妊娠初期 白いおりもの。 おりものに変化があったら妊娠兆候?見分け方を産婦人科医が解説!

「生理前」と「妊娠初期」のオリモノの特徴。どう違う?【医師監修】

妊娠初期 白いおりもの

おりものは、生理周期の移り変わりとともに状態が変化するのですが、自分でその変化を把握している人は、それほど多くはないでしょう。 「確かに妊娠するとおりものはいつもと違う状態になる人が多いのですが、おりものの状態を見るだけで、それを予測するのはちょっと難しいかもしれませんね」と話すのは、産科だけでなく不妊治療も扱っている小川クリニックの小川隆吉先生。 成分を詳しく調べれば、生理周期のどの時点のものなのかがわかるようですが、おりものの量や色には個人差があり、その状態を見るだけで排卵や妊娠の有無などの判断をつけるのは難しいとのこと。 それでも、基礎体温表や他の体の変化などと照らし合わせて考えれば、おりものもその時の体の状態を知るための判断材料となります。 また、おりものの異常から、病気に感染していることに気がつけることもあります。 妊活中、妊娠中にかぎらず、自分の体を知るために、普段から気に留めておきたいものですね。 卵胞期(卵子が成熟中)のおりもの 生理が終わってからのおりものは、一般的に少なめですが、排卵期に向けて徐々に増えていきます。 この時期のおりものは、粘り気のある酸性の状態です。 酸性に傾いた膣の中では、たとえ細菌が侵入しても、繁殖できないようになっているのです。 ただし、酸に強い細菌もおり、これらの菌に感染した場合、おりものの状態が変わるので、おりものが感染しているか否かの判断材料のひとつとなります。 排卵期(排卵前と排卵日)のおりもの 排卵前になると、おりものの量が多くなります。 これは頸管内で分泌された頸管粘液と呼ばれるアルカリ性の分泌物が増えるためです。 この時のおりものは無色透明で、親指と人差し指でつまんで指を離すと、長く糸を引くのが特徴です。 粘り気のない卵白のような…と表現する人もいます。 時に、排卵時出血といって、排卵の際に生じたわずかな血液がおりものに混ざることがあります。 出血してすぐなら赤く、時間が経ってからだと茶色くなった血液が、おりもの中に混ざります。 「これは心配のない出血ですが、このことで排卵があったかがわかるということは、めったにありません。 これに気づく人は、なかなかいないのではないでしょうか?」(小川先生)。 量がわずかなだけに、トイレに行くたびに確認していないと、わからないということでしょう。 黄体期(排卵後から生理前まで)のおりもの 黄体ホルモンが分泌される時期で、おりものの量は徐々に減少していき、透明だったものが少しずつ白濁していきます。 しかし、妊娠が成立していると、おりものの量は減らないのが一般的です。 いつもなら、減っていくはずのおりものが「増えているかも?」と感じたら、基礎体温表のグラフを確かめてみましょう。 ずっと高温期が続いていたら、妊娠している可能性があります。 白っぽかったり、クリーム色だったり、ドロっとしている状態のおりものが出てきて、下着について固まります。 月経期(生理中)のおりもの 子宮内膜が血液を伴ってはがれ落ち、おりものはこれらと混ざり合うため、単独での状態を見ることは出来ません。 おりものの量は妊娠していないときの黄体期と同様に、少なくなっています。 おりものには、細菌が膣内に侵入し繁殖するのを防ぐという役割がありますが、排卵期になると、妊娠の成立を促す働きもあります。 排卵期には、膣内で射精された精子が頸管を通って卵子の元へ到達しやすいように、頸管粘液というアルカリ性の分泌液が増えます。 それは、膣内で射精された精子が、酸で死に絶えることなく卵子へと到達するのを目的とします。 生理周期の時期によっておりものの状態が変わるのは、妊娠に向けての変化であるといえるでしょう。 では、おりものを観察して、妊活に活用するとしたら、どんな点に注目するとよいのでしょう? 妊娠するとおりものは、いつもの月経周期で繰り返される変化とは異なる状態になります。 いつもなら、生理が始まる頃には量が少なくなっているはずなのに、量が多くなったり、クリーム状になったり、白っぽくなったり人によって個人差があります。 おりものの変化を観察して、排卵日や妊娠の有無を知ろうとして本やネットで調べても、おりものの状態や量は、個人差が大きいため、必ずしもそこに書いてあるとおりに自分のおりものが変化していくというわけではありません。 また、人それぞれ感覚の違いもあるので、同じ量だったとしても、多いと感じる人もいれば、少ないと感じる人も。 そこで、おりものをひとつの情報源と活用するには、基礎体温の計測とともに、継続して観察するということが重要になります。 通常、排卵後に受精が成立しなかった場合、おりものは徐々に減っていきます。 排卵に向けて増えていた黄体ホルモンは、排卵後もしばらくは増え続けますが、妊娠が成立しないと減っていきます。 また、卵胞ホルモンも妊娠が不成立だと徐々に減っていき、それらにしたがって、おりものも徐々に減っていくのです。 妊娠が成立すると、おりものの量は増えるのが一般的です。 分泌され続ける女性ホルモンの影響で、おりものも増えているのです。 先に書いた通り、色は白っぽかったりクリーム色だったりと個人差があります。 また、においがきつくなるという人もいます。 ただし、人によっては、それほどかわらないという人もいるので、量が増えていなくても、妊娠の可能性があることを忘れないようにしましょう。 普段自分の体の変化について、あまり気に留めなかった人でも、妊娠を考えるようになると、いろいろな変化を見て取れるようになります。 おりものも、そのひとつとして、状態の変化に目を向けましょう。 自分なりの変化を感じ取れるようになるには、長期に渡っての観察が必要になります。 基礎体温を測るのとセットにして、観察を習慣づけましょう。 普段のおりものの状態を知っていれば、万が一感染症にかかっても、早くに気づくことができます。 感染症は不妊の原因にもなりますし、妊娠していれば、早産の原因や赤ちゃんに感染することも心配されます。 健康な時からの備えが、いざというときに役立ちます。 おりものとの上手な付き合いを、今日からはじめましょう。

次の

もしかして!いくつ当てはまる?妊娠兆候チェックリスト

妊娠初期 白いおりもの

おりものとは? そもそもおりものにどんな役割があるか、ご存知でしょうか?おりものとは膣や子宮頚部から分泌される物質で、そのはたらきは膣内を弱酸性に保ち、細菌の繁殖を防ぐこと。 おりものが分泌されることにより、悪玉菌が膣内で繁殖することは難しくなります。 おりものの色と量、臭いなどについて 健康な状態ではおりものは無色透明か白色で、さらさらとしていることもあれば、やや粘りを持っているときもあります。 さらさらしているか、それとも粘りがあるかは、生理周期により異なります。 排卵の起こる時期はおりものの量も増え、粘りのあるゼリーのような状態で、色は透明ですが、その後は量も次第に減り、今度は粘り気が減り、色は白っぽくなります。 臭いに関してですが、膣内には乳酸菌の一種である「デーデルライン桿菌」が常在していますので、そのため独特の少し酸っぱい臭いがあります。 おりもので体調の良し悪しが分かる おりものの色・量・状態は健康のバロメーター。 おりものの様子を観察することにより、体調の良し悪しが判別できます。 もちろんおりものには個人差がありますので、普段から自分のおりものの状態をよく観察して把握しておくことが必要です。 生理周期による変化以外にも、感染症や体調不良により、おりものの色、匂い、量に変化があらわれます。 生理周期によるおりものの変化 妊娠によるおりものの変化を理解するにはまず、生理周期によるおりものの変化について理解していなければなりません。 ここでは生理周期により、おりものがどのように変化するか詳しく見ていきましょう。 おりものの変化は三つの生理周期に分けて考えることが出来ます。 一番目は卵胞期と呼ばれる時期で、生理開始から卵子の排出が起こる前までになります。 卵胞期のおりものの特徴 卵胞期とは生理開始から卵子の排出が起こる前までの時期ですが、前半は生理がありますので、おりものの状態が分かるのは卵胞期後半から。 卵胞期後半は排卵に向けて体が準備を整える期間で、おりものの量は増えますが、色は無色透明、匂いもなくなります。 排卵期のおりものの特徴 排卵が起こる時期のおりものは受精を手助けするはたらきを担っています。 おりものはとろりとした水っぽいゼリー状で量も多く、精子が卵子に出会いやすいようにしてくれます。 黄体期のおりものの特徴 排卵日を過ぎたころからおりものの量は減り始めますが、色は白濁したものに変わり、どろっとした状態が続きます。 その後生理前になると再び量が少し増え始め、匂いも少し強くなってきます。 色や形状は同じで、白く粘性なことが特徴です。 妊娠中のおりものについて 生理周期によりおりものにさまざまな変化があらわれることについて見てきました。 おりものの重要なはたらきのひとつは、膣内に細菌が繁殖することを防ぐ「自浄作用」です。 妊娠すると生理がなくなりますので、生理時の出血に起因する細菌の繁殖の可能性は減ります。 そのため妊娠中はおりものの量がやや少なくなる傾向にあります。 しかしその一方で、ホルモン分泌の変化により体調を崩したり、ストレスが溜まってしまうことから、おりものの量が増えることもあります。 妊娠中のおりもの、増える?減る? 妊娠により果たしておりものの量は増えるのでしょうか、それとも反対に減るのでしょうか。 おりものの量の変化に関しては、妊婦さんの体質や体調により違ってきます。 妊娠初期からおりものの量が増えたという方もいれば、妊娠中を通しておりものの量が減った、という方もいます。 比較的増える妊婦さんが多いようです。 つまりおりものの量に関しては、増えても減ってもあまり差し障りはないということになります。 ただし妊娠後期に入って大量に水っぽいおりものが出た場合には、おりものではなく破水したという可能性もありますので注意が必要です。 妊娠初期のおりものは水っぽい? おりものの量が減る場合にはあまり気になりませんが、量が極端に増えてしまうと、何か問題があるのでは?と不安になってしまいます。 しかし妊娠初期にはホルモン分泌の変化などにより、おりものが水っぽくなり、量もかなり増えることがあります。 妊娠中のおりものの色について おりものの量に個人差があるのと同様、おりものの色にも個人差があります。 妊娠後も水っぽく無色透明のおりものが出た、という人もいる一方で、白濁色や黄色のおりものが出る方もいます。 黄体ホルモンは妊娠8ヶ月に分泌のピークを迎え、その後徐々に分泌が減っていきますが、妊娠初期ではまだ黄体ホルモンの分泌が活発な時期。 おりものの色はミルクのような白色から黄色がかった白色という場合が多いといわれています。 白濁色や黄色のおりものは問題ありませんが、鮮血の混じったおりものや、おなかの痛みや張りを伴う場合には切迫流産や子宮外妊娠も疑われます。 おりものの臭いについて おりものの臭いが異様に激しいときには、感染症にかかっている可能性もありますので、病院で検査を受けるようにしましょう。 ただし臭いの感じ方は客観的でない場合もあります。 自分では臭いがきついと思っていても、妊娠初期は匂いに敏感な時期なので、単なる気のせいということもあります。 おりものの量が増えている場合、こまめに下着を取り替えないと、むれたりかぶれたりする恐れがあります。 おりものの臭いではなく、むれやかぶれによって嫌な臭いが発生していることもありますので、おりものの量が多い方は、その点に注意するようにしましょう。 妊娠超初期・妊娠初期のおりもの 妊娠中のおりものの変化で、妊婦さんがもっとも気になるのは、妊娠超初期・妊娠初期のおりものの変化ではないでしょうか。 妊娠を待ちわびている方や妊活を行っている方なら、排卵日から生理予定日までの約2週間、妊娠の兆候が気になるはず。 妊娠超初期・妊娠初期のおりものについて詳しく見ていきましょう。 妊娠超初期とはちょうど着床が起こったころを指します。 生理周期でいうと排卵期が終わり黄体期に入ったところ。 黄体期の特徴としては、量が減ること、そしてこれまで透明だったものが少しずつ白みを帯びてくることです。 また粘りがあるとはいえ、さらっとしたゼリー状だったものが、どろりとした粘着性を持つようになります。 妊娠超初期の兆候としてのおりもの 妊娠超初期はちょうど着床が起こったころで、黄体ホルモンの分泌が盛んになる時期です。 妊娠していなければ、黄体ホルモンの分泌は次第に減少し、生理開始とともに卵胞ホルモンの分泌が盛んになっていきますが、妊娠を機に黄体ホルモンの分泌は増加します。 そのため妊娠超初期にはおりものの量が増えた、と感じる妊婦さんが多いのが特徴です。 妊娠の兆候に一日でも早く気付きたければ、基礎体温をきちんと記録し、普段から自分のおりものの状態を観察しておくことが必要です。 排卵日前からはとくに注意を払うようにしましょう。 妊娠初期のおりもの 妊娠初期とは妊娠4週目から妊娠15週目までを指しますが、この時期は引き続き黄体ホルモンの分泌が活発な時期になります。 先ほども述べたとおり、おりものの量は増えることも減ることもありますので、量に関してはあまり心配する必要はありません。 茶褐色のおりもの おりものの色ですが、妊娠初期には白濁色や黄色というのが一般的ですが、生理予定日前後、あるいは生理予定日からしばらくの間、茶色っぽいおりものが出ることもあります。 茶褐色のおりものは血液が酸化したもので、出血からしばらく時間が経った古いものということになります。 茶色のおりものは妊娠により子宮に変化が起こったことにより生じるもの。 子宮が大きくなり毛細血管から出血があった場合などに、茶褐色のおりものが出ると考えられています。 茶褐色のおりものとともに下腹部痛があるとき 茶色のおりものが少しあるのは妊娠初期によく見られる症状ですが、おりものがあるだけでなく、下腹部に鈍痛やさしこむような痛みがある場合、鮮血が混じる場合、茶色のおりものがだらだらと続き止らない場合には、即刻産婦人科に連絡するようにしてください。 おなかに痛みを伴う場合には切迫流産や子宮外妊娠の可能性もあります。 おかしいな?と思ったらそのまま放置せず、必ず病院に連絡するようにしましょう。 ピンク色のおりもの ピンク色のおりものや鮮血の混じったおりものがあった場合も、必ず病院に連絡するようにしましょう。 必ずしもすべての場合がそうだというわけではありませんが、ピンク色のおりものや血の混じったおりものは切迫流産の兆候という可能性もあります。 自分で判断せずに、まずはかかりつけの産婦人科に連絡して指示を仰ぐようにしましょう。 その際、おりものの状態を的確に伝えることが大切です。 妊娠中期のおりもの 妊娠中期は安定期とも呼ばれる時期で、胎盤が完全に完成されているので、妊婦さんにとってはもっとも安心して過ごせる時期になります。 妊娠初期のつわりの症状も一段落しますので、気分的にもリラックスして過ごせるようになります。 妊娠中のおりもので注意したいこと 妊娠中期になっても、依然としておりものの量が多い妊婦さんもいますが、臭いや色に問題がなければそれほど神経質になる必要はありません。 ただし量が極端に多く、下着がびしょびしょに濡れてしまうような場合は、破水しているのかもしれません。 問題がないかどうか、自分では判断出来ない場合は、念のため病院に連絡するようにしましょう。 妊娠後期のおりもの いよいよ妊娠後期が近づいたら、破水とおりものの違いについて把握しておくことが必要です。 臨月に入ったらいつ陣痛や破水が起きてもおかしくありません。 破水とおりものはどこに違いがあるのか、この点についてよく理解しておくようにしましょう。 破水とおりものの違い 破水の場合、いったん始まったら自分の意思で止めることは出来ません。 色は透明で少し生臭い匂いがします。 おりものかな?と思っても、流れ出るのが止まらない場合には破水の可能性が高いので、すぐに病院に向かうようにしてください。 おりものの異常 おりものの状態が異常な場合は感染症にかかっている恐れがあります。 ボロボロとしたカッテージチーズ状のおりものや、色が黄緑がかっている場合、また臭いが非常に激しい場合、デリケートゾーンに激しい痒みや腫れがある場合などは、産婦人科で必ず検査を受けるようにしましょう。 膣炎や感染症、性病にかかっている場合には、必ず病院に適正な検査と治療を受けるようにしてください。 おりものシートを使用する際の注意 おりものの量が増えてしまい、下着が汚れることが気になるため、おりものシートを利用する方も多いようです。 おりものシートは生理用ナプキンよりも薄く、外出の際などには非常に便利ですが、長時間使用していると雑菌が繁殖する恐れもあります。 おりものシートを使用する際には長時間の使用を避け、むれたり、かぶれたりすることがないよう、使用する時間は最低限にとどめるようにしましょう。 ここまでのまとめ 妊娠中のおりものについて注意したいポイントをまとめてみました。 おりものは女性の生理周期の状態を見極める大切なもの。 女性の健康のバロメーターとも呼ばれるくらい重要ですので、妊娠中もおりものの変化には敏感に接するようにしましょう。 日頃から自分のおりものの状態を把握しておくと、妊娠の兆候としてのおりものの変化に気がつきやすくなります。 つわり同様、妊娠によるおりものの変化には個人差がありますが、妊娠を機になんらかの変化があることは確か。 妊娠していると分かった日から、おりものの量・色・臭い・状態に注意を払うようにしましょう。

次の

おりものに変化があったら妊娠兆候?見分け方を産婦人科医が解説!

妊娠初期 白いおりもの

日本産科婦人科学会専門医、婦人科腫瘍専門医、細胞診専門医、がん治療認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医で、現在は藤東クリニック院長... 妊娠すると体に様々な変化が現れます。 「おりもの」の変化もその一つ。 妊娠検査薬がまだ反応しない生理前でも、おりものに変化が現れたら妊娠兆候かもしれません。 今回は生理前のおりものについて、妊娠したら量は増えるのか、色や状態が変化したら妊娠超初期症状なのかなどをご説明します。 おりものとは?生理周期で変化するの? おりものとは、腟内の粘液や腟壁の細胞の一部などが混ざり合った分泌物です。 おりものには2つの役割があり、「自浄作用」と「受精のサポート」の機能を果たしています。 細菌が腟を通って体内に侵入するのを防ぐ一方で、精子が腟内に進入するのを助ける働きがあります。 この2つの役割を最適なタイミングで果たすため、生理周期によっておりものの量や状態が変化します。 普段は少し粘り気のある透明な液体ですが、日々チェックしていると「水っぽい」「ドロっとしている」「量が多い」「粘り気がある」など、変化していることがわかります。 生理周期の「卵胞期」「排卵期」「黄体期」という段階ごとに、おりものの状態を見ていきましょう。 卵胞期(生理直後から排卵前まで) 生理直後のおりものは水のようにサラサラした状態で、少し白っぽい色をしています。 量が少なく、伸びが悪いため、細菌も精子も腟内に入りにくくなります。 排卵の時期が近づいてくると、糸をひくようなとろみが出てきて、少しずつ量が増えるのが特徴です。 排卵期(排卵前後) おりものは無色透明、排卵前後にもっとも量が多くなります。 とろみのある状態で、精子が腟内に進みやすい環境を作っています。 生理予定日の2週間ほど前に、ゼリー状のどろっとしたおりものが見られたら、排卵のサインです。 黄体期(排卵後から生理前まで) 排卵が終わると、おりものの量は徐々に減少し、透明から白濁した色に変化していきます。 生理前は受精をサポートする必要がなくなるので、細菌などの侵入を防ぐためにまたサラサラした状態になります。 妊娠超初期のおりものは生理前と違う?排卵後に着床すると変化する? 妊娠すると、おりものはどのように変化するのでしょうか? 無事に受精が起こり、受精卵が着床すると、本来はゆるやかに減少するはずの女性ホルモンが分泌され続けます。 妊娠によってホルモンバランスが変わると、おりものの量や色も変化するのです。 おりものの量が多い 通常、排卵後から生理に向かう間はおりものは減っていきます。 しかし、妊娠すると女性ホルモンのエストロゲン分泌が増えるため、おりものの量も多くなることがあります。 おりものが水っぽくなる エストロゲンの分泌が増える影響で、排卵前後に近いおりものの状態が維持され、水っぽくなることがあります。 関連記事 ただし、妊娠していてもおりものの状態があまり変わらなかったり、自分でも気づかなかったりすることもあります。 上記のような変化が見られなくても、心配しすぎないでくださいね。 生理前におりものの色が変わると妊娠超初期症状? 妊娠超初期には量や状態だけではなく、おりものの色も変化することがあります。 生理前は白く濁った色になるはずのおりものが、茶色っぽくなることがあります。 これはいわゆる「着床出血」がおりものと混じったためと考えられます。 一般的に、着床出血は妊娠兆候といわれることもありますが、医学的には「妊娠初期の不正出血」であり、妊娠の診断基準になるものではありません。 生理予定日の1週間前~生理予定日の直前に着床出血に気づく人もいますが、妊娠したからといって必ず着床出血が起こるわけではありません。 そのため、「妊娠超初期のおりもの=茶色っぽい」と言い切れるわけではないので、参考程度に考えておいてくださいね。

次の