オープン チャット ライン。 LINEのオープンチャットに参加できない!原因と対処方法を徹底解説!

【LINE】オープンチャットの使い方を徹底解説! 身バレしない?PCでも使える?

オープン チャット ライン

個人情報 名前 の流出 勝手に友だち追加される 卑猥な画像や出会い目的のメッセージが送られてくる LINEの名前を本名で登録している人も多くいるので、 オープンチャットに参加して知られることは避けたいでしょう。 また、知らない人から 勝手に友だちに追加されて、メッセージが来るのも迷惑です。 ブロックができるとはいえ、毎回ブロックしていくのは面倒です。 こういった 秘匿性がちゃんとあるのかは、こういった公開コミュニティに参加する際には大事になってきます。 LINEオープンチャットで個人情報は公開される? 結論から言うと、 LINEオープンチャットで個人情報 名前 は公開されません。 LINEオープンチャットの公式サイトでも、以下のような行為を禁止していることが明言されています。 チャットルーム自体が出会い系目的であることが疑われる行為• 個人情報 電話番号、住所、LINE IDなど を交換したり1:1の出会いを継続的に勧誘または要求する行為• 恋人・交際相手や、一緒に宿泊・居住する相手を探そうとする行為• 未成年者に対する酒席の勧誘または不法な出会いを求める行為• その他社会的に容認されないと判断される出会い行為 以上のように述べていることからも、個人情報の取扱について、しっかりと管理されていることがわかりますね。 個人情報は公開されませんし、流出する可能性も無いと考えていいでしょう。 参加するオープンチャット別にアカウント作成可能 LINEオープンチャットに参加時に、 既存のアカウントとは別に、新たに名前と写真を登録することになります。 本アカウントを本名で登録していたり、自分の写真にしている人でも 安心してLINEオープンチャットを使うことができるようになっています。 別名で登録するので、この点からも 個人情報を知られることを避けることが可能です。 一応、同じ名前や写真でも登録できますが、やめておきましょう。 不特定多数の人とメッセージのやり取りをすることになるので、 バレないように、気を付けて登録しましょう。 卑猥な画像や、メッセージが送られてくる 参加したグループによっては、 卑猥な画像やメッセージが送られてくるものがあるかもしれません。 卑猥な画像やメッセージで 不快な気持ちになるかもしれません。 そして、最悪の場合、出会い目的の人と会うことになり、 人名に関わる事件に発展する危険性も秘めています。 匿名で参加できることから、純粋に会話を楽しみたい人たちを踏みにじる行為をする人がいるのは事実です。 ただし、 LINEオープンチャットの利用規約でそういった行為は禁止されています。 卑猥な画像や出会い目的のメッセージなどを送った場合は、 アカウントの凍結・LINEアプリ自体の利用停止 BAN になります。 既にLINEオープンチャットの 利用規約に違反した人が利用停止処分を受けていることから、 対処はしっかりとされています。 自分で不適切な人を発見した場合は すぐに通報しましょう。 通報した人が即座に処罰を受けるかはわかりません。 回避するためには、自分が参加しているオープンチャットから退会するのも1つの方法です。 LINEオープンチャットで友達追加はできる? LINEオープンチャットは、あくまでも その場での会話を楽しむ目的として追加された機能です。 しかし、仲良くなった人と個人的にやりとりをしたくなるかもしれません。 友だち追加機能の有無に関しても確認しておきましょう。 勝手に追加されることは絶対にない! まず、安心していただきたいのはLINEオープンチャットに参加しても、 参加している人から勝手に友だち登録は絶対にできないということです。 普通のLINEであれば、グループに参加している人をタップすると、友だち追加の欄があります。 しかし、オープンチャットの場合はタップしても、 友だち追加するという欄がないので、登録は不可能です。 個別に連絡をとるには? LINEオープンチャット内であれば、個別にメッセージを送ることができます。 オープンチャットは基本的に、多くの人が参加することになるので、ちゃんと個別の人とやりとりができるようになっています。 メッセージ前に「@」を付けて、話しかけたい相手の名前を入れれば、 その人向けにメッセージを送っている意思を表示できます。 ただし、 個人的に送った相手以外からもそのメッセージは見えるので、その点は気をつけましょう。 友達追加する方法は? オープンチャット内で仲良くなって個人的に普通のLINEでやり取りしたい場合は友だち追加をするしかありません。 しかし、LINEの公式で 個人情報のやり取りは禁止されています。 個人情報 電話番号、住所、LINE IDなど を交換したり1:1の出会いを継続的に勧誘または要求する行為を禁止する 最悪場合、その オープンチャットから強制退去させられてしまうかもしれません。 どうしても気になる人と、友だちになりたい場合は TwitterやInstagramなどのSNSのアカウントを教えましょう。 そこから、DMなどでやり取りをしてLINEで友だちになる方法が安全です。 ただし、SNSのアカウントを教える場合は、その オープンチャットに参加している他の人にも教えることにはなります。 全然知らない人からフォローされる可能性がありますが、TwitterやInstagram内で、 アカウントにカギを付けて対処できます。 もう一つの方法としては、 オープンチャット内でオフ会が開催されて実際に会ってLINEを交換する方法です。 まだオープンチャット機能が追加されて間もないので、既にオフ会などが開かれているかは不明です。 しかし、グループによっては今後開かれるものもあるでしょう。 実際に「オフ会」で検索したら、かなりのグループが表示されました! オフ会に積極的に参加して、友だちを増やすのはオススメです。 オープンチャットのブロック機能 LINEオープンチャットには、通常のLINEと同じように ブロック機能が備わっています。 通常のLINEでブロックすれば、相手からメッセージを送られて来ても無視することができます。 しかし、オープンチャットで、 ブロックしてもその相手のメッセージは表示されるようです。 ブロックしたことによって、 どのような効果があるのかまだ不明ですが、今後分かり次第ご紹介します。 現状ブロック機能の詳細が分からないため、 迷惑行為をしてくる相手に対しては通報するのがいいでしょう。 また、自分が グループの管理者であれば、グループに 不適切な相手を強制退去させたり、参加をさせないことができます。 LINEオープンチャットの危険性まとめ LINEオープンチャットの危険性について検証してみました。

次の

LINEオープンチャットに勝手に入るのを防ぐ!参加条件や制限を設定する方法。

オープン チャット ライン

匿名というと2ちゃんねるなどの「匿名掲示板」のように殺伐とした印象を持たれてしまうかもしれないので、あえてこの単語を使っていないのだと思われます。 何にしても、 ラインのオープンチャットは匿名なので、本名も本アカウントもバレることはありません。 チャット参加・ルーム作成をしても友達に通知はいかない 他の人のオープンチャットに参加したり、自分でルームを作ったりしても、友達に通知が行くことはありません。 もちろん、すでにLINEでつながっているすべての友だちに対して「通知なし」となります。 つまり バレずにチャット参加もルーム作成もできるということです。 このことは、Yahoo! 知恵袋に書き込まれた下の2つのQ&Aを見てもわかります。 Q.LINEのオープンチャットって、自分でトークルームを作ったら、LINE友達に通知いきますか? A.いきません 下の回答では、より詳しい補足がされています。 Q.(前略)ルームって言うのかな、それを作ったら自分の友だちに通知行きますか?(後略) A.通知は行かないですよ。 オープンチャットのアカウントは、自分のLINEアカウントとは別に名前とアイコンを設定できます。 (後略) 後半部分の補足は、当記事の最初に書いてきた内容です。 「名前とアイコンを本垢と別のものにする」ということです。 本名・本垢がバレるのを防ぐための3つのポイント 「匿名なのでバレない」といっても、いくつかのポイントを守らないと本名や本アカがバレてしまう恐れがあります。 ここでは、それを防ぐための3つのポイントを解説していきます。 プロフィール…自分が特定される内容を書かない 匿名でも、下のようなプロフィールを設定すると、本名や本垢がバレてしまいます。 自分が特定されるような内容• 本垢がわかるような内容 要は、自分本人や本アカに「似ている」ものです。 「本垢と自分というのは同じものではないか?」と思うかもしれません。 しかし「日常とSNSでまったく別の人格になっている」という人もいます。 そのようなこともあるので、自分・本垢を分けて書いています。 何にしても「特定されるような内容」をプロフィールに入れるとまずいわけです。 名前もプロフィールも「無難なもの」にしましょう。 アイコン画像…無難なフリー素材などを使う アイコン画像は、ネットで拾った無難なフリー素材などを使いましょう。 「自分しか持っていないような写真」にしてしまうと、それが原因で特定されてしまうリスクがあります。 僕は上の画像のように、適当にひつじの写真を拾ってきて、それをアイコンに設定しました。 あえてフェイク情報を入れるのもアリ 自分の情報を隠すだけでなく「わざとフェイク情報を入れる」という手もあります。 たとえば、東京に住んでいるのに「福岡住み」とするなどです。 ただ、この方法は下のデメリットもあることを理解しましょう。 嘘をつくことになるので、チャットで知り合う人たちと本当に仲良くはなりにくい• あまり細かく作り込むと、偶然内容が一致した別人に迷惑がかかる恐れがある 後者についてはめったにないことですが、あまり細かく設定を決めすぎると、誰かが偶然一致してしまうことがあります。 そのため、フェイク情報を入れる場合も「漠然とした内容」にしておきましょう。 オープンチャットでの個人情報の取り扱いについて 画像引用元:LINEオープンチャット・公式サイト オープンチャットのように開かれたスペースでは、運営サイドも個人情報の取扱いに厳しくなります。 ここでは、LINEのオープンチャットでの、個人情報の取り扱いのルールについて解説します。 個人情報の掲載は、利用規約違反 オープンチャットで個人情報を掲載することは、利用規約に違反します。 これは公式サイトの下の記述でわかります。 しかし 「他人の」と明記されていないということは「自分のもNG」という可能性が高いといえます。 ラインID・SNSアカウントも個人情報になるので注意 上で引用したLINEの規約で「個人情報の例」として書かれているものを、一覧にします。 Twitterアカウント• Instagramアカウント(QRコード含む)• ゲームのアカウント・ID これらは事実上の「連絡先」のようなものであり、日頃の生活が写真や文章で公開されている(人が多い)という点では、立派な個人情報といえます。 このため、このようなものを掲載することもオープンチャットの規約違反ですし、本垢や本名がバレることにつながるというわけです。 個人情報のやり取りを見つけたら通報を 画像引用元:LINEオープンチャット・公式サイト 個人情報の開示を要求されたり、他の人が交換しているのを見たら、積極的にLINEに通報しましょう。 通報しても相手にわかることはないので、安心です。 これはLINEも下のように説明しています。 強要したりする行為があった場合は、積極的に「通報」してください。 「通報」を行なっても、相手にそれが通知されることはありませんのでどうぞご安心ください。 通報ボタンの出し方 オープンチャットの通報ボタンは、 通報したい投稿を長押しすることで現れます。 長押しするまで出ないので、うっかり押してしまうという心配もありません。 まとめ LINEのオープンチャットに限らず、ネットのコミュニケーションでは常に個人情報の扱いに細心の注意を払う必要があります。 ルールや基本的なポイントを守った上で、楽しくネット・スマホのツールを使うようにしましょう。 LINEのオープンチャットの本名・本垢のバレ防止について、質問があればお気軽にどうぞ!.

次の

LINEオープンチャット(オプチャ)のメリット・デメリット

オープン チャット ライン

どんどん便利になっていくLINEですが、さらに便利なオープンチャット機能が追加されました。 自分のLINEアカウントを明かすことなく、各グループ毎に名前やアイコンを変えて参加できる、大型コミュニティのようなものです。 LINEの友達登録やID交換をしなくても、全国のLINEユーザーと様々な情報交換ができるので、今後活躍する場面は広がってくるかと思います。 そんなオープンチャットですが、アイコンや名前を適当にしてしまったけど、あとから変えたくなった!というケースもあるかと思います。 簡単に変更できますので、ぜひ本記事を参考にしてくださいね! 目次• もともと、8月9日頃に一部の方は利用できていたのですが、8月19日に正式リリースされています。 突然現れたオープンチャット機能に、なんだこれ?!って思った方も多いですよねw オープンチャットは簡単に言うと、 自分のLINEアカウントを知られることなく、いろいろなグループに参加して情報交換ができる機能です。 自分のLINEアカウントを使ってのグループトークももちろん可能ですが、場合によっては自分のアカウントで参加したくない・・・という方もいますよね。 感覚的には、サブアカウントでいろんなグループに参加できちゃう!といった方が早いのかもしれません。 ちなみに、オープンチャットは LINEアカウントの年齢認証が済んでいる18歳以上の方しか利用できません。 オープンチャットはアイコンも名前も変えられる! LINEの「オープンチャット」は、自分のアカウントを知られることなく様々なグループに参加することができます。 それだけでも便利ですが、さらにすごいのが アイコンも名前もグループ毎に変えられるということなんですね。 例えば、 AグループではA子という名前で動物アイコン。 BグループではB子という名前で食べ物のアイコンという感じで使い分けることができます。 もちろん、同じ名前やアイコンで他のグループに参加することもできます。 どこかのグループに参加する際、アイコンと名前の設定画面が出ます。 初めて参加する場合は、デフォルトのアイコンとニックネームを入力という表示が出ます。 2度目以降の参加の場合は、直近で参加したグループに入る際に設定した名前とアイコンが自動で表示されます。 アイコンは設定しなくてもデフォルトのままでも参加が可能です。 名前は何かしら入力しないと参加できないので、必ず入力するようにしましょう。 あとは、右上にある「完了」ボタンを押せば、そのグループに参加できます。 ただし、グループの管理者が承認制にしている場合は、承認されないと入ることができません。 オープンチャットの名前・アイコンの変更方法は? グループに参加する場合、最初にアイコンと名前を設定しなくてはいけません。 入る段階で、グループ毎にアイコンと名前を変えておけば、後々の手間は省けます。 しかし、どんな感じなのか試してみよう!とか、やっぱり名前もアイコンも変えたくなったんだけど・・・ということも出てくるかと思います。 結論から言うと、 オープンチャットはいつでも名前やアイコンを変更することが可能です。 ただし、 グループ毎に変更しなくてはいけないので、一括で変更することはできません。 また、iPhoneとAndroidでは表示がそれぞれ違っています。 以下で、各OS毎に名前とアイコンの変え方・変更方法をご紹介します。 iPhoneでアイコン・名前を変える方法 まず、iPhoneで名前やアイコンを変えたい場合。 変更したいグループのトークを開きます。 グループ名の横にある赤い四角の枠内の、ボタンをタップしましょう。 そうすると、設定画面が色々出てきます。 ここでは、参加しているメンバーなども見ることができますが、アイコンと名前を変える場合は「設定」をタップします。 設定を押すと、自分のアイコンや名前のほか、背景デザインなどの変更ができる画面が出てきます。 今回は、自分のプロフィールの部分を見てくださいね。 名前を変えたい場合は、現在設定されている名前の箇所をタップします。 画像でいうと「abc」のところをタップということですね。 そうすることで、名前の入力画面が出てきます。 変更したい名前を入力して確認を押せば、新しい名前に変更されます。 アイコンを変える場合は、アイコンの部分をタップします。 画像でいうと、カメラマークがある部分ですね。 カメラで撮影、写真を選択のいずれかでアイコンにしたい画像を選びます。 あとは、画像位置を調整すれば、アイコンの変更は完了です。 アイコンも名前も、変更の回数制限はありません。 何度でも変更が可能ですが、グループ毎に設定が必要なので、変えたい場合は各グループで同様の手順で変更していきましょう。 Androidでアイコン・名前を変える方法 次に、Androidでアイコンや名前を変える方法をご紹介します。 まずは、アイコンや名前を変えたいグループのトーク画面を開きます。 その後、グループ名の横にある赤い枠の部分をタップしましょう。 そうすると、メンバーや通知、退会などの設定画面が色々出てきます。 アイコンや名前を変える場合は「設定」をタップします。 設定を押すと、自分のアイコンや名前のほか、背景デザインなどの変更ができる画面が出てきます。 今回は、自分のプロフィールの部分を見てくださいね。 名前を変えたい場合は、現在設定されている名前の箇所をタップします。 画像でいうと「ひまわりさん」のところをタップということですね。 そうすることで、名前の入力画面が出てきます。 変更したい名前を入力して確認を押せば、新しい名前に変更されます。 アイコンを変えたい場合は、現在設定されているアイコンの箇所をタップします。 画像でいうとカメラマークがあるところですね。 写真を撮影、写真を選択のどちらかをクリックし、新しくアイコンにしたい写真や画像を選びましょう。 あとは、画像の位置調整などをすれば、アイコンが変更されます。 アイコンは、変更回数に制限などはありません。 ただし、グループ毎に設定が必要なので、他のグループのアイコンも変えたい場合は、同様の手順を他のグループでも行う必要があります。 オープンチャットでステータスメッセージは設定できる? LINEの機能に、ステータスメッセージというものがあります。 LINEの場合だと、赤い枠のところにステータスメッセージが表示されます。 iPhoneとAndroidでは少し表示が異なりますが、上記はiPhoneでの表示の場合です。 自分のプロフィールに、一言メッセージを表示させることができる機能ですね。 その時の気分だったり、誰かに何かをお知らせしたい時などに、ステータスメッセージを活用している方もいると思います。 では、オープンチャットにはステータスメッセージ機能はあるのでしょうか? 残念ながら現時点では、 オープンチャットにステータスメッセージ機能はありません。 もしかすると、今後のアップデートでそういった機能も追加してくれるのではないか?と考えています。 自分の意志を伝えることができる枠でもあるので、今後の追加に期待したいですね! オープンチャットでプロフィール変更通知は出てしまう? さらに気になるのが、 オープンチャットのプロフィールを変更した場合、自分のLINEアカウント及びオープンチャット内で変更通知は出てしまうのか?ということですね。 LINEの場合、プロフィール写真を変えたり、ステータスメッセージを変えると、アイコンの横に丸マークが付くので、変更したなというのがわかってしまいます。 正直、プロフィールを変更したことはあまり知られたくないな・・・という人もいるはず。 オープンチャットに関しては、 自分のLINEアカウントに変更通知が出ることはありません。 また、 オープンチャット内でも変更したというお知らせなどは一切出ません。 その分、アイコンや名前を別のものに変えたら、誰だかわからなくなってしまった、という問題も出てくると思います。 場合によっては、アイコンと名前を変更したことを、グループ内トークで自己申告しておくと良いですね! オープンチャットの退会方法・通知オフの方法は? いざオープンチャットのグループに参加しても、グループによっては未読数がとんでもない数字になることもあります。 場合によってはスマホがフリーズすることもありますので、注意が必要です。 グループに参加したけど通知がうるさいので通知オフにしたい! 思ったグループと違った、未読が溜まって嫌だから退会したい!という方もいると思います。 各グループ毎に名前もアイコンも変更できるので、言ってしまえばグループ毎にキャラクターを使い分けることだってできますね! ゲームグループだったり、子育て相談グループだったり、既にたくさんのグループができています。 使い方次第では、かなり便利になり、困った時の手助けになってくれるかもしれません。 オープンチャット内では、自分のLINEアカウントがバレることは一切ありません。 ただし、自らIDを教えたり、QRコードを教えたりすると当然ながらバレてしまいます。 オープンタイプのグループは、不特定多数の方が参加していますので、くれぐれもむやみやたらに自分のLINEアカウントを教えないようにしましょう。

次の