのです! まさに、ホラー映画、「ゾンビ」のように、人を襲い始めるのです! 売人が、どんどん大量逮捕されて、いなくなっているので、自分自身で、獲物を狩るようになるのです。 これが、一番危険なのです。 だから今、世界中で、 「夜には外出するな!」 「子供を学校に通わせるな!」 政府から、こういう非常事態宣言が、出ているのです。 この宣言は、そういうことなのです。 前回も書きましたが、ここでも、もう一度書いておきます。 悪魔教の儀式に参加した人は、世界中で、たくさんいると思います。 本当に悪い連中もいるでしょうが、多くは、興味半分で、怖いもの見たさで、1度だけ参加したような、一般人ばかりだと思います。 だから、悪魔教に関わったからといって、かならずしも、悪人とは限らないのです。 そして、中には、その「悪魔教」の実態を知り、遠回しで、その真実を、世界中に広めようとした人々もいたと思います。 さらに、監禁されていた子供たちを救うための活動を、やっていた人々もいたと思うのです。 その中の一人が、マイケル・ジャクソンだったと思います。 1980年台に、歌もプロモーションビデオも、世界的に大ヒットした、「スリラー」は、このゾンビたちのことを、告発して警告したものだったと思います。 「世界には、狂った悪魔教の人々がいる。 特に、彼らの薬が切れた時には、本当のゾンビになって、半狂乱になって、人々を襲うから、気をつけろ!」 こう警告していたのです。 特に、このビデオの中の最後のシーンでは、 「あなたの周囲の普通に見える人々の中にも、ゾンビがいるから、気を付けてね!」 こういうメッセージを入れていたのだと思います。 マイケルは、こうやって、「悪魔教」の信者たちが嫌がることばかりやっていたので、彼らに暗殺されたのだろうと、私は思っています。 日本でも、マイケルのようなことをやっていた人々は、たくさんいたと思います。 その中の一人が、最近亡くなった、志村けんさんだったかもしれません。 最初、私は、志村さんも、悪魔教の信者かと疑ったのですが、いろいろ調べているうちに、違うような気がしてきました。 おそらく、マイケルのように、その存在には、気が付いたのですが、なんとか、その悪魔たちから、日本中の子供たちを、守ろうとしていた痕跡があるのです。 「髭ダンス」は、悪魔教の信者たちの欲望が、滑稽なくらい肥大していく様子を、コミカルに伝えていたのだと思います。 そして、有名なこれです。 「志村、うしろ~! うしろ~!」 これは、子供たちに、 「人さらいに気をつけなさい! 彼らは、つねに後ろから、近づいてくるから、後ろから来る人に、気を付けなさい!」 こう伝えていたのです。 不安を煽るようなことばかり、書きましたが、これは、すでに峠を越えたから、書いているのです。 すでに決着はついたのです。 結論から言うと、現在の静かな戦争は、実際には、 「人類 VS ゾンビ」 だったのです。 まさに、ホラー映画よりも怖い出来事が、現実に起こっていたのです。 しかし、戦いも概ね終わっています。 決着がついたのです。 「悪魔教」の側が、白旗を揚げて降伏したのです。 それが、最近の安倍首相の発言、 「2枚のマスク」 だったようです。 これの裏の意味は、 「一枚は、普通のマスクで、もう一枚目は、降伏の白旗です」 こういう意味だったそうです。 すでに、「悪魔教」のメンバーは、「白旗」を揚げて降伏したのです。 「第三次世界大戦」は、人類の勝利で終わったのです。 まだまだ、チンピラクラスの悪魔たちは、世界中にいますが、すでに終わった戦です。 彼らの親分である、エリザベス女王が逮捕された時点で、すでに終わっている戦いです。 大まかでは、もう大丈夫だと思います。 エリザベス女王の本当の顔です。 ニューヨークに向かう病院船、つまり、愛と平和の軍艦に、本物のレインボーの橋が、架かったそうです。 神様も、この戦いを応援していたみたいです。 でも、「現実は小説より奇なり」って、本当ですね。 地球上での文明が始まって以来の支配している存在について考えてみると、 あながち、在り得ないことではないと理解されることでしょう。 また、日本の閉鎖のタイミングが遅すぎることに関して、もしコロナ騒動がフェイクなら普通のインフルエンザと同様にそのうち落ち着くからと分かっているから? 逆に本当に殺人ウィルスだったなら、いつまでも検査をうけさせず、あえてウィルスを広めているように見えるのは、日本人絶滅を狙っているから? と、うがった見方をしてしまいます。 何はともあれ、子供たちの救出が世界的になされていて、多くの子供たちが助けられている事を喜びたいです。 ただ、地獄を見た彼らの心のケアこれから必要ですね😿 参考までにこちらの動画も貼っておきます。

次の

人間から取り出したアドレナリンを原料とする「アドレノクロム」という麻薬が世界の上級に大流行してるらしい

アドレノクロム 日本人

小児性愛犯罪とは 小児性愛犯罪を知っているだろうか? 小児性愛犯罪とは、0~9歳までの乳幼児を虐待し殺害する犯罪である。 名前だけは聞いたことがあったが、よくよく調べていくうちにその程度の認識では生ぬるいことがが分かった。 犯罪者どもは、 虐待して殺害したうえに、血を飲み人肉を食らっているという驚愕の事実。 血を飲み人肉を食らうと、恍惚感を得られるとともに、若さや寿命も得られるらしい。 麻薬+若返り+長寿命 を得られることから、スーパードラッグと呼ばれているそうだ。 だから、大富豪どもはこの悪魔儀式をやめられないのであろう。 まさにキチガイの所業である。 こいつらは無垢な子供たちを殺害してまで我欲を満たしたいのだ。 もう人間ではない。 人間としての魂を持ち合わせていない。 金と権力と強欲に溺れると、人は悪魔になり神聖さを失うのであろう。 話を戻すが、この犯罪の本質は、 血や肉に含まれる「アドレノクロム」の摂取である。 小児性愛が貪るアドレノクロムとは何か? アドレノクロムとは、血中のアドレナリンの参加によって形成される化合物のことで、脳内で形成される脳内麻薬の一種。 乳幼児の松果体から収穫されるとのこと。 抽出が難しいため、乳幼児を犠牲にして得るしか方法がない。 アドレノクロムは、恐怖や身の危険を感じた時に放出される。 そのため、乳幼児に対して恐怖を与え、死亡する直前に抽出されるという。 生贄にする非ユダヤの子供は、肉体的に完全で頭がよく、肌に傷の無い者で青春期年齢より年少で汚れのない血でなければならない(ユダヤ人の生血祭儀細則より) 犠牲者は恐怖を体内に暴露し、体内を流れるアドレナリンの量を増やします。 (アドレナリンの量を増やすために恐怖を与えます) 彼らはその後殺され、副腎は彼らの首と脊柱の背中のベースから針と注射器で収集されます。 一旦回収されると、化学薬品は巨額の価格で闇市場で売られることがあります。 意識ある状態の子供が、麻酔無しで目に針を刺され、激痛と恐怖で泣き叫んでいる状況を想像していただきたい。 まさに悪魔の所業である。 こいう奴らには、同じ体験をさせて処刑してほしいと強く願う。 アドレノクロムの身体への影響 アドレノクロムを摂取した者によると、麻薬と同じように恍惚感が得られ興奮するのだそうだ。 麻薬のメスカリンの薬効成分と同じ物質なのだそうだ。 (だったらメスカリンを人工合成してそれ食っとけ、と言いたい) アドレノクロムには寿命を延ばす効果と若返りの効果もある。 摂取は陶酔感を引き起こし、他に類を見ない精神高揚をもたらす可能性がありますが、幻覚、統合失調症、非現実化、フラッシュバック、妄想的鬱病などの精神障害や精神病反応も引き起こす可能性があります。 アドレノクロムとは、拷問する際に出るDMTであり、その赤子の血を飲むと若返るという恐ろしい実態がある。 一度飲むと依存症になる。 それが児童売買児童虐待・性的暴行などのカバールの行為に繋がっている。 エリクサー(不老不死)を得る為、 そして、 それは同時に悪魔に捧げる生贄という意味も含まれています。 このアドレノクロムは摂取した者に麻薬のような恍惚感を与え、興奮させるようです。 それもそのはず、実際アドレノクロムは、麻薬メスカリンの中の薬効成分と同じ物質だと言われているからです。 元被害者フィオナ・バーネットさんの話の中でも儀式により、赤ん坊の血をこぞって飲む彼等エリート達の様子が語られています。 要するに、彼等は皆吸血麻薬中毒者なのです。 ほとんどの人が共通して持っているのは「若者の泉」への関心です。 そうでなければ「中年の危機」という 心理学 用語は存在しないでしょう。 お金を多く持っていない人々さえ、自分の若さを維持するために、化粧品のクリーム、軟膏、及びスキンケアなどにお金を費やすのではないしょうか? それならば、 エリート達は純粋な高み、若さ、若い力の感覚を追うためなら大きな犠牲を払うことに躊躇などしません。 アドレノクロムを摂取している有名人 トムハンクス親子 トムハンクスの息子は悪魔崇拝者でアドレノクロムを摂取してコロナウイルス感染 エリート達がなぜ赤ん坊を殺し、幼児達を虐待し、その後その血肉を味わうのかは、アドレノクロムを赤ん坊や幼児達から抽出させてそれを自分達に得る為だということです。 アドレノクロム摂取者の特徴 アドレノクロムを摂取した者の特徴として、目の周りが殴られたみたいになるのがという情報がある。 画像を探してみると、あるわあるわ。 王室、政界、ハリウッド、宗教界、などアドレノクロムにかなり染まっているようだが、いったいどれだけの人数の子供たちが犠牲になっているのだろうか? アドレノクロム摂取者は目周辺にアザができるのか!? ジェフリー・エプスタイン アドレノクロム摂取者の今後 アドレノクロムには、麻薬やドラッグと同じで中毒症状があるらしい。 一度摂取してしまうと辞められないのだ。 絶たれた時は壮絶な症状があるのであろう。 アドレノクロムをやめる場合、アルコール、ハードコア薬、アヘン剤、又は、ベンゾジアゼピンよりもはるかに深刻な離脱症状を経験する可能性があります。 本来、この薬の効果は、アドレノクロムとアドレナリンを含む老化したアドレナリン製剤を投与する事で発見されました。 エイブラム・ホッファーとハンフリー・オズモンドはこの効果がLSDとメスカリン 精神模倣薬、現在はサイケデリックと呼ばれている に似ていると考えました。 彼らは、精神障害でアドレナリン症候群を発症し、この薬で血液を飲んだ参加者は、高感覚、幻覚、幸福感、性欲不振、脱人格化、自慰行為、身体変形を経験するという精神障害のアドレノクロム仮説を発表しました。 しかし、体内のアドレノクロムが多過ぎると、血中の鉄分量が増え、イオンの急激な増加に対処出来ず、精神分裂病などの重度の精神障害を引き起こす可能性がある為、致命的である事が判ります。 これが、グローバルエリートペドフィリア達が犯した罪と、これから待つ地獄です。 世界中の子供や赤ちゃんを誘拐や人身売買、胎児の死体の売買を行った、グローバルエリート達への裁きとなるでしょう。 そして、犠牲になった数多くの命が、安らかに眠れることを祈ります。 引用元: 犠牲となる子供はどこから? 世界の特権階級エリートどもは、秘密裏に子供たちを誘拐・拉致して生贄お儀式を行っているらしい。 また、ディープステートらは地下で子供の繁殖工場を持っている。 巨大な地下作業は想像を超えており、奴らはその子供を最高入札者に売っている。 地下トンネル、港、潜水艦、プライベートジェット機、クルーザーを使って運んでいる。 2020年前後において、光の勢力がその基地から子供たちを救出し、基地を破壊しているようだ。 (アメリカやヨーロッパでの不可解な地震) 普段地震が起きないアメリカ内陸部での、地震発生や電力障害は、地下(暗闇)での戦闘の説あり。 光の勢力によるディープステートへの反撃 光の勢力「トランプ大統領+正義のアメリカ軍+Qアノン(高度軍事インテリジェンス部隊)」は、悪魔崇拝エリートどもが摂取する直前のアドレノクロムにコロナウイルスを仕込み、コロナウイルスを発症させているとの情報あり! これは朗報。 コロナウイルスは潜伏期間が長いことから、発症したときに状況が分かっても時すでに遅し、である。 中毒者は辞められないので多くの犯罪者がコロナウイルスを発症するものと思われる。 武漢の子供の血でアドレノクロムをつくっていたため、アドレノクロムにコロナウイルスが混入していたとの説。 武漢にはアドレノクロムの製造工場があったようだ。 コロナウイルス混乱は武漢から始まっているが、この情報を見るといろいろと勘ぐってしまう。 エリートがコロナに感染し隔離される率は一般人の平均よりも異常に高い 光の勢力(ホワイトハット)がエリートに感染するよう武漢工場のアドレノクロムにコロナウイルスを混入させたか? 2020年になった今、地球をとりまく状況は大きく変わりつつあるようです。 正義である光の勢力によるディープステートへの反撃が始まりました。 悪魔勢力であるディープステートが壊滅することを強く願っています。 そしてみんなで祈りましょう。 この地球から悪魔と悪魔人間が一人残らず一掃されることを!.

次の