ストレージ が いっぱい っ て 何。 【特集】Windowsでストレージの空きが足りなくなったときに試すこと

「iCloudストレージがいっぱいです」とは?非表示にする方法を解説します

ストレージ が いっぱい っ て 何

面倒なんですよね。 しかし、放ったらかしにすると、 故障した時に痛い目にあうかも。 恐ろしいです。 iPhoneを使い続ける人にはオススメ。 コスパ重視におすすめ。 将来的にAndroidに機種変更する可能性がある場合にオススメ。 (解決策あり) 以下の詳しく解説しますので、よく理解して「iCloudストレージがいっぱいです」を非表示にしましょう。 【解決策 1】 iCloudストレージを大きくする 「iCloudストレージがいっぱいです」を非表示にする一番手っ取り早い方法は、「iCloudストレージ」を大きくすればいいだけの話。 繰り返しますが、 「iCloudストレージ」 の無料枠は5GBです。 バックアップするデータが5GBに達すれば、 当然ながら「iCloudストレージがいっぱいです」 となるのです。 iPhoneを使い続ける人にはオススメ。 有料プランに変更するのおすすめなユーザーは、iPhoneやiPadつまりApple製端末を将来的にも 使い続ける人です。 「iCloudストレージ」を大きくすには、5GBの無料プランから以下の有料プランに変更すればOKです。 50GB:月額 130円( おすすめ!)• 200GB:月額 400円(ファミリーと共有可能)• 2TB:月額1,300円 (ファミリーと共有可能) 始めて「iCloudストレージがいっぱいです」と表示された場合、ひとまず50GBプランを選択しましょう。 いずれ200GBプランへ変更しなければならない時がやってくるでしょうけどね。 以上のようにiCloudストレージのプランを有料プランに変更するだけで、「iCloudストレージがいっぱいです」の表示は消えることになります。 【解決策 2】 外付けメモリにデータを保存 「iCloudストレージがいっぱいです」を非表示にするための2つ目の方法は、iCloudのストレージを圧迫している画像を、• 外付けUSBメモリに保存し• iCloudストレージに写真を保存(バックアップ)する設定をOFF にすることです。 これでほぼ確実に画像を、 外付けUSBメモリ に安全にバックアップすることができ、 同時に「iCloudストレージがいっぱいです」 の表示もでないようにすることができます。 これって昔ながらの方法ですよね。 つまり、PCでよく利用していたUSBメモリってありますよね。 そのiPhone版には2つのコネクタがあり、一つがライトニングコネクターで、iPhoneに挿せるようになっています。 外付けメモリの逆のコネクターはUSB3. 0ですから、PCにも接続できるわけです。 つまりPCでもiPhoneでも利用できるUSBメモリです。 早い話、PCでバックアップを取る代わりに、USBメモリに直接バックアップを取るイメージです。 利用法は簡単です。 専用アプリ をダウンロードしておけば、このUSBメモリをiPhoneに差し込むだけで自動で起動しますので、表示にしたがって、動画や画像を転送するだけです。 このUSBメモリのデメリットをあえて挙げれば、小さな記憶ストレージなので、紛失の恐れがあるということ。 大切なiPhoneの写真を失いたくないなら、常時自宅に保管し、持ち歩かないようにするのが良いでしょう。 ということで「iCloudストレージがいっぱいです」を非表示にするための【解決策 2】は、 外付けメモリ にiPhoneの画像や動画を転送し、iPhoneのストレージの空きを増やすことでした。 【解決策 3】 バックアップデータを減らす 「iCloudストレージがいっぱいです」を非表示にする3つ目の方法は、iCloudにバックアップするデータ量を減らすことです。 将来的にAndroidスマホを利用するかもしれない方、iCloud有料プランに加入いたくない方は、以下の方法で、バックアップするデータを小さくすることがオススメです。 「設定」を見直し減らそう iPhoneのバックデータには、iPhoneの設定等が保存されている「バックアップ」データとアプリのデータがあり、いずれもiCloudに保存することができます。 それで不要なデータiCloudに保存しないように「設定」を見直せばよいわけです。 これはiCloudストレージとどのような関係があるのでしょうか? 細かい違いは別にして、データを保存する場所は同じ「iCloud」であり、 無料枠は合計で5GBしかありません。 「iCloud Drive」は同名のアプリがアクセスできる保存フォルダです。 Googleドライブ同様に、自由にファイルを保存でき、他のアプリも利用することができます。 でした。 将来的にAndroidに機種変更する可能性がある場合にオススメ。 そうです、デメリットの一つに写真を削除するか、別のバックアップ先を確保する必要があるのです。 iPhoneの写真をiCloud以外にバックアップするために、 様々なオンラインストレージを活用することができます。 代表的なものは、• Google One(無料枠は15GB• Dropbox(無料枠 2GB)• OneDrive(無料枠 5GB) でもお分かりのように、iPhoneの写真データを全部バックアップするには、有料プランに加入する必要があります。 これを利用するくらいなら、iCloudの月々130円から利用できる有料プランに入ったほうがマシです。 しかし 無料かつ 無限にiPhoneで撮り溜めた 写真やビデオを保存できるサービスがあれば嬉しくないですか? このアプリを利用して写真をバックアップするユーザーは、いずれiPhoneからAndroidスマホに乗り換えても、引き続き安心して利用できます。 なんせGoogle謹製サービスですからね。 まあ、細かいこと言えば「Googleフォト」には デメリットがあります。 以下の通り。 写真は品質を保ちつつも ファイルサイズが削減(圧縮)される しかしこの「Googleフォト」のデメリットはほとんど気にする必要はありません。 一方 「Googleフォト」 の メリットは「iCloudストレージがいっぱいです」を非表示にできるだけでなく、以下の点も含まれます。 保存データ量は 無限。 自動アップロード可能。 Googleフォトに保存されたら、iPhoneの写真データは削除でき、 iPhoneのストレージ容量を節約可能。 Googleがサービスをやめない限り、iPhoneで撮影した写真や動画は永続的に保存されることになります。 iPhoneからAndroidに乗り換えも全く問題ないのです。 私も、iCloudではなく無料のGoogleフォトにお世話になり、うざい「iCloudストレージがいっぱいです」の警告が一切表示されないようにしています。 この設定は、画質が悪くなりますが、 保存データ量に制限がありません。 もしここで「 元のサイズ」を選択すると、Googleドライブ(ONE)の 無料枠を圧迫して、いずれ保存できなくなります。 必ず 「 高画質(無料、容量無制限)」 を選択しましょう。 以上のように設定した「Googleフォト」を 定期的に起動する、自動的にGoogleのクラウドサーバーに保存されます。 これで、「iCloudストレージがいっぱいです」を消すために、iPhoneの設定で写真をiCloudに保存しないように設定しても、動画は確実にGoogleフォトにアップロードされますので、iPhoneが故障したり、Androidに乗り換えても安心です。 以上 「iCloudストレージがいっぱいです」 という表示がiPhoneやiPadに表れた場合の対処方法でした。 まとめると、• iPhoneを使い続ける人にはオススメ。 将来的にAndroidに機種変更する可能性がある場合にオススメ。 (解決策あり) いずれの対策でも、写真や動画の撮りすぎには注意しましょう。 iCloudの無料枠をすぐに圧迫してしまいますから。 ストレージとはご存知のように 保存領域のことですね。 Appleはその中の一部を個別のApple IDを所持するユーザーに貸し出し、「 バックアップ用に使ってくださいね」というサービスを提供しています。 これでもうお分かりですね。 あなたが利用しているiPhoneやiPadは万が一を考えて様々な設定やデータのバックアップと取っているはず。 上の画像の例を借りなら、「バックアップ」データだけで、3. 8GBにも達しています。 したがって残りは1. 2GBしか保存できないのです。 Appleデバイスで同じApple IDで利用している場合は、バックアップデータ量は合計された状態でiCloudストレージを消費します。 ここに 写真や他のアプリのデータのバックアップをiCloudステージに保存しようとするなら、「iCloudストレージがいっぱいです」という警告が表示されるようになるわけです。

次の

「iCloudストレージ(容量)がいっぱいです」とは?解除方法を解説【iPhone】

ストレージ が いっぱい っ て 何

面倒なんですよね。 しかし、放ったらかしにすると、 故障した時に痛い目にあうかも。 恐ろしいです。 iPhoneを使い続ける人にはオススメ。 コスパ重視におすすめ。 将来的にAndroidに機種変更する可能性がある場合にオススメ。 (解決策あり) 以下の詳しく解説しますので、よく理解して「iCloudストレージがいっぱいです」を非表示にしましょう。 【解決策 1】 iCloudストレージを大きくする 「iCloudストレージがいっぱいです」を非表示にする一番手っ取り早い方法は、「iCloudストレージ」を大きくすればいいだけの話。 繰り返しますが、 「iCloudストレージ」 の無料枠は5GBです。 バックアップするデータが5GBに達すれば、 当然ながら「iCloudストレージがいっぱいです」 となるのです。 iPhoneを使い続ける人にはオススメ。 有料プランに変更するのおすすめなユーザーは、iPhoneやiPadつまりApple製端末を将来的にも 使い続ける人です。 「iCloudストレージ」を大きくすには、5GBの無料プランから以下の有料プランに変更すればOKです。 50GB:月額 130円( おすすめ!)• 200GB:月額 400円(ファミリーと共有可能)• 2TB:月額1,300円 (ファミリーと共有可能) 始めて「iCloudストレージがいっぱいです」と表示された場合、ひとまず50GBプランを選択しましょう。 いずれ200GBプランへ変更しなければならない時がやってくるでしょうけどね。 以上のようにiCloudストレージのプランを有料プランに変更するだけで、「iCloudストレージがいっぱいです」の表示は消えることになります。 【解決策 2】 外付けメモリにデータを保存 「iCloudストレージがいっぱいです」を非表示にするための2つ目の方法は、iCloudのストレージを圧迫している画像を、• 外付けUSBメモリに保存し• iCloudストレージに写真を保存(バックアップ)する設定をOFF にすることです。 これでほぼ確実に画像を、 外付けUSBメモリ に安全にバックアップすることができ、 同時に「iCloudストレージがいっぱいです」 の表示もでないようにすることができます。 これって昔ながらの方法ですよね。 つまり、PCでよく利用していたUSBメモリってありますよね。 そのiPhone版には2つのコネクタがあり、一つがライトニングコネクターで、iPhoneに挿せるようになっています。 外付けメモリの逆のコネクターはUSB3. 0ですから、PCにも接続できるわけです。 つまりPCでもiPhoneでも利用できるUSBメモリです。 早い話、PCでバックアップを取る代わりに、USBメモリに直接バックアップを取るイメージです。 利用法は簡単です。 専用アプリ をダウンロードしておけば、このUSBメモリをiPhoneに差し込むだけで自動で起動しますので、表示にしたがって、動画や画像を転送するだけです。 このUSBメモリのデメリットをあえて挙げれば、小さな記憶ストレージなので、紛失の恐れがあるということ。 大切なiPhoneの写真を失いたくないなら、常時自宅に保管し、持ち歩かないようにするのが良いでしょう。 ということで「iCloudストレージがいっぱいです」を非表示にするための【解決策 2】は、 外付けメモリ にiPhoneの画像や動画を転送し、iPhoneのストレージの空きを増やすことでした。 【解決策 3】 バックアップデータを減らす 「iCloudストレージがいっぱいです」を非表示にする3つ目の方法は、iCloudにバックアップするデータ量を減らすことです。 将来的にAndroidスマホを利用するかもしれない方、iCloud有料プランに加入いたくない方は、以下の方法で、バックアップするデータを小さくすることがオススメです。 「設定」を見直し減らそう iPhoneのバックデータには、iPhoneの設定等が保存されている「バックアップ」データとアプリのデータがあり、いずれもiCloudに保存することができます。 それで不要なデータiCloudに保存しないように「設定」を見直せばよいわけです。 これはiCloudストレージとどのような関係があるのでしょうか? 細かい違いは別にして、データを保存する場所は同じ「iCloud」であり、 無料枠は合計で5GBしかありません。 「iCloud Drive」は同名のアプリがアクセスできる保存フォルダです。 Googleドライブ同様に、自由にファイルを保存でき、他のアプリも利用することができます。 でした。 将来的にAndroidに機種変更する可能性がある場合にオススメ。 そうです、デメリットの一つに写真を削除するか、別のバックアップ先を確保する必要があるのです。 iPhoneの写真をiCloud以外にバックアップするために、 様々なオンラインストレージを活用することができます。 代表的なものは、• Google One(無料枠は15GB• Dropbox(無料枠 2GB)• OneDrive(無料枠 5GB) でもお分かりのように、iPhoneの写真データを全部バックアップするには、有料プランに加入する必要があります。 これを利用するくらいなら、iCloudの月々130円から利用できる有料プランに入ったほうがマシです。 しかし 無料かつ 無限にiPhoneで撮り溜めた 写真やビデオを保存できるサービスがあれば嬉しくないですか? このアプリを利用して写真をバックアップするユーザーは、いずれiPhoneからAndroidスマホに乗り換えても、引き続き安心して利用できます。 なんせGoogle謹製サービスですからね。 まあ、細かいこと言えば「Googleフォト」には デメリットがあります。 以下の通り。 写真は品質を保ちつつも ファイルサイズが削減(圧縮)される しかしこの「Googleフォト」のデメリットはほとんど気にする必要はありません。 一方 「Googleフォト」 の メリットは「iCloudストレージがいっぱいです」を非表示にできるだけでなく、以下の点も含まれます。 保存データ量は 無限。 自動アップロード可能。 Googleフォトに保存されたら、iPhoneの写真データは削除でき、 iPhoneのストレージ容量を節約可能。 Googleがサービスをやめない限り、iPhoneで撮影した写真や動画は永続的に保存されることになります。 iPhoneからAndroidに乗り換えも全く問題ないのです。 私も、iCloudではなく無料のGoogleフォトにお世話になり、うざい「iCloudストレージがいっぱいです」の警告が一切表示されないようにしています。 この設定は、画質が悪くなりますが、 保存データ量に制限がありません。 もしここで「 元のサイズ」を選択すると、Googleドライブ(ONE)の 無料枠を圧迫して、いずれ保存できなくなります。 必ず 「 高画質(無料、容量無制限)」 を選択しましょう。 以上のように設定した「Googleフォト」を 定期的に起動する、自動的にGoogleのクラウドサーバーに保存されます。 これで、「iCloudストレージがいっぱいです」を消すために、iPhoneの設定で写真をiCloudに保存しないように設定しても、動画は確実にGoogleフォトにアップロードされますので、iPhoneが故障したり、Androidに乗り換えても安心です。 以上 「iCloudストレージがいっぱいです」 という表示がiPhoneやiPadに表れた場合の対処方法でした。 まとめると、• iPhoneを使い続ける人にはオススメ。 将来的にAndroidに機種変更する可能性がある場合にオススメ。 (解決策あり) いずれの対策でも、写真や動画の撮りすぎには注意しましょう。 iCloudの無料枠をすぐに圧迫してしまいますから。 ストレージとはご存知のように 保存領域のことですね。 Appleはその中の一部を個別のApple IDを所持するユーザーに貸し出し、「 バックアップ用に使ってくださいね」というサービスを提供しています。 これでもうお分かりですね。 あなたが利用しているiPhoneやiPadは万が一を考えて様々な設定やデータのバックアップと取っているはず。 上の画像の例を借りなら、「バックアップ」データだけで、3. 8GBにも達しています。 したがって残りは1. 2GBしか保存できないのです。 Appleデバイスで同じApple IDで利用している場合は、バックアップデータ量は合計された状態でiCloudストレージを消費します。 ここに 写真や他のアプリのデータのバックアップをiCloudステージに保存しようとするなら、「iCloudストレージがいっぱいです」という警告が表示されるようになるわけです。

次の

「内部ストレージがいっぱい」とは?

ストレージ が いっぱい っ て 何

『iCloudのストレージがいっぱいです』といったiPhoneの容量がいっぱいになっているような表示が出るということはその無料の5GBをめいっぱい使ってしまっているということなのですね。 しかし「アプリをそんなにインストールしていない」。 と、いったようにストレージがいっぱいです。 と表示されてもiPhoneの容量がいっぱいになる原因がいまいちわからなくピンとこないという方も中にはいるでしょう。 私もアプリは少ないですし、何より音楽もインストールしていません。 しかし『iCloudのストレージがいっぱいです』といった表示が出ました。 ここでは iPhoneのiCloudストレージがいっぱいになる原因とは何なのかについてご紹介します。 『iCloudストレージがいっぱいです』が表示されてしまう原因とは、単純にその倉庫に空きがなくなっているということです。 iCloudストレージがいっぱいになってしまう一番の理由とは、 写真のデータでしょう。 私は1700枚近くあります。 基本的にiPhoneで撮影した写真のデータはiPhone本体のストレージに保存されますが、『iCloudフォトライブラリ』という機能をONにしている場合は、自動的にiCloudストレージにもデータが複製されるようになりストレージがいっぱいですと表示が。 この機能によって、撮影したiPhoneからだけでなくパソコンや他のiPhoneなどと写真のデータを共有することが可能ですが、初期の状態ではiCloudストレージは5GBまでしか保存できないため、iCloudストレージがいっぱいになる原因とも言えます。 自分の写真をネット上に置くのもどうかと思うし、しかも料金がかかってくるとなら、iCloudフォトライブラリは使わないことにします。 ただし、『iCloudフォトライブラリ』をオフにし、『写真とビデオをダウンロード』をクリックすると…。 『写真とビデオをダウンロードできません』とエラーメッセージが出ます。 これも落とし穴でした。 容量を節約しようと思ってストレージを最適化したはいいものの写真や動画は増える一方。 高解像度の画像をデバイスにダウンロードできなくなります。 ではiCloudフォトライブラリをオフにして容量がいっぱいを解除するにはどのようにすればいいのでしょうか?まずはiPhoneの設定のアプリを開き『iCloud』にサインインします。 iPhoneの使い方にもよりますが、音楽を聴いていたり、アプリをインストールしていたりとiPhoneで全てのことを行っている人は『iCloudのストレージがいっぱいです』といった表示はすぐになると思います。 しかし方法としてiTunesは役立ちます。 特にパソコンを持っている方はiTunesを利用するといいでしょう。 iTunesはMacのパソコンではなくてもWindowsのパソコンでもiTunesを利用することができます。 私もiTunesを利用することがあります。 データ整理にiTunesは便利です。 とにかくiCloudのストレージがいっぱいですと表示されたらiTunesにデータを移すか、不要なデータを削除するなりまずは何かしらデータを整理する手段を取りましょう。

次の