薔薇宮ソーナ。 [B! ゲーム] ファークライ4と5はどっちが面白い? 悩んでいる人向けに解説|薔薇宮ソーナ|note

ファークライ4と5はどっちが面白い? 悩んでいる人向けに解説|薔薇宮ソーナ|note

薔薇宮ソーナ

狂気が支配する天国でイカれた連中を殺しまくるファークライシリーズ。 たくさんシリーズが出ているけど、いま初心者に勧めるならファークライ4か5だろう。 しかし先にどっちをプレイすれば良いか、悩んでいる人も多いと思うので、両作品をクリアした僕が、4と5の違いなどを比較してみた。 結論からいうと、 キャラクターやストーリーの面白さはファークライ4。 グラフィックや戦闘システムはファークライ5が勝っている。 ファークライをストーリーや世界観・キャラで比較 FPSといえば、ストーリーなどを重視する人は少ないと思うけど、ファークライシリーズの魅力として、ユニークなキャラクターや個性的な展開がある。 まずは作品に色を付けている世界観などを比較してみた。 高いところが多く、崖なども登れる。 宗教とドラッグが蔓延しており、一見のどかだが狂気が隠れ潜んでいる。 ドラッグに狂人、陣取り合戦というファークライ独自のお約束が多いため、やることはあまり変わらないけど、舞台の方はかなり違ってくる。 個人的には5の方が好き。 ストーリーはどっちが面白い? ストーリーに関しては、最後までプレイすると4の方が個人的には面白かった。 両作品とも、大まかな話の流れは共通している。 よそ者の主人公が自然豊かな地を訪れたら、なんやかんやで現地のレジスタンスと共闘して、その地を支配しているボスを倒す。 4はレジスタンスのリーダーを、相反する2人の中からどちらかを選ぶというルート分岐的なものがあるのが特徴。 5は中ボス3人との絡みがあるのは良かったけど、その都度主人公を強制拉致するのは何とかしてほしかった。 ラストで明かされる衝撃の真実 個人的に両作品とも、途中までのストーリー展開に関しては同じくらいの面白さだったけど、最後の方で明かされる 意外な真相で4に軍配が上がった。 単純な衝撃度や話題性に関しては5の方が上だけど、そうじゃない。 その展開じゃないんだ。 ファークライ4の2周目をプレイして分かる序盤の巧みな伏線、それだけのために用意されたとでもいうべき設定の数々を考慮すると、やはり4が素晴らしすぎる。 サブキャラの魅力は互角だが…… ファークライといえば、登場するキャラがどいつもこいつもイカれた狂人で、4と5も例外ではない。 個人的な感想としては、 主人公に味方するキャラは4の方が好き。 特にロンギヌスや双子など、サブミッションで関わるキャラがユニークで良かった。 5に関しては味方よりも、ラスボスの部下である中ボス3人のキャラが印象に残った。 この点に関しては、中ボス3人との強制イベントが多数あったから、記憶に残りやすかっただけだと思うけど……。 ラスボスは圧倒的に4 ファークライ4と5、どちらも作品の顔とでもいうべき人物がラスボスだ。 ファークライ4では「パガン・ミン」、ファークライ5では「ファーザー(ジョセフ・シード)」のことだ。 ジョセフも魅力的で、お気に入りの敵キャラだけど、 パガン・ミンの方がカリスマ性とボス感があって惹きつけられた。 正直洋ゲーの敵キャラは、あまり魅力的なキャラが多くない。 しかしパガン・ミンに関しては冒頭から最後まで絶対的な存在として君臨しており、真相を知ったらもう……! ジェットコースターのように好感度がうなぎのぼりだ。 ファークライ4は、ラスボスであるパガン・ミンと会うためにあるといっても過言ではないだろう。 グラフィックや戦闘システム、武器など ゲームシステムやスペックに関しては5の圧勝。 やはりそこは続編だけあって、各要素が正当進化している。 武器や乗り物も5の方が豊富で、操縦性も向上している。 一応ファークライ4でも傭兵(モブ)を呼べたけど、その都度呼ばなければならず、「傭兵トークン」というアイテムを消費する。 対して5では自由に連れて歩けるため、一緒に冒険している感覚を強く感じられる。 またスペシャリストは非常に優秀で、場合によってはプレイヤーが何もせずとも、スペシャリストだけでどうにかなることもある。 スキルや仲間が充実している中盤からは多少簡単になるけど、序盤は脳みそが溶けるかと思うくらい難易度が高かった。 またステルスプレイに比重が傾いているため、僕のようにステルスプレイが苦手だと苦戦するかも。 とにかく銃をぶっ放して暴れまわりたいなら、4の方が適していると思う。 【結論】ファークライ初心者なら5がおすすめ ストーリーやキャラ、グラフィックや戦闘システムなど複数の視点から両作品を比較してみたけど、まとめるとこんな感じだ。 ステルス行動が強い 👉: 僕はファークライ4のストーリーやキャラが気に入ったけど、こちらに関しては個人の主観が強く入った結果だと思う。 そのため客観的に判断すると、 システム面などが正当進化した5の方が初心者におすすめかなあ。 まだ悩んでいるという人がいるかも知れないけど、迷ったら両方買えば良いため、とりあえずは完成度が高いファークライ5を買ってみてはどうだろうか。

次の

【全米がブチ切れた】鬼畜外道のゲスいボスキャラ9選【アニメ解説】

薔薇宮ソーナ

この記事の目次• フリーだとほぼ一択の性能• すぐ使える• UIがわかりやすい• 遅延最小0. 機材をそろえたらもっとかかる。 「 おてがるにボイスチェンジしたい!」なら、いまは「恋声」一択です。 「ざっくり使い方おしえて!」• マイク用意• マイクボタン押す• 声いじる• しゃべる まずよりソフトをダウンロードします。

次の

薔薇宮ソーナ

薔薇宮ソーナ

記事を動画で見よう! 無限の並行宇宙を指一本で消滅? 最強すぎるけど実はネタキャラとしても最強のうんこマンとは? 冥界からごきげんよう 獄焔の使い手、薔薇宮ソーナです 最高にかっこいい、ヤバいボスキャラを紹介するこちらのコーナ、今回紹介するのは不屈の中二ノベルゲー「Dies irae」の続編 「神咒神威神楽」のラスボス「第六天波旬」です。 どういうキャラなのかは画像の通りで、まあ凄まじく濃いというか、うんこ過ぎるキャラです。 この波旬、最強議論をするとちょいちょい名前が出てくるため、名前だけ知っている人も多いのでは? この動画では波旬の強さはもちろん、実はネタ要素の塊などを、 ゲームを未プレイの人にもわかるよう、第六天波旬の秘密を語っていきます。 ネタバレも含んでいますが、作品やキャラがより好きになる、楽しめるよう解説していますので最後まで刮目せよ またこの動画が面白かったら、ぜひぜひチャンネル登録よろでーす ジャンプできる目次• 作品とキャラの概要 まず第六天波旬が登場する神咒神威神楽とはどういう作品なのか、ラスボスである波旬はどう物語に絡んでくるのかを、ざっくりと語っていくね 神咒神威神楽とはDies iraeという、中二病界隈では有名なギャルゲーの続編にして、Dies iraeのネタバレ要素満載の作品 Dies iraeのエンディングで一番メインのヒロイン、マリィが覇道神となりました。 マリィが統べる世界は「輪廻転生」という「全ての人間がいつか幸せになれるよう願う」という祈りから生まれた宇宙。 何1つ欠点がないというくらい、素晴らしき世界だったんだ。 ただその世界をよく思わない奴がいた。 それがこの波旬です。 波旬はマリィを殺した マリィは無限の並行宇宙を統べる神様であり、並行宇宙そのものを内包した超存在であり、前作主人公と表ボス、裏ボスなど多元宇宙クラスの存在も駆けつけるけど、波旬はそいつらを瞬殺して、マリィを踏み潰す 前作の主人公とヒロイン、表と裏ボスを全員倒すって、絶対に許されない行為ですし、Diesファンは波旬のことをガチで恨むほど。 で、神様であるマリィを殺したわけですから、波旬が神の座を引き継ぎ、6番めの神に……第六天が誕生。 波旬の渇望が全宇宙を侵食し、新たに作り直す、リセットされる。 波旬が神様になった新世界「大欲界天狗道」が誕生してから7000~8000年後、文明レベルは江戸時代? の時期が神咒神威神楽の舞台 なんかもうめちゃくちゃだーってなりますが、ようやく神咒神威神楽の物語が始まります。 舞台は和物っぽい感じ、主人公とヒロインは4組用意されている群像劇。 坂上覇吐や久雅竜胆といった主人公・ヒロイン組がチームを組んで、「穢土」に蔓延る「化外」という魔物どもを駆逐するっていうストーリー内容。 実はこの化外の正体っていうのが、前作Dies iraeの登場人物が闇落ちした存在で、敵の総大将が前作主人公「藤井蓮」。 今作では天魔・夜刀という存在。 だから構図としては、今作主人公勢VS前作主人公勢っていう、めっちゃ面白いんですよ。 ただ前作キャラなわけですから、当然強い、強すぎる。 ドラゴンボールで例えると、少年時代編の悟空たち一同が、セル・フリーザ・魔人ブウといったボス連合と戦うみたいな圧倒的な戦力差がある。 じゃあ神咒神威神楽の主人公勢、覇吐たちに勝ち目ないじゃんと思いますが、彼らを助ける存在がいます。 それが、本作の神である波旬。 主人公たちは無自覚に波旬に力を恵んでもらっている、波旬の代わりに前作主人公勢を滅ぼすっていうのが、覇吐たちに課せられた役割。 さあさあ、覇吐たちは前作主人公勢を倒せるのか? そして波旬を……というのが神咒神威神楽の概要です。 大体波旬の立ち位置とかが分かったと思いますが、やっぱりいろいろと疑問が残りますよね? 結局波旬は何がしたいの? 波旬はなんで自分で藤井蓮らを倒そうとしないのか? それをこれから紐解いていきますが、要はこいつ、自分の部屋を掃除したいだけなんですよ 自分大好き過ぎるラスボス まず波旬のルーツから話すと、波旬はマリィが女神をやっていた次代に、天竺(インド)の貧民階層で生まれました。 第三の目という中二病患者が好きそうなものが生まれた頃からあって、変な宗教団体に目をつけられ、即身仏として幽閉されていました。 で普通なら、自分を幽閉した奴らや、この世界の神様を憎んだからマリィを滅ぼしたと思いますが、実際は真逆。 というのも波旬は、天世の引きこもり、1人でひたすら閉じこもっているのが大好きな、究極のぼっちガチ勢、要はおまえらだったんですよ。 じゃあなんで自粛大好きマンの波旬がマリィを殺しにわざわざ現れたのか? 波旬はある日気がついたときから不快だった。 なにかがへばりついて離れない。 波旬はとにかく自分ひとりでいるのが大好き、俺以外のものはいらないという自己愛の化身。 ここもおまえらっぽい。 だから他者の存在が邪魔くさく、その正体がマリィなのではと思って、わざわざ神の座である特異点に殴り込みするわけです。 だからゴキブリを潰すみたいな感じでマリィを殺すわけですが、なぜか彼の不快感は消えない。 それどころか神であるマリィが保有していた無限の並行宇宙とか魂とか、歴代の神の残滓など、神座というシステムが波旬に引き継がれる。 でも波旬は自分ひとりでいたいわけですから、こんなのはいらないわけですよ。 まったく面識がない陽キャの卒アルとか記念アルバムを50万冊くらい押し付けられたようなもので、陰キャの波旬としては迷惑すぎる。 自分の部屋に世界中からうんこが押し寄せたみたいなもの 糞掃除をしたいラスボス そう、もう分かりましたよね? 波旬の目的、それが自分にへばりついた糞という名の、無限の並行宇宙や魂。 あらゆる不快感を消滅させて1人になりたい、壮大なのかしょうもないのかよくわからないものなんですよ。 いやいや、無限の並行宇宙を内包する神を指一本で消し飛ばせる存在なら、そんなの余裕だろってツッコミあるでしょうが、思い出してください。 波旬はレベル9999のおまえらなんだ。 おまえら、部屋が汚れているからといって、片付けないだろ? 波旬はとにかく面倒くさがりだから、掃除とか嫌なんだよ。 自己愛に溢れた世界 ただ波旬は神なわけだから、自分の渇望を全宇宙に垂れ流せる。 彼の渇望は究極の自己愛。 正論をいう俺は素晴らしい 他人を助ける俺は素晴らしいという自己陶酔に始まり、 自分ひとりになりたい、この宇宙には俺だけあればいいという想いが広がり、本来なら全生命体が自分ひとりになるべく殺し合いをするという壮絶なもの。 要は部屋中のうんこやゴキブリが勝手に殺しあってくれるわけですから、波旬としては生き残った1体を潰せば良いという、めっちゃお手軽。 でもそれを妨げているのが、前作主人公「天魔夜刀」。 こいつは無限の並行宇宙の時間を止められるから、糞したい波旬の便意を妨げている、つまり便秘の原因。 ただとある理由で、波旬の力であり糞が、主人公たちにぶりぶりと分け与えられる形になる。 つまり神咒神威神楽って、糞掃除をするために糞したい波旬。 便秘の原因である前作主人公勢、そして糞掃除係の覇吐たち今作主人公勢という、構図なんですよ。 うんこマンと呼ばれる理由 なんでこんなにうんこを例えに出すのか? 別に作品をバカにしているわけではないですし、僕自身あまり下品な言葉は使いたくないんですよ。 ただ波旬の口癖って、「糞」なんですよ。 例えば、「おまえ、糞の山で笑っていたくらいだからなあ」とか、「絆? 魂? 糞の塊で結構だな。 そしてキメ台詞が、「俺の糞は旨かったかァ?」という、最凶のネタセリフまである。 あまりにも糞を連呼していたため、生みの親であるライター本人から、「ウンコマン」という魔名を頂き、ファンからもウンコマンで呼ばれています。 引きこもりぼっちニートなのに、こいつ煽りスキル高くね? と思いますが、これもおまえらだからで説明できます。 というのも波旬、天眼という第三の眼が額についていて、これがあれば森羅万象あらゆる物事を見通す、人間の精神すらも分かるという……つまりおまえらにとってのGoogleみたいなものなんですよ。 観測者という神咒神威神楽やDies iraeを含む神座シリーズの黒幕の存在すらも、感知できるという凄まじいものなんですが、自分一人で満ちている波旬からすれば、こんなものは無用。 せいぜい他人を覗き見て、そいつを煽るくらいしか使いみちがないという、まさにレベル9999のおまえらですね。 波旬の強さ いよいよお待ちかねというか、波旬の強さについて語る。 ・数言しゃべるだけで、無数の宇宙を消滅させる ・歴代の神格たちを指一本で破壊できる ・波旬に受けた傷は治癒できない ・歴代神格全員ががりでも腕の一振りで十分 ・卍曼荼羅・無量大数:波旬のおそらく全力の攻撃 あらゆる命を消し去る破滅の光、放射線らしい。 こんな茶色いのに光属性なのかおまえ……というかこれ、お隣のヴァルゼライド閣下のガンマレイっぽい? もしも使われていたら、全宇宙はもちろん、ナラカとかそういうもろもろも滅尽滅相されていた? で波旬の攻撃方法っていうのが、腕を振り払うとかを除くと、通称糞投げアタックというもの これは波旬にへばりついている歴代神様の残滓 当代の神なら歴代神様の能力を扱えるっていう、超チート技能なんだけど、波旬からすれば自分で戦った方が強いし、よくわかんないって感じ だから歴代神格の残滓を適当にぶん投げるだけという……まあ一応それでも、ブラックホールを発生させたり、浴びたものを塩の柱と化す防御不能の光線を放ったりと、なんだかんだで普通に強い 例のコピペ 最強議論とかになると、波旬コピペと言われるこのコピペがたまに貼られるのですが、見覚えのある方も多いのでは? そうだ、分かっておるだろう。 これが我だ。 波旬われに特殊な能力など必要ない。 時を止める?修羅を率いる?万象、宇宙の星を操り、永劫の回帰を繰り返す? なんだそれは?なんなのだ?なぜそんなに小賢しい。 長いので以下略。 多分波旬とかを知らない人からすると、なあにこれ?となりますよね。 まずこれ厳密には波旬というよりは、波旬の糞を喰らって波旬汚染されたキャラが言った言葉なんですよ。 こいつ元々は普通の剣の達人クラスなんですけど、波旬の糞の恩恵で、惑星破壊できるくらいには強くなっています。 でこのコピペの意味なんですけど、要はレベルを上げて物理で殴れば全部解決。 この能力が強いとか、あの能力の弱点はあれだとか、そんなの圧倒的格上には効かないだろっていう理屈。 波旬はあまりにも他と画一した強さだから、どんな能力だろうと効きませんよってこと。 まあおそらくこれは、前作Dies iraeという異能力バトルに対する皮肉とか自虐の意味合いもあるかと。 ちなみにお隣のシルヴァリオサーガシリーズでは、能力の相性とか出力差なんて気合と根性の前には無意味だぞという、主人公補正みたいなものを持っている光狂いのボスキャラがいます 波旬の強さと弱点 このでっかいうんこが強いのは分かったけど、なんでこいつバグってるみたいに強いんだよというと、まず神咒神威神楽やDies iraeの世界では、己の渇望こそが力の源、渇望の強さと実際の強さが比例する。 で、波旬の場合は自己愛。 まずこれがありえないくらい強い。 とにかく俺俺俺俺俺俺俺と、自分が大好き過ぎる、一人になりたい ただ本来の波旬っていうのは、ここまでぶっ壊れた強さじゃない。 そもそも渇望自体が自己愛だから、覇道神という神の資格すらもなかった。 全ての元凶は、彼がマリィを殺したときに強く感じていた不快感。 なにかが俺に触れているという感覚。 この正体っていうのが、畸形嚢腫という波旬の双子の弟にして、第三の眼であり、波旬の中に存在する成り損ない。 つまり波旬は生まれたときから、自分の頭の中に兄弟がいたわけです。 でこの畸形嚢腫の分身とでもいうのが、本作の主人公坂上覇吐。 つまり神咒神威神楽って、ずっと一緒にいたけど気づかなかった兄弟が初めて出会うっていう、なんかBLっぽい流れでもあるんですよね。 でも波旬は他者に興味がないから、まさか、まさか自分の中に他人がいるなんて、まったく気づかない、ラブコメ漫画の鈍感系主人公も呆れるほどですね。 でもでも、波旬としてはこの不快感をなんとかしたい、一人になりたいっていう渇望が無限に深まっていく。 逆にいうと、畸形嚢腫さえ取れれば、波旬の中にあった不快感が消えるわけですから、波旬もすっきりする。 畸形嚢腫は波旬がパワーアップする最強の強化アイテムであり、同時に最強の弱点でもあるわけです。 しかも波旬の力の源である自己愛にして唯我も、覇吐と対峙するときは弱体化して、並の覇道神程度にまで落ちます。 並の覇道神がどのくらいかは作中で言及していませんが、サタナイルさんや自滅因子補正のないラインハルトくらいじゃないですかね? ま、それでも宇宙規模の存在であることには代わり有りませんが。 ちなみに前作Dies iraeの主人公やボスキャラが波旬の畸形嚢腫という弱点をついて、メルクリウスというリセマラ厨の力で全てを回帰してなんやかんやあったのが、Dies iraeの氷室玲愛ルートです。 Dies irae勢が勝てるルートもあったということです。 天文学的な確率でないと勝てませんが…… ネタキャラとしても最強 波旬といえば最強と誰もが思い浮かべますが、実はネタキャラとしても超面白いんですよ。 まずウンコマンっていう、あだ名が公式公認であるのが面白い。 それで公式も波旬を全力でネタにしたことがあって、特典ドラマCDでは、もしも神咒神威神楽の登場人物がキャラ崩壊したら?って感じのものがあるんですけど、それでラスボスの波旬が一番ぶっ壊れていたんですよ。 ・覇吐の兄として、普通に働いている ・スポーツ万能で家事も得意 ・得意料理はカレー ・友達は無量大数 ・生きているだけで最高の究極リア充 と、あまりにも別キャラすぎて薔薇宮ソーナですら爆笑するほど。 ちなみにこのラスボス解説動画シリーズでは、もしもあのキャラがYouTubeをやっていたらという僕の妄想を垂れ流しているんですけど、 なんだかんだで波旬ってYouTuberに向いていそうですよね ものまね得意だし、煽りスキル高いから、ライブで来たアンチコメントをひたすら煽っていたり、後は波旬の排泄音(ASMR)とか…… 波旬のその後 神咒神威神楽でラスボスを務めた波旬ですが、実はDies iraeのニンテンドースイッチ版の追加シナリオで、歴代の神様たちと共演します 無謬の平穏? を手に入れた波旬ですが、なぜか強制的に歴代神座のオフ会参加にさせられる。 神咒神威神楽も含む神座万象シリーズ黒幕と遂に対峙って感じで、あの波旬が味方枠に……! どう考えても味方になるような奴じゃないんですが、黒幕(ぼっちの先輩)が愛用していた便所がめっちゃぼっち飯に最適そうだから奪い取ろうとしている的な感じですね。 他にも波旬を神と崇めていた邪教団についても触れられており、転輪王の花輪(サンサーラ・ヴァルティン)という正式名称も明かされました。 まあ、気取った名前をつけていますが、要はウンコマン教団です。 それで波旬とかいろんな神格が活躍するのは、Dies irae Pantheonというソシャゲなんですけど、なんですけど…… まあ、それについては別の動画で。 コホン、規格外の最強存在 波旬が登場する神咒神威神楽は、バトル系のノベルゲーですが、一応女の子も攻略していきます。 まあ波旬の夢女子である僕としては、波旬とデートしたり、イチャイチャしたりする波旬ルートもほしかったんですけどね 果たして覇吐たちは波旬を倒せるのか? 興味が湧いた方はぜひ本編をプレイしてみてね。 また薔薇宮ソーナchでは引き続き、圧倒的に個性的なボスキャラを紹介していく予定ですので、light作品に限らず、紹介してほしいボスキャラがいればコメント欄に書いておいてください。 この動画が面白かったら、チャンネル登録よろです~ 今日はカレーにしようかなあ.

次の