コキア 栽培。 コキア(ほうき草)の育て方!種まきや苗植え、鉢植えのコツは?

コキアの育て方

コキア 栽培

ほうきの原料として栽培されてきたコキア コキアは花よりも草の姿の印象が強い植物です。 初夏は青々としたさわやかな緑が、秋には鮮やかな紅葉が楽しめます。 夏になると小さな花をたくさん咲かせ、暑い季節の癒やしになってくれることでしょう。 原産地 コキアはアジアや南ヨーロッパなど、ユーラシア大陸の中でも乾燥した地域で誕生したと考えられています。 暖かく乾燥した気候に適している反面、寒冷な場所や湿潤な気候は苦手です。 日本での栽培の歴史 コキアは和名で「ホウキギ」や「ホウキソウ」とも呼ばれています。 名前のとおり、ほうきの材料として使われていたことが由来です。 日本へは平安時代には伝わってきたとされており、江戸時代になるころには各地で栽培されるようになりました。 コキアの実は食材としても利用されてきました。 秋田県の特産品である「 とんぶり」は、コキアの実を加工してつくられています。 とんぶりは「 畑のキャビア」とも呼ばれ、プチプチとした食感を楽しめることで人気です。 名所 日本には各地にコキアの名所があります。 もっとも有名なのは、茨城県の「国営ひたち海浜公園」ではないでしょうか。 園内のみはらしの丘には、約3万株のコキアが植えられています。 また、宮城県の「国営みちのく杜の湖畔公園」では、1万株のコキアとライトアップが楽しめます。 カラフルな光に彩られたコキアには、昼間とはひと味違った魅力があります。 もうひとつおすすめなのが千葉県の「東京ドイツ村」です。 園内では2万株のコキアとともに、コスモスやマムの花などを鑑賞できます。 コキアは花壇やプランターで育てるのはもちろん、生け垣にも向いています。 丈夫で育てやすいため、初心者の方にもおすすめです。 ご自宅に緑を増やしたいときは、ぜひコキアを栽培していてはいかがでしょう。 土づくり コキアは過湿を嫌うため、水はけのよい土をつくります。 元肥マグァンプKが配合されている『』がおすすめです。 地植えの場合水はけが悪ければ砂利や川砂を混ぜましょう。 種まき コキアは気温が15度を超えると発芽するため、 4月から6月の間に種まきを行います。 育苗ポットにまいてもよいですが、花壇やプランターなどに直接まいても育ちます。 コキアの種は 好光性種子であり、発芽の際に日光を必要とします。 種をまいた後は 土をかぶせすぎないように気をつけましょう。 植えつけ 植えつけは 本葉が3枚以上になってから行います。 育苗ポットに根が回る前に広い場所へ植えつけしましょう。 ふたつ以上植える場合は、 株間を40cm以上あけます。 コキアは 6月から8月の暖かい時期に生長します。 株を大きく育てたい場合は、 はやめに植えつけするのがおすすめです。 肥料 コキアは肥料をそれほど必要としません。 土に栄養が多すぎると枝が間延びしてしまうため、 必要以上に施肥しないよう気をつけましょう。 鉢植え、地植えのともに、植えつけ時に緩効性肥料『』を与え、6月から8月に追肥として『』を与えると株が元気に大きく育ちます。 水やり 鉢植えのコキアには、 土が乾いたらその都度水やりしましょう。 乾燥しやすい夏場は、朝夕の2回にわたって水やりしてもかまいません。 ただ、過湿には気をつけましょう。 地植えの場合、 雨が降らない時期以外は水やりの必要はありません。 コキアが枯れたら コキアが枯れたら、実がつく前に刈り取ってほうきをつくってみてはいかがでしょうか。 刈り取ったコキアを陰干しで十分に乾燥させると、ほうきに加工できるようになります。 余分な枝を取り、お好みの長さの棒にくくりつけて形を整えたら完成です。 ご自分の手で育てたコキアのため、愛着のある一品になるでしょう。 コキアはこんもりと丸くなった草の形が人気です。 コキアを丁寧に管理して、かわいらしい姿へ育てましょう。 丸く仕立てる方法 コキアは基本的にどれも剪定がいらず、 自然と円錐形に育っていきます。 ただ、環境や品種によっては上部がどんどん伸びていくため、適度に刈り込んでいきましょう。 コキアは気温が下がると生長が止まるため、8月までには剪定を終わらせ、形を整えます。 また、植えつけ後にコキアが育ってきたら、 摘心して脇芽を増やすのもおすすめです。 枝分かれすることで横にも広がり、こんもりとした丸い形に近づいていくはずです。 うどんこ病対策 コキアを風通しの悪い場所で育てると、うどんこ病になることがあります。 植えつけのときから 日当たりや風通しには注意しましょう。 複数の株を植えるときは、株間を十分にとることも大切です。 うどんこ病にかかったら、葉が白くなっている部分は取り除きましょう。 種の採取 コキアはこぼれ種でも増える植物です。 植えたままにしていても、翌年には再び芽を出す場合があります。 ただ、確実に増やしたいときは 種を採取しておくのがおすすめです。 コキアは 8月ごろから花を咲かせ、9月の下旬には実をつけはじめます。 種を採取できるのは、紅葉も終わって株が枯れてきた10月下旬以降です。 また、コキアは細かい種をたくさんつくります。 枯れた株を刈り取ったら、大きな紙や容器の上で振り、種を落として回収しましょう。 採取した種は、風通しのよい場所で保管してください。 4月から6月の種まき適期になったら、再び土へまいて育ててみてください。 植物のパワーを引き出し時に、うすめて使うだけ!• 植物の生育に必要な養分の吸収を高めるコリン、フルボ酸、アミノ酸、各種ミネラルを配合した、活力液です。 3種類の有効成分コリン、フルボ酸、アミノ酸を配合。 3つの相乗効果で植物本来が持っている力を引き出し、元気な植物を育てます。 カルシウムをはじめ、各種ミネラル(鉄・銅・亜鉛・モリブデンなど)が、植物に活力を与えます。 リキダスの各種成分は、土壌中で植物が吸収しやすくなっているので、与えてすぐに効果を発揮します。 カルシウムが多く含まれているので、トマトの尻腐れ症などのカルシウム欠乏症を予防します。 不足しがちな必須微量ミネラルをバランス良く供給するので、おいしい野菜や、美しい花が育ちます。 葉面散布液としても使用できます。

次の

コキア(ホウキギ)の育て方|ヤサシイエンゲイ

コキア 栽培

コキア(ほうき草)の種からの育て方 コキアは植え替えを苦手とする植物なので、種をまくときは直接庭や鉢などに「 すじまき」か「 ばら蒔き」をするか、 育苗ポットに種をまいて育てるようにしましょう。 「すじまき」は指で土をなぞり、直線状の溝(すじ)を作り、そこに種を落としいれる方法です。 指ではなく、板や棒などの長いものの辺を土に押し付けると、まっすぐな溝になります。 「ばら蒔き」は土を十分に湿らせた後に種が重ならないように均等にばらまく方法です。 覆土をするときは、ふるいなどを使い軽くかぶせるようにしましょう。 育苗ポットでコキアの種まきをするときは、1つのポットに対して2~5粒の種を目安に種まきをします。 セルトレーを使う場合は、1か所につき2~3粒を目安に種まきをしましょう。 種をまいたら、 5mmほどの覆土をしましょう。 土をかぶせるのは、種の乾燥を避けるためなのでたくさんかぶせないようにしましょう。 種まきをしてから 2週間は水を切らさないように管理しましょう。 水不足だと発芽率が悪くなってしまいます。 本葉が2~3枚ほど生えそろったら、元気の良い苗を残して間引きをしましょう。 育苗ポットやセルトレーで発芽させた場合は、 小さな苗のうちに固定する場所に植え付けをおこないましょう。 コキアは植え付けが苦手な植物なので、根を傷つけないように注意しながらおこないます。 庭に植え付けてからは、基本は水やりは不要です。 夏の暑い時期など土が乾き過ぎているときや鉢植えで育てているときなどは、水やりをしっかりとおこないましょう。 水切れを起こすとうまく育たなくなってしまいます。 コキアの紅葉が終わり、葉が茶色くなりパキパキになって枯れてきたら種を採取することができます。 コキアの種はとても小さいので、株の下に紙などを敷いて株をゆすって種を取るようにしましょう。 採取したコキアの種は紙袋や封筒などに入れて、通気性の良い日陰で春まで置いておくようにしましょう。 — 2018年10月月16日午前10時39分PDT コキアの種まきは 4月中旬~5月初旬におこなうようにしましょう。 コキアは移植を嫌う植物なので、種まきは花壇や鉢などに直接まくか、育苗ポットにまきます。 育苗ポットの場合は、本葉が2~3枚ほどになったら、根を傷つけないように注意しながら植え替えをおこないましょう。 種まきの際覆土を5mmほどおこないますが、覆土は種の乾燥を防ぐためにおこないます。 かぶせる土が多すぎると、発芽温度に達していても芽が出ないことがあるので気を付けましょう。 種まきをした後は、2週間ほどで発芽するまで水を切らさないように管理します。 発芽後には間引きをおこない、元気の良い苗を残すようにしましょう。 こぼれ種から発芽した場合も、間引きをして 苗と苗の間隔が30~50cmほどになるように、好みの場所に移植しておきましょう。 失敗しない種まきの方法 コキアの種まきを失敗しないでおこなうには、まく時期や覆土などに気を付けましょう。 目安は4月中旬~5月初旬です。 また、コキアは 移植を嫌う植物なので種まきは花壇や鉢などに直まきをするか、育苗ポットに種をまき苗が小さいうちに根を傷めないようにそっと定植させましょう。 移植をしないために直まきをすると失敗が少なくなるのでおすすめです。 水不足になると発芽率が悪くなってしまいます。 種まきから発芽までの2週間ほどは 水を切らさないように注意しましょう。 確実に失敗せずに発芽させるには、室内で育苗ポットなどを使い発芽させてから植え替えをするとよいでしょう。

次の

コキアの育て方|種まきの方法は?植え替えはしないほうがいい?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

コキア 栽培

種まき 種まきについて詳しく説明していきます。 種を蒔く時期は、4月の半ば〜5月辺りに行います。 コキアの発芽温度には、15度が必要です。 コキアの種は非常に小粒ですので、直播きして蒔いた部分に、少量の土を被せましょう。 土を被せる理由は、乾燥させないためでもあります。 何枚か葉っぱが生えてきたら、生きの良い株を残して間引きします。 発芽率が悪い原因は、水不足が考えられます。 コキアは園芸店などで苗も販売しているので、初心者の方は苗を購入するのがおすすめです。 ただし、苗を購入したら、できるだけ早めに植え付けるようにしてください。 ポットのまま長期間置いていると根詰まりを起こして苗自体に老化が始まってしまいます。 コキアの増やし方 コキアは基本的に病害虫の心配のない植物です。 ただし、ジメジメした土で育てているとうどんこ病になりやすいです。 また、種を蒔いたのちに、種子をダンゴムシに食べられてしまうことがあります。 アリも巣に持ち帰るために運んでいってしまうので、守るようにしておきましょう。 だからといって土を被せすぎると逆に発芽しなくなるので調節しましょう。 葉っぱが生えてきても小さいうちは、ダンゴムシやナメクジに食い荒らされる危険があります。 さらにアブラムシやシロオビメイガという害虫も発生します。 アブラムシは春頃になると発生が多くなる害虫です。 シロオビメイガは蛾の一種で、その幼虫が葉っぱについて食べられて被害を受けます。 アブラムシを発見したけど農薬で駆除はしたくないときに便利なグッズがあります。 セロハンテープなど粘着力のあるテープです。 または使って捨てるときが来た歯ブラシも有効に削ぎ落とすことができます。 畑のキャビアで知られている秋田県の「とんぶり」は、コキアの果実を加工して作られた特産品です。 コキアは2タイプの形状に分かれています。 放置していても丸い形に生長するタイプと、葉が上を向いて伸びていくタイプがあります。 コキアには何種類かありあますが、主に観賞用に栽培されている品種に「トリコフィラやハナホウキギ」と呼ばれているものがあります。 そのほかには、シルバーリーフと呼ばれる白色の葉になる「ダイヤモンドダスト」という名前の品種も存在しています。 クリスマスシーズンによく利用されている品種です。 草丈が50cm〜1m程度なのでどこでも育てることができます。 コンテナや鉢などに寄せ植えして育てられていることが多いです。 コキアはどんな花を咲かせる? コキアの花言葉には、「恵まれた生活」、「あなたに全て打ち明けます」、「夫婦円満」という意味があります。 摩耶、畑のキャビアとも言われる種を食べることができることから「恵まれた生活」と言われるようになりました。 最初は緑の葉を生やしますが、秋に近づきに連れ赤色に紅葉する様子から女性が頬を赤らめるという姿と重なり、「あなたに全て打ち明けます」という意味がつけられたとされています。 コキアの由来 コキアは「ホウキギ」という和名があり、古くは箒の材料として用いられていたことからそのまま付けられました。 そのほかに、ほうき草やスコーピアという別名があります。 また、学名で「Scoparia(スコーバリア)」と名付けられ「ほうき状」という意味に因んでいます。 日本には中国を経由して伝えられました。 中国では1000年前から栽培されていたと記録されている、歴史のある植物なのです。 お庭でコキアの栽培にチャレンジしてみよう! 中国から伝えられたホウキギこと、コキアの育て方についてご紹介しました。 丸みのあるコキアは、どことなくまりものように見えて可愛いですよね。 草丈もさほど長く伸びないので、玄関先や庭などに植えておしゃれな空間を演出してみましょう。 お庭でコキアの紅葉も楽しんでくださいね。

次の