メカ 丸 死亡。 呪術廻戦104話ネタバレ考察!メカ丸の秘策で脹相に逆襲も…? | 8ラボ(はちらぼ)

呪術廻戦91話ネタバレ最新確定!五条悟封印完了!ミニメカ丸の作戦指示│オトメexpert

メカ 丸 死亡

最新記事 by 中年ペンギン• - 2020年6月26日• - 2020年6月25日• 第103話では脹相と虎杖の戦いがガッツリ描かれました。 虎杖はなんとか接近して攻撃しようとするけど、脹相は遠距離も近距離もどちらも行ける上に、フェイントも織り交ぜてくるのでなかなか苦戦します。 さあ104話ではどうなるのでしょうか? ということで、さっそく104話のネタバレ予想します! 前話までのおさらい ・虎杖の穿血の対策とは? ・近接戦も脹相に圧倒される! 呪術廻戦104話ネタバレ予想「メカ丸&虎杖で脹相に逆転勝ち!?」 前回は表紙の九相図3兄弟の扉絵にびっくりしましたね。 【呪術廻戦】 九相図三兄弟 だんご三兄弟 — サダール Sata4290 今は脹相と虎杖がガッツリ戦ってる最中なので、そのギャップが凄いです。 ちなみに絵の右側の「だんご3兄弟」はNHKのみんなの歌や、子供向け番組でヒットした歌です。 知らない方もいると思うので一応。 冥冥の戦いは呪術を使った呪術師同士の戦いという感じでしたが、脹相と虎杖の場合、肉弾戦がメインです。 脹相の赤血操術は京都校の加茂の上位版で、今の虎杖にはやや格上な相手です。 赤血操術の穿血による遠距離攻撃だけかと思いきや、近接でも超新星とか赤鱗躍動による格闘技でも対応できる万能型のオールラウンダーでしょうか。 やっぱり大切なのは髪型じゃないよね。 この髪型にした意図も経緯もわかんないけど脹相かっこいいもんな。 術式の技豊富だし使いこなせてるし戦い方クレバーだしパワーもあるし人間味がある。 — 桃。 ymmomoym 対する虎杖も、穿血をかわしてからのダッシュで距離を詰めるあたりは怪物レベルです。 しかしそんな虎杖でも特級レベルの脹相には一歩及ばない感じ。 そこへ最後に登場したのがメカ丸です。 もう本体は死んでますが、生前の記憶を残したミニメカ丸が虎杖をサポートします。 もうメカ丸はこれからワートリのレプリカ先生のポジションだな。 今週の冥冥さんのドヤポーズ好き 特級呪霊を一撃で倒すって普通に強いなw まぁ、偽夏油の噛ませになりそうだけど… — ユウ zptcp111vrbHjWk 現在進行中だと、冥冥vsニセ夏油が始まりそうだし。 伏黒パパやばいまじ何がやヤバいってほんとやばいドストライク過ぎてやばい — ねーく neak1022 他の場所だと、伏黒パパの禅院甚爾は呪詛師のババアを殺してフリーに。 こいつはどこに行くか予測不能。 もしかしたら途中で真人と遭遇する可能性も。 渋谷駅を取り囲む帳の外側にはもうたいした敵はいないだろうけど、故・夏油の部下だった姉妹もいる。 あとは伏黒は重傷の猪野を病院かどこかに運ぶためにいったん現場から離れている。 そう考えると、 もし別の戦闘が描かれるとしたら、一番可能性が高いのは冥冥vsニセ夏油。 どちらも強そうなので見応えのある戦いが見られそう。 2番目は七海vs真人の再戦か。 今のナナミンは静かに怒ってるから強いはず。 前回の戦いの続きも期待できそうです。 もしかしたら移動中の伏黒と、フリーで行動してる伏黒パパがどこかで出くわす可能性もあります。 伏黒パパは息子であると分かるが、伏黒は最初は分からない。 しかし会話するうちに理解し、怒りがこみ上げてきて戦闘に・・・ うーんすでに渋谷事変は21だけど、この調子だと40とか50まで行っちゃいそうですね。 呪術廻戦104話ネタバレ予想のまとめ 103話の最後、宿禰が話しかけてきたと思ったからメカ丸でちょっとがっくりきたけど、メカ丸ならメカ丸で面白くなりそう。 虎杖は肉体は怪物だけど、呪術が絡むと初心者だから対応できないこともあるし。 赤血操術にはまだ虎杖が知らない赤縛とか苅祓などの技がある。 それらの技を脹相もあえて見せてない可能性もある。 となるとメカ丸の適切な助言がないとこの先の戦いは厳しくなるだろうな。 次回はどうなるか楽しみです。 呪術廻戦104話のネタバレ確定速報! 2020年4月27日発売の週刊少年ジャンプの呪術廻戦104話より、確定速報を紹介します。 呪術廻戦104話ネタバレ「メカ丸の秘策で脹相に逆襲!?」 前回に引き続き、脹相と虎杖の戦闘の続きです。 今まで沈黙していたメカ丸が突然目覚めて虎杖に話しかけてきます。 「今、どんな状況だ?」 沈黙していた理由は単なる省エネだったようです。 急に増えた話し声に、遠くにいる脹相も不審な表情。 メカ丸は脹相と聞いて 「赤血操術か?」と驚くが、知ってるのか? よく考えると九相図の脹相らの名前って誰がつけたんだよ?って話。 そして脹相と聞いて、すぐに赤血操術が思い浮かぶものだろうか?よく分からん。。。 ただし、京都校の加茂が同じ赤血操術を使うことから、赤血操術の解説をするメカ丸。 曰く、赤血操術は遠・中・近、全てに対応できるバランス力があり、重宝される術式と言われているという。 メカ丸の結論として、 「失血しない脹相にスキはない」 とか。 しかし、メカ丸は赤血操術の弱点は知らないが、アイデアは一つあるという。 そしてトイレに逃げ込めと指示を出す。 メカ丸曰く、 「成功率は1割くらいだ」 分の悪い賭けですね。 しかし、このまま戦ってもジリ貧で、殺されるだけ。 トイレへダッシュする虎杖。 自ら袋小路の場所へ逃げ込む虎杖を「バカが!」とあざ笑う脹相。 しかし、トイレの中から「ゴッ」「ガゴ」と大きな音がする。 何の音か不審がる脹相。 思わず慎重になる脹相に、トイレの中からメカ丸の声で挑発が。 「来ないのか?弱虫だな。 弟に似て」 これにはブチ切れる脹相。 トイレへ駆け込むと、そこには・・・ 水道が破裂して水があふれているトイレがあった。 トイレの個室から出てきて、瞬時に脹相の背後をとる虎杖。 メカ丸も 「ここまではうまくいった。 あとは賭けだ」 しかし、背後からの不意打ちも脹相には通じず。 これは虎杖の賭けは失敗に終わったのか? そう、脹相が思った瞬間、自分の周囲に浮かべていた血液が突然プルプル震えて、パシャっと形が崩れました。 どうやら百歛(びゃくれん)が解けてしまったようです。 なぜか? 赤血操術は術式効果を上げるために常に血液の凝固反応をオフにしてるという。 だからいつでも自在な形状で扱えるわけですね。 そのため、その血が水に混じると、他の者よりも水に溶けやすくなるという。 さらに 浸透圧の関係で、赤血球が膨れて細胞膜が破裂するという。 そのため、血液の45%を占める血球成分を支配できなくなり、百歛が解かれてしまったという。 これがメカ丸の狙いだったわけだ。 メカ丸、頭いいな。 そしてこの瞬間、脹相は虎杖の得意分野である殴り合いの土俵に引きずられてしまった。 脹相は赤燐躍動・載を発動。 肉体強化ですね。 脹相は受肉して日が浅いこともあり、戦闘経験は少ない。 というか、少ないのにこれだけ強いのが謎なんですが。 ただし、冷静に現実を受け止めて、体外での血液操作は諦めて、体内のみで完結。 一方、虎杖も理屈は分かってないものの、自分の土俵に持ち込めたことを理解。 壮絶な殴り合いが始まり、虎杖が勝利を確信したその時、 虎杖の肝臓を、脹相の手のひらの中で水に晒さぬように限界まで圧縮し呪力で強化した血が貫いた! メカ丸の策を上回る脹相のポテンシャルは見事。 普通ならこれで脹相の勝利で終わるところだが。。。 さあ、来週どうなる? 呪術廻戦104話の感想と考察 脹相は弟思いで、その溢れんばかりの兄弟愛はわりと共感できてしまう。 それだけに虎杖に倒されるか殺されてしまうのは少々もったいないかも。 できれば改心して、中立の立場になるか味方になってくれると心強いが、弟の敵討ちだからちょっと難しそうだ。 そして肝臓をやられてしまった虎杖。 肝臓はダメージでかいぞ。 来週の展開も気になりますね。

次の

【呪術廻戦 81話感想】メカ丸死亡フラグ立てすぎだろwwwww

メカ 丸 死亡

メカ丸の切り札は4発のみ 真人とメカ丸の使う究極メカ丸の体格差は歴然。 しかし真人のパワーは超巨大ロボと言える究極メカ丸をも吹っ飛ばせるレベル。 すぐ再生出来るためか防御力はないとはいえ、 真人ってやっぱり相当に強いですよね。 単純なパワーも相当高く相手を殺す形に姿を変えられますし、鳥にも魚にも変身出来るため機動力も非常に高い。 しかも実際触れてしまえば魂の形を変えれる訳で、そんなのほぼ即死攻撃みたいなもの。 攻撃も与えられたとしても真人の魂に直接攻撃出来ないと呪力を少し削れるだけですから。 しかし元々真人の強さは把握していたメカ丸は、 切り札となる弾丸?のようなものを4発準備していました。 その効果は絶大で真人の魂ごと破壊する事に成功。 この弾数にも意味があるのかは気になる所だったり。 当たり前ながら、どれだけ喰らっても大丈夫な攻撃しか出来ない相手と戦うのは真人としても余裕だったでしょう。 しかし弾数制限があろうとも、当たりどころによっては 生命に関わる攻撃を持っている相手と戦うのは真人としても相当嫌なものがあるはず。 真人はすぐに何事もなかったかのように体を再生させますが、それは見せかけのもので、実際には相当効いているようです。 魂を削られた事と、切り札の存在によってか、ここからは完全にメカ丸がペースを掴んでいきます。 夏油の考えが不穏過ぎる件 二人の戦いをのんびりと静観していた夏油。 彼もメカ丸の真人への攻撃が通用しているとみていました。 夏油によれば究極メカ丸を使って戦うメカ丸の呪力出力は、一時的なものとはいえ特級クラス。 その上で真人対策までしっかりしてきたメカ丸を夏油は評価していました。 しかし問題なのはこの後の一言。 「場合によっては今この場で・・・・」 いやいや、夏油さん、この場で何をするつもりなんですか!!?? まあ今更夏油がメカ丸をどうこうするというのもおかしな話ですよね。 つまり夏油はこの後の 展開次第で夏油に対して何かをしようとしているという事なのでしょう。 これまでは完全に協力関係を築いていた夏油と真人。 しかしそもそも何故彼らが手を組んでいたのかは謎でした。 ですが、五条と夏油の過去編があった今となっては、夏油の真意も予想する事が出来ますよね。 それはつまり 真人の魂の形を作り変える力を夏油が必要としているのではないかという事です。 とはいえだったら真人がまだ弱い間にどうにかしておいた方が楽だったはず。 その辺は色々と難しい所だと思いますが、呪霊とも協力する必要があったという事なのでしょう。 そしてそれはおそらく 五 条悟の封印に関わっているのかなぁと思います。 夏油はおそらく封印する事で五条を殺さずに済ませるつもりなのではないでしょうか。 そしてその為には流石に夏油一人では難しい。 だからこそ夏油は呪霊側と協力していた。 しかし予定しているハロウィンまで残りわずかとなり、ある程度準備が出来てきた事で、 このタイミングであれば呪霊側を切ったとしても計画の実行が可能だと考えたのかもしれません。 真人は非常に危険な存在ですし、残しておけば後々厄介な敵になっていくはずですからね。 と、まあこの辺りは想像でしかないです。 この タイミングで真人を消す事は夏油としてもリスクが大きいでしょうし。 まあ次回か次次回くらいには夏油が本格的に動き出す可能性もあるかもしれません。 領域展開でゲームオーバーなのか!? 切り札があれば真人を殺せる事を確信したメカ丸。 チャージしてある呪力を大盤振る舞いして放った技は 「追尾弾~五重奏~(ビジョンヴィオラ)」 破壊力よりも追尾性を高めている感じで、若干5年分の価値があるのかと疑問にも思えますが、このタイミングでの使用は的確でした。 追尾弾によって敵の動きを制限。 そして逃げ込む先に究極メカ丸本体でさらに追い打ちをかける。 これだけの事が出来れば 漏瑚は無理でも花御なら倒せそうな気がしますね。 まあ 領域展開さえ使われなければの話・・・なんですが。 という事で、メカ丸が完全に押していて、 仲間との再会を思い描きながらトドメを刺そうと切り札の弾丸をセットした所での真人による領域展開が発動。 自分が玩具扱いした相手に好き放題攻められたせいか、いつもの余裕の笑みが真人から消えていましたね。 相当ムカついていたのかも。 真人の領域展開である 「自閉円頓裹」は相手を真人の手のひらの上に乗せてしまうような技。 がっつり真人に触られてしまえば魂の形を変えられてしまう訳で、この空間はそれが好き放題出来るって感じでしょうか。 唯一の希望はメカ丸本人がむき出し状態じゃない事でしょうか。 流石に速攻でやられるという事はなさそう。 こうなってしまうと、逃げる事も出来ませんし、圧倒的なピンチです。 ここから出来る事と言えば、 外にある量産型メカ丸を使って領域展開を壊す・・・領域展開は外から入るのは割と簡単なようですし、メカ丸達で一斉射撃をすれば壊す事も出来るかも。 思い切って領域展開・・・・これだけ追い詰められた状態であれば覚醒するような展開もあり得る。 問題はメカ丸似センスがあるかどうかかな。 究極メカ丸に立てこもって領域展開が切れるまで耐える・・・・残りの呪力を防御に注ぎ込めばいけたりしないだろうか。 領域展開は呪力消費が半端ないので、そこまでいければ可能性もあるかも。 あとそこまでいったら夏油チャンスもあり得るか。 誰かの助けを期待する・・・・京都校のメンバーが助けに来たりしたら最高に熱い。 が、京都校のメンバーレベルでは生き残れなさそう。 東堂ならワンチャンあるか。 って感じでしょうか。 まあこのくらい考えていても外れる展開になりそうだなぁ(笑) まとめ という事で激しい戦いが繰り広げられている訳ですが、どうしても 漂ってくるのはメカ丸の死亡フラグ。 メカ丸が仲間を思い出せば思い出す程にそれが強まっていくのが悲しい所。 正直交流戦で登場した時は特に思い入れもなかったですが、この3週で 一気にメカ丸が好きになってしまったので、やっぱり死んでほしくはないですよね。 とはいえ 夏油がいる以上、メカ丸が普通に逃げれる訳がないんですよね。 可能性があるのは夏油と協力関係になって生き残るくらいでしょうか。 どんな形であっても いつかメカ丸が京都の仲間と再会出来る展開を希望したいですね!! こんかいはここまで。 最後までお読み頂きありがとうございました!.

次の

呪術廻戦103話のネタバレ考察|脹相の攻撃で虎杖が重傷に…しかしメカ丸がついに目覚め…

メカ 丸 死亡

Contents• 呪術廻戦103話のネタバレ 週刊少年ジャンプ連載「呪術廻戦」の概要 呪い。 辛酸・後悔・恥辱…。 人間の負の感情から生まれる禍々しきその力は、人を死へと導く。 ある強力な「呪物」の封印が解かれたことで、高校生の虎杖は、呪いを廻る戦いの世界へと入っていく…!異才が拓く、ダークファンタジーの新境地! 前回102話のおさらい ・虎杖と脹相の戦いがついに激化 ・冥冥憂憂は特級呪霊の領域を見破る ・憂憂が簡易領域を使用できることが判明 ・冥冥がついに術式を発動し特級呪霊を撃破 ・冥冥憂憂はニセの夏油と戦闘開始 前回のネタバレはこちら 呪術廻戦本誌103話のネタバレ 渋谷駅構内にて、 虎杖は呪胎九相図の長兄「脹相」と対峙中。 脹相は巧みに虎杖から距離をとり、 赤血操術の奥義「穿血」で遠距離から虎杖を追い込んでいた。 もし頭にでも当たってしまえば、一撃死は確実な状態。 そこで虎杖は、あえてジャンプして自分に隙を作り出し脹相を挑発。 穿血の発動タイミングを、虎杖が決められるように仕向ける。 虎杖の望み通りに穿血を放つ脹相。 穿血の回避に成功した虎杖は、脹相に急接近していく。 穿血が速いのは初動だけであり、1度回避してしまえば接近は容易だった。 虎杖はついに脹相を射程圏内に収める。 ーーーーーーーーーーーーーーー しかし、接近した虎杖に対して脹相は、 新たな赤血操術「超新星」を発動。 圧縮した血液を散弾のように打ち出し、虎杖はその攻撃をモロに受けて怯んでしまう。 その隙に脹相は、虎杖の両足をナイフのような物で串刺しに。 しかし、 虎杖は刺された足をそのまま反撃に使い、脹相に攻撃を加えていく。 ついに脹相に一撃を加えることに成功した虎杖。 穿血の発動に必要な血のかたまりを作る 「白斂」を使用させないよう、絶え間なく攻撃を繰り出そうとしていた。 しかし、血のかたまりを作っていないにも関わらず、 穿血の構えを取る脹相。 それを見て思わず虎杖は防御体制を取ってしまう。 だがこれは 脹相のフェイントだった。 脹相は虎杖の足を蹴って体勢を崩し、壁がひび割れるほどの一撃を虎杖の顔面に加える。 そして虎杖が怯んだ隙に、 再び「穿血」を発動。 近距離で発動した穿血は、虎杖の体に確実にヒットした。 虎杖が死んだかに思えたが、血の圧縮が足りずダメージはそれほどない様子。 虎杖の反撃に、 脹相に焦りが生まれていたのだった。 そしてその時、虎杖の体に隠れていたメカ丸が再び目覚める。 104話へと続く。 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。 さらにもう1冊無料で読める! music. jpでも、無料トライアル登録するだけで 呪術廻戦を1冊無料で読むことができます! こちらも 30日以内に解約すれば料金は一切かからないので、 最新刊を読んでさらに0巻も読みたいという方は、ぜひ利用してみてください。

次の