国際通り 居酒屋 食べ放題。 KEMURI 国際通り店|沖縄那覇市|焼肉|ちゅらグルメ

ちゅらちゅら 那覇国際通り店 那覇国際通り店:

国際通り 居酒屋 食べ放題

会社の同僚と久茂地飲みしてきました。 今回訪れたのは国際通り近くにある「海鮮居酒屋 久茂地」というお店。 店名が久茂地、お店の場所も久茂地。 場所はから国際通りに向かう細い通り沿いにあります。 夕方以降の時間帯にこの通りを通ることはほぼなく、そのためお店の存在に全然気付いていませんでした。 よくよく調べると、居酒屋だけでなく仕出し屋さんも経営していても同じ系列だそうです。 店内にはカウンター席とテーブル席がありました。 2名で訪れたのでカウンター席に入ります。 海鮮居酒屋 久茂地のメニューのは飲み放題メニューがありました。 飲み放題は当日その場で決めてもOK。 2時間1000円と時間無制限1500円があります。 長く飲みそうな場合は時間無制限がお得だなぁ。 我らは2時間飲み放題をチョイス。 ビールはオリオンサザンスターとキリンのどごしの2種類から選べます。 わたしはオリオンで乾杯です。 定番メニューは主に沖縄料理で、それ以外にも枝豆や鳥の唐揚げなどの一品料理があります。 日替わりメニューは店内に張り出されているので、いろいろ選んで注文してみました。 まずはお通し。 この日は厚揚げの明太子ソースがけ。 スターターにぴったりで、おいしかった。 海鮮居酒屋なので、刺身盛り合わせ(梅、1500円)を注文してみました。 マグロの赤身、脂が乗ったサーモン、白身が2種です。 魚が食べられるお店、いいですね。 釜揚げほたるいか(500円)もいただきました。 ほたるいかが好きなのですが、沖縄に来てから見かける回数もとんと減ってしまいご無沙汰です。 このサイズ感がおつまみにいいんです。 沖縄料理のスクドーフ(380円)も食べました。 なんとなく苦手意識があったスクも、最近では全く気にせず食べられる様になり、だいぶ沖縄に馴染んだなぁ。 島豆腐と塩気と独特な風味のスクの組み合わせ、酒好きならイケるでしょう。 この日のおすすめメニューにあった煮込み(500円)です。 一味をかけていただきました。 一人で飲みに来ていたら、これともう1品くらいでお腹いっぱいになりそう。 内地っぽいおつまみもあって嬉しい。 2時間の飲み放題もあっという間にラストオーダーです。 最後はさんぴん茶でシメました。 平日の飲み放題はソフトドリンクを挟むことを推奨したい。 翌日に残さないためにも是非。 ということで、那覇・久茂地にある「海鮮居酒屋 久茂地」に行ってきました。 国際通りまですぐ近くという立地とあってか、スーツケースを持った観光客もいれば我々の様な地元客も飲みに来るお店のようでした。 じゃないと飲み放題なんて用意しないよね〜。 沖縄料理に特化しているわけではなく普通の居酒屋メニューも取り揃えているので、誰にでも使えるお店ですね。 無制限飲み放題が1500円と破格なので、翌日にお酒を残さない酒豪にオススメしたいな〜と思いました。 飲み放題の時こそさんぴん茶やうっちん茶を挟みながら楽しくお酒を飲みましょう。 終わり。

次の

ちゅらちゅら 那覇国際通り店 那覇国際通り店:

国際通り 居酒屋 食べ放題

仕事帰りに仲間と一杯。 これからの季節は宴会にもオススメ• 北は北海道、南は九州から毎日届く鮮魚。 朝、遠方で水揚げされた魚を夕方には沖縄で食べられるのは嬉しい限りです。 仕入れで決まる「日替わりメニュー」は毎日20種類以上、常連のゲストが「毎日行っても飽きない」と楽しみにするほど。 【本マグロ炉端劇場 魚島屋 久茂地本店】は、まぐろの専門店なので、名物! 『本マグロ劇場 刺身盛り』は、いつでも楽しめ、希少部位が味わえるのも魅力です。 肉厚でジューシーな『大鉢カマトロ 炉端焼き』や『じっくり煮込んだまぐろとろ頬肉豆腐』は、数量限定。 外国人観光客にも人気の飲み放題付きコース『鮪喰らうコース』なら、『肉厚鮪テールのガーリック鉄板バター焼き』も堪能できます。 最寄駅 ゆいレール線 県庁前駅 徒歩5分 ゆいレール線 美栄橋駅 アクセス ゆいレール県庁前駅より徒歩5分。 久茂地小学校裏。 住所 沖縄県那覇市久茂地3-15-19 営業時間 【月~木・日・祝】 17:00~00:00 (L. 料理23:00、ドリンク23:30) 【金・土・祝前】 17:00~02:00 (L. 正しい情報はお店にお問い合わせください。 こだわり•

次の

「海鮮居酒屋 久茂地」その名もズバリなウチナー居酒屋で当日飲み放題。

国際通り 居酒屋 食べ放題

那覇・久茂地の有名店「おでん専門 おふくろ」に行ってきました。 こちらのお店はいつも混雑していて、地元のサラリーマンから観光客までピークタイムはごった返している人気店です。 こちらのお店の人気の理由、それは... おでんもお酒も食べ飲み放題2時間2000円だから!これは凄い! おふくろの店内へ入ると、まず目に飛び込んでくるのは、カウンター席の中にあるおでんたち。 テーブル席に案内され、メニューを確認します。 2000円で食べ飲み放題がメインだとは思いますが、一応アラカルトオーダーも受け付けているようで、お店の方に「食べ飲み放題にしますか?」と確認されました。 イエス!食べ飲み放題! 飲み物をオーダーしている間に、こちらの家庭料理はお好きなものをバイキング方式で取り分けられます。 この日は21時くらいに伺ったので、大皿料理はほぼありませんでした。 継ぎ足ししない方針なのかな。 席に戻るとビール(という名の発泡酒か新ジャンル)が届いていました。 おふくろの食べ飲み放題ではビールは3杯までと決まっています。 まずは一杯! そしてこちらが家庭料理のバイキング。 一番インパクトがあったのは、にが菜のブルーチーズ和え。 毎度チャレンジしてみるけれど、ブルーチーズはやっぱり得意じゃないなぁ。 ビールを飲みつつ、おでんをオーダーします。 オーダー表はこちら。 食べたいものの横に注文数を書いて、お店の方に渡します。 おでんの種類は50~60種類ほどありそうです。 凄い! おでんの初回オーダーは、チグマ、テビチ、湯葉、牛すじ、厚焼き玉子、大根、がんも。 まずは、何は無くとも大根から。 出汁を十分に吸った大根は、柔らかくてジューシーでおいしい! こちらはお店イチオシのチマグ(豚足)。 ぷるんぷるんのところもあれば、繊維質の部分もあります。 油っぽさはなく、ボリュームがあってかなり食べ応えがあります。 とにかく柔らかい。 偶然にも北海道の形みたいに見えるこちらはテビチ(スネ肉)です。 食感も見た目もチマグに似ていていますが、肉の繊維質が多いのはテビチですね。 こちらもデカくてホロホロでおいしかった。 そしてこちらの厚焼き玉子。 厚焼き玉子をおでんにする発想は、今までなかったです。 初めていただきました。 しっかり固めの焼き具合なので崩れることもなく、おでんの出汁をしっかり吸収してウマし。 少し間を置いて、2回戦目に突入です。 今度は葉野菜、ソーセージ2種、とうがん、たまご、ホタテ、いわし団子を。 チマグも乗ってますね。 ソーセージは骨付きが200円、その後ろの切れ目が入ったのは300円のものです。 チマグといい、テビチといい、結構こってりした味のため、いわし団子のようなおでんを食べると、ホッとします。 おふくろのたまごはこの通り。 おでんのたまごっておいしいねぇ。 おふくろではビールは3枚までと決まっています。 なので酎ハイに切り替えました。 ちなみに酎ハイは1人5杯まで。 でもビールと酎ハイを組み合わせると、全部で5杯までという制限があります。 この日はビールを3杯飲んでいたので、酎ハイは2杯までいけました。 ビールと酎ハイを飲みきったら、泡盛に移りましょう。 お店の閉店時間は24時。 閉店が近くなると、ケースから出されたおでんがカウンターに並びます。 こんなにいっぱいあったとは。 昆布もとうもろこしもちくわも食べてみたい! ということで、那覇・久茂地にある「おでん専門 おふくろ」で2時間2000円食べ飲み放題をしてきました。 おでん屋さんで食べ飲み放題ですが、実はこの日は女子会だったんですよねぇ。 閉店時間まで女子トークに花が咲いたんですが、かなり渋い飲み会だったなぁ。 お店を予約してくれた女子は20代と若いのに、なかなかわかってらっしゃる! おふくろは、バイキングのお料理がなくならない早めの時間に予約で伺うのが良さそう。 それと今回食べたおでんの中では、チマグ、テビチ、葉野菜、湯葉をまたリピートしたいです。 特に葉野菜は、出汁のコテッとした感じとよく合いました。 おふくろに行ってみたい!っていう方はぜひお試しを。 終わり。

次の