シミ 取り。 シミ取り治療(レーザー・光)が可能な尼崎市の美容皮膚科

顔のシミを消す方法について教えて下さい。

シミ 取り

シミ消しクリームは皮膚科で処方してもらいますか? 顔にあるシミを消したくて、美白化粧品を使っているのに、なかなか効果が出ないと思っていませんか? 確かに、美白化粧品は使い続けないと効果が出ないと言われます。 しかし、効果が目に見えて出ないと、モチベーションが続きませんよね。 美白化粧品を使って、顔の色がワントーン明るくなるとうれしくなりますが、顔のあちこちにあるシミはなかなか消えてくれません。 やはり、皮膚科に行ってシミをきれいにしたいと相談するべきでしょうか? 皮膚科に行けば、もっとシミが改善されるのでしょうか? そもそも、皮膚科で行われているシミの治療ってどんなものでしょうか? 皮膚科の処方箋を調べてみました。 シミ消しクリームは皮膚科でもらえますか? 化粧品を使って一生懸命にお手入れをしたり、市販の飲み薬を飲んでみたりしても、なかなかシミが改善されなかったら、皮膚科に行かなくちゃダメなのかな、と思います。 皮膚科でちゃんと診てもらったら、塗り薬や飲み薬を出してもらって、よくなるのでは?と期待しますよね。 シミの症状によっては、レーザーを使わないと改善しないものとかもあります。 シミの種類はいろいろあります。 老人性色素斑• 脂漏性角化症• 雀卵斑(ソバカス)• 炎症性色素沈着• 花弁状色素斑 このシミの違いによって、お手入れ法が違ってきます。 美白化粧品でせっせとお手入れしてきたのに、ちっともよくならない場合は「美白化粧品が効かないシミ」の可能性があります。 美白化粧品が効くシミはこちらになります。 老人性色素斑• 炎症性色素沈着• 雀卵斑(ソバカス) 美白化粧品が効かないシミはこちらになります。 脂漏性角化症• 花弁状色素斑 美白化粧品が効かないと感じている人は、自分のシミのタイプを見極める必要がありますね。 でも、大丈夫です。 美白化粧品が効かないシミの場合にも治療法はあります。 この場合はやはり、皮膚科医に頼るべきなんですよ。 美容皮膚科の治療 美容皮膚科での治療は健康保険が利かないので、自主診療になります。 場合によっては高額治療になります。 代表はレーザー治療ですね。 シミ治療で処方される外用薬(塗り薬)は ハイドロキノンとトレチノインです。 内服薬(飲み薬)は アスコルビン酸(ビタミンC)とトラネキサム酸です。 これらの外用薬(ハイドロキノンとトレチノイン)が配合されている美白化粧品はたくさんあります。 私も美白化粧品でシミ対策をしたことがあります。 (まあまあ、きれいになりました) 最近は紫外線対策に気をつかっていますし、大きなシミを作ってしまうことはありませんよ。 シミ対策は予防が一番ですね。 シミ 消しの塗り薬について クリニックによりますが、外用薬の価格を調べました。 ハイドロキノンクリームは6gで2,000円くらいです。 ハイドロキノンコンシーラーは1本3,500円くらいです。 ハイドロキノンコンシーラーって、よさそうですよね。 ピンポイントでシミを薄くしてくれそうです。 レチノイン酸クリームは 0. 05%のもので3,000円くらいです。 皮膚科の美白化粧品は6,000円~で買えるようです。 その他の治療法 光治療:1万8,000円~ レーザー治療:3,000円(5mm未満)~ ケミカルピーリング:8,000円~ イオン導入:5,000円~ 超音波導入:8,000円~ エレクトロポレーション:1万5,000円~ クリニックによりますが、美肌フルコースになると、リフトアップからピーリング、イオン導入などすべてセットで30,000円くらいです。 化粧品で本当にシミが消えるの? 紫外線を浴びたり、年齢肌でシミが出た場合は美白化粧品でシミ消しに挑戦してみましょう。 しかし、初期のシミには美白スキンケアがうまくいきますが、定着してしまったシミはなかなか消えてくれません。 何事も、早めのお手当てが大事ですよ。 私のシミ消し体験 私も40代の前半に、右の頬に大きなシミができました。 毎日出勤するときに、右側から朝日を浴びながら自転車を走らせていたせいでしょう。 初めのうちはシミにコンシーラーを塗ってごまかしていました。 そのうち、シミが濃くなったのか、コンシーラーでは隠せなくなり、ますますコンシーラーを塗り重ねる日々が続きました。 ある日シミにコンシーラーを塗ろうとしてビックリ!! 大きなシミの部分だけ、皮膚がたるんで、まるでしぼんだ風船のようになっていました。 シワシワです。 とりあえずその日はコンシーラーでいつものように化粧をして出勤しましたが、心はうつろ。 どうしよう・・・シワシワじゃん・・・治るの?・・・ 家に帰って、シワシワのシミを見ながらどうしたらいいのか悩みました。 そのとき、自分には合わないからと言って娘がくれた「 」を思い出しました。 「効いてくれ~」と祈りながらシワシワのシミにクリーム20を塗り込みました。 万能薬「オロナイン」ではなく、なぜ「クリーム20」を選んだのかはいまだに不明ですが、真剣に塗り込みました。 なんと、数回塗っただけでシワシワが回復!元通りに! 自分でも驚きましたよ、元の肌にもどったんですから! これはスゴイと思って毎日塗り込んでいたら、なんとシミにも変化が! きれいになるまで、けっこう時間はかかりましたよ。 大きなシミが3分割して、その1個1個がだんだん小さくなっていったんです。 1本半くらいのクリーム20を使ったと思います。 高いので、チビチビとシミに塗り込みました。 長さ1. 5~2センチくらいのシミだったので、使用量はごく少量。 クリーム20を1. 5本使い切った時間が、私がシミ消しに使った時間です。 私のシミ消し体験はこちらです。 美白は予防が大事です。 シミをつくる前に対策をするのが一番! でも、もしシミをつくってしまったら、シミ消しクリームのお世話になりましょう。 市販でおすすめのシミ消しクリーム 市販でおすすめのシミ消しクリームを紹介しますね。 ビーグレンの「 ホワイトケアトライアル」です。 シミ対策にはハイドロキノンを使うとかなり効果が期待できます。 「ハイドロキノン」はシミそばかすの原因となるメラニン色素ができるのを抑えます。 さらに、できてしまったシミを漂白する作用もあるんです。 ハイドロキノン配合の美容コスメといえばビーグレンの「ホワイトケア」なんですよ。 「ハイドロキノン」を使うと、シミはゆっくりと薄くなっていきます。 ただし、乾燥肌の人がハイドロキノンを使うとピリピリすることがあるので、保湿をしっかりしなければなりません。 なので、トライアルセットでお試しするのがおすすめなんですね。 シミがある部分はターンオーバーができていないために、部分的にメラニン色素が残って、沈着している状態です。 きちんとターンオーバーができれば、メラニンがはがれ落ちてキレイなお肌が表面に出てきます。 出来てしまったシミでも、美白成分が入った医薬部外品を使えば、時間はかかりますが美白効果が期待できます。 ビーグレンの「ホワイトケア」でお手入れをすると、浸透テクノロジーにより肌の奥まで美容成分を届けることができます。 その結果、ターンオーバーが促されて、きれいな肌が肌表面に出てくるんです。 ビーグレンの浸透技術は医療レベルです。 なので、直接メラニンに働きかけてお手入れができます。 ハイドロキノンは出来てしまったシミにアプローチする美白成分です。 ビーグレンの美白化粧品の魅力は、すでにできている濃いシミにも漂白作用で効果が期待できるところです。 しかし、ハイドロキノンはそのままでは肌になじみません。 ビーグレンの浸透テクノロジーは肌の奥までハイドロキノンを届けることができる技術です。 シミに届いてこそ、ハイドロキノン本来の効果を発揮させることができます。 あなたも、ビーグレンの「ホワイトケア」でお手入れを始めてみてください。 市販でおすすめの美白化粧品 美白化粧品は一年じゅう使ってこそ効果が現れます。 そして、美白化粧品の真価は「予防」に現れるんです。 できてしまったシミを薄くするのは、時間も手間もかかります。 また、肌質によっては刺激が強いハイドロキノンが使えないこともありますよ。 敏感肌の方が美白ケアを始めるなら、アスタリフトホワイトがおすすめです。 美白ケアの基本はシミをつくらないという「予防に専念すること」なんです。 アスタリフトホワイトは化粧水から美容液、乳液、クリームと美白のための化粧品がすべてそろっています。 大切なのは、美白ケアは毎日行う、ということです。 アスタリフトホワイトトライアルキットで美白化粧品を試してみてください。 アスタリフトホワイトのトライアルなら、肌のうるおいまで実感できますよ。 ジェリーアクアリスタに配合されているWヒト型ナノセラミドで肌がうるおいます。 これで乾燥知らずの肌になれます。 アルブチンは厚生労働省が認めた美白成分です。 ビタミンC誘導体はシミを予防し、できたシミにも効果を発揮する美白成分です。 アスタリフトホワイトを使って毎日のお手入れをすれば、肌を紫外線から守りながらシミを予防することができます。 美白成分がシミに効き、これからできるシミも予防してくれるんです。 アスタリフトホワイトで毎日、美白ケアを続けてみてください。 気がついたら肌色がワントーン明るくなり、シミが気にならなくなりますから。 再生医療の美容液でシミ対策してみませんか? シグナリフトは、エイジングケアの常識を変える、再生医療から生まれた美容液です。 シミやしわでガッカリしている女性にとって、本当の救世主かもしれませんよ。 再生医療センターの技術をスキンケアに使って、加齢に負けない若々しい肌を目指すのが「シグナリフト」です。 「シグナリフト」はSigna-Peptide( シグナペプチド)という、再生医療の研究から生まれた美容成分を配合した化粧品です。 5つのGF さらに、シグナリフトには5つのGFが配合されています。 5つのGFが肌環境に働きかけて、年齢肌のケアをサポートしてくれるんですね。 GFとは、Growth Factor(グロースファクター)のことです。 5つのGFとは• EGF…オリゴペプチド-24• TGF…オリゴペプチド-34• IGF…デカペプチド-4• KGF…オリゴペプチド-41• HGF…カプロオイルテトラペプチド-3 5つのGFは加齢による肌のゴワツキをやわらげてくれる成分です。 シグナリフトの浸透技術 シグナリフトの有用成分は、浸透技術でナノカプセル化されています。 どんなに優秀な美容成分も、肌の奥まで届けられないと意味がありませんからね。 シグナリフトは浸透技術DDS「スフィンゴミエリンナノカプセル」を採用しています。 ナノカプセルが肌の内側に浸透して、シグナリフトの有用成分をしっかり届けてくれます。 シグナリフトは「香料」「着色料」「鉱物油」「合成防腐剤」「界面活性剤」「シリコン」「エタノール」「パラベン」を使用していません。 エクストラエンリッチ エクストラエンリッチ 容量:33ml 通常価格 10,800円ですが、お試しコースで 2,980円にて購入できます。 エクストラエンリッチはブースター、化粧水、美容液の3つの役割が1本になった、高機能美容液です。 シグナリフトは低刺激なので、敏感肌の方でも安心です。 エンリッチクリーム エンリッチクリーム 容量:33g 通常価格 10,800円ですが、お試しコースで 2,980円にて購入できます。 若々しい印象になる、高保湿成分配合のブライトニングクリームです。 シミ 消しの飲み薬について アスコルビン酸(ビタミンC)は比較的にお安いです。 市販品でもたくさんの「アスコルビン酸」が販売されています。 ビタミンCは「ハイチオールC」などに代表されるシミの薬にはほとんど配合されています。 その他、クリニックによっては飲む日焼け止めを処方してくれるところもあります。 シミを作らないという、予防の対策ですね。 SIMIホワイト【医薬品】 「SIMIホワイト」はシミを薄くするためにつくられた医薬品です。 メラニンの抑制、沈着、排出を促してくれる、シミ消しのための飲み薬なんです。 毎日紫外線対策をしていても、ついうっかり日焼けをしてしまいますよね。 SIMIホワイトは、できたシミに効くのはもちろん、予防もできるんです。 SIMIホワイトのおすすめポイントは、できたシミにアプローチしながら、さらに飲む日焼け止めの役目もしてくれるところです。 医薬品なので安心して飲めます。 子供の日焼け対策や、妊娠中、産後のケアもOKなんですよ。 シミを治したいなら、ビタミンCとL-システインの両方を取ることがポイントになります。 L-システインは過剰にできたメラニン色素を無色にし、肌の代謝を正常にしてくれます。 また、アスコルビン酸(ビタミンC)はメラニン色素の生成を抑えてくれます。 しみやそばかすを薄くするためには、L-システインとビタミンCを確実に摂る必要があります。 特におすすめしたいのはL-システインの配合量が多い医薬品です。 医薬品は厚生労働省から効能を認められていますし、本気でシミを消したいなら、医師が認める医薬品を選びましょう。 SIMIホワイトは、医薬品のみ配合できるL-システインを最大量の240mg配合しています。 シミ消しクリーム 皮膚科 まとめ シミにはいろいろなタイプがあります。 もし、美白化粧品でシミが薄くならなかったり、改善できない場合は美容皮膚科を受診してみてもいいと思います。 シミによっては対処法が違っているかもしれませんから。 あきらめないでくださいね。 シミ消しにはシミ対策用の美顔器もおすすめです。 詳しい記事はこちら、ぜひご覧ください。 シミ 関連記事.

次の

焼肉のシミの取り方

シミ 取り

シミを薄くするには、尿素入り化粧水がいいです。 私は手作りのものを使っています。 尿素は古い角質を溶かす作用があるので、新しい皮膚に置き換わることで シミが薄くなります。 手作りレシピ 作るのがめんどうでしたらここで買えます。 (作った方が断然安いです) また、おっしゃるように血行をよくし、新陳代謝をよくすることも大事です。 その場合、しみの部分だけではなく、(血液は顔全体に流れているので) 全体の顔の筋肉をほぐすように上に向かってマッサージしてください。 朝と晩、毎日30秒でいいので、シアバターなどの固めのクリームでマッサージしてください。 普段使わない筋肉をほぐしながら、老廃物を流すことがポイントです。 ほかにはヨーグルトがピーリング作用があるので、試してみてくださいね。 自宅でできるピーリング方法.

次の

顔のシミを取る方法|顔のシミ取りにイチバンおすすめの方法とは

シミ 取り

顔のシミ消しの基本は体の内側から! 顔のなどにできるシミの消し方の基本は、高級化粧品や美白クリームでのケアではなく、身体の内側からのケアになります。 どれだけ高価な化粧品を使用しても、シミの原因そのものがある真皮層にまで有効成分が届きません・・・ しかし、シミを消す飲み薬でしたら、有効成分が身体の内側から直接シミの原因に働きかけるので、効果的にシミを消すことができるのです。 いろいろ化粧品を試しているけど、なかなかシミが取れないと言う人は一度試してみてください。 公式サイトをご覧いただければわかると思いますが、 シミはもちろんそばかすや小ジワにも効果的で、女性特有の不調などにも効く生薬成分なども配合されていますので、サプリ感覚でお試しいただけます。 老人性色素斑(日光黒子)• 肝斑(かんぱん)• そばかす• 炎症性色素沈着• 対称性真皮メラノサイトーシス 5種類に分けられます。 原因は紫外線による影響で、頬骨の高い部分やこめかみ辺りによくできるシミで、 「数mm~数10mm程度の大きさのシミで平坦で丸に近い形の色素斑」になります。 左右対称ではなくまばらにできるシミで境界がはっきりしているシミで、年齢を重ねる毎に増えてくるシミで中年以降に急激に増え始めます。 「目の周りを避けて左右対称にシミになるのが肝斑の特徴」になります。 「30~40代の女性」に多く見られるシミで、閉経とともに徐々に消えていくシミになりますので、女性ホルモンと関係しているシミとも言われています。 この肝斑ができている女性は意外と多く、化粧でも隠しにくいことから多くの女性が悩んでいるシミになります。 基本的には左右対称にできるシミになりますが、人によっては一は左右対称だけども大きさが異なるケースも稀にあります。 また、妊娠中やピルの服用が原因で現れる場合もあります。 そばかすができる原因は、基本的に遺伝的な要素が多く一般的には小学生の頃から出はじめますが、早い人だと3歳頃から出はじめます。 「色は淡褐色で大きさは米粒ぐらいまでで不規則な形」になります。 そばかすは紫外線の影響を受けると色が濃くなったり増えたりしますし、人によっては成長するにつれて増える場合もあります。 特に思春期に目立つようになりますので、悩まれている方も多いシミになります。 色は褐色で年齢や性別に関係なくできるシミになります。 また、肌質に合っていない化粧品を使用した場合でも、肌が弱い人でしたら炎症を起こしてしまう事もありますので、このような場合でも炎症性色素沈着を起こしてしまう事もあります。 それから、炎症性色素沈着は顔だけではなく、全身にできるシミでもあります。 転んで怪我をした後にできるシミなんかも、炎症性色素沈着に該当します。 頬骨あたりに表れた場合は、左右対称のため肝斑と間違ってしまう場合も良くありますが、同じものではありません。 対称性真皮メラノサイトーシスは、基本的に季節によって薄くなったり濃くなったりと変動が少ない色素斑になります。 顔にできるシミと一口に言っても上記のような種類があります。 他にも色素細胞が異常に増加することでできる 「太田母斑」や 「脂漏性角化症」と言われるイボ状のシミや等もあります。 まずは自分のシミがどの種類に該当しているかチェックするようにしましょう。 顔のシミ取りは皮膚科がいいの?皮膚科で行う顔のシミ取り治療について 顔のシミ取り方法の一つに皮膚科での治療があります。 毎朝毎晩自分の顔のシミを鏡で見る度に憂鬱になってしまう人も多いと思います・・・ そんな時に思い浮かぶのが皮膚科への相談ではないでしょうか? 顔のシミ取り治療と言えば 「皮膚科」や 「美容クリニック」が一般的となっています。 主な治療方法は、• 外用薬の塗布• 内服薬の服用• 光治療法• レーザー治療法 になります。 しかし、これらの治療方法は果たして安全なのでしょうか? それぞれの治療法を安全度の高い順にご紹介していきたいと思います。 ただし、いずれの治療法も 「副作用の心配がある」ので、十分な注意が必要となります。 外用薬の塗布で顔のシミを取り除く 最も安全な顔のシミ取り方法は 「外用薬の塗布」になります。 医師が処方する美白作用のある外用薬には、顔のシミを取り除くための有効成分が高濃度に配合されていますので、効果が高い分副作用の心配もあります。 ですから、用法用量を必ず守って試用する必要があるのです。 皮膚科等で処方される主な外用薬は、• ハイドロキノン軟膏• トレチノイン軟膏 になります。 ハイドロキノン軟膏は、シミの原因であるチロシナーゼの働きを阻害することからメラノサイトの活動を停止させメラニン色素の生成を抑制させてくれます。 この作用により、新たにシミができなくなりますので シミの予防対策としても効果を発揮してくれます。 しかも、今あるシミにも効果的で、 高い漂泊作用があることから徐々にシミを取り除いてくれる効果があります。 化粧品にハイドロキノンが配合されているものもありますが、含有率が低いことからシミを取り除く効果にはそれほど期待はできません。 やはり、顔のシミを取りキレイな肌を手に入れるには、皮膚科等で処方されるハイドロキノン軟膏が効果的になります。 ハイドロキノン軟膏は、 「老人性色素斑・そばかす・炎症性色素沈着・肝斑・対称性真皮メラノサイトーシス(ADM)」等のほとんどのシミに効果を発揮します。 気になる副作用は「白斑・肌の赤み・かゆみ・炎症・シミや色素沈着の悪化」になります。 シミ改善効果が高い分副作用のリスクも高くなりますので注意が必要になります。 トレチノイン軟膏は、 ビタミンA誘導体で「表皮細胞を剥がす作用がある」ことから、シミがある部分の表皮を早く剥がす事が可能となります。 そして、ハイドロキノンの効果でメラニン色素の生成を抑制することで高い美白効果に期待できるのです。 つまり、 トレチノインは肌のターンオーバーを促進させる働きがあると言うことです。 しかも、コラーゲンを産生し肌にハリや弾力、潤いを甦らせてくれる作用もあります。 トレチノイン軟膏の副作用としましては、 「表皮が剥ける」ことがあります。 肌が弱い人や敏感肌の人、アトピー性皮膚炎の人はトレチノインの使用は控えるようにしましょう。 紫外線に要注意! ハイドロキノンやトレチノインを塗布している時は、紫外線にご注意ください。 紫外線の影響で肌が酸化して刺激が強くなってしまうこともありますので、使用中はなるべく外出は控えるようにしましょう。 どうしても外出する際は、しっかりと日焼け止め対策をしてから外出するようにしましょう。 また、トレチノイン軟膏に関しましては、粘膜に刺激が強いので目や口の周りの使用はやめておきましょう。 皮膚科の外用薬を使用したシミ取り治療方は、確かに顔のシミを薄くする効果やシミ予防対策効果はありますが、皮膚の最深部である真皮層にまで達しているシミには効果が期待できません。 真皮層にまで達しているシミをキレイに取り除くには内服薬の服用がおすすめになります。 内服薬の服用で顔のシミを取り除く 皮膚科の治療法で外用薬と同じぐらい安全なのが内服薬の服用による治療になります。 ただし、副作用の心配が無い訳ではございませんのでご注意ください。 皮膚科等で処方される主な内服薬は、• トランサミン(トラネキサム酸)• シナール配合錠• ビタミンC誘導体• ビタミンE• L-システイン になります。 このメラノサイトの活性化に関与する物質が、 タンパク質分解酵素の「プラスミン」になります。 トラネキサム酸は抗プラスミン作用があり、プラスミンの働きを抑制する作用があり、メラニン色素が生成される前に 「メラノサイトの活性化をブロック」する事ができるのです。 その結果シミの発症を抑える事が可能で、シミができる初期段階からシミが発生することを防止することができるのです。 しかも、ニキビや肌荒れ等の原因で起こる炎症性色素沈着を予防する働きもあるのです。 ただし、肝斑の改善効果を得る事ができるのはトラネキサム酸を服用した場合のみで、美白化粧品等では肝斑は改善されませんのでご注意ください。 副作用としましては、 「食欲不振・胸やけ・吐き気・下痢・発疹・眠気」等のアレルギー症状を起こす場合があります。 アスコルビン酸とパントテン酸を配合している複合ビタミン剤でシミの改善効果だけでなく美肌効果もある薬になります。 アスコルビン酸とはビタミンCの事で、シミの原因であるメラニンの生成を抑制したり、シミの色を薄くする還元作用があります。 他にもコラーゲンの生成を助けたり、抗酸化作用があることからアンチエイジング効果にも期待できます。 人間の体内では合成されない有効成分になりますので、外部から摂取する必要があります。 つまり、黒色メラニン色素を薄くすると言う事なので、摂取し続けることで徐々にシミが薄くなっていくと言う事です。 部分的に色素沈着を起こして黒ずんでしまったシミや、全体的に黒ずんでしまった皮膚自体を白くする効果があるのです。 光治療法で顔のシミを取り除く 顔のシミを取り除く治療法の一つに 「光治療法」があります。 レーザー治療とは異なり光治療の場合は、フラッシュランプを使用した 「IPL(Intense Pulse Light)」と呼ばれる光治療器を使用して行います。 顔全体に特殊な光を照射して表皮のターンオーバーを正常化し、肌の再生能力を高めて顔にできたシミを取り除く治療法になります。 光治療法は肌への負担が少なく、多岐に渡る治療等が可能と言う特徴があります。 最近流行りのフラッシュ脱毛も、同じIPLの光を使用していますね。 IPLを使用した光治療法では、• そばかす• くすみなどの色素病変• 毛細血管拡張症• 肌の質感• きめの乱れ• 小じわの改善• 毛穴の開き• 赤ら顔• ニキビ跡の赤み 等の改善効果に期待できます。 主に皮膚科等で使用している光治療器は 「ライムライト」で、日本人向けに開発された光治療器になります。 ライムライトで照射された光の熱は、皮膚表面から真皮層にかけて届いて、シミの原因となるメラニン色素の排出を促進させる働きがあります。 また、ターンオーバーが正常化され皮膚の再生を早める効果にも期待できます。 このような効果から、 「老人性色素班」等の紫外線の影響で顔にできるシミを取り除く事が可能で、シミの改善に有効な治療法といえます。 その他にも顔のシミ取りに効果的な光治療法と言えば 「フォトフェイシャル」があります。 フォトフェイシャルも同じIPLの光を使用した治療法になります。 皮膚科によってはライムライトによる光治療であったり、フォトフェイシャルによる光治療である場合があります。 使用している機械が異なるだけで、どちらも顔のシミを取り除く問う意味では同じ効果に期待できます。 光治療法で顔のシミを取り除く場合は以下のクリニックに相談してみましょう。 正確な情報はクリニックの公式サイトでご確認ください。 レーザー治療法で顔のシミを取り除く 皮膚科や美容クリニックで顔のシミを取りたい場合は、 「レーザー治療」と言う方法があります。 顔のシミでも目立つシミとそうでないシミがありますが、目立つシミはレーザー治療で一気にとってしまった方が早い場合もあります。 そこまで目立たない顔のシミなら美白化粧品で薄くすることはできますが、キレイに取り除く事は難しくなってしまいます・・・ ですから、今すぐ顔のシミを取りたい場合は皮膚科や美容クリニックでレーザー治療を受けることをおすすめします。 レーザー治療でも取れるシミと取れないシミがある・・・ 顔にできたシミが気になる・・・ 美白化粧品を使っても取れない・・・なんとかしたい・・・ そんな時は皮膚科でレーザー治療を受けることをおすすめしますが、皮膚科のレーザー治療でも取れるシミと取れないシミがあるので要注意になります。 また、レーザー治療と一口に言っても奥が深く、使用しているレーザーが各医療機関で異なります。 そこでまずはレーザー治療で取れるシミと取れないシミの違いをチェックしてみましょう! レーザー治療で取れる顔のシミ レーザー治療で取れない顔のシミ 老人性色素斑(黒子因子) 最も多くの女性が悩んでいるシミで、主な原因は紫外線になります。 顔だけではなく腕や手の甲にもできるシミ。 炎症性色素斑 ニキビ痕・傷痕・虫刺され等の炎症がが原因で色素沈着を起こしてできるシミ。 そばかす(雀卵斑) 遺伝が原因でできることが多く、紫外線の影響で色が濃くなったり、増えたりするシミで年齢に関係なく現れるシミ。 肝斑 「頬骨・目尻の下・鼻の下・口の周り・額」に左右対称にできる濃淡が均一なシミ。 脂漏性角化症 イボ状のポツンとできるシミ 花弁状色素斑 背中や肩、胸元にできることが多く、紫外線が原因でできるシミ。 対称性真皮メラノサイトーシス(ADM) 左右対称にできるシミで、「頬・額」あたりに小さくて丸いシミが散在的にできたり、集中してできるシミ。 上記のように顔にできるシミはさまざまで、レーザー治療を受けても取れるシミと取れないシミがあります。 ですから、皮膚科や美容クリニックでレーザー治療を受ける前に、まずは自分の顔にあるシミの種類を特定するようにしてください。 また、レーザー治療に向かない 「炎症性色素沈着・肝斑」等のシミの治療法は、外用薬や内服薬の治療法がおすすめになります。 顔にできるシミの代表的なシミと言えば「老人性色素斑」で、主な原因は紫外線の影響になりますので 年齢に関係なくできるシミになります。 特に顔や腕、手の甲と露出度が高い箇所にできることがほとんどで、多くの女性が顔にできた老人性色素斑に悩まされています。 顔のシミを手っ取り早く取る方法はレーザー治療になりますが、それなりの費用が必要になってきます。 皮膚科の顔のシミ取りレーザー治療のレーザーの種類 皮膚科で行われている顔のシミ取りのレーザー治療と一口に言ってもレーザーの種類はさまざまで、レーザーによっても効果の現れ方に違いがあったりします。 そこで、どのレーザーがどのシミに効果的なのかまとめてみましたので参考にしてみてください。 YAGレーザー YAGレーザーは2種類の波長を使い分けることが可能で、 「表皮・真皮」にあるシミの両方に効果があるレーザーになります。 YAGレーザーによる治療は基本的に1回の施術で完了しますが、施術完了後は1週間程度患部に絆創膏等を貼って患部を保護する必要がありますので、施術を受ける際は長期的に外出しなくてもいい時がおすすめです。 妊娠中や 授乳中の場合は施術を受ける事ができません。 また、 光線過敏体質の人や、照射をする箇所に 皮膚疾患がある場合も施術不可となります。 それから、肝斑に施術を行うと逆に濃くなってしまう可能性がありますのでご注意ください。 フォトRF フォトRFはメラニン色素に直接反応して効果を発揮する光を利用したレーザーになります。 肌に優しく刺激も少ないことから皮膚組織に傷をつけにくくなっています。 治療方法は、2~3週間に1回の頻度で照射をする必要があり、数回施術を受ける必要がありますので治療期間は長くなってしまいます。 また、自由診療になりますので保険適用外になりますのでご注意ください。 フォトフェイシャル 顔全体に光を照射する治療法で、レーザー治療と言うよりは光治療になります。 特徴はダウンタイムがほぼ無いので気軽に施術を受ける事ができると言う点になります。 妊娠中は施術不可となります。 またアトピー性皮膚炎がある場合も施術を受けれませんのでご注意ください。 レーザートーニング 比較的パワーの弱いレーザー治療方法で、レーザー治療が不可と言われていた肝斑にも効果を発揮します。 コラーゲンの生成を促進させる働きがあるので、肌のハリやキメの改善効果にも期待できます。 また、弱いレーザーを使用しているため施術直後からメイクができるのも特徴になります。 炭酸ガスレーザー 炭酸ガスレーザーを使用して顔のシミを取り除く治療法になります。 基本的に施術は1回で完了しますが、施術完了後は10日間ほど軟膏とガーゼ等で患部を保護する必要があります。 また、局所麻酔を使用しての施術になりますので、痛みは麻酔時のみで施術中はほぼありません。 脂漏性角化症等の盛り上がったイボ状のシミを取るのに利用する治療法ですが、大きさによっては外科手術が必要になる場合もあります。 以上が皮膚科で受ける事が可能な顔のシミ取りレーザー治療のレーザーの種類になります。 まとめますと以下のようになります。 レーザーの種類 消せるシミ 相場価格 痛み YAGレーザー 老人性色素斑・そばかす・太田母斑(タトゥー除去や脱毛にも使われる) 20,000円~ ゴムで弾かれたような痛み Qスイッチルビーレーザー そばかす・対称性真皮メラノサイトーシス(ADM)・脂漏性角化症・花弁状色素斑・比較的広範囲のシミやあざ(黒あざ・茶あざ・青あざ) 5,000円~(5mm) ゴムで弾かれたような痛み フォトRF そばかす(赤み・くすみ) ~35,000円(ショット数により異なる) チクチクと痛い フォトフェイシャル そばかす・くすみ・炎症性色素沈着 15,000円前後(顔全体) 痛みはほぼ無し レーザートーニング 肝斑・色素沈着・くすみ 15,000~35,000円 痛みはほぼ無し 炭酸ガスレーザー 脂漏性角化症(その他シミ) 5,000円(10mm以下) 麻酔時の注射の痛み レーザー治療法で顔のシミを取り除く場合は以下のクリニックに相談してみましょう。 正確な情報はクリニックの公式サイトでご確認ください。 レーザー治療で顔のシミを取った場合はダウンタイムが必須 皮膚科や美容クリニックで顔のシミを取るためにレーザー治療を受けた場合は、 「ダウンタイム」が必須となります。 ダウンタイムとは、上記でも簡単に説明しましたが、施術完了から回復するまでの必要な期間のことで、ダウンタイム中は徹底した 「紫外線対策・保湿ケア」等が必要になり、 処方された軟膏を塗布してガーゼや絆創膏で患部を保護する必要があります。 また、ダウンタイム期間中にかさぶたができたりする場合もありますが、かさぶたは自然に剥がれるまで放置しておきましょう。 それから、かゆみを伴う場合もありますが、絶対にかかないようにしてください。 ダウンタイム期間中は、肌が敏感になっていますのでなるべく刺激を与えないようにしっかりと保護するようにしてください。 ダウンタイム期間中は激しい運動やサウナ、飲酒等の体温が上昇してしまうことは控えるようにしてください。 また、入浴も短時間で済ませて、洗顔をする場合は刺激の少ない洗顔料を使用するようにしましょう。 レーザー治療で顔のシミを取るのにおすすめの季節は? 顔のシミを取りたいと言う方でレーザー治療を検討している人は、なるべく 「冬場」に施術を受けるようにしましょう。 夏場は日差しが強く紫外線がきついのでおすすめの時期とは言えません。 10~3月頃までは紫外線が弱まりますし、汗等で蒸れることもないのでレーザー治療で 顔のシミを取るのに最も適した時期と言えます。 また、結婚式等の大切なイベントがある場合は、余裕をもって3~6ヶ月ぐらい前には施術を受けるようにしてください。 レーザー治療は施術完了後1週間から10日ほどで完治しますが、まだまだ綺麗な状態とは言えません。 皮膚が再生して完璧な状態になるには3ヶ月ぐらいは余裕を見ておいた方がいいでしょう。 顔のシミを取りたい!そんな時のいいクリニックの見つけ方について いざ「顔のシミを取りたい!」と思っても、皮膚科や美容クリニックがたくさんあり過ぎてどこに相談すればいいのか分からないと言う人も多いと思います。 そんな時は、以下の点に注意して皮膚科やクリニックを選ぶようにしてください!• 無理なく通院できる良心的な価格• アフターケアの充実性• 知名度が高いクリニック• ホームページの充実性• スタッフの対応• 皮膚科や美容クリニックの雰囲気 上記の点をしっかりチェックするようにしましょう。 まず一番大事なことが顔のシミを取り除くための通院費になります。 レーザー治療でシミを取る場合はそれなりの費用が必要になりますので、しっかりと完治するまで通院できるかが問題になります。 そして、やりっぱなしではなくアフターケアが充実しているかなども無料カウンセリング等を利用して確認しておきましょう。 それから、知名度も重要になってきます。 施術技術が高く人気のある皮膚科や美容クリニックだと、知らない人はほとんどいないと思います。 誰に聞いても知らない皮膚科や美容クリニックはやめておいた方がいいでしょう。 次に相談する前に公式サイトやホームページの充実性をチェックしてみてください。 そこに、施術内容や施術費用が記載されている場合は安心ですが、ハッキリと記載されていない場合はやめておいた方がいいでしょう。 それから、無料カウンセリング時のスタッフや医師の対応も注意する必要があります。 専門用語ばかりならべて分かりにくい説明や誤解を招くような説明をしてくるようなクリニックは要注意です。 対応が悪いと通院するのがストレスになりますし、それだけで患者のことを大切にしていないと言うことになりますのでご注意ください。 あとは、皮膚科や美容クリニックの雰囲気をチェックしておくと良いと思います。 顔のシミを取りたい場合は皮膚科での治療がおすすめですが、副作用等の心配もあるので注意が必要になります。 的確な治療法でただし進め方をしてくれる皮膚科や美容クリニックなら安心できますが、いい加減な施術を行っているクリニック等も世の中には存在しますのでレーザー治療等を受ける際は十分ご注意ください。 顔のシミを取りたい!でも皮膚科はちょっと恐い・・・ 顔のシミを取りたいけど皮膚科での治療が恐いと言う人は、市販薬を飲んでシミを取り除く方法がおすすめになります。 市販薬は皮膚科で処方される内服薬とは違い、副作用のリスクが低いのが特徴になります。 その分漂白効果や即効性は劣りますが、継続して服用することで顔にできたシミをキレイに取り除く事が可能となりますので、副作用が恐いと言う人におすすめのシミ取り方法になります。 副作用が全くないと言う訳ではございませんが、市販薬は第3類医薬品で最も副作用のリスクの低い飲み薬になりますので、きちんと用法用量を守って服用すれば副作用を起こす心配はありません。 ですから、顔のシミを取りたいけど皮膚科の治療は恐いと言う人は、まずは市販薬で顔のシミを取る努力をしてみましょう。 顔のシミを取る効果のあるおすすめの市販薬 以上が顔のシミを取り除く効果のある市販薬になります。 皮膚科で治療をはじめる前に、まずは市販薬の飲み薬で顔のシミを取り除く努力をしてみてはいかがでしょうか? 費用に関しましても、皮膚科での治療よりも圧倒的に安くなりますし、副作用のリスクも低いので安心して服用できます。 美白効果の高い化粧品やクリームでシミを薄くすることは可能ですが、キレイに取り除く事はできません。 ですから、顔にできてしまったシミを取りたい場合は副作用のリスクの低い市販薬でじっくり取り除くか、今すぐ顔のシミを取りたい場合は副作用のリスクが高い皮膚科等での治療をはじめる事をおすすめします。 皮膚科や飲み薬はイヤ!とりあえず顔のシミを薄くできればいい! 顔のシミを取りたいけど薄くなればいいや! と言う人は、市販で買える 「ハイドロキノン配合のクリーム」がおすすめになります。 顔のシミを取りたいけど皮膚科での治療は副作用が恐い・・・ 市販薬で顔のシミを取りたいけどもっと手軽にはじめたい・・・ そんな人は1,800円からはじめられる 「B. glen」のハイドロキノンクリームがおすすめになります。 glenのQuSomeホワイトクリーム1. QuSomeホワイトクリーム1. 9 5g• Cセラム ビタミンC美容液 5mL• QuSomeローション 20mL• クレイウォッシュ 15g• QuSomeモイスチャーリッチクリーム 7g 送料 無料 効果 シミを薄くする効果 ハイドロキノン含有率 1. bglen. glenのQuSomeホワイトクリーム1. 9は、 「敏感肌」の人でも使用可能で、確実にシミを薄くしてくれることから 「リピート率98. 皮膚科等で処方されるハイドロキノン軟膏よりも 含有率が「1. もともと不安定で浸透性の低いハイドロキノンですが、独自のテクノロジーを駆使してハイドロキノンをQuSome化し、低い含有率でもしっかり角質まで浸透しハイドロキノンの効果を発揮できるように作られているので、確実にシミを薄くすることが可能となります。 ハイドロキノンが低配合なので刺激が弱く副作用の心配がないことから、肌が弱い人でも安心して使用していただけます。 顔のシミを取りたいけどやっぱり皮膚科の治療や市販薬を飲むのは恐いと言う方は、美白成分であるハイドロキノン配合の市販のクリームでシミを薄くしましょう。 完全にシミを取り除く事はできませんが、目立たない程度には薄くなります。 また、肌が弱い人や敏感肌の人でも安心して使用できるぐらいハイドロキノンの含有率が低いので、副作用等の心配なくご利用できます。 まずは1,800円のトライアルセットでB. glenの効果を試してみてください。 まとめ 顔のシミを取りたい場合は上記のように皮膚科でレーザー治療をするか、市販薬を服用してシミを取るか、ハイドロキノン配合の市販の美白クリームを使用してシミを薄くするかのいずれかになります。 皮膚科でのレーザー治療はキレイにシミが取れる場合もありますが、やけどの跡が残ったりさらにシミが広がる可能性もゼロではありませんのでよく考えて利用することをおすすめします。 市販薬を服用する際は、慌てずに用法用量を守っていればいずれはシミがキレイに消えるでしょう。 レーザー治療や市販薬の服用が嫌だと言う場合は、残念ながらシミをとる事はできませんので、美白クリーム等で薄くする努力をするようにしましょう。

次の