裏 千家 お点前。 茶道日記 空庵: 裏千家 お点前一覧

公開しちゃいます、裏千家 お茶のお点前 比較ノート

裏 千家 お点前

こんにちは 茶道裏千家のお茶を習い始めて1年になりました。 世界一周旅行へ行きみそ汁をふるまい歩いたワタシは、帰国後はもっぱら味噌をはじめとする日本文化好きに。 全ての始まりは味噌でした。 みそ汁をふるまうことをきっかけにいつしか自分も日本文化を伝える役割を担うんだ! と意識するようになったのです。 日本文化の一つに茶道がありますよね。 かくして味噌のおかげで茶道の魅力にアンテナが引っかかったわけですが、今日は味噌ではなくお茶のお話をします。 はじめは禅の心に魅せられてお茶を習いだし、今は千利休の超越した美意識や、利休を越えんとばかりにガラパゴス化した日本独自の茶器(これがおもしろい)にも興味が広がったところです。 皆さんはどういう切り口で茶道を始めましたか? 裏千家のお点前 さて、茶道の中でも三千家と呼ばれる「表千家」「裏千家」「武者小路千家」のうち、裏千家のお点前について書きます。 ちなみにワタシが裏千家を選んだ理由は、一番最初に見学に行った教室がたまたま裏千家で、そちらの先生の教え方がたまたま大変上手だったからです。 茶道のお稽古は禅の心を育てる目的がまずあってそのツールとしてお点前があるわけですが、細かいお点前はなんだか振り付けが決まっているダンスみたいなんです。 それを覚えるのは決して簡単ではありませんし、覚えたとしても集中力を保ち無駄のない美しいお点前をすることは何年修行をしても至難の技。 一般的に裏千家では、「盆略点前」、「薄茶点前」、「濃茶点前」の順に徐々にお点前の数を増やして行きます。 そして上には上のお点前が幾つも存在します。 さらにはそれぞれのお点前には季節ごとに「炉」と「風炉」のお点前があります。 全てを正しく覚えるには一生を費やしても足りないかもしれません。 お点前を比較して覚えよう 覚えられないっ。 あ〜もう少し頭が賢かったら! ……なんて考えてはなりません。 鍛錬することに意味があるのですからね。 しかし、がむしゃらに暗記しようとしても遠回りなだけなので、今までワタシが習った薄茶点前の炉と風炉、濃茶点前の炉と風炉の手順書を作りそれぞれを比較して動きの意味を考えてみることにしました。 するとどうでしょう、今まで意味がわからなかった動きに一部ですが意味を見出せるようになりました。 動きの意味を考える 細かい話でわかりにくいですが例をあげたいと思います。 例えば薄茶のお点前で、抹茶を茶碗に入れてから水差しの蓋を開けるというシーンがあります。 しかしその水差しはしばらく後まで放置。 ではなぜこのタイミングで水差しを触るのか。 濃茶の風炉のお点前と比較して初めてその理由がみえてきます。 濃茶の風炉のお点前では湯の温度を下げるという目的で、茶に湯を注ぐ直前に水差しから水を湯に混ぜるシーンがあります。 だから薄茶の時も茶を点てる直前という一見妙に感じるタイミングで、水差しの蓋を開けてみせているのではないかと。 憶測ですが。 他にもあります。 薄茶の時に扱う棗と濃茶の時に扱う茶入れでは、それぞれの格に見合う道具の清め方をします。 濃茶の茶入れを扱う時は袱紗をいったん置いてから丁寧に蓋を開けます。 薄茶の時は袱紗を片手で握り込みながらその手で棗の蓋を開けます。 要は薄茶の時は言ってしまえば面倒臭がった簡易的な扱いであるということ気づけるのです。 ここでごちゃごちゃと細かいことを書いてもかなりわかりにくいので、ぜひご自分で一つ一つ比較してみて欲しいと思います。 濃茶の炉と風炉、薄茶の炉と風炉のお点前をGoogle スプレッドシート(エクセルみたいなもの)に表にしました。 自分用に作成したものなので、ご自分でアレンジしてみてください。

次の

裏千家 薄茶の棚点前 拝見

裏 千家 お点前

【清】というのは、貴人。 【次】(つぎ)がお伴のこと。 貴人碗は天目のものを木地の台にのせて茶巾、茶筅、茶杓を仕組み 、菓子も高杯に盛りますが、 次茶碗は普通の茶碗で、茶筅は貴人の【清】が白竹に対して、【次】は煤竹の数穂を用います。 茶巾も普通のものを使いますが、畳み方が特殊で、これを 『千鳥茶巾』 といいます。 これを膨らみを手前にして茶碗に仕組みます。 2、反対側を折る。 3、上から2つに折る。 4、親指が中に入ったまままた2つに折る。 5、上から少し折って表向きに向きを替える。 千鳥の羽が出たようにたためます。 6、これをふくらみを手前にして次茶碗に仕組む。 ・ 薄茶器に中高になるようにお茶を入れる。 ・ 茶筅は、水で清める。 ・ 水指に八分目の水を入れる。 ・ 風炉用の竹の蓋置を使用。 (節が上方にある) ・ 柄杓を準備。 (柄の切止めが身のほうにある) ・ 水次を用意し、茶巾を蓋上にのせておく。 ・ 釜の蓋を少しきっておく。 ・ 棚には、薄茶器と水指を荘っておく。 ・ 天目茶碗を貴人台にのせ、茶巾、茶筅、茶杓を仕組む。 ・ 次の茶碗に、千鳥茶巾、茶筅、を仕組む。 ・ 帛紗を腰につける。 (真) 2、 貴人台を運び出し、畳の中央を進み、棚の正面に坐り、台茶碗を、勝手付に仮置きする。 3、 棚の棗を右手で下ろし、水指前右方に置く。 4、仮置きの貴人台を右横、左手前と取り上げ、左横、右手前と持ち替えて、棗と置き合わせる。 5、勝手口に入り、次茶碗を右掌にのせ、左手に建水を持って 席入りし、手なりに建水を置く。 6、次茶碗を左に渡して勝手付に置き、 左手で柄杓をとり構え、右手で建水の中の蓋置を取り、 敷板の左角の畳に 置き、 柄杓を蓋置きに斜めに引く。 7、左手で建水を膝前の線まであげて、居ずまいを正し、貴人台を右手前、左手横と持って取り上げ、右手を横にして膝前少し向こうに移動させる。 8、棗を半月に取り、茶碗と膝の間に置く。 9、左手で腰の帛紗を取り、 捌 (さば )き、そのまま帛紗を握り込み、左手で棗を取り、清める。 10、そのまま帛紗を握り込み、棗を左手で上から持って棚の手前左に置く。 11、 帛紗を捌き直して左手に持ち、右手で茶杓を取り、清め、棗の上に置く。 12、右手で茶筅を取り、棗の右側に置き合わせる。 13、帛紗を左手の人差し指と中指の間にはさんだまま、柄杓を右手で取りかまえ、右手で帛紗を取り、釜の蓋にのせ、開け、露をきる。 14、蓋を蓋置に置き、帛紗を建水の後ろに仮置きし、蓋の上に茶巾をのせる。 15、柄杓を持ち直し、湯を汲み、茶碗より合一つ分上に持ってきて、湯を茶碗に入れる。 柄杓を釜にあずけ、 16、 右手で茶筅を取り、左手を軽く茶碗に添えて茶碗を右手で一度打つ。 17、右手左手と両手で台縁を持って手前に寄せ、左手を茶碗に添え、茶筅通しを二度上げ三度打ちして、穂先を清める。 茶筅を元の位置に戻す。 18、茶碗を右手で取り、左手も添えて取り上げ、左手片手で建水に湯を捨てる。 19、茶巾を右手で取り、茶碗を大きく三回半拭き清める。 20、茶碗に茶巾を入れ、左手を添えたまま茶碗を台にの せ、茶巾を釜の蓋の上に置く。 22、 棗を左手で上から取って、右手で右横を持つ。 棗を手のひらにのせ、茶碗の左上で蓋を取り、右ひざ前に置く。 23、 茶を二杓ほどすくい茶碗に入れ、茶杓を持ち替えて茶碗の縁で静かに打って茶を払う。 24、棗の蓋をし、右手で扱って左手で置き、茶杓を棗の上に戻す。 25、 右手で水指の蓋の摘みを取り、左手で横に持ち替え二手で、水指の左側に置く。 26、柄杓を持ち、湯を汲み、茶碗に入れる。 残りを釜に返し、静かに柄杓を釜にあずける。 27、その手で茶筅を取り、茶を点てる。 茶筅は元の位置に戻す。 28、 貴人台を右手左手と持ち、取り上げて客付に回り、台縁を右向こう左手前と上で回して定座に出す。 左膝右膝と一膝退いて両手を畳につけ控える。 29、亭主はこれを受ける。 30、一口喫まれると、「お次へも差し上げます」 と挨拶をし、居前に戻る。 次の縁内に茶碗が回ってくると、次礼して拝見し、次は縁外で回す。 31、次茶碗を左手で取って右手で膝前に置き、次茶筅を建水の右方上座に置く。 32、千鳥茶巾を 清茶巾の向かい側に逆手で置き、 33、茶碗に湯を入れ、煤竹の次茶筅を取って 二度打ち一度上げ で茶筅通しをし、茶筅を元の位置に戻す。 34、湯を捨てて千鳥茶巾でぬぐい元に戻し、茶を点て、 定座に出す。 35、 お次の一口で亭主は、帛紗を右手で取り、左手に打ちかえして腰につける。 (婦人、共蓋の場合) 36、 貴人の台茶碗が返ると、亭主は客付に回ってこれを取り込み、湯ですすぐ。 37、左手で茶碗を取り、湯を建水にあけ、貴人から、ここで 「おしまいください」 の挨拶があればこれを受ける。 38、茶碗を右手で下に置き、あらためて 「おしまいさせていただきます」 と、しまいの挨拶をする。 40、茶筅を茶碗の横に置き、建水に水を捨て、右手で茶巾を取って、茶碗に入れる。 41、茶筅をとじ目を上にして茶碗に入れる。 42、建水上座の煤竹茶筅をその跡に置き換える。 (棗の右横) 43、貴人台を両手で取り上げ、勝手付に仕舞いつける。 44、次茶碗がかえり、湯ですすぎ、また点てて出す。 45、お次の上客から 「おしまいください」 の挨拶がかかると、「白湯でもいかがですか」 の挨拶をし、 46、水を入れ、 一度打ち、「の」の字と茶筅通しをし、 47、水を捨て、千鳥茶巾、次茶筅を仕組み、 48、 右手で茶杓を取り、左手で建水を下げる。 49、帛紗を捌き、 茶杓を清め、次茶碗にふせて置く。 50、帛紗の茶粉を建水の上で払い、腰につける。 51、 本仕舞をする。 棗を右手で、水指の右寄りに置き合わせる。 52、次茶碗を、棗の左側に置き合わす。 53、釜から柄杓をとり、水指から水を汲み、釜に水を一杓さす。 そのまま柄杓を釜に入れ、湯をたっぷり汲み、湯返しをする。 54、柄杓を構え、釜の蓋を閉め、柄杓を引く。 55、水指の蓋を閉め、正客から 「お棗、お茶杓拝見を」 の拝見の挨拶があれば、受ける。 56、柄杓を居前から右手で取り、棚に荘る。 57、蓋置きを右手で取り、左手にのせ、水指の正面に向く。 蓋置を右手に持ち替えて、棚に荘る。 58、次茶碗を三手で台茶碗と建水との中間、勝手付に割りつける。 59、棗を持って、客付きに回り、棗を膝前に置き、帛紗を捌いて清める。 60、帛紗を膝前に置き、棗の正面を正し右手で左側に出す。 61、 帛紗は腰につける。 62、 水指正面に回り右手で茶杓を取り、左手に持ち替え居前に回り、右手で棗の右に置く。 64、 続いて、貴人の台茶碗を持ってさがり、 茶道口建付に置いて、貴人に一礼 する。 65、水次を持って入り、棚前左に手なりに置く。 66、水指の蓋を右手で取り、左手で扱って、水指の左横に立てかける。 67、茶巾を水次の口にあて持ち上げ水指に水をつぐ。 (丸卓の場合は棚にのせたままでつぐ) 68、茶巾を水次の蓋上に戻し、水指の蓋を扱って閉める。 69、水次を正面から持って下がり、襖を閉め、拝見の返るのを水屋で待つ。 「棗のお形は?」「お塗りは?」「茶杓のお作は?」「ご名は?」 の問いに 「棗は中村そうてつで、ございます。 」 「杓は寛道でございます。 」「寿山でございます」 などと答えて、 「いずれもありがとうございました」 と、挨拶する。 71、右手で棗を取り、左手にのせ、右手で茶杓を持つ。 72、立ち上がり、拝見物を持ってさがり、茶道口に坐り、建付に拝見物を置き、総礼して襖を閉める。

次の

裏千家/茶道/稽古/点前/卯花点前

裏 千家 お点前

茶箱点前は、十一代玄々斎が最初に雪、月、花点前を考案され、卯の花点前が加えられました。 卯の花点前は、雪、月、花点前を簡略化し考案され、十三代円能斎が多少改良されて現在の点前にされています。 雪月花点前は伝物ですが、卯の花点前は伝物ではありません。 夏の点前ですが、茶箱の中では一番シンプルですので、一番最初に習得します。 可愛らしい茶箱は一つの場所に限らず持ち運びをして、屋内外問わず沢山の方々にお茶を喫していただけます。 準備 茶箱は利休形。 茶碗、古帛紗、棗、茶筅筒、茶巾筒、振出、茶杓 竹でも象牙でも可 、袱紗仕込む。 盆は通常搔き合せ爪紅 かきあわせつまぐれ : 木目が生きるように薄く塗られたものに、外縁に朱漆あかうるしを施したもの の山道盆。 二つ折りにした古帛紗の上に、茶をいれた棗を仕込んだ茶碗を、茶箱の中、手前に寄せて入れる。 茶筅を入れた茶筅筒を茶碗の右向こうに入れ、茶巾を四つ折りに絞った姿で両耳を上にして入れた茶巾筒を、茶碗の右向こう茶筅筒手前に入れる。 金平糖や豆類などを入れた振出を、茶碗の左向こうに入れる。 茶杓を茶碗の上に斜めに伏せてのせ、その上に袱紗を草にさばいて置き、茶箱の蓋をする。 仕込んだ茶箱を盆にのせ、建水を用意する。 点前座は、点前畳の中央に敷板を据え、瓶掛をのせて鉄瓶をかけ、蓋は向こう側を少し切っておく。 手順 茶道口に座り、茶箱をのせた盆を建付に置き、襖を開け、主客総礼する。 盆を両手で持ち、瓶掛正面に進んで座り、瓶掛の前に盆を置き、水屋に下がる。 建水を左手に持ち、瓶掛正面に進んで座り、膝横に建水を置き。 両手で盆を持ち、客付の方、畳の縁より畳目三つぐらい開けておき、盆上の茶箱を両手で持ち、勝手付に置く。 茶箱の蓋を両手でとり、膝前に置き、箱の中の袱紗を右手でとり、さばき直して、袱紗を右手に持たせ、盆の左方を左手で少し持ち上げ、盆を「三」を描くように拭き、袱紗をそのまま右手で盆の左縁にかけておく。 箱の中の茶杓を右手でとり、左手で扱い、右手で盆の前縁にまっすぐかけておき、振出を右手で取り出し、左手のひらにのせ、二回まわして正面を正し、客付定座に出し、主客総礼をする。 正客は、振出を取りに出て、自席に戻り、縁外に預かっておく。 箱の中の茶碗を両手扱いで取り出し、蓋の上にのせ、右手で茶碗の中の棗を取り出し、左手のひらにのせ、盆の向こう中央に置く。 茶碗の中の古帛紗を右手でとり、二つ折りのまま箱と蓋との間に一手で縦に置き、箱を両手で持ち、少し上座のほうに出し、建水を左手で進めて、居前を正す。 袱紗を右手でとり、さばき直し、棗を拭き、盆の向こう左寄りに置く。 袱紗をさばき直して、茶杓を拭き清め盆の前縁の元の位置にかけておき、袱紗を右手に持ち帰っ、袱紗で鉄瓶の蓋を閉め、袱紗を盆の左縁に戻す。 左手で箱の中の茶筅筒を取り、右手で扱い茶筅を取り出し、茶碗に一度打ちをして預け、茶筅筒を左手で箱に戻す。 右手で袱紗をとり、左手で鉄瓶を持ち、右手の袱紗で瓶蓋を押さえながら茶碗に湯を入れ、鉄瓶を瓶掛に戻し、袱紗を盆の左縁に戻す。 箱の中の茶巾筒を左手で取り、右手で茶巾を取り、茶巾筒を左手で箱の中に戻し、茶巾を両手でたたみ直し、盆上右方に置く。 茶筅通しをし、茶筅を盆上向こう、棗の右に置き合わせ、茶碗を右手でとり、左手に持ちかえ湯を建水に捨て、茶巾を右手でとり、茶碗を拭き蓋の上に置き、茶巾を右手で盆上の元の位置に戻す。 右手で茶杓を取り、客に菓子をすすめ、左手で棗を取り、茶杓を握り込んで棗の蓋を取り、蓋は盆縁 茶杓があった位置 にかけておく。 茶杓を持ち替え、茶をすくって茶碗に入れ、棗の蓋をしめ、棗を左手で盆上、元の位置に戻し、茶杓をもとに戻す。 袱紗を右手でとり、左手で鉄瓶を持ち、蓋を袱紗で押さえながら茶碗に湯を入れ、鉄瓶を戻して、袱紗を元に戻す。 茶筅を右手でとり、茶を点て、茶筅を元に戻し、古帛紗を右手でとり、左手のひらにのせ、右手を逆手にして客付定座に右手の親指を下にしておき、広げる。 茶碗を右手でとり、左手の平にのせ手前に二回まわして正面を正し、右手で古帛紗の上にのせて出す。 正客は茶碗を取りに出て、茶碗を手のひらに乗せ席に戻る。 客の「お点前頂戴いたします」の挨拶を受け、飲み終わった茶碗が返されると、右手でとり、左手のひらで扱い、右手で蓋上に置き、古帛紗を右手二つ折りにして、右膝横に仮置きをする。 袱紗を右手でとり、鉄瓶を左手で持ち、袱紗で蓋を押さえながら茶碗に湯を入れ、鉄瓶を戻し、袱紗を元に戻す、 茶碗を右手でとり、左手で建水に湯を捨て、正客より仕舞いの挨拶があるとこれを受け、茶碗を蓋上に置き、仕舞いの挨拶をする「お仕舞いいたします」。 拝見所望の挨拶があるとそれを受け、古帛紗を右手でとり、箱と蓋との間に置き、袱紗を右手でとり、左手で鉄瓶を取り、袱紗で蓋を押さえながら茶碗に湯を入れ、鉄瓶を戻し、袱紗を元に戻す。 右手で茶筅を取り、茶筅通し 一度上げ二度打ち をし、茶筅を元に戻し、建水に湯を捨て、右手で茶巾を取り、茶碗を拭き、茶巾を入れたまま蓋上に茶碗を置き、右手で茶筅をとり、茶碗に入れる。 左手で建水をひき、両手で箱を元の位置まで引き、古帛紗を右手でとり、箱の向こう上に置いて広げて、茶碗を右手で右横、左手で左横、右手で右手前と三手で、古帛紗の上に置く。 両手で蓋を持ち、客付斜めに回り、膝前に蓋を置き、盆上の袱紗を右手でとり、さばき直し、棗の蓋上を拭き清め、棗の蓋を開けて蓋上に置き、棗の口を拭き清め、棗に蓋をして、箱の蓋上、中央に置く。 袱紗をさばき直し茶杓を拭き清め、右手で茶杓を蓋上の棗の左に置く。 袱紗を建水の上ではらい、袱紗を右手で盆の左縁に戻し、蓋を両手で取り上げ、右向こう、左手前と回し、正面を正し、定座に出す。 瓶掛正面に戻り、箱を両手で持ち、客付に斜めに回り、膝前に箱を置き、右向こう、左手前と回し、蓋の下座に出す。 瓶掛正面に戻り、両手で盆を持ち、勝手付におき、茶碗を古帛紗ごと両手で持ち、盆中央に乗せ、一膝が勝手付に向き、左手で建水を持って、水屋に下がる。 正客は、出された道具をひいて、拝見する。 拝見が終わり、道具が返されると、席にはいり、道具正面に進んで座り、正客からの問いに答え、蓋を両手で取り、瓶掛正面に回り、膝前に置く。 もう一度客付に斜めに回り、箱を両手で持ち、瓶掛正面に回り、勝手付の盆の下座 建水のあったところ に置く。 右手で振出をとり、蓋の右横に置き、右手で茶碗の中の茶筅をとり、左手で箱の中の茶筅筒を取り 茶筅とったら茶筅筒 、茶筅を茶筅筒にしまい、左手で茶筅筒を箱の中に戻す。 右手で茶巾をとり、左手で茶巾筒を取り 茶巾とったら茶巾筒 、茶巾を茶巾筒の胴に当てて巻き、茶巾筒にしまい、左手で茶巾筒を箱の中に戻す。 蓋上の棗を右手で少し向こうに置き、茶碗を右、左、右の三手で蓋上棗の手前に置き、右手で古帛紗を二つ折りにし、茶碗に入れ、その上に右手で棗をとって入れ、茶碗を両手で箱の中に入れる。 右手で振出をとり、左手のひらで扱ってから右手で箱の中に入れ、茶杓をとり、左手で扱って、右手で箱の中茶碗に斜めに伏せてのせる。 右手で袱紗をとり、鉄瓶の蓋の向こうを切ってから、袱紗をさばき直し、箱の中の、茶碗茶杓の上に置き、蓋を両手で取り、箱に蓋をする。 茶箱を両手で持ち、盆の上に乗せ、両手で盆を持ち瓶掛正面に置き、盆を持ち直して茶道口に下がって座り、建付に盆を置き、主客総礼をし、襖を閉める。 拝見なしの場合 茶碗と振出が返されると、右手で茶碗を取り、左手で扱って、右手で蓋の上に置き、右手で古帛紗を二つ折りにし、右一手で箱と蓋の間に置き、その手で振出を右膝横に取り込む。 右手で袱紗をとり、左手で鉄瓶を持ち、茶碗に湯を入れ、建水に湯を捨て、正客より仕舞いの挨拶があるとこれを受け、茶碗を蓋の上に置き、仕舞いのの挨拶をする。 茶碗に湯を入れ、茶筅通し 一度上げ二度打ち をし、右手で茶筅を持ったまま、左手で箱中の茶筅筒を取り茶筅を入れ、左手で箱中に戻す。 右手で茶碗をとり、左手に持ち替え、湯を建水に捨てる。 右手で茶巾とり、茶碗を拭き、茶巾を入れたまま茶碗を蓋の上に置き、右手で茶巾をとり、左手で箱中の茶巾筒を取り、茶巾筒の銅で茶巾を巻いて、茶巾を茶筅筒の中にいれ、左手で箱中に戻す。 右手で袱紗を取ってさばき直し、茶杓を拭き、茶杓を元に戻して、袱紗を建水の上ではらい、そのまま盆の左に戻す。 左手で建水をさげ、両手で箱をさげ、右手で古帛紗を茶碗に入れ、その手で棗をとり、茶碗に入れ、茶碗を両手で扱いで箱中の手前に直し、右手で振出を横から持ち、左手で扱い、右手で上から持ち箱中に直す。 右手で茶杓をとり、左手で扱い、右手で茶碗上に斜めに伏せて入れ、右手で袱紗をとり、鉄瓶の蓋を向こうに切り、袱紗をさばき直し、茶碗の上にのせる。 両手で膝前の蓋を持ち箱に蓋をして、その手で両手て箱を持ち、盆の上に置き、その手で両手で盆を持ち瓶掛正面に置く。 一膝勝手付に向き、左手で建水を持って水屋に下がる。 席に入り盆の前に座り、両手で盆を持って茶道口に下がって座り、建付に盆を置き、主客総礼をし、襖を閉める。

次の