ポケモンgo クリフ カイロス。 【ポケモンGO】ロケット団リーダー対策!クリフ・シエラ・アルロのバトル攻略ポケモンと入手ポケモンまとめ|ポケらく

【ポケモンGO】ロケット団リーダー対策!クリフ・シエラ・アルロのバトル攻略ポケモンと入手ポケモンまとめ|ポケらく

ポケモンgo クリフ カイロス

3 0. 55 7. 69 11. 5 6 0. 5 0. 25 12. 00 12 3. 6 0. 4 0. 1 15. 00 9 ゲージ技 名前 威力 時間 DPS 発動 発生 100 2. 3 1 43. 5 35 1. 9 1. 1 18. 4 54 1. 6 1. 2 33. 8 85 3 2. 1 28. 2 1. 8 27. 7 0.

次の

【ポケモンGO】カイロスの色違いとおすすめ技&弱点

ポケモンgo クリフ カイロス

クリフが1匹目に出してくる「ベトベター」は、どくタイプなので じめん技やエスパー技を駆使して弱点を突けば倒せます。 ベトベター戦でクリフにシールドを2回使わせると、2匹目と3匹目が戦いやすくなるため、 スペシャル技の回転率が高いポケモンを1匹目に出すのがおすすめです。 ベトベターのどく技を半減できるため、安定して攻略できます。 技の耐性も多く、2戦目、3戦目も戦い抜けるスペックを誇ります。 わざの回転率も高いため、ガブリアスとドリュウズの育成が終わっていない方におすすめです。 クリフが2匹目に出してくる「カイリキー」は、かくとうタイプなので ひこう、エスパー、フェアリー技で弱点を突くことができます。 ひこうタイプのポケモンを採用すれば、被ダメージを抑えられるため、育成済みのひこうポケモンがいる場合は優先して編成しましょう。 しかし、カイリキーがはがね技を使ってくる場合は使用を控えましょう。 カイリキーがはがね技を使ってくる場合は採用をしないように注意してください。 さらに、かくとう技に耐性を持っているので、被ダメージを減らすこともできます。 編成できるポケモンの幅が広いため、自分が育成したくさタイプのポケモンで挑みましょう。 レイドバトルでも活躍可能です。 余裕があれば1匹は育成しておきたいポケモンです。 ロズレイドやフシギバナを育成できない方はリーフィアを強化しましょう。 エレキブル タイプ 通常わざ スペシャルわざ クリフが2匹目に出してくる「エレキブル」は、でんきタイプなので、でんき技で弱点を突けます。 でんき技を無効にできるじめんタイプのポケモンを中心に採用することで、安定してエレキブルを倒すことができます。 高い攻撃種族値を生かして、じめん技でゴリ押しが可能です。 優秀な「マッドショット」を覚えるため、育成済みの方はぜひ編成してください。 弱点になるタイプは多いものの、 攻防一体のバンギラスは非常に厄介なので、かくとう技で一気に押し切るのがおすすめです。 育成済みのルカリオがいる場合は優先して編成しましょう。 アメの入手難易度は高いものの、育成して損をすることはないので、最低1匹は用意しておきましょう。 育成コストも低く、PvP用に1匹は育てておきたいポケモンの1匹です。 ラグラージの通常技が「マッドショット」の場合、スペシャル技が発動するまでの回転率が高くなるため、こちらはくさ技で一気にHPを削りきる方法が無難です。 余裕があれば1匹は育成しておきたいポケモンです。 フシギバナの方がPvP向きなので、育成優先度は低めになります。 フシギバナとジュカインはレガシー技持ちですが、リーフィアは恒常技しかないのも魅力と言えます。 ドダイトスは攻撃種族値が高くないため、耐性持ちのポケモンを採用することで安定して勝つことができます。 育成済みのヒードランであれば問題なく倒しきれます。 ほのお技でゴリ押しが可能なので、 最低1匹は育成して損はないポケモンです。 タイプ一致でこおり技を出せる希少なポケモンなので、余裕があれば育成しておきましょう。 関連記事 ロケット団の関連記事 クリフ対策.

次の

【ポケモンGO】あれ!?なんか強くなってない!?GOロケット団リーダーのクリフがめちゃ強いんやけど。

ポケモンgo クリフ カイロス

クリフが1匹目に出してくる「ベトベター」は、どくタイプなので じめん技やエスパー技を駆使して弱点を突けば倒せます。 ベトベター戦でクリフにシールドを2回使わせると、2匹目と3匹目が戦いやすくなるため、 スペシャル技の回転率が高いポケモンを1匹目に出すのがおすすめです。 ベトベターのどく技を半減できるため、安定して攻略できます。 技の耐性も多く、2戦目、3戦目も戦い抜けるスペックを誇ります。 わざの回転率も高いため、ガブリアスとドリュウズの育成が終わっていない方におすすめです。 クリフが2匹目に出してくる「カイリキー」は、かくとうタイプなので ひこう、エスパー、フェアリー技で弱点を突くことができます。 ひこうタイプのポケモンを採用すれば、被ダメージを抑えられるため、育成済みのひこうポケモンがいる場合は優先して編成しましょう。 しかし、カイリキーがはがね技を使ってくる場合は使用を控えましょう。 カイリキーがはがね技を使ってくる場合は採用をしないように注意してください。 さらに、かくとう技に耐性を持っているので、被ダメージを減らすこともできます。 編成できるポケモンの幅が広いため、自分が育成したくさタイプのポケモンで挑みましょう。 レイドバトルでも活躍可能です。 余裕があれば1匹は育成しておきたいポケモンです。 ロズレイドやフシギバナを育成できない方はリーフィアを強化しましょう。 エレキブル タイプ 通常わざ スペシャルわざ クリフが2匹目に出してくる「エレキブル」は、でんきタイプなので、でんき技で弱点を突けます。 でんき技を無効にできるじめんタイプのポケモンを中心に採用することで、安定してエレキブルを倒すことができます。 高い攻撃種族値を生かして、じめん技でゴリ押しが可能です。 優秀な「マッドショット」を覚えるため、育成済みの方はぜひ編成してください。 弱点になるタイプは多いものの、 攻防一体のバンギラスは非常に厄介なので、かくとう技で一気に押し切るのがおすすめです。 育成済みのルカリオがいる場合は優先して編成しましょう。 アメの入手難易度は高いものの、育成して損をすることはないので、最低1匹は用意しておきましょう。 育成コストも低く、PvP用に1匹は育てておきたいポケモンの1匹です。 ラグラージの通常技が「マッドショット」の場合、スペシャル技が発動するまでの回転率が高くなるため、こちらはくさ技で一気にHPを削りきる方法が無難です。 余裕があれば1匹は育成しておきたいポケモンです。 フシギバナの方がPvP向きなので、育成優先度は低めになります。 フシギバナとジュカインはレガシー技持ちですが、リーフィアは恒常技しかないのも魅力と言えます。 ドダイトスは攻撃種族値が高くないため、耐性持ちのポケモンを採用することで安定して勝つことができます。 育成済みのヒードランであれば問題なく倒しきれます。 ほのお技でゴリ押しが可能なので、 最低1匹は育成して損はないポケモンです。 タイプ一致でこおり技を出せる希少なポケモンなので、余裕があれば育成しておきましょう。 関連記事 ロケット団の関連記事 クリフ対策.

次の