競輪 やり方。 先行の種類

競輪の予想方法。「勝てない」から儲かる、当たるようになる3つのコツとは?

競輪 やり方

KEIRINひろば 競輪初心者講座 車券(勝者投票券)には7種類の投票方法があり、それぞれ当たり方が違います(上から人気順です)。 車券は100円から購入可能で、組み合わせ数がそれぞれ違うように、予想のしやすい車券から予想が難しい分、高配当が期待できる車券など、当たる確率もさまざまです。 (過去最高配当金額は3連単で476万円!) いろいろな車券を組み合わせて買えば、楽しみ方の幅が広がります。 3連単 車番3連勝単式 … 車番で1着2着3着を着順どおりに的中させる車券です。 的中させるのが難しい分、高配当が期待できます。 高配当を狙いたいこだわり派や推理自慢におすすめです。 3連複 車番3連勝複式 … 車番で着順にかかわらず1着〜3着を的中させる車券です。 3連単よりは的中率は高く、高配当も期待できます。 ベテランから初心者まで、幅広いニーズに応えます。 2車単 車番2連勝単式 … 車番で1着と2着の選手を着順どおりに的中させる車券です。 もっともポピュラーな車券で、推理の醍醐味が堪能でき、意外に高配当も期待できます。 2車複 車番2連勝複式 … 車番で1着と2着の選手を的中させる車券です。 2車単と違い、順番は逆でもかまいません。 2車単と一緒におさえれば高配当、高的中率が期待でき、競輪は初めてという方にもおすすめです。 2枠単 枠番2連勝単式 … 枠番で1着と2着の選手を着順とおりに的中させる車券です。 枠買いなので、思わぬ幸運が転がり込んでくるかも。 2枠複 枠番2連勝複式 … 枠番で1着と2着の選手を的中させる車券です。 2枠単と違い、順番は逆でもかまいません。 比較的予想しやすい車券で、初心者や少額で楽しみたい方におすすめです。 ワイド 拡大2連勝複式 … 1着〜3着までに入る選手の3選手のうち1着ー2着または1着ー3着または2着ー3着の組合せを順位に関係なく当てる賭式です。 的中率の予想のしやすさというならワイド。 まずはこれから様子を見ては? 車券を購入することを「投票」といい、各競輪場および場外車券売場にある『投票窓口』で購入する以外に、『インターネット』と『電話』による購入方法があります。 投票カードは一般観覧席の場合は記入台に、特別席やVIPルームなどの専用席には個々の座席ごとに用意されています。 車券は「 車番(しゃばん)」と「 枠番(わくばん)」によって購入します。 車番は選手個々の番号のことで、ユニフォームと帽子にそれぞれ表示されています。 投票の流れや投票カードの書き方は下記のとおりです。 投票カードを記入します。 発券機に購入金額を入れます。 発券機に投票カードを入れます。 発券された車券を受け取ります。 ここでは一例として紹介します。 『ながし』とは… 軸になる車番もしくは枠番をひとつ決定し、そこから軸以外の車番(枠番)を複数決定し、その組み合わせを買う方法です。 塗りつぶし方は式別により異なります。 3連勝式は、はじめに、1〜3着のうちに軸とする車番を1点決め、残りの相手車番は何点でも選択できます。 (全通りも可) 2連勝式は、3連勝式と同様にはじめに1〜2着のうち軸とする車番を1点決め、相手車番は何点でも選択できます。 (全通りも可) なお、軸とする車番は相手車番では選択できません。 『ボックス』とは… 1〜9の車番もしくは1〜6の枠番を選択し、その組み合わせをすべて買う方法です。 (枠番の場合ゾロ目は含みません。 ) 各々の組み合わせに対し全て同一金額で購入することになります。 組み合わせによって購入金額を変化させたい場合は、一般の投票カードで購入してください。 投票した車券が的中すると、配当金が払い戻されます。 払い戻しの金額は、各レース終了後、電光掲示板に100円あたりの額で発表されます。 払い戻しは、そのレースが行われた競輪場、場外車券売場および各施行者が指定した場所(県庁など)で行われ、 有効期間は 60日間です。 Copyright C 2007 KEIRIN-HIROBA All Rights Reserved.

次の

個人情報取扱同意確認

競輪 やり方

競輪で儲かるために、必要な基礎知識5点 競輪で儲かるためには、まず 基礎知識を完全に理解できていることが最低条件です。 ここでは、大きく5つの要素を書き出していますが、競輪で儲けようとしたらこれら以外にも必要な知識は山ほどあります。 参考記事2:競輪の攻略するためには〜的中率と配当を知ろう〜 以上の競輪で儲けるために必要な基礎知識5点について分からない部分があれば、それぞれ参考記事を読んで、知識を整理しましょう。 競輪で儲かるために、オッズの歪みを買う 「オッズの歪み」を説明するために、まず車券の買い方には全て共通する買い方ができることを説明します。 例えば、1-3の2連単(オッズが5倍)と1-3-全流しの3連単は全く同じ買い目を買っています。 ここで、1-3-全流しの合成オッズを計算した時に3. 4倍となっている場合には、3連単を買うよりも2連単を買った方がお得です。 これを「オッズの歪み」と呼びます。 本来、同じ買い目なら同じオッズ(合成オッズと比較)になると思いがちですが、公営ギャンブルの全てでこの考え方は通用しません。 なぜなら、 オッズというのは投票された金額によって変動するからです。 よって、2連単と3連単のオッズに落差ができてしまいます。 このオッズの歪みを理解することで、そのことを知らない人よりも的中した時の 払戻金を多く得ることができます。 ここで儲かる人と落差ができるのです。 「オッズの歪み」を見つけるためには合成オッズを計算できる必要があります。 これについては、競輪で必ず勝つための必勝法を伝授します。 他の記事でも説明しています。 加えて、合成オッズを計算する便利なツールがネット上で無料で使用できます。 私がオススメするのはです。 こちらのサイトではオリジナル版とシンプル版の2タイプを用意していて、シンプル版は非常に使いやすく重宝しています。 こちらで、 合成オッズを計算して、比較することで競輪での儲けを増やすことができます。 競輪で儲かるために、手広く穴を狙う 競輪で儲かるために、手広く買い穴を買う方法は非常にオススメです。 穴を的中させることで大きな払戻金を手に入れることができ、それによって全体の回収率を底上げすることができます。 よく本命党や穴党という言葉を耳にしますが、本命党は資金力が高いごく一部の人が選べる戦略で、 軍資金が低い場合には穴党で一撃を狙う方がプラス収支になりやいです。 競輪で手広く穴を買うための方法は様々ありますが、今回はワイドを例に説明します。 このワイドの方法をマスターして、3連複や3連単の予想へ昇華させることでさらに高配当の穴を的中させる日も近くなるでしょう。 ワイドで穴を的中させるために、買い方はフォーメーションを選びます。 フォーメーションの買い方では軸を2つ選ぶことができます。 その2つの軸にそれぞれ2点と3点の車番を選びます。 これによって、全部の通り数は6点となります。 ワイドは他の買い方とは違って、 ダブル的中が起こるため資金が少ない場合にはオススメです。 次に、具体的に車番を選ぶ方法について説明します。 最初に選ぶ2点の車番には、競走得点が低い選手(穴)と中間より低い選手(中穴)を選びます。 そして、3点選ぶ軸には上位人気(1〜3番人気)の車番を1つ、そして、競走得点が下から数えて2番目の選手(大穴)と軸に選んでいない中間より低い選手(中穴)を加えます。 このフォーメーションを買うことで、大穴も中穴も小穴も的中するチャンスが生まれます。 また、9車立てのレースの場合に、ワイドは全部で36通りであることから、この買い方で的中率も6回に1回ほど担保されます。 【危険】競輪で儲かるために、マーチンゲール法を応用する 負けた時に大きなリスクを抱えるマーチンゲール法を応用した危険な儲け方を説明します。 マーチンゲール法のやり方を簡単に説明すると、負けたら賭け金を倍にして賭けるだけです。 この方法の危険なところは、10回連続で的中しない場合に、失ってしまうお金が最初に賭けた金額の1,024倍ということです。 100円から始めても10連敗したら102,400円も負けてしまいます。 具体的に競輪で応用するには、 1番人気の2連単をマーチンゲール法で買いましょう。 これだけです。 競輪ではライン決着が多いため、強いラインの1番人気のくる確率は非常に高くなります。 これを利用して、当たるまで倍額かけ続けていきます。 当たったら最初にかける金額に戻して、再度マーチンゲール法を使用します。 これを繰り返すことによって、確実に儲けを増やすことができます。 しかし、繰り返しますがマーチンゲール法は非常にリスクが高く、 危険な方法です。 くれぐれも取り扱いには注意しましょう。

次の

競輪で稼ぐ方法: 競輪のやり方

競輪 やり方

4種類の先行 レースを最も動かす戦法が「先行」です。 先行には4つ種類があるので、ぜひぜひ憶えてくださいませ。 「先行する」は 「主導権を取る」とも呼ばれます。 主導とは中心となって動かし進めることですから、 競輪の展開予想において 「誰が先行するのか」は最重要項目になります。 先行する選手の力と、そのペースによってレースの流れが決まります。 ですから、先行する選手は 予想の核となります。 そして、先行は仕掛け方によって大きく4種類に分けられます。 レースでは、 押さえ先行と、 カマシ先行がほとんどですので、この2つはしっかり把握しておきましょう。 レース検索のやり方 「KEIRIN. からの 1、押さえ先行 「押さえ先行」と「抑え先行」は漢字が違うだけです。 ここでは「押さえ」の漢字でいきます。 周回中は後方にいて、残り2周あたり からゆっくりと上昇し前団を押えて先行します。 バックストレッチでゆっくり前に出てそのまま先行。 結果、逃げ切り快勝。 ちなみに永井選手は北京五輪でメダリストになっています。 2、カマシ先行 打鐘前後で、後方からダッシュして、一気に前に出て先行します。 そして、打鐘前の2コーナーで一気に踏んで先頭に立ちそのまま先行しています。 結果、そのまま逃げ切り快勝。 強い勝ち方です。 3、突っ張り先行 前を走っている選手が、後ろから上昇して来る選手に合わせて踏んで先行します。 今回のケースとは別に、スタートで 「先頭誘導員」(風受け係。 インカムからの指示に従って一定のペースで走行しますが、レースが動き出す終盤には退避します。 )のすぐ後ろを走って、後ろに合わせて突っ張り先行。 そのまま逃げ切りというようなレースもごくたまにあります。 スタートからゴールまで先頭を走り続け2周先行で逃げ切り勝ちとか、めちゃめちゃカッコいいです。 完全勝利といっていいかもしれませんね。 4、イン突き先行 前を走る自力選手がバンクを登り内を空け、後方の選手がそのインを突いて先頭に出て先行します。 結果、そのままラインでワンツー。 大本命に警戒心が注がれているなか、うまく隙をついたレースです。 おまけ 先行争いが長引くと 自力選手が並走してモガキ合い、先行争いが長くなると、後方からの捲りが決まりやすくなります。 通称 「ヨーロッパ」)が鮮やかに捲っています。 先行争いになると、先行選手は自分のペースで踏めずモガキっぱなしになるので、後半バテやすくなります。 さらに、先行選手の併走により隊列が短くなるので、後方からの捲りが有利になるのです。 自力選手の中には、先行の決まり手がめちゃめちゃ多い選手もいます。 (先12、捲1、差0、マ0 など)こういうタイプの選手を 「徹底先行」といいます。 徹底先行が2人いるメンバー構成ならば、先行争いがおこる可能性が高いので、捲りを打てる選手を狙うと面白いですね。 おまけ2 自力選手が1人しかいないと 先行選手1人、追込み選手8人というメンバー構成になることがたまにあります。 他のラインと争う必要がないので、その先行選手は有利にレースを運べます。 後ろで競り合いがあれば、なおさらです。 「先行一車は頭(1着)で買え」という格言もあるくらいです。 ですが当然、必ず1着に来るわけではありません。 番手の選手に気を使って、競らせないように早目に先行に出てバテる事もあります。 余裕を持ち過ぎて待っていると、他の追込み選手が奇襲攻撃で一気に先行して、後方に置かれて捲り不発になる事もあります。 基本は、他のラインと争わなくていいので有利である、と覚えておいて下さい。 最後に 「4種類の先行」はだいたい分かりましたでしょうか? 押さえ先行と カマシ先行は、前に出る速度が違うだけなので簡単ですね。 突っ張り先行は前にいて相手に合わせて出るだけ。 イン突き先行は後ろにいて相手の隙を突いて出るだけ。 4種類ありますが、押さえ先行とカマシ先行までしか、ふつうは予想できません。 レースをずっと見続けて選手を観察していると、「突っ張るかも」とか「この選手は先頭に立つと内を空ける癖があるから、そこを狙ってインを突く選手がいるかも」とか、ごくごくごくごくたまにヒラメクことがあります。 なので、レースと選手をよく見て、なんとなくでいいので憶えておいてください。 「おまけ」は車券を買うときに役立つ知識です。 「絶対」ではありませんが、「そうなる確率が高い」ので要チェックです。

次の