アンチエイジングブログ ランキング。 アンチエイジング 人気ブログランキング

顔のマッサージでアンチエイジング!/むくみ、クマを改善するマッサージを伝授します。

アンチエイジングブログ ランキング

我が家のトイレには自動開閉機能がついている。 望んでわざわざつけた機能ではなく、家を建てたとき選んだ便器に標準装備されていたものだ。 はじめは 「蓋くらい手で開けるよ。 そんな機能いらないよ!」と鼻で笑っていたのだが、 切羽詰まってトイレに飛び込んだ時などは なかなかに便利。 それに切羽詰まっていない時でも ドアを開けるやいなや、サッと蓋が開く様は 馴染みの女将に細やかな気遣いで 温かく歓迎されているかのよう。 とても良い感じ。 とても気に入っていたのだが、 最近この可愛いトイレの様子がおかしい。 近づいても開かなかったり・・ 開かないから仕方なく手で開けて腰掛けると、今度は びっくりする。 セ… 夜中にふと気配を感じて目を開けると 枕元に全裸のおじさんが立っていた。 怖かったので、目を合わせないようにしようと そのまま目を閉じているうちに眠ってしまった。 朝起きて冷静になってみたら夢だったのかもしれないと思えた。 それで、夫ジョニーさんに 「昨日枕元に全裸の幽霊みたいな男がボワッと立ってこっちをみてる夢を見た。 」 と話してみたら 夫だった。 やだ、普通ー。 ・・いや、普通でもないか? お酒飲んで開放的な気分になり 全裸で部屋の中を歩き回っていたらしい。 やめてほしい。 せめてパンツ履け。 そしてお酒はほどほどに。 yahoo. yahoo.

次の

シミ&アンチエイジング治療BBL 効果と注意点

アンチエイジングブログ ランキング

僕をアンチエイジこングに開眼させてくれた本が2冊ある。 一つはロー&キリーの「サクセスフルエイジング」そして今一つが今日ご紹介するベティ・フリーダンの「老いの泉」。 著者のベティ・フリーダンは往年のウーマン・リブの闘士である。 実はこの本、1数年前、ブログで取り上げたことがある。 今読み返すに全く古いとこがない。 彼女が取り上げる問題の全てが、今、まさに我々が抗加齢として取り組んでいるものばかりである。 当時彼女は医学が、特に抗加齢の医学は男性しか相手にしないのでこの本で問題提起をしたと言っているが、今にして思えば、こと抗加齢に関しては、男性もまだその研究対象になっていなかった。 つまりまだ抗加齢という概念が存在していなかった。 加齢が惨めな老化だけではなく、生き生きと高齢者生活を楽しんでいる人達がいる、ということを世に知らしめたのが彼女だった。 【だが最近は、高齢者を第三期の人生と位置づけ、其の経験と創造性を活用すべきと言う考えが生まれてきたことを、今日読み終えたベティ・フリーダンの「老いの泉」で知ることができた。 確かに判断力は経験の蓄積であり、年輪を重ねるごとに進歩しても不思議はない。 また、色々な事象を統合する力も、年の功と言えるであろう。 】と僕は当時のブログに記している。 1931年生まれ 東京大学医学部卒業 北里大学名誉教授 北里研究所病院形成外科・美容外科客員部長 名誉院長 理事長 代表世話人 東京米軍病院でのインターン修了後、1956年フルブライト留学生としてアメリカに渡り、オルバニー大学で外科を学ぶうちに形成外科に魅了される。 数年の修業の後、外科および形成外科の専門医の資格を取得。 1964年に帰国後、東京大学形成外科勤務を経て、1968年より横浜市立大学形成外科講師。 1973年より北里大学形成外科教授。 1996年に定年退職後も、国際形成外科学会副理事長、日本美容外科学会理事として、形成外科、美容外科の発展に尽力している。 現在は、北里研究所病院美容医学センター、AACクリニック銀座において診療・研究に従事している。

次の

レディーススニーカー 春夏人気 /スニーカー売れ筋おすすめランキング!

アンチエイジングブログ ランキング

Prohibits continuing sign up from the same IP address. Please try again later. Please enter your e-mail address. This email address format is incorrect. This email address has already been registered. Please enter your password• Please enter a 6 to 16 character password. blog. fc2. Please enter your desired Blog ID. The Blog Id must be in Lower Case and between 2 and 20 characters. This Blog ID already exists.

次の