ローソン d ポイント キャンペーン。 d払いはローソンでお得にポイント還元が得れる?【dカードなら最大25%還元】 | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

ローソン・ローソンストア100 d払い+20%還元キャンペーン|d払い

ローソン d ポイント キャンペーン

ローソンで、dポイントカードを登録したApple Payで7倍キャンペーンが、4月17日まで開催中です。 ローソン dポイント7倍の公式キャンペーンページです。 ローソンは、通常、100円 税抜 で1ポイントdポイントもらえますので、今回のキャンペーンでの7倍は7%ということになります。 それが、dカードで支払いますと、 13%還元にアップすることが可能なんですね。 13%還元の内訳です。 ローソン Apple Payキャンペーンで7%• コンビニ消費者還元で2%オフ• dポイント特約店のiD払いで3%オフ• dカードのクレジットポイントで1%還元 この4つの還元で、合計約13%還元となります。 4月17日までにはなりますが、ローソンで使うApple Payは、特に簡単ということがあり、ローソンで毎日13%還元は、 かなりバリューあるキャンペーンだと思いました。 ステップ1:iPhone機種の確認 まず、お使いのスマホ機種の確認です。 Apple Payとは、iPhoneのWalletで行う支払いですが、Apple PayができるiPhoneとできないiPhoneがあります。 (今回はアップルウォッチも対象) スペック的には、iPhon7以上、iOSは10. 1以上のバージョンが必要となります。 一覧的にはこんな感じです。 6S以前の機種では、決済に使うFelicaチップが搭載されていないため、Apple Payで支払うことはできません。 7以降の機種になります。 正確には、SEや6Sは、対応のApple Watchを使えば、Apple Payが使えますが、今でしたら7以降の機種を揃えた方がよろしいかと思います。 ステップ2:dポイントカードを用意する 次に、dポイントカードを用意します。 dポイントカードとして使えるカードの主な種類です。 右上が、ファミマやマクドナルド、ドコモショップ等に置いてある通常のdポイントカードです。 そして、クレジットカードのdカードやプリペイドのdカードも、dポイントカードとして使えます。 dポイントカードを使うためには、dアカウントの作成とdポイントの利用登録をセットで行う必要があり、この手順で、dポイントクラブに入会するということになります。 ひとつのdアカウントには、複数のdポイントカードを登録することができます。 個人的には、ひとつのdアカウントに、1枚のdカード GOLD)、通常のdポイントカード2枚、dカード プリペイド1枚を登録しています。 (このパターンで最大) dアカウントのつくり方とdポイントカードの利用登録は、こちらの記事で紹介しています。 ステップ3:dカードを用意する 次に、dカードを用意します。 左が、昨年の9月から永年年会費無料になったdカードで、右が、dカード GOLDになります。 申し込めるのは、どちらか1枚になります。 ドコモユーザー以外の方や通常利用は、年会費無料のdカードのバリュー度が高いと思います。 (ドコモユーザーで、使い方によっては、dカード GOLDがお得な場合もあります。 ) dカード プリペイドについても、対象化どうかよく質問を頂くんですが、基本的には、キャンペーンごとに、還元対象かどうか確認する必要があります。 13%還元にするためには、dポイント特約店のiD払いで3%オフを加算する必要がありますが、 dカード プリペイドは対象外となっています。 まず、ローソンで、dカードのiD払いをしますと、通常で5%オフになりますが、その仕組みです。 これは、dカードのiD決済でも3%オフになります。 このポイントが今回のキャンペーンで、7倍になります。 通常は、dカード決済とポイントカード提示で5%ですが、 今回のキャンペーンで11%になります。 これに、消費者還元の2%オフが加算され13%になります。 仕組み的には、こんな感じですが、対象になるdカードについての公式の文言です。 出典:dカード dカード プリペイドについては書かれていないため対象外となります。 Apple Payで支払っても対象になるのか気になりますよね。 3%割引を提供しているローソンでApple Payを利用した場合も割引の対象となりますか? dカードのお客様がApple Payでご利用いただいた場合も、3%割引の対象となります。 出典: Apple Payで支払っても対象です。 今後もドコモ関連のキャンペーンは定期的に開催される可能性は極めて高く、還元付きの支払を継続的に利用できるため、dカードを持っておくとお得です。 キャンペーン期間は4月17日までありますので、まだお持ちでない方でも、十分に間に合うスケジュールになっています。 dカードには、年会費無料のdカードと年会費有料のdカード GOLDがありますが、dカードのサービス・機能が充実しているため、dカードがおすすめのカードになります。 こちらの公式ページから申込みを検討できます。 こちらの記事で、dカードをおすすめする5つの理由を紹介しています。 dカード GOLDがおすすめなケースは、ドコモユーザーで、新たにGOLDカードをつくろうと考えている方になります。 dカード GOLDは携帯料金の10%ポイント還元があり、実質上、会費の補填的な還元になっています。 こちらの公式ページから申込みを検討できます。 特に、iPhoneを使われている場合で、iPhoneの修理費は高額なことから、携帯補償が気になっている方は、dカード GOLDがお得な場合もあります。 こちらの記事で、dカード GOLDに付帯する携帯補償と有料オプションで入るケータイ補償の比較を行っています。 国内空港ラウンジも無料で使えるため、飛行機の利用が多い方はお得です。 ステップ4:dポイントカードをApple Payに登録する dポイントの利用登録の場合は、 dポイントクラブのサイトからになりますが、ほとんどのケースは、dポイントクラブアプリからの設定になります。 簡単に言いますと、 dポイントクラブアプリの中に設定ボタンがあって、そこにアクセスします。 dポイントクラブアプリを入れてない場合は、こちらからインストールできます。 dポイントクラブアプリのトップページです。 トップページにローソンApple Payのキャンペーンバナーがありますので、それをタップします。 ) タップ後のページです。 ページのなかほどに、dポイントカードのウォレット設定のボタンがありますので、それをタップします。 タップ後のページです。 Apple Walletに設定ボタンをタップします。 タップ後の画面です。 また、ボタンがでますのでタップします。 タップ後の画面です。 またまたボタンが出ますので、タップします。 タップ後の画面です。 登録するdポイントカード番号が表示されたカードがでます。 まだ、終わってないので、右上の次へをタップします。 タップ後の画面です。 今回は、ローソンでApple Payキャンペーンを利用しようという話なので、dポイントカードの自動で選択でいいかと思います。 右上の完了ボタンをタップして、登録完了します。 登録は完了してますので、ウォレットを確認してみましょう。 登録後のウォレットを確認 dポイントカードは、チケットなどのパスと一緒に配置されます。 Apple Payの支払方によっては、dカードを下にひっぱってメインカードにしておきます。 ステップ5:ローソンでApple Payで支払う では、ローソンでApple Payで支払ってみましょう。 対象となる支払い方法は、2つあります。 2つとも、それぞれ見てみましょう。 公式の説明内容に沿って、ユーザー目線で補足したいと思います。 この方法のポイントは、Walletを使うことは同じですが、dポイントカードの提示と決済を手動で行います。 もう少し、詳しく説明しますと、レジを商品に出しましたら、お店の人は、「ポイントカードをお持ちですか?」と聞きますので、そこで「iPhoneで」と答えて、スマホの上部をカードリーダーにかざします。 具体的な手順です。 ウォレットを出します。 リーダーにかざすと、dポイントカードだけを登録していて、自動の場合は自然とでますが、手動なので、dポイントカードをタップして出しておくのが確実です。 タップ後の画面です。 この画面をかざします。 (フェイスIDはサイドボタンをダブルクリック) これで、dポイントカードのポイント情報が読み取られました。 決済については、手動なので、dポイントカード情報が読みとられた後は、支払いは何で払ってもいいです。 今回は、ローソンでApple Payのキャンペーンを利用しようという話なので、Apple Payに登録したdカードで支払います。 「アイディーで」でと伝えて、リーダーにかざしますと、メインにしてる場合は、自動で出ますが、メインカードにしていない場合など、左上の完了をタップして、dカードの券面をタップして、「アイディーで」と答えて、決済完了です。 この方法の問題点として、2回、同じリーダーにかざすため、お店の人がポイントカードは?と聞かない場合はうまくいかないんですね。 その場合は、自分で「ポイントカードはiPhoneで」と伝えてあげる必要があります。 初期には、こうしたことがよくありましたが、最近はなくなったのではないかと思います。 しかし、ローソンでApple Payの最大のメリットを感じられるのが、次の方法です。 この方法のポイントは、Walletを使うことは同じですが、会計時に「アップルペイで」と言って、ワンアクションで、ポイントカード提示と決済を完了させます。 具体的な手順です。 まず、ウォレットの設定の確認を行います。 ウォレット画面です。 カードは、一番下にあるカードがメインカードなので、dカードがメインになっています。 ポイントカードは、dポイントカード1枚だけで、自動選択になっていますので、これでいいですね。 レジを商品に出しましたら、お店の人は、「ポイントカードをお持ちですか?」と聞きますので、そこで、「アップルペイで」と答えます。 リーダーが光ってから、リーダーにタッチしますと、メインカードがでます。 メインカードは、IDで決済する必要がありますが、カードの下に、dポイントカード読み込み中の表示がでますので、dポイントカードが読み取られたことが確認できます。 タッチID(フェイスIDはサイドをダブル)して、決済完了です。 実に簡単ですね。 しかし、dポイントカードとポンタカードを、ウォレットに2枚いれている場合は、注意する必要があります。 dポイントカードとポンタカードを入れてる場合の留意点 手動では1枚1枚選択しますので、問題ないんですが、dポイントカードとポンタカードを入れてる場合の留意点があります。 こういうウォレット画面ですね。 これで、アップルペイでと言いますと、ローソンのこちらを向いた正面のレジ画面に、dポイントを貯めるのか、ポンタを貯めるのか 選択画面が出ますので、dポイントを選んで、かざしたままタッチ決済します。 個人的には、そうしたこともあり、現在は、dポイントカードだけを入れています。 パスの編集ですぐに戻せますからね。 キャンペーンの留意点など キャンペーンの還元上限は書かれていませんので、気にせず毎日使える感じですね。 留意点としては、ローソンストア100と、その他一部対象外店舗があるということです。 また、いわゆる金券類などの対象外の商品があります。 タバコ、切手、金券、商品券など、一部対象外となる商品、サービス、セール等がございます。 詳しくは各店舗にご確認ください。 出典: この記事の話としては、コンビニでお得にスマホ決済する時に、ローソンでApple Payがお得で便利という話だったんですが、コンビニでの最新の還元率ランキングは、こちらの記事で紹介しています。 こちらのツイッターアカウントでもタイムリーに情報を更新しています。 コンビニでお得に迷わずにスマホ決済する早見表(2月18~23日版)追加版です。 表のポイントです。

次の

【dカード】ローソン・ローソンストア100でいつでも3%OFF!

ローソン d ポイント キャンペーン

本キャンペーンへの参加にあたっては、以下の内容をよくご確認ください。 エントリー期間中に本キャンペーンにエントリーいただき、ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100にて、「dポイントカード」をご提示の上、d払い(コード決済)でお買物いただいたお客様に、お買い上げ金額の20%相当分のdポイント(期間・用途限定)をボーナスポイントとして進呈します。 本キャンペーンのボーナスポイントはレシートには記載されません。 d払いの決済手続きが完了された方は、当社からレシートメールが送付され、レシートメールに記載の「ご利用日」がキャンペーン期間内であるお買物が対象となります。 ただし、お一人様でドコモの回線を複数お持ちのお客様については、それぞれの回線のdアカウントが進呈対象となります。 また本注意事項は、当社の判断により随時改定する場合があります。 この場合、当社の本キャンペーンサイト等に掲載することにより、本キャンペーンの実施期間、内容及びポイント進呈条件等の変更又は本注意事項の改定の内容を随時告知します。 当該告知以降、当該変更又は改定内容が、すべてのエントリー者と当社との間で適用されるものといたしますので予めご了承ください。 (ビジネスプレミアクラブ会員の方は対象外となります。 )エントリー期間中におけるエントリーは1dアカウントにつき1回限りとなります。 なお、エントリーいただくにはdアカウントが必要です。 ただし以下の場合、本キャンペーンへのエントリーは無効となります。 なお、当社は、エントリー者の個人情報の流出・漏えいの防止、その他個人情報の安全管理のために必要かつ適切な処置を講じるものとし、法令等に基づく正当な理由がある場合を除き、エントリー者の同意なしに目的外での利用及び第三者(業務委託先を除く)への提供はいたしません。

次の

dポイント×ローソンの時代到来!最大5%お得になるメリット&使い方やお得な裏技紹介

ローソン d ポイント キャンペーン

ファミリーマートでdポイント40倍キャンペーン 期間中にキャンペーンサイトでエントリーし、全国約1万6500店舗のファミリーマートでdポイントカードを連携させた「ファミペイ」で200円以上(税込み)の買い物をすると、通常200円(税込)につき1ポイントのdポイントに加えて、39倍のdポイントを進呈する。 エントリー期間は1月27日〜2月17日、還元対象期間は1月28日〜2月17日。 キャンペーンで進呈されるdポイントは期間・用途限定で、上限は3000ポイント。 進呈時期は4月末までを予定しており、ポイントの有効期限は進呈日から約3カ月間で、進呈時期は4月末までを予定している。 ポイント進呈対象外の商品(タバコ・POSA カードなど)・サービス(税金・切手・宅配サービス・チケット・金券受付などの代行収納など)については、算出対象から除外される。 ローソンでdポイント20倍キャンペーン 期間中にキャンペーンサイトでエントリーし、全国約1万4000店舗のローソン(ローソンストア100を除く)で、dポイントカード、モバイルdポイントカード、dカードGOLD、dカード、dカードプリペイドのいずれかを提示すると、通常100円(税別)につき1ポイント進呈のところ、100円(税別)あたり20ポイント進呈する。 ローソンでdポイント20倍キャンペーン エントリー期間は1月27日〜2月16日、還元対象期間は2月3日〜2月16日。 キャンペーンで進呈されるdポイントは期間・用途限定で、1回あたりの上限は500ポイント、期間中の上限は2000ポイント。 ポイントの有効期限は進呈日から約3カ月間で、進呈時期は4月末までを予定している。 タバコなど一部の商品についてはキャンペーンの対象外となる。 マチカフェ+50ポイントキャンペーン 上記以外にも、ローソンの店舗(一部店舗除く)で、マチカフェの購入時にdポイントカード、モバイルdポイントカード、dカードGOLD、dカード、dカードプリペイドのいずれかを提示すると、マチカフェ1点の購入ごとに50ポイントを進呈する。 20倍進呈キャンペーンのエントリーサイトにエントリーすると、マチカフェキャンペーンへのエントリーも同時に行われる。 キャンペーンで進呈されるdポイントは期間・用途限定で、期間中の上限は700ポイント。 エントリー期間、還元対象期間、ポイントの有効期限、進呈時期については20倍進呈キャンペーンと同じだ。 関連記事• ドコモが、7月1日から31日まで「d払い」で20%を還元するキャンペーンを実施する。 還元ポイントの上限は1万ポイントで、2019年9月30日に進呈される。 キャンペーンサイトから事前のエントリーが必要。 NTTドコモは、ファミリーマートで買い物をしたユーザーに総額10億円分のdポイントを還元するキャンペーンを実施。 dポイントカードを連携したファミペイを提示して支払うと20%のdポイントを還元する他、おむすび購入でも50ポイントを進呈する。 d払いの還元キャンペーン「いつでもどこでも d払い」の新ラインアップとして、「飲食店のランチタイム」と「ドラッグストア」を対象とする新キャンペーンが登場。 いずれも2020年1月中から開始される。 NTTドコモが、コード決済サービス「d払い」で20%還元キャンペーンを9月14日から行う。 通常進呈するdポイントに加え、決済金額の20%となるdポイントを還元する。 還元ポイントの上限は3000ポイント。 NTTドコモは、12月8日に「ドコモ 子育て応援プログラム」会員を対象とした「Amazon d払いでdポイント還元 プラス5倍キャンペーン」を開始。 実施中のキャンペーンに加え、通常の5倍のdポイント(期間・用途限定)を進呈する。 関連リンク•

次の