千と千尋の神隠し 時間経過。 千と千尋の神隠しの都市伝説って?ハクやリンの裏設定や車の違和感や隠れキャラ、幻のラスト(エンディング)など徹底紹介

【都市伝説】千と千尋の神隠しの幻のエンディング!ハクの八つ裂きシーンは存在する?|RealVoice

千と千尋の神隠し 時間経過

2001年7月20日公開。 宮崎駿の長編映画第8作。 宮崎駿いわく、「もののけ姫」までの作品でやりたいことはやりきったため、「千と千尋の神隠し」以降は作風をかなり変えており、ストーリーの一貫性を放棄したものもあえて用いたりしています。 宮崎駿は『僕はもう既成の起承転結のよくできたストーリーの映画なんか作りたくない』や『自分の作品の大衆性が低くなっている』とコメントを残しており、実際に今までは明確なメッセージがあった宮崎駿のアニメ作品でしたが「千と千尋の神隠し」には明確なメッセージを特定できません。 しかし、いざ結果を見てみると、日本歴代興行収入第1位を達成と輝かしい結果を残し、世間からしっかりと評価されています。 単純に数えると、千尋は3泊4日の旅だったことになる… さらに、セリフ以外に景色も考慮することで、数週間より長い1ヶ月以上の滞在期間と考える説があります。 車のほこり、車の周りの草木が成長、とても数週間とは思えない! 千尋と両親が現実世界に戻って来た時、車の上に落ち葉が積もっていたり、車内がほこりだらけになっていたり、周辺の草木が少し成長していたりしたことを考慮した場合、少なくとも1ヶ月以上の月日が流れていたと考えることができます。 このように描かれた背景を考慮した場合、1ヶ月以上の滞在になると考えることができます。 半年以上の滞在時間 車のバッテリーは1年が限界? 千尋と両親が現実世界に戻って来た時に、車のバッテリーが上がっていませんでした。 一般的には1年も放置したらバッテリーが上がると言われており、数ヶ月に1回は車のエンジンをかけなければいけません。 その事実を考えると、半年が滞在期間の上限だろうとする説が非常に多くあります。 もちろんバッテリーが上がるまでの期間は車種にもよりますが、千尋と両親の車は「アウディA4 2. 4クワトロ」であり、特に放置した時のバッテリー耐性を強化したわけではないので、1年以上期間が過ぎていはいないと考えられます。 ちなみに、「アウディA4 2. 4クワトロ」は、宮崎駿が普段仕事で使っている車のようです。 時の流れは神々の世界と現実で違う? しかし、滞在期間が半年以上と考える説があります。 どういった場合かというと、神々の世界と現世とで、時の流れが違う場合です。 たった1ヶ月前後の間、千尋が神々の世界に迷い込んでいても、現世では数ヶ月以上の月日が流れていたと考えることができます。 このように時の流れが神々の世界の方が遅い場合、半年以上の滞在になると考えることができます。 『【千と千尋の神隠し】別世界にいた時間は何日間?』のまとめ.

次の

千と千尋の神隠しのエンディングは・・・

千と千尋の神隠し 時間経過

皆さんは、「千と千尋の神隠し」のラストシーンを覚えてますか? 契約に従い、湯婆婆から出題された問題。 たくさんの豚の中に混じっているはずの、豚に変えられた自分の両親を見分けなくてはいけない場面で、見事にこの豚達の中に両親はいないと断言した千尋は本当の名前を取り戻し、ハク様に見送られながら元の世界に戻り、ほこりまみれの車に乗り込んで新生活へと出発するというものです。 最後にキラリと光る髪留めが印象的ですね。 しかし、本当は違うラストシーンがあったとしたら・・・? スポンサーリンク 「千と千尋の神隠し」のラストシーンと言えば、誰もが上記のラストシーンを思い浮かべると思われます。 しかし、そのシーンには若干の続きがあるという都市伝説があるんです。 しかもその続きのシーンは映像化、アフレコもされており、公開当時にはほんの短期間ですが映画館で実際に流されていたそうです。 現在において、何故その「本当のラストシーン」がまるでなかったシーンのように取り扱われている理由と言うのは謎なのだそうで・・・ めちゃくちゃ都市伝説っぽくないですか?(笑) さて、ではその「本当のラストシーン」。 一体どのようなシーンだったのかというと・・・まとめると以下のようになります。 千尋の髪留めは、冒頭とラストシーンでは別のものに変わっています。 ラストシーンでは銭婆からもらった髪留めを着用しています。 しかし、それを千尋は覚えておらず、何故髪留めが変わっているのかを不思議がる。 車は出発してきちんと新居にたどり着くのですが、辿り着く道中で引っ越し屋さんがすでに到着しているのが見えて、母親が父親に怒りだす。 そして、新居に到着した際には、引っ越し屋さんからも遅れるのは困ると怒られる。 千尋が新居の周囲を観察していると、橋のかかった小川があることを発見。 それを見つめている千尋は突然ハッとした表情になり、全てを思い出したかのような意味深な感じで終わる。 以上が「千と千尋の神隠し」の本来のラストシーンと言われているものです。 これが本当の話ならば面白いものですね。 このラストシーンではない通常の「千と千尋の神隠し」を見ると、千尋が湯屋という異世界での出来事を覚えているのか、覚えていないのか、ということはハッキリと分かる描写はありません。 ただ髪留めが光ったことで、視聴者にはあの世界は夢ではなかった、と分かるだけ。 それが、幻のラストシーンによると、どうやら千尋は元の世界に戻ってしまったことで異世界の出来事も忘れてしまっているようですね。 最後に登場する「小川」はおそらくハクの新しい住処であり、そのおかげで千尋は全てを思い出すのでしょう。 ハクは実は千尋と別れた後に八つ裂きにされてしまった、という説も存在します。 ハクと湯婆婆は何かの契約をしており、千尋と両親を助けようとしたことは契約違反に当たると思われます。 そのため湯婆婆に、 「それでおまえはどうなるんだい!?その後あたしに八つ裂きにされてもいいんかい!?」 という確認をされており、さらにジブリ公式HPで、その後のハクについての説明は、 「『すべてのことはルールに従わなければならない』という世界観により、 湯婆婆の言葉通り八つ裂きにされる運命をハクは受け入れている。」 という(不吉な)一文が・・。 千尋が琥珀川の名前を告げたことで、ハクが本名(ニギハヤミ コハクヌシ)を思い出したこともハクの残酷な運命を変えるきっかけになる伏線のように思えます。 そして、このラストが本当ならば! ハクは無事に元の世界に戻れて、さらに千尋が住む場所のすぐ近くで千尋を見守ることが出来るという最高のシチュエーションになるわけです。 スポンサーリンク そして、このラストがもしも本当にあったとしたら、個人的な疑問があります。 荻野家族は何日後に元の世界に戻ってきたのか・・・? ということ。 これはこの作品を見た方それぞれ、様々な意見を持っているようです。 私個人としては、車に木の葉がたくさん落ちていて、さらにホコリがたくさん積もっているという描写があったので、荻野家族自体は時間の経過は感じていませんが、現実世界ではけっこうな日にちが経過しているような印象を受けました。 スタジオジブリ作品「千と千尋の神隠し」より引用 そうじゃないと、ホコリや木の葉の描写は必要ないと思うからです。 そして引っ越し業者さんはいくら待っても荻野家が現れないため一旦引き上げる羽目になり、荻野家は荻野家で新居に着いたら引っ越しのトラックは来ていないし、気付いたら数日過ぎてるし「!?」という状態に・・・ 異世界では千尋が何回か夜を過ごすシーンがあって、少なくとも数日は経過していそうです。 ただやはり見た人の数だけ捉え方があり、現実世界に戻ってみたらその異世界に入ったその日と同じ日・同じ時間だったと感じた方もいたようですね。 現実世界で何日も経過してしまっているということならば、上記のようなエンディングはきっぱり否定できるものですが、その日中に現実に戻ったということならば、否定はできません。 実は違うラストシーンが違うというのは、他のジブリ作品の中では「天空の城ラピュタ」にも同様の都市伝説が存在します。 まあ、ラピュタに関しては否定できる根拠があって、あくまでも都市伝説の域を出ないレベルのものですが。 ただ「天空の城ラピュタ」の幻のラストシーンは、ラストシーンを見た!という人の話の内容に少し食い違いがあったりするのに、 「千と千尋の神隠し」の幻のラストシーンに関しては証言が見事に一致しているのが気になる所。 もし幻のラストシーンが本当に存在したとしたら? そうなると疑問となるのは、何故あれほど車に木の葉やホコリがたまっていたのか?ということです。 木の葉はまあ突風が吹けば車に堆積するかもしれませんが、ホコリに関してはそんなにすぐ溜まるものではありませんよね。 山道を走行している間に積載したもの・・・とか? 荻野家の新居がある町は工業が盛んだったり、山を切り開いて新興住宅を建てている真っ最中であるため、土ぼこりや砂ぼこりが舞っているホコリっぽい町なのでしょうか・・? 他に考えられるのは、トンネルを抜けた時に異世界に行ったのではなく、厳密にはトンネルの手前の林道に入る道の前(舗装道路が終わっている所)に石のほこらから始まっていたか・・・。 千尋が石像を見た時から車ごと異世界に入りこんでしまっていたのかもしれません。 千尋の親父がスピード上げてまるで吸い込まれるように、引き寄せられるようにトンネルに向かってる時点で、もう既に異世界に入り込んでしまっていたのです。 そう考えた場合・・・。 湯屋があるあの世界は、昔話の浦島太郎の話(地上と竜宮城の時間の流れ)とは逆で、異世界で数日過ごしても現実世界では一瞬だったのかもしれません。 しかし、トンネルの向こうで千尋が両親を助けようと奮闘している時、車もまたトンネルの手前で同じく数日という時間を経ていたのではないでしょうか。 その間、木の葉もホコリも溜まり続けます。 そして再び千尋達がトンネルを通り戻ってきた時には、異世界での時間の流れからは抜け出していますが、千尋の髪留めがそのままであったように、車に堆積した木の葉もホコリもそのままだったのでは・・・。 色々考えられますが、私個人としては、上記のように現実世界では何日も経過している説だと思います。 つまり、千尋の両親は引っ越し業者に平謝り、追加の料金を請求され、父親は会社から無断欠勤を咎められる(笑) この都市伝説も十分否定できるものかと思います。 そして、宮崎監督の絵コンテでは最後のラストシーンは本来のものと変化はありません。 それだけは言っておきましょう。 誰が、どこで見たラストシーンなのか・・・。 それは本当に「千と千尋の神隠し」だったのか・・・。 似たような作品と勘違いしているのではないか・・・。 どっかの誰かの妄想ではないのか・・・。 しかし、ジブリ作品は本当に都市伝説にことかきませんね(笑) そのような「余白」が多く残され視聴者が考える部分が多くあるというのがジブリの魅力なのでしょうね! 信じるか信じないかはあなた次第! スポンサーリンク.

次の

ジブリ映画『千と千尋の神隠し』のネタバレあらすじ&感想まとめ

千と千尋の神隠し 時間経過

しかし彼女はこれから始まる新しい生活に大きな不安を感じていた。 その奇妙な町の珍しさにつられ、どんどん足を踏み入れていく両親。 引用: 主人公は10歳の少女、荻野千尋。 甘ったれていた千尋が、どんどん自分の足で歩くようになっていく姿に勇気をもらえるんですよね。 純粋で他人のために自然に行動できる千尋に心が洗われます。 不思議な街のビジュアルも、出てくるキャラクターの造形もどれをとっても素晴らしいの一言です。 スポンサーリンク 映画「千と千尋の神隠し」の内容をネタバレ それではここからはネタバレありでストーリーをご紹介していきます。 不思議な世界へのトンネル 引っ越しで転校することになった荻野千尋は、車の中で文句たらたら。 前の学校の友達からもらった花を抱えてしょぼくれていました。 その時、父親の明夫が道を間違えてしまいます。 このままいけるんじゃないか?と車を走らせる明夫。 しかし目の前に、車が通れないトンネルが現れ急停車します。 好奇心旺盛な明夫はトンネルの向こうを見に行こうと提案。 千尋は嫌がりますが、母親の悠子と行ってしまい、千尋も追いかけます。 トンネルの向こうには野原が広がり、さらに向こうには建物が何軒もありました。 街には誰一人おらず、帰ろうと言う千尋をよそに両親は、お店にあった食べ物を食べだしてしまいます。 ハクとの出会い senwodase がシェアした投稿 — 2020年 2月月18日午後7時29分PST 両親を置いて周囲を探検する千尋の前に、少年が現れます。 日が沈み始め、少年は「今すぐ帰れ」と千尋を追い立てます。 周囲の店にも火がともりだし、人間ではない生き物がうごめき始めました。 千尋が両親のところに戻ると、なんとそこには豚が! 驚いた千尋は逃げ出しますが、野原が大きな川に変わっており戻ることができません。 うずくまっていた千尋のもとに先ほどの少年が駆け付けます。 少年はハクと名乗り、飴のようなものを食べるように千尋に促します。 拒絶する千尋でしたが、自分の体が透けていることに気づき、ハクの持っていたものを食べると体は透けなくなりました。 091 がシェアした投稿 — 2020年 2月月18日午前2時26分PST ここで暮らすには仕事をしなければならず、ハクはボイラー室の釜爺 かまじい のところで仕事をもらうよう指示し、建物の中に入っていきました。 釜爺に仕事をさせてほしいと言いますが、ボイラー室では大勢のススワタリたちが働いていました。 手は足りているので湯婆婆のところへ行って仕事をもらうよう言われます。 その時ボイラー室にリンが入ってきて「人間じゃん、みんな探してるんだよ」と釜爺に伝えます。 すると釜爺は「自分の孫だ」と千尋を庇い、ヤモリの黒焼きと引き換えに千尋を湯婆婆のところへ連れていってほしいとリンに頼みます。 建物の中はみたことのない生き物たちがお風呂に入っており、千尋は目を奪われます。 リンに連れられ途中で見つかりそうになりながらも湯婆婆の部屋へ。 「ここで働かせてください!」 湯婆婆は千尋を怖がらせて止めさせようとしますが、何度も頼み働かせてもらえることに。 名前を奪われ「これからお前は千だ」と言い渡されます。 湯婆婆は名前を奪い相手を支配するのです。 湯屋での仕事 千が働けるようになったと知り、リンは喜んでくれます。 翌朝早くハクが千を豚になった両親のところに連れていってくれました。 ショックを受ける千尋でしたが、ハクにおにぎりをもらい泣きながら食べてすこし元気に。 ハクが前の世界で着ていた服を渡してくれて、ポケットから転校するときにもらったカードを見つけます。 そのカードには「ちひろ」の名前が。 「もう千になりかけていた」という千尋に、ハクはこの世界では名前は大事なものなので覚えておくよう言います。 ハクも湯婆婆に名前を奪われて支配されており、もう思い出せないと言うのです。 湯屋は日本中の神様が疲れを癒しに訪れるお風呂屋でした。 千はリンに教えてもらい、どんくさいと言われながら仕事をしていきます。 そんな中、庭にいた仮面のようなものを被ったカオナシを湯屋に招き入れてしまいます。 オクサレ様 がシェアした投稿 — 2020年 1月月10日午前2時54分PST 雨の夜、長い間使っていなかったお風呂をきれいにするよう言われた千とリンは、薬湯を入れてごまかすことに。 番台に頼みにいきますが手で磨けと断られ、千は困ってしまいます。 すると薬湯の札が勝手に浮かび、千の元へ。 薬湯を出しホッとする千のもとにカオナシが現れ、たくさんの札を渡してきます。 「そんなにいらない」と断る千に驚きカオナシは消えてしまいます。 そこにオクサレ様と呼ばれる強烈な臭いで泥の塊のような客が訪れ、世話をするよう言われる千。 お風呂へ案内するもキレイにならないオクサレ様。 千はカオナシからもらった札でお湯を足します。 オクサレ様を触った千は、何か刺さっていることに気づき、みんなで力を合わせて抜くと自転車などゴミの山が。 すると翁の面を被った龍が現れ、「良きかな」と笑いながら去っていきました。 オクサレ様は汚れた川の神様だったのです。 千の手には緑のお団子が残されていました。 ハクを助けに 翌日、気前のいい客が現れたと沸き返る湯屋でしたが、金に興味がない千は縁側でのんびりしていました。 すると白い龍がもがきながら飛んでくるのを見つけます。 その龍がハクだと気付いた千は龍を追って上の階へ。 湯婆婆の部屋に侵入してみると、そこには坊と呼ばれ湯婆婆に溺愛される大きな子供が。 一緒に遊ぼうと引き留められますが、振り切ってハクのところに。 ゴミとして捨てられようとしているハクを見つけ庇います。 するとハクを追いかけていた式神が湯婆婆そっくりの銭婆となり、坊をネズミに変えてしまいました。 隙をみて式神を破いたハクでしたが、そのまま千と坊ネズミごと穴に落ちてしまいます。 なんとか飛び上がり、ボイラー室へたどり着いたハクは痛みに暴れまわります。 「何かが腹を食い破っている」と釜爺に言われ、千はハクに川の神様からもらったお団子を半分食べさせます。 ハンコと黒い虫を吐き出し人の姿に戻るハク。 釜爺にそのハンコは銭婆のものだと教えられ、千はハンコを拾い黒い虫を踏みつぶします。 ハンコを返しに行きたいという千に、釜爺は行きっぱなしで戻れないという電車の切符を渡して、銭婆の家の場所を教えてくれました。 091 がシェアした投稿 — 2020年 2月月5日午前5時46分PST 出かけようとする千のところにリンが呼びに来ます。 気前がいい客とはカオナシのことで、手から金を出してはばらまいて食べ物を食べ漁り、ついには湯屋の従業員も飲み込んでしまいました。 カオナシを入れたのは千だと湯婆婆が疑っていると言うのです。 心当たりのあった千はパニックになる中、カオナシのもとに向かいます。 何を出しても欲しがらず、家に帰るように言う千にカオナシは激怒。 千は川の神様のお団子の残り半分をカオナシの口に入れ、湯屋の外に誘導します。 途中で飲み込んだ食べ物や従業員を吐き出し、元の姿に戻りながらカオナシは千についていきました。 思いがけず温かく迎え入れられ、千は銭婆にハンコを返します。 呪いが消えていることを不思議に思う銭婆に、ついていた黒い虫を踏みつぶしてしまったと謝る千。 すると銭婆は大笑い、それは湯婆婆がハクを操るために入れていた虫だと言うのです。 そのころハクは力を取り戻し、カオナシ騒動で疲れ切った湯婆婆の元へ。 自分は八つ裂きになってもいいから、千を元の世界に返してあげてほしいと頼みます。 ハクが死んでしまうのではないかと心配になった千は、湯屋に戻ると銭婆に言います。 そんな千に銭婆は髪留めをくれ、カオナシはここに残るよう提案します。 そこにタイミングよくハクが千を迎えに来ました。 幼少期に千は川に落ちてしまったことがありましたが、奇跡的に浅瀬に流れ着いて助かっていたのです。 その川の名前は「こはく川」。 それを聞いたハクは自分の名前を思い出します。 饒速水小白主 にぎはやみこはくぬし それが川の神様であったハクの本当の名前だったのです。 ハクと共に湯屋に戻ってきた千に湯婆婆は、たくさんの豚の中から両親を探せ、当たれば帰してやると言います。 「この中にはいない」。 豚たちの中に両親がいないことを見破った千尋は、みなに別れを告げハクと共に駆け出します。 ハクのことを気にする千尋に「本当の名前を思い出したからもう大丈夫だ」というハク。 トンネルを抜けるまでは振り返ってはいけないと言われ、ハクと別れて何も覚えていない両親と共にトンネルを抜けます。 乗ってきた車は枯れ葉で埋まり、長い時間が経過しているようでした。 トンネルを振り返る千尋は母親に呼ばれ、そちらに向かいます。 来た時とは全く違う顔つきで。 千尋の髪には銭婆にもらった髪留めが輝いていました。

次の