妊娠初期 便秘なのに下痢。 妊娠初期に下痢になりやすいのはなぜ?流産の可能性はある?【助産師監修】

【医師監修】妊娠超初期症状25のチェックリスト!兆候はいつから?(体験談あり)

妊娠初期 便秘なのに下痢

妊娠に関係する下痢についてご説明したいと思います。 【妊娠初期は下痢になりやすい?】 妊娠すると便秘になりやすいというお話はよく聞きますね。 これは、多くの人が体験することです。 理由のひとつめは、妊娠によって 「プロゲステロン」というホルモンが分泌されることです。 プロゲステロンはきちんと妊娠が続くように必要なホルモンなのですが、 腸の運動を抑制してしまう働きや腸の中の水分を奪ってしまう作用があり、便秘になりやすくなります。 もうひとつは、特に妊娠後期のお話になりますが、 赤ちゃんが大きくなって子宮が腸を圧迫し、腸も圧迫され、腸の動きが鈍ってしまうからです。 しかし、 ホルモンバランスの崩れから下痢になったり、便秘が続いたことによって便が溜まりすぎて下痢になるなど、妊娠中には下痢になるリスクも高いのです。 また、つわりなどで胃の調子がよくないと、やはり消化不良になってしまう可能性もあります。 便秘になるか下痢になるかは妊婦さんの体質によって異なりますが、 やはり、ある程度の運動をすること、食べ過ぎないことが大切です。 食生活が気になる方は、 ?】 これもよく心配されることですが、 実際には殆どその可能性はないようです。 ただし、ごく初期、下痢によって腸が収縮することで子宮も収縮するので、下痢にならないよう注意したほうがよいとはいえます。 それでも、下痢がきっかけで流産になるということは殆どありません。 別の要因で流産と下痢が重なる場合はあるかもしれませんが、必要以上に恐れず、普段の下痢の時のケア(お腹や体を温める、消化のよいものを食べる、冷たい食べ物は避けるなど)をしましょう。 妊娠中は赤ちゃんのために、 自己判断での薬の服用は控えましょう。 ただし、すべての薬が胎児に影響を与えるわけではありません。 下痢の場合、 は飲んでも問題がないとされています。 も食品なので、問題になるものは少ないと考えられていますが、念のため医師に相談するようにしましょう。 (ラクトフェリンについては、配合量により、妊娠中の摂取を控えるよう表示のあるサプリメントもあります。 ) 【では、「どうして妊婦は下痢をしないほうがいい」というの? 】 これは、「下痢にならないように」というより、 「下痢になるような状況・環境にならないように」気をつけたほうがよい、という意味が大きいのではないでしょうか。 先ほどもご説明した通り、 下痢によって子宮が収縮してお腹が張ることはあるかもしれませんが、健康な方の下痢が 流産に繋がるほどの 高いリスクを持っているとは考えられていません。 下痢になるということは、お腹や腰が冷えているのかもしれませんし、体力が落ちているのかもしれません。 また、風邪菌が体内に入っている可能性もあります。 このような状況は妊婦さんにとって好ましいことではありませんので、避けるべきだという考えが「下痢をしないほうがいい」となったのではないかと思われます。 栄養不足になるのでは?という心配は、現代の場合、殆ど不要です。 「痩せすぎ」と判断されている方の場合は注意も必要になりますが、特に問題のない方(「痩せ気味」程度の方)であれば、赤ちゃんは母体に蓄えられた栄養で十分成長することができます。 それでも、妊娠後期になっても下痢が続き、体重が2~3キロ程度も増えてない、となれば、やはり問題です。 それ以前に医師から注意やがあると思います。

次の

【医師監修】妊娠したかも?と思ったら便秘がちに。どうしたら改善する?

妊娠初期 便秘なのに下痢

「妊娠超初期」とは、妊娠0週から妊娠3週・4週くらいまでをさす俗称です。 医学用語ではありませんが、妊娠検査薬や病院での検査によって妊娠が判明するよりも前の期間を意味する場合が多いようです。 よく知られている妊娠中の期間の分類では、妊娠初期(~15週)、妊娠中期(16週~27週)、妊娠後期(28週~出産)となります。 最近では、妊娠初期(~13週6日)、妊娠中期(14週0日~27週6日)、妊娠後期(28週0日~)と分類されることもあるようです。 妊娠週数では、最終生理開始日を妊娠0週0日としてカウントします。 妊娠2週に排卵と受精が起こり、受精から約6日(妊娠3週)で着床します。 着床時や着床後には、妊娠の兆候として下腹部痛や吐き気、胸の張りなど身体にさまざまな変化があらわれ始めることがあります。 妊娠超初期症状の多くは、生理前に多くの女性が悩まされる「PMS(月経前症候群)」の症状と似ています。 生理前にイライラする、肌荒れする、お腹が痛くなるといった症状を感じたことがある人は少なくないでしょう。 PMSの症状は寒気や微熱、関節痛や胸の張りを感じるなど個人差が大きい点も妊娠超初期の症状と似ています。 ただし、妊娠している場合は生理が来ないので、「生理周期がほぼ規則正しいが今回は遅れている」という場合には、妊娠検査薬で調べてみましょう。 なお「フライング検査」と呼ばれる妊娠検査薬が使用できる前のタイミングでの検査は、正しい検査結果が得られない可能性があります。 もともと生理不順で生理が遅れやすい人であっても、生理予定日から何週間も生理が来ない場合には妊娠の可能性があります。 妊娠していなかったとしても、女性特有の病気の可能性があるので、病院を受診しておきましょう。 妊娠超初期に腹痛を感じる人もいます。 チクチクとした下腹部痛を感じる人もいれば、生理痛に似たお腹の痛みを感じる人もいるようです。 これは着床するときに感じる痛みである「着床痛」や、ホルモンバランスの変化によって起こる腹痛である可能性が高いでしょう。 生理前に起こる腹痛も生理周期に伴うホルモンバランスの変化によって起こる痛みなので、どちらか見分けるのは難しいかもしれませんね。 また妊娠すると、赤ちゃんのための準備として子宮が伸縮しているため、下腹部がけいれんしているように感じたり、うずくような痛みを感じたりすることがあります。 ただし、この痛みも生理前の症状か妊娠による症状かを判断するのは難しいでしょう。 腟や子宮の分泌物が集まってできた「おりもの」は、女性ホルモンのバランスによって量や色が変化します。 妊娠超初期にもホルモンバランスが大きく変化するため、おりものが増えたり減ったり、色が変わったりすることがあるようです。 少量の出血が混ざり、ピンクや茶色のおりものが確認できる場合もあるでしょう。 ただし、妊娠していなくても生理周期に応じておりものの量や色は変化しますし、妊娠していてもほとんど変化しない場合もあります。 体験談にあるように、生理前にあるはずのおりものの変化がなくなる、というケースもあるようです。 「妊娠したからおりものがこの量・色になる」という基準はないため、わかりやすい妊娠の兆候とはいえないかもしれませんね。 妊娠超初期にくしゃみ・鼻水・鼻づまりといった鼻の症状や、喉の痛み・かゆみ、咳など、風邪のような症状を感じる人もみられます。 妊娠するとアレルギー性鼻炎や花粉症の症状が悪化する人がいるため、もともとアレルギー体質の人は妊娠によって症状がひどくなったのかもしれません(=妊娠性鼻炎)。 高温期で微熱が続くことで、風邪っぽいと感じる人も多いでしょう。 また妊娠による直接的な影響ではありませんが、妊娠中は免疫力が下がる傾向があるため、本当に風邪をひいてしまったというケースも考えられます。 軽い風邪なら安静にすれば治りますが、高熱が続く場合など、あまりにも症状がひどいときは病院で治療を受けましょう。 医師には妊娠している可能性があることを必ず伝えてくださいね。 妊娠チェックの習慣が役に立った 筆者が生理前に妊娠セルフチェックをしていたのは二人目のときでした。 上の子がいる状態だったので、妊娠を早期に判断しないと危険なこともあるかもしれない、と思って少し構えていました。 妊娠チェックをしていて実際に感じた症状はたくさんありますが、なかでも一番印象深いのは生理予定前の少量の出血と頭痛でした。 お昼頃に出血しその翌日の朝には出血は止まっていました。 「なんだろう?」と気になりつつも他には変化を感じませんでした。 その後、生理予定を過ぎても生理が来ないので、日を待って妊娠検査薬を使用したところ陽性反応が出ました。 時期を見て産婦人科へ行き妊娠が確定しました。 妊娠チェックをしていたおかげで妊娠の兆候には敏感でだったので、「風邪かな?」と薬を飲むこともなく、頭が痛くても鎮痛剤は飲みませんでした。 妊娠チェックを習慣づけていれば、薬を飲んで慌てることはないかと感じます。 妊娠チェックは心の準備にもなりますね。 「妊娠したかもしれない」と思ったときに妊娠の有無を家庭で調べることができるのが「妊娠検査薬」です。 検査薬を使うタイミングは、生理予定日から1週間後が目安となります。 ただし、排卵の時期が通常よりも遅れていた場合には陰性反応が出ることがあります。 妊娠超初期の症状があるならば、3日ほど経ってから改めて妊娠検査薬を試してみてくださいね。 妊娠検査薬の使い方はメーカーによって異なります。 付属の説明書をチェックして使いましょう。 一般的には、妊娠検査薬に尿をかけ、キャップをつけてから水平なところに置いて判定を待ちます。 判定時間を過ぎると「終了窓」に線が浮き出てきます。 「終了窓」に線が浮き出るのを待ってから「判定窓」に線が出ているかどうかをチェックしましょう。 線が出ていれば「陽性」で、妊娠の可能性が高いという結果です。 いくら待っていても「終了窓」に線が出ない場合は、尿の量が少な過ぎる、多過ぎるなど、正しい使い方ができていないことが考えられます。 結果が出ないのであれば、新しい妊娠検査薬を正しい使い方でもう一度試してみるようにしましょう。 下腹部痛や出血など子宮にかかわる症状から、便秘・下痢など比較的多くの人が日常生活の中でも体験しうる症状、イライラ・情緒不安定のような心にかかわる症状まで、妊娠の兆候にはさまざまものがあります。 妊娠・出産経験がない場合には、初めての状況に戸惑うことも多いでしょう。 妊娠超初期症状には個人差があるので、対策もケースバイケースで、ひとつの具体的な答えがあるわけではありませんが、まずは無理をしないことが大切です。 痛みは我慢せずに楽な体勢をとる、休養(睡眠や横になる)をとる、食べられるもの・飲めるものを口にする、におい対策としてマスクをつけるなど、少しでも楽になれる方法を探してみてくださいね。 これから妊活をする方や現在妊娠を望んでいる方は、妊娠超初期には何らかの症状があらわれることがあると心の準備をしておくと良いかもしれません。 (文:ままのて編集部/イラスト:ヤマハチ) メルミーの魅力は、産婦人科医と管理栄養士によるダブル監修を受けていることです。 葉酸のほか鉄やカルシウムなど、妊娠中に特に重要な17種類の栄養素を「妊娠初期~授乳期」までの長期間の各段階で、不足することのないよう計算して配合しており、このうち14種類の栄養素について厚生労働省の定める栄養機能食品の基準値をクリアしています。 また、「無添加」なので安心安全に飲み続けることができるのも嬉しいポイントです。 厚生労働省が定める管理基準を満たしたGMP認定工場で生産されているほか、放射能検査や残留農薬検査もクリアしており、品質にこだわって作られています。 また、配合されているすべての成分について、原産国と最終加工国の両方が公開されています。 第三者機関で実施された葉酸サプリに関するアンケート調査では、1,982名の対象者から、「人気」「満足度」「口コミ評価」「支持率」の4部門で1位に選ばれています。 高い評価を得ていることがわかりますね。 定期便に回数の縛りはなく、いつでも休止や解約が可能です。 自分に合ったペースで活用することができます。

次の

妊娠初期に便秘と下痢が繰り返す原因!流産の心配と緩和方法

妊娠初期 便秘なのに下痢

妊娠中はホルモンの働き、運動不足、食事内容が原因で便秘になりやすい• 妊娠中でもできる便秘解消法は油分・水分・食物繊維をとる、適度な運動、腸内環境を整える• どうしてもダメならお医者さんへ 便秘って本当に辛いので自分のことに精一杯になってしまうのでなかなか赤ちゃんのケアまで考えるのが大変になりますよね…。 つわり中ってきちんと栄養が摂れなくて、お腹の赤ちゃんが大丈夫なのか心配になりますよね…。 妊娠中のママが体調が悪くても絶対に摂ってほしい栄養に葉酸があります。 十分な葉酸を摂ることでお腹の赤ちゃんが先天性の病気になるリスクを下げれるんです。 葉酸は食事でとると毎日ブロッコリーをたくさん食べることになるので、ベルタ葉酸サプリでお手軽に摂ることをお勧めします。 詳しい解説はをご覧ください• 運動不足のため• つわりで十分な食物繊維や水分が摂れていないため• 大きくなった子宮に腸が圧迫されたため 妊娠に関わる様々な要因が便秘を引き起こすのです。 妊娠中の便秘が酷すぎる! 妊娠前は快調だったのに 平気で1週間とか出ないよ そして陣痛のような激痛とともに 2時間以上トイレに引きこもって 1kg〜2kgのブツがでるよ ヨーグルトも何も効かないよ 運動したら改善するかな— アラサー妊婦母ちゃんは育休中 JIP's smileszk 妊娠の便秘・下痢、中期から便秘ひどい場合の解消方法 妊娠中はお腹の赤ちゃんに何かあってはいけないと薬やマッサージにも気を遣って、なかなか手が出ないのが悩みですよね…。 そこで 妊娠中でも安心して試せる頑固な便秘対策の方法を紹介します。 水分をとる• 水溶性の食物繊維をとる• 適度な運動をする• 腸内環境を整える• 妊娠中は血液の量が大幅に増えるため体から 水分が不足しがちになります。 つわりがひどい場合も氷をなめられる場合もあるので、無理のない範囲で水を飲む量を増やしましょう。 水溶性食物繊維が多く含まれる代表的な食べ物には バナナ・わかめ・昆布があります。 他にも こんにゃくゼリーや野菜や果物を使ったスムージーだと食べやすいですよ! ただ毎日となると用意するのも大変だし、食べやすいこんにゃくゼリーや果物はカロリーが気になる上、ちょっとお高いですよね。 スッキリ贅沢抹茶は1杯あたり 37. 4kcal で、 1日120円で飲めちゃいます。 妊婦さん用に開発されているので もちろんカフェインゼロ! 手軽に水溶性食物繊維をとりたい場合にオススメです。 体調がいい日に無理のない範囲でウォーキングやマタニティヨガなどで体を動かすことで、 便秘解消が期待できるだけでなく、気分転換にもなり母子共にいい影響があります。 スーパーで手軽に買えるのはヨーグルトですが、毎日食べると飽きてしまうので 砂糖の代わりに使えるオリゴ糖、錠剤であればビオフェルミンがお勧めです。 オリゴ糖には腸の調子を整える効果があり、また消化されにくい糖分のため体重増加対策にも使うことができます。 一度に大量に食べるとお腹を下しますし、私の場合は食べ続けるとお通じの効果が薄くなっていきましたが、 初めて食べた時に非常にお通じが良くなり、効果が薄くなってからは一度日数をあけてまた食べることで効果が戻ってきました。 妊娠の便秘・下痢、中期から便秘ひどい場合の解消方法が効かない場合 全部試してもダメなら、 妊婦検診の際にお医者さんに相談しましょう。 私は便秘になり始めのころ、食物繊維をとる方法しか試しておらず、それが全然自分に合わなかったため1週間も出ずに苦しんでいたことがあります。 お医者さんに相談したところ、 ビオフェルミンと麻子仁丸という漢方薬を処方してもらい、ようやく出すことができました…。 私には漢方薬はよく効いたのですが、猛烈な腹痛がくるので、できるだけ飲まずに過ごしたくて、他の便秘解消方法を探すようになりました。 妊娠の便秘・下痢、中期から便秘ひどい状態になった私の体験談 私も妊娠中の便秘に苦しんだうちの一人です。 普段から定期的にお通じがあるタイプではなかったので特に最初は心配していなかったのですが、 中期からお産までは放っておくと1週間出ないのが当たり前でした。 次第にお腹も目立ってくると、 トイレで力んだら赤ちゃんが出てきてしまうのでは?なんて毎日心配になっていました。 そんな状況の中で私が最初に出会った神食材が オリーブオイルでした。 寝る前にオイルをスプーン1杯飲むと、翌朝にはあまり腹圧をかけずにつるんと(笑)出すことが出来たので、思わず感動してしまったのを覚えています。 ちなみに、オイルで便秘解消をしていた時に、朝昼晩のごはんで美味しくオイルを摂取していたレシピがあるので紹介します。 朝ごはんにフルーツヨーグルト フルーツの中でもおすすめは バナナです。 スライスしたバナナの上にプレーンヨーグルトをかけ、そこに オリーブオイルをいれます。 オールブランなどの食物繊維を多く含んだシリアルを加えると、さらに効果的です。 お昼ごはんのサラダにオリーブオイルドレッシング 手作りドレッシングといっても、難しいものじゃありません。 オリーブオイルに塩こしょうを加えるだけで十分美味しいドレッシングになります。 あとはお好みでにんにくを加えてスパイシーにしたり、お酢を足してさっぱり仕上げたり、しょうゆを加えたら和風ドレッシングにもなります。 その日の気分でアレンジして作れるのでおすすめです。 夜ごはんにオリーブオイルがけ味噌汁 これには、ギョッとする方も多いのではないでしょうか。 でもこれが実は合うんです!いつもの味噌汁にオリーブオイルの風味が加わり、一風変わった味噌汁を味わうことが出来ます。 小さじ1ほど垂らすだけでグッと変わるので、ぜひお試しいただきたいです。 皆さんも 自分に合った解消方法を見つけて、快適で健康なマタニティライフをお過ごしくださいね!.

次の