テストステロン 食べ物。 テストステロンを増やす9つの食べ物

少なくなる男性ホルモンに食べ物で対処する

テストステロン 食べ物

BMIとは、身長と体重をもとにして算出する、体脂肪の程度を示す数値のことで、ボディーマス指数といいます。 2012年に行われたアメリカ内分泌学会の研究では、 体重を減らすことでテストステロンの量が増える、ということがわかりました。 脂肪のつき過ぎ、特に内臓脂肪のつき過ぎは、テストステロンの分泌を妨げるのです。 テストステロン値を下げる原因とは これは、脂肪細胞、特にウエスト周りにある脂肪細胞の働きのひとつに、女性ホルモンの エストロゲンに似た物質を貯蔵したり、作りだしたりすることがあるためだと考えられています。 つまり、エストロゲンに似た物質が、テストステロン値を下げる大きな原因だと言われているのです。 テストステロンの減少が、体脂肪をつきやすくする!? また、テストステロンの減少が、体脂肪を付きやすいからだにする、という悪循環をまねいてしまうことにもなります。 お腹周りの脂肪をとる、またはつけないためには、 脂肪の摂取を控えて、適度な運動を心がけることが大切になります。 ただし、 脱水に注意し、トレーニングのやり過ぎはやめましょう。 脱水症状はテストステロンの分泌量を減少させてしまいます。 また、1時間以上のトレーニングは コルチゾールという、ストレスが原因で増加するホルモンが増えて、テストステロンを減少させてしまいますので、注意してくださいね。 ワクワクするとテストステロンが増える!? テストステロンを増やす手っ取り早い方法は、 適度な興奮です。 きれいな女性と話をしたり、憧れのクルマを試乗したり、好きなスポーツ選手を応援したりすることで、一気にテストステロン値を上げることができると言われています。 多い時で20%以上も、増やすことができるのです。 新しいことに挑戦したり、習い事をするのもいいでしょう。 常に やる気を持続させ、冒険心を失わず、 ワクワクすることが大切ですよ。 Sponsored Links 睡眠をしっかりとる テストステロンは寝ている間にたくさん作られます。 睡眠時間が少ないと、その分テストステロンが十分に作られない、ということになりかねません。 テストステロンの生成を良くするためには、 毎晩7~9時間くらいの睡眠がをとるのがいいと言われています。 ビタミンDを摂取する ヨーロッパの内分泌学ジャーナルの発表によると、 太り気味の人に ビタミンDのサプリメントを1年間投与した結果、 体重の変化なしにテストステロンを増やすことができた、ということなんです。 ビタミンDは、太陽の光を浴びることでも得られますが、最近は紫外線の害 活性酸素 の方が心配です。 食べ物などからビタミンDを摂るようにしてくださいね。 ビタミンDをサプリメントで摂る場合は、過剰摂取にならないよう、十分注意してください。 Sponsored Links テストステロンを増やす食事 テストステロンを増やす効果のある、食べ物を見てきましょう。 牛肉 牛肉には たんぱく質と 亜鉛という、 テストステロン生成と筋肉づくりに欠かせない、2つの重要な栄養素が含まれています。 1週間に1回~3回を目安に、食べましょう。 牡蠣 牡蠣はあらゆる食材の中で、一番多くの 亜鉛を含んでいます。 亜鉛は、精子の形成や運動性など、男性の性機能に大きな影響を与えると言われています。 牡蠣5~6個を、週に1回程度摂りましょう。 生でも加熱してもOKです。 赤いんげん豆・ライ豆 赤いんげん豆 レッドキドニービーンズ や、ライ豆、いんげん豆なども植物性食材の中で、 亜鉛の含有量が豊富な食べ物です。 亜鉛をサプリメントで摂りたい場合は、1日に 20~40mgを目安にするといいでしょう。 ただし、亜鉛の長期の服用は、銅の欠乏につながりますので、銅が添付されているものをおすすめします。 亜鉛の過剰摂取は、吐き気や気分の落ち込み、皮膚の発疹などを引き起こすことがありますので、注意してくださいね。 たまご テストステロンの原料は実は コレステロールなのです。 たまごの黄身にはコレステロールが豊富に含まれています。 先ごろ厚生労働省が定めている「日本人の食事摂取基準」から、コレステロールの摂取目標値が撤廃されました。 「目標を設定する化学的根拠がない」ということだそうです。 コレステロールが不足した場合も免疫力の低下を招き、脳出血の危険を増加させます。 最近の疫学調査(米国MRFIT)では、多くても少なくても寿命が短縮するといった結果が出ています。 だからといって、摂りすぎたり、偏った食事の仕方はやはりよくありませんよね。 効果的な食事を選びつつ、 「バランスよく」がいつでも大切です。 鶏肉 鶏肉にはテストステロンを増加させる たんぱく質が豊富に含まれています。 しかも摂りすぎることで、 テストステロンに影響を及ぼす可能性が高い 脂質の割合が低いのです。 1週間に数回食べるのがいいでしょう。 カッテージチーズ 乳脂肪分1%のカッテージチーズにも、 たんぱく質が多く含まれ、脂質の量は少な目です。 サラダに乗せたりして、食べてくださいね。 ブロッコリー・キャベツ ブロッコリー、キャベツには、テストステロンの増加を妨げる女性ホルモンの働きを抑える、 インドール-3-カルビノールという成分が豊富に含まれています。 また、キャベツには 食物繊維が多く含まれていますので、 脂質の採りすぎを防いでくれます。 毎日食べたいですね。 テストステロンを増やすためには、 体脂肪を増やさないことが大切になります。 セロリ セロリには、テストステロンに似た成分がたくさん含まれているうえ、ホルモンを分泌している副腎や腎臓などの健康を保つ働きがあります。 セロリは昔から男性の性的活力剤として、利用されていますよ。 松の実 松の実にはテストステロンが含まれており、栄養価も高い食べ物です。 松にはたくさんの種類があり、含まれている栄養素もそれぞれで異なりますが、オメガ3系脂肪酸とアルギニンなどのアミノ酸は共通して豊富に含まれています。 ニンニク にんにくには、体内のテストステロンレベルを向上させ、精子の形成を活発にし、性欲や免疫力を高める効果があると言われています。 にんにくの活性成分である アリシンには、 体内のテストステロンを増加させ、筋肉の増加を妨げる コルチゾールというホルモンを抑制する効果があることも確認されています。 アリシンの効果を得るためには、タンパク質を一緒にとることが大変有効だと言われています。 にんにくをスパイスとして活用したり、お肉などと一緒に摂るといいですね。 にんにくの臭いが気になる方は、臭い控えめの黒にんにくもおすすめです。

次の

男性ホルモン増加!テストステロンを多く含む食べ物

テストステロン 食べ物

【テストステロンを減らす成分】 男性ホルモンは精巣や副腎で作られており、その95%の割合を占めるのがテストステロンで主に精巣で作られています。 女性でも卵巣や副腎で作られます。 男性や女性がテストステロンを減らしたい思う理由としては ・前立腺の疾患 ・薄毛の原因 ・体毛が多く濃い などが主な原因と思われます。 第二次性徴から性ホルモンであるアンドロゲンが大量に分泌されるようになり、男女ともに性毛が発達し外観や内面が成長します。 アンドロゲンとはいわゆる男性ホルモンの総称で、個人の分泌量や遺伝体質、生活環境により上記の症状が起きます。 テストステロンを減らす効果がある成分といえば前立腺疾患で使われるものがあります。 前立腺疾患とは前立腺癌や尿道が圧迫され排尿が出にくい、痛み、夜間の頻尿や残尿感などが起こる前立腺肥大を抑える効果があるとされています。 パーセリン 黄体合成ホルモンといわれるアリルエストレノールを主成分とし男性ホルモンが前立腺の細胞に作用するのを阻害し前立腺肥大を抑える錠剤です。 ですが、性欲やEDなど性機能の低下、貧血や発疹、白血球の減少などの副作用も見られるようです。 アボダート イギリスの大手製薬会社グラクソスミスクラインが製造しており前立腺肥大の治療においては厚生労働省で認可を受けている錠剤です。 主成分がデュタステリドで薄毛を抑える効果のある治療薬としても有名です。 デポスタット 抗アンドロゲン剤として注射を用いてテストステロンを抑制し、前立腺肥大を抑える効果がある。 これに関しても性機能の低下、貧血や発熱など副作用が出る可能性もあります。 これら以上に多種類の薬剤がありますが、いずれにしろ効果としては同様に血中のテストステロンが前立腺の細胞内に侵入するのを防ぐ効果があります。 また、食べ物では 緑茶と大豆製品がテストステロンを減らす効果があるようです。 緑茶だけではなく豆腐や納豆など大豆製品と合わせて摂取するとテストステロンの分泌が抑えられるようです。 引用元: これらがテストステロンを減らす効果があるといえます。 とはいえ、 ここまで書いておきながら……テストステロンを減らす。 ということはそれほどメリットがあるといえるでしょうか!? スポンサードリンク 【テストステロンの働き】 上記の症状が起きる要因にはテストステロンが大きく関わっているようです。 ですが、治療薬によっては性欲やED、体調不良など活力の低下が見られます。 これらはむしろテストステロンの分泌を抑えたことによる原因とも考えられます! テストステロンの役割には ・骨や筋肉の形成 ・性欲や性機能の活動を促す ・性毛など体毛が発達 ・闘争心や冒険心など男性的思考の発達 ・気分を高揚させ活力があがり鬱を抑制する ・アレルギーなどの免疫機能を高める ・体内脂肪を抑制する これらのように多岐に渡り体内に影響のある重要なホルモンなんです。 テストステロンが体内から減少するとこれらの働きが衰え、男性としての機能が保てなくなります。 特に個人差がありますが、30歳頃から徐々に減少し40代以降問題となるのが肥満や更年期障害、薄毛などの深刻な症状になる可能性があります。 各ホルモンは酵素やホルモン受容体と結合することで体内に影響を与えるもので、それぞれ作用する特定の臓器や器官があります。 ジヒドロテストステロン DHT は男性ホルモンの働きに強く作用するホルモンで、ホルモン受容体との結合力はテストステロンの約10倍といわれています。 まだ詳しく解明されていないといわれるDHTですが、その働きには胎児時の6週目~24週目の期間で大量に分泌され男性機能を形成し、性別を男に変化させる重要な役割があるようです。 また、ホルモン受容体との結合力の高さからテストステロンが減少するとそれを補う役割があるといわれています。 基本的にDHTもテストステロンのように男性的な特徴に作用しているホルモンです。 ですが、その強力な作用が悪影響を与える原因ともなりうるようです。 【DHTによる影響】 第二次成長期から大量の男性ホルモンが分泌され20代半ば~30歳を過ぎた頃から徐々に減少していき40歳あたりで影響が出始める様です。 それには個人差があり、高齢期になっても活発に分泌される人やその逆で20代頃でも分泌が少ない人もいるようです。 細胞の活動の衰えに加え、テストステロンが減少すると体内脂肪を 抑える働きが減り、肥満になりやすくなります。 活力を上げる作用のあるテストステロン。 仕事や家庭の事情や先行きの不安など悩みが慢性的になると情緒不安定になりイライラしたり、鬱病になったりと更年期障害になる恐れもあります。 そして、テストステロンが減ることによってDHTが生成されやすくなり、毛乳頭内のホルモン受容体と結合すると髪の生成を阻害し、抜け毛の原因になります。 DHTは鼻から下に生える毛、特に性毛といわれるヒゲや陰毛、わき毛、胸毛、腹毛などに影響します。 女性は特に閉経が少なくなるにつれ女性ホルモンの分泌が減少し、男性ホルモンの比率が多くなってきます。 DHTが増加すると体毛などが濃くなるようです。 さらには皮脂の分泌にも働きがあるようで、皮脂が多く分泌されると毛穴が詰まったり皮脂を好むアクネ菌など常在菌が大量に発生して炎症を起こしたりすると抜け毛が増える原因になります。 個人的にこのような症状の要因はテストステロンよりもDHTの影響が強いのでは!?と思います。 【DHTを抑える食べ物や成分】 テストステロンから変化し、10倍の力を手に入れたジヒドロテストステロン DHT。 大豆製品 豆腐や納豆や豆乳などなど 女性ホルモンであるエストロゲンと同様の働きがあるイソフラボンが多く含まれており、DHTを抑える働きがあります。 女性ホルモンは髪の生成に関わるホルモンですので、是非摂取したい成分です。 亜鉛は体内の100種類以上の酵素の働きをサポートし、主に白血球に含まれ免疫機能や細胞の補修、細胞分裂など関わり生命活動に欠かせない必須ミネラルです。 1日の摂取量の目安は男性で9~12mg、女性で7~9mgで上限は40mgとなっています。 ですが、亜鉛は必須ミネラルにも関わらず体内で合成されず、食べ物からも摂取しづらい成分なのです。 牡蠣で5~6個、その他牛肉、豚肉、レバーで200g、チーズなどで150g、卵 黄身 では20個でようやく1日分が摂取できる量です。 こちらも紅茶だけでなく、イソフラボンを含む大豆製品と合わせて摂取するとDHTを抑える効果が高まり、なおかつテストステロンの減少は避けられるようです。 プロペシア フィナステリド AGAなどの薄毛に対する効果、DHTを抑える成分としてはフィナステリドは医学的に認可されているものです。 3年間による実験で「改善した」「進行が止まった」という効果が98%と驚異的なデータがあるようです。 AGAの専門外来や輸入によるジェネリック薬品を購入することができます。 1日1錠が目安です。 また、薄毛に関しては女性は服用出来ないといわれているプロペシアですが、女性でも飲むことで発毛を促進し抜け毛を防ぐパントガールがあるようです。 プロペシアで効果が得られなかった場合は試してみるのもいいかもです。 年齢:40 住まい:神奈川県 職業:会社員 ご覧頂き有難う御座います! 猫っ毛で細く、触れば感触は綿菓子のようなふわ~っとしたボリュームのない髪質。 父親は30歳頃からすでに薄毛傾向にあり、思えば十代のころからずっと薄毛になるかも! いや、じいちゃんもハゲてたしなるのは確実(泣) そんな将来にずっと不安を抱えていました。 なんとか30後半までは頑張ってくれていた髪の毛も2年前の秋頃、仕事からのストレスで抜け毛が急に増え出し、怖くなってついに本格的に薄毛対策に取り組み出しました! 悩んでいたとは言いながら「とりあえず大丈夫だろう…」と根拠もなく様子見で過ごしてきたのが失敗でしたね。

次の

テストステロンを増やすには食べ物の内容が大切?何を食べればいいのか?|ふとめも

テストステロン 食べ物

排出するといっても、あくまで余分な女性ホルモンが対象です。 ブロッコリーを食べ続けたくらいで女性が男性のような見た目になるようなことはないのでご安心ください。 ニンニク 滋養強壮といえばニンニクですよね。 一部では、 野菜のバイアグラなどと呼ぶ人もいるようです(バイアグラを飲んだことがないので分かりませんが)。 ニンニクの強力な成分であるジアリルスルフィド(硫化ジアリル)は、テストステロンによって引き起こされる酸化ストレスを抑制し、テストステロンの代謝を促進すると報告されています。 Can garlic reduce risk of cancer? 2009 このように、ニンニクがテストステロンに強く関わっていることを示している研究が多いのが事実です。 逆に『ニンニクはテストステロンに関係ない』という研究が目につかないので、今のところは前者が優勢という感じですね。 ニンニク自体は非常に優れた食材ですが、においが気になる方はサプリメントで摂るという選択肢もあります(リアルフードの方が当然優れていますが)。 個人的には翌日に誰にも会う予定がなければ遠慮なくニンニクを摂りまくるという具合です。 玉ねぎ 血液サラサラ効果があると言われている玉ねぎですが、ちょっと面白い研究を見つけたので引用しておきます。 世界保健機関(WHO)の報告によると、世界のどの州または国からも出身する最も長寿の人々である沖縄の人々は、タマネギを含む特定の野菜を習慣的にかなりの量消費していることがわかった。 そのうえ、驚くべきことに、 血清テストステロンは、例えば同年齢のアメリカ人と比較して、沖縄の男性でより高いことがわかった。 これは、タマネギが男性の健康全般に影響を与える可能性があるという証拠となる可能性があります。 Testosterone in Males as Enhanced by Onion Allium Cepa L. (2018 これは興味深いですよね。 確かに沖縄には外国人かと思うくらい顔が濃い人がいたりするので納得です。 脂質の多い魚 脂質が多いと聞くと健康からかけ離れているようなイメージがありますが、魚は例外のうちの一つです。 フィッシュオイルというサプリメントが売られているくらい、魚には良質な脂質が多く含まれています。 良質な脂質はテストステロンの分泌を促しますし、どうしても テストステロンが出にくい減量中に積極的に魚やフィッシュオイルを摂るというアスリートもいます。 では、脂質の多い魚を挙げておきます。 サバ、サーモン、カツオ、マグロ、イワシ、サンマ…etc 鶏肉 日常的に高脂肪な食事を摂っていると、テストステロン値が下がるという研究結果が多いです。 鶏肉は様々な肉の中でも安価で、低脂肪高たんぱくな食事をつくる手助けをしてくれる食材です。 ですが、体が最低限に必要とする脂質を削りすぎると、逆にテストステロン値を下げるので、一回の食事ではナッツや卵を添えて脂質を調整するといいでしょう。 赤身の肉 赤身の肉とは、牛肉と豚肉のことを差します。 亜鉛だけではなく、マグネシウム、さまざなビタミン類も豊富です。 ただ、鶏肉に比べて値段が高いので、しょっちゅう食べてはいられませんがなるべく取り入れていきたいところです。 卵 卵にも亜鉛やビタミン類が豊富に含まれています。 で、これまで卵とコレステロールの議論は散々されてきているようですが、 気にする必要はないと思います。 また別の記事で詳しく語りますが、一昔前まで、『コレステロールは体に悪い』という風潮がありました。 自分語りになりますが、私の親なんかもその考え方の典型です。 一日に何十個も食べなければ、特に問題はないでしょう。 ナッツ ナッツにも亜鉛やビタミン類が豊富に含まれています。 どの食品にも言えることですが、良質な脂質といえども、 食べすぎると逆に体に悪いです。 一日にひと掴み、ふた掴みくらいの量が丁度いいでしょう。 牡蠣 牡蠣は、グラムあたりの亜鉛の含有量が最も多いとされています。 こちらも積極的にとりたいのですが、仕方のないことに獲れる季節にしか食べることができません。 値段も安くないですが、なんとか摂っていきたいところです。 【参考文献】• Agent for increasing testosterone level• Novel composition to increase testosterone levels• A potential medicinal importance of zinc in human health and chronic disease• Vitamin A: The Forgotten Bodybuilding Nutrient• RASSICA OLERACEA BROCCOLI HYDRO-ALCOHOLIC EXTRACT EFFECT ON CONCENTRATION OF LH, FSH AND TESTOSTERONE HORMONES IN MALE ADULT RATS• Can garlic reduce risk of cancer? Age your garlic for longevity! The Natural Chemopreventive Compound Indole-3-carbinol: State of the Science• 魚の脂質の特徴 と食品機能.

次の