山口組 ナンバー 2 出所。 【山口組ナンバー2出所】重箱続々、組長らと出所祝いか

山口組ナンバー2高山若頭が出所 最大の難局にどう動くのか|日刊ゲンダイDIGITAL

山口組 ナンバー 2 出所

恐喝罪で服役していた指定暴力団・ 6 代目山口組ナンバー 2 、高山清司若頭( 72 )が 18 日、刑期を終えて府中刑務所(東京都府中市)から出所した。 この間、山口組は 3 団体に分裂。 高山若頭の強権支配がその原因と指摘されているだけに抗争の激化が懸念されているが、事態は今後、どのような経過を辿るのだろうか。 暴力団事情に詳しい消息筋が、次のように話す。 「抗争の展開がどうなるかは、警察がどの段階で、各団体を『特定抗争指定暴力団』に指定する動きを具体化させるかだ。 その上で注目すべきポイントが 2 つある」 消息筋によれば、第 1 のポイントは神戸山口組の動きだ。 ともに弘道会(名古屋市)を出身母体とする司忍組長が君臨し、高山若頭が仕切る 6 代目体制への不服を唱えて分裂した神戸山口組が、高山若頭の出所を警戒していたことは想像に難くない。 また今月 10 日、弘道会の傘下組幹部が、神戸山口組山健組系組員 2 人を射殺する事件が発生。 神戸山口組による「報復」が警戒されている。 「しかし今後、 6 代目山口組の幹部や組員に対する襲撃事件が発生し、それが明らかに神戸山口組による報復だとわかれば、警察は速やかに両団体の『特定抗争指定暴力団』指定に動くだろう」(前出・消息筋) 抗争の当事者として「特定抗争指定暴力団」に指定されると、その団体の組員は相手の事務所に近づくことが禁止されるのはもちろん、自分の団体の事務所に出入りしたり、同じ組織の組員が 5 人以上集まったりしただけで逮捕される。 期間は 3 カ月だが、必要と見なされれば指定が繰り返され、組織の維持が困難になる。 また、仮に 6 代目山口組と神戸山口組に対する指定が長期化すれば、もうひとつの分裂組織である任侠山口組がその間隙を縫い、勢力を拡大する可能性もある。 一方、警察当局としては、抗争がいっそう激化する前に「特定抗争指定暴力団」への指定を実行し、抑え込みたいのがホンネだろう。 「そのために警察は、 8 月に起きた銃撃事件の犯人を特定しなければならない。 これが第 2 のポイントだ」 今年 4 月、神戸山口組系組長が刺され重傷を負い、 6 代目山口組系組員らが逮捕される事件があった。 すると 8 月 21 日、こんどは神戸市内にある弘道会の事務所前で同会系組員が銃撃される事件が起きた。 4 月の事件に対する、神戸山口組の報復と見られているが、犯人はわかっていない。 仮に、 8 月の事件が神戸山口組の仕業であると判明すれば、警察はこの間の複数の事件を根拠に、 6 代目山口組と神戸山口組を「特定抗争指定暴力団」に指定できるだろう。 いずれにしても今後、この両団体に対する指定が行われる可能性は高いと思われる。 しかしそうなると、「どうせ指定されるならば」といった具合に、警察に手足を縛られる前に相手組織に大きな打撃を与えようとする危険性も排除できない。 「特定抗争指定暴力団」に指定されてしまえば、組織維持のためには話し合いを持ち、抗争を終結させるしか道はなくなる。 ならば、相手に少しでもより大きなダメージを与え、優位な立場で話し合いの席につこうと考えるはずだからだ。 最も懸念されるのは、こうした過程で一般人にまで被害が及ぶことだ。 警察当局が一刻も早く 8 月の銃撃事件の犯人を特定し、両団体の「特定抗争指定暴力団」指定への突破口を開くことを期待したい。

次の

【オシャレ極道】出所した山口組No2高山若頭のファッションチェックwwwwww

山口組 ナンバー 2 出所

神戸ナンバーが出迎えに 国内最大の指定暴力団・山口組の次期トップとも目される若頭の高山清司がついに出所した。 2014年6月に恐喝罪で収監されてから約5年間のムショ暮らしだった。 18日早朝、府中刑務所(東京都府中市)の正門には、小雨が降る中、マスコミと機動隊が集まっていた。 午前5時20分、トヨタの黒塗りの高級SUVが正門前に訪れた。 ナンバープレートを確認すると東京都内にもかかわらず、これみよがしの神戸ナンバーである。 言わずもがな、山口組総本部があるのは神戸。 神戸から車を出したというメッセージなのだろうか。 高山若頭が乗ることはほぼ間違いないと思われた。 午前6時少し前、正門が開く。 先ほどの神戸ナンバーのワゴンと大型SUVが覆面警察車両数台にはさまれて府中刑務所を後にした。 2011年4月に司忍(本名・篠田健市)山口組6代目組長が府中刑務所から出所した際も、品川駅から東海道新幹線に乗車している。 そのため今回もマスコミ約50人は品川駅で高山若頭の姿をおさえるべく張りこんだ。

次の

山口組ナンバー2高山清司が着ている服が高すぎると話題に!

山口組 ナンバー 2 出所

高山若頭は、山口組の中核組織「弘道会」(名古屋市)出身。 京都府内の建設業団体の幹部から計4千万円を脅し取ったとする恐喝の罪で14年に懲役6年の実刑判決が確定し、収監された。 翌15年、弘道会中心の組運営に反発した直系組長らが離脱し、指定暴力団神戸山口組を結成。 17年には神戸山口組を離脱した幹部らが指定暴力団任俠(にんきょう)山口組を立ち上げ、「三つの山口組」の対立が続く。 府中刑務所では18日午前6時前、高山若頭を乗せたとみられる神戸ナンバーの黒のミニバンが刑務所から出た。 車は午前7時前、東京・品川駅に到着。 駅周辺と構内は防弾チョッキを着込んだ大勢の警察官が配置され、朝の通勤・通学客たちは驚いた様子だった。 車から降りた高山若頭は首にコルセットをつけ、山口組幹部らに囲まれながら杖をついて歩いてホームに向かい、その後、東海道新幹線のグリーン車に乗車。 名古屋駅で降りると、待機していた車に乗り込んだ。 捜査関係者によると、当初は、….

次の